息子夫婦が帰って来ました。

2019年01月13日 19時43分37秒 | 家族

 息子夫婦が子供を預けて帰って来てくれました。

子供達には子供達の生活があり、親やおばあちゃんのことどころではなく、自分達の生活を守るだけで精一杯で余裕がない時期だと思います。

「東京物語」とかそう言った映画をいくつか見たことがありますが、私もそうだったのかなあと思い出しています。

来た道、そして、行く道。

皆、同じです。

 

 作る元気がなかったのもありますが「椿」に連れて行ってやりたいと思っていてランチに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人共「とても美味しい」と気に入ったようです。

 

 この象のお人形はお嫁ちゃんが車の前にいろいろ作って飾っていてとても可愛かったのでひとつもらいました。

お料理に子育てにがんばってくれていますが、こういう家庭的な部分もあったのねとなかなか会う機会がないので初めて知りました。

 息子も幸せそうで本当に安心しました。

コメント

母の覚悟

2018年08月26日 22時31分06秒 | 家族

 娘一家が昨日の午後7時半位に帰ってきました。

帰ってしばらく後、私が少し席を外した時に母は私の愚痴や悪口?を娘に言っていたようです。

これは今回に限ったことではなく、また娘に対してだけでもありません。

母自身は気が付いていないようで、それを悪いことだとも思っていないし、私が傷つくとも昔から思っていないようです。

高校時代、大学時代から、友人が遊びにやってくると、そこへ座って私のことをとやかく言い始めます。

母の言い分は身内を良く言うことは恥ずべきこととのことですが、友人達は「あなたのお母さん、変わってるねぇ」

そして、今回も始まりました。

「洗濯物ばかりさせると怒られるばかりする」と母が娘に言っているのが聞こえました。

私は自分の耳を一瞬疑いました。

私がいつそんなことを言った

続いて起こった反応は「情けない」という気持ちでした。

100%ではないし、足らないことはたくさんありますが、それなりに一生懸命しているつもりです。

以前もケアマネさんに「私がこの子を可愛がって来なかったから今、同じ目に合わされるのだろうか」みたいなことを言い、ケアマネさんもこの言葉には唖然とされたようで「恵まれていますよ、本当に。病気でも一人で住んでいる人は沢山いるのですから。実の娘さんと暮らすことが出来て世話もしてもらって本当に幸せですよ」と言われていました。

今回、娘が帰って来て早々の出来事で、私はもうその場に居たくなかったので、自分の部屋に行きました。

情けなくて涙が溢れてきました

「今度言ったらもう一緒にはいれない」と母には言っていました。

娘は「旅をしておいで」と言ってくれました。

私の家に預かるからと。

でも、母は行きたがらないようです。

もう限界を感じました。

でも、行き場所もない。

ここのところしんどくて1人でいることも不安な時があります。

一体どこへ行くことが出来るだろうかと思いました。

誰かにそばにいてほしいとも思いますが、娘は母を連れて帰ることが出来るだけだと言っています。

実際、母が娘のところに行くのはもう体力的に無理です。

娘は娘で嫌み?を言いに来ました。

「 あなたの大好きな友達と旅行してきたら❓」

皆、家庭もあるし、介護もしてるから無理だといつも言っているのですが。

それに仕事をしている人もいます。

「どうしてこんなときに傷口に塩を塗り込むようなことを言うの」と言ったら、また涙が出て来ました。

娘は鬱陶しくなりそうだと思ったようで即、階下へ降りて行きました。

その前に娘の話に寄りますと母は老人ホームを考えていたらしいです。

でも、まだ大丈夫、大丈夫とここまでとのこと。

私に謝りたいと娘を通じて言ってきましたが、もう私には気力がありませんでした。

でも、あんなに以前から老人ホームには入りたくない、家で死にたいって言ってたのにと思うともう涙があふれてきました。

なぜこんな老後を過ごさないといけないんだろうと・・・

本心は母は老人ホームへは本当は行きたくないと思います。

でも、入っている人達が意外と快適に暮らしているからそれもいいのかもと考えが変わってきた部分もあるのも確かなようです。

その後、遅くなってしまって、婿が孫達をお風呂に入れてしまって、私の楽しみがなくなってしまいました。

すると娘が「じゃあ、私と入る?」

その後、お台所にいた私に母が謝ってきました。

今、私によくしてもらっていると気が付いたとか。

何❓それって感じでしたが。

でも、老いるって本当に辛いことだと感じました。

私も年を取って来てこの1年位の間で急に白髪が出てきて、しかも疲れやすくなりました。

年を取るって、自由が無くなるって本当に辛い。

多分、母は言いたいことも我慢している部分も多いと思います。

特にデイのスタッフやや医者には言えないようです。

ひたすら我慢の日々。

身体が思うように動かず、情けないとよく言います。

私の友人達も今介護をしている人が多いですが長生きしたくないと言います。

でも、死に方って普通は選べません。

久し振りに泣いたら少しすっきりした気がしました。

 

 娘たちは11時には帰って行きました。

その前に、孫達とシャワー

娘達はまだ若く活力に満ちています。

私もそうでした。

来た道、行く道です。

 

 娘がいる間に、ホームドクターが出して下さった薬を試しに飲んでみることにしました。

前回、半錠で効き過ぎたので今回は4分の1。

それでも、30分もしたらろれつが回らなくなり足元はふらつくし、眠いし・・・。

結局、このような薬は麻痺させるだけなのだと思いました。

ドクターは3日もしたら人生が変わると皆が言うと言っておられましたが、とてもじゃないですが、3日間も飲み続けることは不可能。

 

 娘たちが帰って寝ていたらバヌアツの学生が韓国と北海道のお土産を持って来てくれました。

 

 

とても暑い中を、今回は迷わなかったようですが40分かかったと言っていました。

母が「よう忘れないでいてくれたねえ」

通訳したら当たり前だと言っていました。

母が涼しくなったら牛窓にでも行こうねと・・・。

彼は牛窓と家の剪定をしてくれるそうです。

 

 昨日の頂き物。

大阪の知人が娘に託けてくれました。

 

 

これは娘婿からのお土産。

コメント

夏至(The summer solstice)&もう1人の娘が来ました

2018年06月21日 19時47分59秒 | 家族

 

 

 今日はホスピスで働いていた時に出逢った女の子が遊びに来ました。

彼女のお母さんが亡くなった時彼女はまだ小学生でした。

お母さんは亡くなる時私の手を取って「この子達を頼みます」(彼女は双子です)と言われました。

それ以来私達は交流を続けています。

今、彼女は29歳になり、間もなく2番目の子供が生まれます。

次はは女の子のようです。

私にとっては娘のような存在なので、この赤ちゃんが生まれると私は7人の孫を持つことになります

Today, a girl I met in the hospice nearly 20 years ago came to visit my house.

When her mother died at the hospice she was still a primary school student.

When her mother was dying,she took my hand and said, 'Take care of my daughters".(she is a twin)

Since then, we stayed in touch.Now, she will be 29 years old and her second child will be born soon.

So, I will have seven grandchildren when this child (it seems to be a girl) is born.

Because this girl is like a daughter to me

今日は先日作ったいなり寿司を冷凍にしていたので、それとお味噌汁を作りました。

コーヒーは産婦人科でも出ているカフェインレスしました。

 

 お土産を持って来てくれました。

 

 

夕暮れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、スペイン語も学んでいますが(独学)、ラニーニャ現象、エルニーニョ現象の語源はスペイン語だったのですね。

男の子、女の子の意味です。

nhttp://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/faq4.html

 

今日は母の食欲は全くなしでした。

ここのところあまり食べないので体重がどんと落ちましたが、今日は本人は食べない方が気持ちがいいと言っていました。

昨日、転んで(しゃがんだ感じ)、頭を打ちました。

こぶが出来ていましたが、今日は早くも凹んでいました。

でも、スムージーを飲んで吐いたのはそれが原因だろうかと考えています。

その後、コーヒーと最中半分食べ、オレンジ4分の1。

夕方、味噌汁を半分くらい飲んだだけです。

今までは好きだったいなり寿司も「味が変」とこの前言っていましたし、今日は食欲がなく1個も食べませんでした。

人生の最期になって苦しまないといけないのは辛い。。。

夜、おむつとパットにするようになったのもここ1か月少々です。

 

 今日の歌

幼き日 母失いし 少女今 立派な二児の  母となりたり

 

コメント

昨年の今日(母手作りの掛け軸)

2018年06月06日 20時59分32秒 | 家族
 
母手作りの掛け軸
 今日は今にも雨が降りそうなどんよりとした空でした。九州と山口は梅雨入りしたとか。岡山も間もなくのようです。  母を手伝って掛け軸を替えました。母が絵を描き、表装も......
 

 

コメント

昨年の今日(母の日のプレゼント)

2018年05月21日 21時42分01秒 | 家族
 
母の日のプレゼント
 紫陽花が日に日に色濃くなり始めています。 娘から母の日のプレゼントが届きました。バラが好きなのでバラの香りのする紅茶のセット。  子供達がそれぞれ......
 

 

コメント

昨年の今日(雨上がり)

2018年05月13日 22時28分51秒 | 家族
 
雨上がり
 雨上がりの朝                母がデイサービスでもお誕生日のお祝いをしてもらったようです。ケ......
 

 

コメント

一昨年の今日(昨年の今日5.10・母の病院の付き添い)

2018年05月10日 22時10分30秒 | 家族
 
昨年の今日5.10(母の病院の付き添い)
 母の通院付き添い 昨日の今日で少々しんどい一日でしたが、母のパーキンソン病の定期受診に行って来ました。     院内外に緑やお花が多くあるので全然違います。  .......
 

 

コメント

昨年の今日(早朝からお弁当作り)

2018年04月14日 19時28分32秒 | 家族
 
早朝からお弁当作り
 新幹線の中で食べられるように、早朝からお弁当を作りました。大人2人と子供用1人分の3つ。頂き物の鹿児島豚の生姜焼き、鯖焼き、厚揚げ煮、厚焼き卵、茅ケ崎の従兄が送ってくれた......
 

 

コメント

昨年の今日(家族との幸せな時間)

2018年03月19日 19時19分19秒 | 家族

 昨年の昨日、急に子供達の2家族が帰って来たのでした。

昨年はこんなことがあったのですねぇ。。。

 
家族との幸せな時間
 今朝は早くから起きて、お寿司を作りました。我が家の人口は一気に5倍に膨れ上がりました。    朝食のあとはおぜんざい。そのあとは果物。その......
 

 

コメント

母の通院(パーキンソン病)

2017年11月07日 23時47分21秒 | 家族

 今日は母のパーキンソン病の定期受診日でした。

3週連続で病院へ行きましたが、今日の病院はお花や絵画、美味しいカフェがあるので疲れ方が全く違いました。

 

 

 

 

 

 

 

  

4

母は朝食を食べて行っていましたが、モーニングを食べ、更にコーヒーをおかわり。 

 

私はいつものようにシーフードカレーを食べました(^^)/

 

 

病気は少しずつ進行しているようで、今回また少しお薬が増えました。

一番怖いのは血圧のコントロールが出来ず非常に低くなることです。

でも、秋が来てよく動けるようになりました。

 

 我が家の鯉

元気いっぱいです。

 

 病院から帰って、今日はウオーキングをがんばりました。

痩せなくては本当に膝が痛い

 

 

 

 

椿の実がはじけ始めています。

 

蕾もいつの間にかこんなに付いていました。

 

艶っぽい新芽も・・・

流石に椿油が採れるだけのことはあります。

葉も艶やかです。

 

 

 

 

 

 

私の友人のポプラは私が木の下を通ると一生懸命に話しかけてくれます。

でも、残念ながら何を言っているのか今の私にはまだわかりません

 

 

 

 

千両もこんなに色付きました。

コメント

昨年の今日(母の通院日)

2017年11月01日 19時32分56秒 | 家族
 
母の通院日
 今日は3か月に1回の母のパーキンソン病の通院日でした。今年は昨年よりも紅葉が遅いです。   3ヶ月に1度のこの病院の楽しみはいくつかありますが、そのひとつ......
 

 

コメント

高知2日目

2017年10月07日 23時46分34秒 | 家族

 高知2日目。

運動会の為の席取りは7時から。

しかし、何と深夜組も

それにしても山が美しい。

 

運動会は9時前から12時半まで。

あまりに暑くて、暑さに弱い私は日陰へ。

事務室の先生が「遠くから折角いらしたのですから中へどうぞ」

孫の出る遊戯が終わった時点で、母と先に家に帰りました。

  

日陰は風があって心地よかったのですが・・・

 

 

皆が帰ってきて、一休みした後、母の希望で「大学祭」の健康チェックへ行きました。

(昨日、焼き鳥を焼いていた「ゴルフ部」にも勧められていました。)

健康への関心の高さが母の長寿の秘訣のように感じました。

 

暑いので院内を通って移動。

母はとてもがんばって歩きました。

 

久々に「大学祭」の展示を見ました。

 

 

 

 

 

 

「健康チェック」

「ヘルシー手帳」をもらって廻りました。

 

 

おやつ付き

 

私はこれも体験しました。

ゴーグルを使って白内障だとどのように見えるかとか、手がどのように使いづらくなるかなどサポーターや重りを付けて体験。

 

途中で、孫がお花を摘んで来てくれました

血管年齢まで終わった時にはあたりは真っ暗に。

母は普段あまり歩かなくなっていますので、相当疲れて切っていました。

「もう一歩も歩けない」と言いました

 

それでも、「岡山に今日、帰りたい」と母。

予定では遅くとも5時には高知を出る予定が7時になりましたが、帰ることにしました。

 途中の「豊浜SA」で食べた「ちりめんじゃごの御飯セット」

家に着いたのは10時頃になりました。

暑かったせいもあり疲れました。

年かな。。。と思わないではいられない一泊二日でした。

コメント

高知に来ています

2017年10月07日 21時29分32秒 | 家族

 明日が孫の運動会なので、母と一緒に高知に来ています。

誰もが母はもう二度と高知へ行くことは出来ないだろうと思っていましたが、涼しくなって回復してきました。

 瀬戸大橋

 

 

 

四国山脈の中

着いてすぐに「海鮮丼」を食べに連れて行ってくれました。

 

 

 

御飯の量が多いということで少な目でお願いし、しかも5人のところを3つだけ注文しましたが、それでも残ってしまいました。

 

新鮮で美味しかったです。

 

四国八十八か所を歩く人に時折出会います。

四国ならでの光景です。

 

 

遍路道案内

ちょうど近くの大学で大学祭をしていたので、見に行ってみました。

母は杖でしたが、結構歩いたのでびっくり

 

  

焼き鳥12本で400円。

 

 

 

おでんも10個で400円。

もう最後だったのでおまけをしてくれました

 

 

 夕食

 今日の頂き物。

娘婿の友人からスペインのお土産をもらいました。

 

 孫とよく遊んで、一緒にお風呂に入って、楽しみました。

「一緒に寝る~」と言ってくれるほどの成長振りでした

コメント

母の通院(初めての介護タクシー&車椅子)&「黎明」が届きました。

2017年08月15日 23時47分03秒 | 家族

  今日は母の通院日。

初めて介護タクシーを使いました。

普通車に乗るのもなかなか難しくなってきましたので助かりました。

 

病院に着いてから前回は杖をつきながら歩いていましたが、今回は車椅子。

 

 

 

 

 

 

また薬が増えましたが、帰りには院内のカフェでモーニングを食べて帰りました。

食欲が出たようで、クロワッサンをもっと食べたかったようですが残念ながら追加は出来ませんでした。

 

 

 

院内にたくさんのお花や絵画があるので気持ちが随分救われます。

 

 

 

帰ってから、甘いものが食べたいと言うので「最中」

夕食は甘めのカレー。

 

 今日、届いた本。

アマゾンがダメでしたので楽天に注文していた「黎明」が思いがけず入荷して届きました。

(昨日、先に下巻が届きました)

嬉しい(*^-^*)

 

 

 8月14日(月)

 「黎明」下巻

入荷待ち状態で、一定期間が過ぎるとキャンセル扱いになると書かれてありましたが、突然届きました

 

夕食の中華丼

 

コメント

早朝からお弁当作り

2017年04月14日 14時07分35秒 | 家族

 新幹線の中で食べられるように、早朝からお弁当を作りました。

大人2人と子供用1人分の3つ。

頂き物の鹿児島豚の生姜焼き、鯖焼き、厚揚げ煮、厚焼き卵、茅ケ崎の従兄が送ってくれた「横濱驛・崎楊軒」のシウマイ。

 

炊き込みご飯

それから、洗濯機を回しながら駅まで送って行き

ちょっと寄り道。

 

 

桜が終わりかけ、新緑の季節が到来です。

 

このやわらかい優しい色合い。

 

帰って朝食を食べたら、睡眠不足のために眠くて眠くて、しばし寝てしまいました

 今日は金曜日なので、先週に引き続きごミサがないので、お花を買って教会へ行くのは夕方です。

コメント