火星大接近

2016年05月31日 23時24分20秒 | 自然

 

普段のではなくもう少しズームの出来るコンデジで撮ってみましたが、三脚がないし、やはり遠いので7これが限界でした。

とても明るいです。

コメント

ブラックベリー

2016年05月31日 16時04分13秒 | 食べ物

 ブラックベリーを頂きました。

完熟しています。

無農薬で新鮮なので早速、ヨーグルトと蜂蜜をかけて頂きました。

 ブラックベリーの効用

①ポリフェノール、ビタミンEが豊富

アントシアニンなどのポリフェノールを沢山含んでいて、非常に高い抗酸化作用があり、、生活習慣病予防、チエイジングに効果がある。

②食物繊維が豊富

果物の中では植物繊維(多くは水溶性)がとても豊富。

③クエン酸

酸味成分のクエン酸は体内の酸性物質を減少させる効果や疲労回復、血を綺麗にする働きがある。

などだそうです。

  参考 <ブラックベリー(黒木いちご):栄養価と効用>より

 

 

 バッチフラワーレメディの国際教育プログラムレベル1の修了証書が届きました。

奥が深いです。

コメント

The last violin performance of Ladies in Lavender.(ラヴェンダーの咲く庭で)

2016年05月30日 13時43分22秒 | 芸術

 現在、大学時代からの友人のご主人はホスピスに入院していますし、今日は高校時代からの友人のご主人が救急車で運ばれたと聞いて、本当にびっくりして祈っていましたが、大したことはなくて本当に良かった~

Ladies in Lavender (ラヴェンダーの咲く庭で)の曲でしばし、癒されました

The last violin performance of Ladies in Lavender.

 You Tubeにこの映画がないのが残念

 

 

軒下の玉葱って癒されます~ 

きゅうりの苗に花が咲きました。5本、植えています。

 

ラベンダーが1本咲きました。

右側は南天の花。

 

ユリも間もなくです

 

コメント

新鮮野菜&The Time Traveler's Wife(きみがぼくを見つけた日)

2016年05月29日 17時06分06秒 | 芸術

 よく降っています。 

今日はYou Tubeで英語のレッスンを兼ねて映画を観ました。

 The Time Traveler's Wife きみがぼくを見つけた日 (字幕版) (予告編)

 

 

 朝、また元主人が無農薬の取り立て野菜を持って来てくれました。

上手に作っています。

 

玉葱はすぐに乾かせるように紐を付けてくれていました。

ありがたいです

早速、蒸してランチに

美味しかった~

感謝、感謝

コメント

ランの植え替え

2016年05月28日 17時25分30秒 | 植物

 今日は過ごしやすい気温でしたので、体調も回復。

午前中はケイシーセンターでも勧められた整体にしばらく行っていなかったので行って来ました。

 

 そして、午後からは池の循環器の掃除。

今、勢いよく水が流れていて、水音が大きく聞こえています。

 続いて、ランの植え替えををしました。

このランは「プリンセス・マサコ」だった気がします。

根がすごーく廻っていて、鉢から出て来ません。

鉢を切るのにもとっても時間がかかり、力も要りました。

やっとの思いで取り出すと、かわいそうにこんな状態でした

 

でも、こんな窮屈な環境でも新しい芽が出ていました。

 

2鉢に分けて植え替え完了。

 

今日は随分乱暴に扱ってしまったし、来年、咲いてくれるかな~と心配ですが、声掛けします

あと、クンシランの植え替えも幾鉢か残っていますので、もうひと頑張りです。

 それから、山椒の木も買ってきました。

明日から雨なのでちょうど植えるにはいい時でした。

コメント

友人に感謝

2016年05月27日 21時32分00秒 | 友人との時間

 また、真っ赤なバラが2輪咲いていました。

 

柏葉紫陽花も美しいですし

 

 

 

 

 11時過ぎに高校時代からの友人が心配してパンを持って来てくれました。

やはり、気の置けない友人と言うのはいいものです

 

東京ディズニーランドのお土産も持って来てくれました

お天気も回復してからっとして来ましたし、おしゃべりしていると元気回復。

いつもありがたいです

友人達には本当に感謝しています

 

コメント

天使の羽根?&エドガー・ケイシー・センターのアドバイス

2016年05月26日 22時22分51秒 | 精神世界

 午前中、先日作ったステンドグラスの天使を使って、友人の誕生日プレゼントのサンキャッチャーを作りました。

 

今回は一番上にお花を付けました。

 

 最近、湿度が高く暑いせいか体調がいまいちでしたが、今日は午後からとてもしんどくなりました。

雨が降りそうで2階の窓を閉めに行こうと階段を上がると1番上の左端に羽根が落ちていました。

ダウンの羽根でしょうけれど、最近お布団や枕を動かしたことはなく、毎日、上がり降りしていますが今まではありませんでした。

 

天使はエネルギー体ですから本当は羽根はないそうですが、天使がメッセージを伝える時に羽根を使うことはよく知られています。

私がしんどくて凹んでいたので励ましだったのではないかと思いました

 

 また、今日は夕方、エドガー・ケイシー・センターの方から心身ともに健康になるためにアドバイスを頂きました。

「聖母マリアの奇跡」の菊谷さんがご紹介下さり、4時半から1時間予約をしていました。

でも、その時間を上回って有益なお話を丁寧にして下さいました。

食事に関しては私はお肉も乳製品も好んでは食べませんし、滅多に食べないので問題ないとは思っていましたが、りんごとバナナと豚肉と揚げ物がよくないと言われていました。

また、スムージーの豆乳は他と消化時間が違うので入れない方がいいとのこと。

コーヒー、紅茶にミルクは入れないこと。。

葉物野菜をたっぷり摂ること。

水分は1.5Lは摂取すること。

あと細々としたこともありましたが、これらをすると体が浄化されて軽くなるようです。

あとは神様にすべてをお任せして賛美しながら生きていると難病も治るそうです。

これには多くの事例があるそうで、やはり心の持ち方が大切だと感じました。

「感謝すること」が一番ではないかな~と思います。

当たり前だと思って感謝していないことって山のようにありますから。

心したいと思いました。

コメント

「永遠のヨギー」

2016年05月26日 08時09分54秒 | 精神世界

 私の大好きな本の1冊(あとは、「黎明」「ヒマラヤ撰者の生活探究」等)、「あるヨギの自叙伝」の著者、パラマハンサ・ヨガナンダの生涯がドキュメンタリー映画になって日本でも公開されているそうです。

嬉しくてたまりません(*^-^*)  

「永遠のヨギー」(http://yogi-movie.com/) 

早く観た~い  

DVDが出たら購入すると思います(*^-^*)  

 

 

 ~追記~

「永遠のヨギー」は岡山では6月4日(土)~10日(金)まで、10時からシネマ・クレール(岡山市北区丸の内1-5-1)で上演されるようです。

 

 

 

コメント

Soul to finish the reincarnation

2016年05月25日 13時57分01秒 | 精神世界

  ~ Soul to finish the reincarnation (輪廻転生を終える魂) ~

 

 先日(5月23日)ご縁あって大貫めぐみさんの無料セッションを受けさせて頂きました。

先生の第一声は「生死に敏感。これについて何か体験はありますか?」でした。

...

あります!あります!まさにそれ!でした。

「何故」そんなことがわかるのかしらと思いましたが、私の人生はそこから始まったのです。

今生があまりに辛かったから、私の念願は「解脱」。今生で輪廻転生を終えること。地球から卒業することにつきます。

でも、もっと幼い、人生の初めから私は「神に到るまで真の平安はない」と思ってきました。

そんな私に思いがけない先生のお言葉。「あなたは生まれ変わらなくていい魂。今生で完了です。」

そのお言葉を聞くや否や(恐らく耳よりも早く魂が聴いた感じでした)私は号泣してしまいました。魂の慟哭とでも言いましょうか。やっと還れるんだと言いましょうか。

「あなたはすでに知っている」と言われましたが、今後は人と人を繋ぐ才能を使って(そういう才能があるそうです)魂の本質を人に伝えて行くお役目がありそうです。

「最後の最後の人生には全部来るから大変な人生だったはず」と先生から労いのお言葉を頂きましたが、私の周りの友人達にとっては私は「明るくて幸せそうで、何故解脱とかあれこれ深く考えるのかわからない不思議ちゃん」のようです。

 なかなか出来ませんが、これからも日常生活のひとつひとつを丁寧に愛を込めて行ない、一隅を照らす存在であれたらと願っています。

(当然、これで確定ではありませんし、努力もし続けないといけないと思いますが、恐らく、やはり真剣な願いは何であれ叶うのだと思えます。)

 来週の6月3日(金)、お願いしていた「アガスティの葉」を開きに行きます(開くと言うそうです)。ここのところとても信頼できる方々から「アガスティアの葉」の話が偶然出てきていましたので、私にもご縁があるのだと思います。
インドへ行けないので代行でお願いしています。私の葉があるかどうかは行ってみないとわからないそうですが(指紋はすでに送ってあります)、あれば解脱に関してもも恐らく書かれてあると思います。(一番の関心事なので)

 

 

雨に打たれた山紫陽花が美しいです。

 

 

 今日は母がカレーを食べたそうなことを言っていたので作りました。

りんごやドライマンゴーやヨーグルトを入れた甘めのカレーです。

母はデイサービスなので、私はお先に「お一人様おうちランチ」をしました

 

 

 

 夕方

プリンセス・ドゥ・モナコはより美しく

コメント

今日から曇り&雨

2016年05月24日 22時59分20秒 | 植物

 柏葉紫陽花を切ろうと外から廻って近づくと何と、紫陽花の陰に隠れてアマリリスが咲いていました。

びっくり~

 

そう言えば、昨年は咲きませんでしたが、その前の年に鉢植えからここへおろしたのかも。

すっかり忘れていました。

柏葉紫陽花も東京の友人からもらった時には鉢植えでした。

地におろすとどんどん大きくなってきています。

アマリリスと同じ時だったと思います。

  

  

 

プリンセス・ドゥ・モナコが咲きました。

 

 ママ友ガーデンの柏葉紫陽花もさぞや美しく咲いているだろうと思い、行ってみました。

 

2本あります。

今年は花が少ないと言っていましたが、咲いていました。

 

 

 

 

 ご近所ウオッティング

新たに射しているお花を見つけるととっても嬉しい

シモツケも今年初めて。

 

 

 

マリア像はまだ完成していませんでした。

 

夾竹桃の蕾

ポプラもこんなに葉が茂ってきました。

 

椿の実

同じ1本の紫陽花ですが、こんなに色が違います。

不思議~

 

 

 

 

ご近所にもアマリリスを発見

 

 今日は曇っていたので少し過ごしやすかったです。

お天気は下り坂のようで、少しほっ。

コメント

亡き人からのメッセージ

2016年05月23日 19時43分35秒 | 精神世界

 今日は14年前の3月2日に亡くなった父の誕生日でした。

生きていたら満97歳でした。

その父からかどうか定かではありませんが、多分、父の後押しもあったと思われます。

何故ならばそれは私の悲願だったからです。

その言葉をある方から思いがけずお聞きして私は号泣してしまいました。

魂の慟哭でした。

 また、私の取り寄せている月刊誌の「到知」のメルマガより、あまりにも感動して涙が溢れましたのでシェアさせて頂きます。

From: 致知一日一言
Sent: Sunday, May 22, 2016 8:34 PM
Subject: 赤とんぼになった大輔
 
【今日の言葉プラスα】
 
■「大輔が遺したメッセージ」
 
福嶋正信(東京都立小山台高校野球部監督)
 
忘れもしない、あの事故が起こったのは、私が野球班(部)監督として東京都立小山台高校に赴任し、2年ほど経った2006年6月3日のことでした。
 
「福嶋先生、夏の大会も一か月に迫ったので新しいバットを買いに行きたいのですが、大輔も連れていっていいですか?」
 
市川大輔は、当時2年生唯一のレギュラー。派手さはないけれど、何事にもコツコツと一所懸命に取り組む、誰からも信頼される選手でした。私は、「いいぞ、大輔も先輩といっしょに行ってこいよ」と、練習が終わった後に、子供たちを近くのスポーツ店に送り出したのです。
 
しかし、それが大輔との今生の別れになるとは、夢にも思いませんでした。皆で購入したバットを手に帰宅の途に就いた大輔は、自宅マンションに設置されていたシンドラー社製のエレベーターに挟まれる事故に遭い、帰らぬ人となったのです。大輔は手にバットを握り締めたまま亡くなっていたといいます。
あの時、大輔を買いに行かせなかったなら……。事故後、私も生徒たちも、大輔のことが悔しくて、悲しくて、大粒の涙が止めどなく溢れ、練習することさえままなりませんでした。
 
そんな私たちに、再び前を向いて一歩を踏み出す力を与えてくれたのが、大輔のお母さんから届いた、
「皆さん、悲しい顔で練習をしていたら大輔が泣きます。だから笑顔で練習してくださいね」というお手紙。そして大輔が野球日誌に書き残した次のような言葉の数々でした。
 
「当たり前のことを当たり前にやる。でもそれが難しい」
 
「一分一秒を悔いのないように生きる。精いっぱい生きる」
 
「エブリ デイ マイ ラスト」
 
泣いていてはいけない、大輔のためにも笑顔でプレーしよう、毎日を精いっぱい生き、絶対に甲子園にいこう 。小山台は都内有数の進学校で、練習スペースも時間も限られており、甲子園はおろか上位進出さえ難しいのが現実でしたが、大輔の事故をきっかけにして、チームとしての絆が深まり、必死に練習に励むようになったのです。
 
そのような「大輔のために」という私たちの思いが、天国の大輔に届いたのでしょうか。
 
事故から4か月後に行われた千葉経大附高との試合中、ベンチに座っていると一匹の赤トンボが私の膝に止まり、じっと動こうとしません。私はハッとして、思わず「大輔か?」と手を伸ばすと、赤トンボは私の指にしっかり止まったのでした。
 
さらに指から離れていった赤トンボに
 
「おい、大輔!」
 
と呼び掛けると、またぴゅーっとベンチに舞い戻ってくる。その瞬間、私も選手たちも涙が溢れて止まらなくなりました。奇しくも大輔が最初に活躍してレギュラーを勝ち取ったのがこの千葉経大附高のグラウンド。大輔は赤トンボに姿を変え、私たちのもとに戻ってきたのです。
 
「大輔は生きている。私たちと一緒に戦ってくれている」
 
やがて、何事にも一所懸命取り組み決して手を抜かない、大輔が教えてくれた生き方は、小山台野球班の伝統精神として根づき、目に見える結果として表れるようになっていきました。
 
・ ・ ・ ・ ・
 
そんな最中の2014年1月に、嬉しい知らせが私たちのもとに飛び込んできます。これまでの実績、他校や地域によい影響を与えてきたことなどを考慮して選ばれる春の選抜高等学校野球大会(甲子園)の出場枠「二十一世紀枠」に、小山台が都立として初選出されたのです。
 
万全の準備をして迎えた甲子園の初舞台でしたが、結果は初戦敗退という厳しいものでした。しかし、その悔しさを胸に、二十一世紀枠出場校に相応しい実力、品格を備えたチームになろうと改めて皆で誓い合うことができました。
 
そして、そんな私たちを大輔は身近で見守ってくれていたようです。ある選手のお母さんが甲子園で着用したユニフォームを洗濯しようとポケットに手を入れてみると、赤トンボの絵がびっしりと刺しゅうされたえんじ色の布切れが出てきたのです。
 
しかも、関係者の誰一人として、その布切れのことを知らないと言います。いまも真相は分かりませんが、おそらく大輔はいてもたってもいられず、空から舞い降りてきて私たちを応援してくれていたのでしょう。
 
大輔が亡くなってから早九年が経ちました。しかし、小山台野球班の一人ひとりが一日一日を精いっぱい生き、全力でプレーする姿を見せ続けていく限り、大輔が遺した思い、メッセージは、永遠に人々の心の中に生き続けていくはずです。そのためにも、私はこれからも力の限りグラウンドに立ち続けます。
 
※月刊『致知』2016年4月号より
 
 
 

 今日はいつもご馳走になっているので、友人を呼んでおうちランチをしました。

サラダ揚げ麺とフルーツのヨーグルト和え。

ネクターとお芋は友人が買ってきてくれました。

食後はコーヒー。

でも、おなかがいっぱいでおやつまでは入りませんでした。

それから、シェシェのバーゲンが始まりましたので行って来ました。

西川沿いは緑が多くて癒されます

 

そのそばに稲荷神社がありました。

英語の先生が喜ばれると思い撮影。

予想通り喜ばれてあれこれ質問されましたが、難しい~~~

昨日は孔子と儒教について話しました。

ついつい普通のマニュアルから脱線して、このような話になります。

興味の対象が似ているせいだと思います。

 

 

本日の購入品です。

夏に向けて青色を選びました。

 

 

コメント

満月(十六夜)・・・ウエサク祭は昨日でしたが

2016年05月22日 23時12分53秒 | 気候

 遅く寝ても、どうしても日の出と共(正確には日の出前)に目が覚めてしまいますので、先にウオーキングへ行って、帰って6時から瞑想するパターンになりました。

今朝はお散歩のときカメラを忘れていたので「天使の羽根のような雲」をスマホで撮影しました。

 

 

7時半くらいにスムージーを飲み、しばらくしてから朝食。

日によって1時間後か2時間後かあるいは食べないかです。

 今日は一日、孔子についてのオンラインレクチャーを聞いていました。

英語のレッスンではその話をしました。

流石、先生。

しっかり孔子も学んでおられました。

 

 大きなオレンジ色の太陽が沈んでいきました。

夕食。

ご飯は夕食ではあまり食べたくないのですが、母はどうしても少しでも食べてほしいようです。

健康の為に痩せた方がいいのですが

金曜日(20日)も、急に右耳が聞こえにくくなったので耳鼻科を受診したら(ストレス等による突発性難聴かもしれないので、それだと早い時期だと治ることもあるからなるべく早く受診するようにとメガネ屋さんで言われていたのです)、メガネ屋さんでは両耳の低音が聞こえにくくなっていると言われましたが、耳鼻科では両耳とも高音が聞こえにくくなっている、しかも、そこは動脈硬化の時にそうのようになるそうで

やはり、痩せた方がいいと再確認しました。

 

 太陽が沈んでしばらくしたら、月が昇ってきました。

これまた大きなオレンジ色の月でした。

今朝の6時14分が満月タイムでした。

従って、昨夜がウエサク祭だったようです。

右の端に見える明るい星は

http://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

「今日のほしぞら」によりますと火星のようです。

 

31日(火)に火星が最も接近するようです。

それにしましても、大きな美しい月です。

十六夜の月です。

 

 11時前の夜空

10時50分 左下に薄っすらと見えるのが土星のようで、右側が火星のようです。

10時52分

南西の上空の見えるこの明るい星は木星のようです。

10時54分

 

満月の日には浄化をするといいようですが、水に映る月を見ると願いが叶うとか。

これから映っているかどうかわかりませんが、池を覗いてみます

コメント

今日は30.7℃

2016年05月21日 20時39分18秒 | 気候

 今朝も日の出前に目が覚めたのでウオーキングへ。

山紫陽花が綺麗です。

 

スムージー後の朝ご飯。

16穀入り胚芽米、かぼちゃスープ、昨夜の残りの天麩羅(ほとんど無くなっていますが)、きゅうりとしらすの甘酢和え

 

 4時前、母がデイサービスから帰ってくるので時間があまりなかったのですがお招きにより急遽、お友達のところへ。

お部屋の中がブルーのお花に変わり涼しげでした。

今日は30.7℃もありました

 

お邪魔すると、もう準備万端

美味しく頂きました。

お庭を少し拝見して帰りました。

 

黄色の茂みの中に小鳥が~

 

オリーブの花が満開。

 

素敵な小道です。

 

  これは我が家のカシワバアジサイです。

 

昨年よりも一層大きく育ちました。

普通の西洋紫陽花はまだ咲いていません。

 

 今夜は十五夜。

明日が満月です。

 

 

コメント

再び、英語で「輪廻転生」

2016年05月20日 20時19分44秒 | 精神世界

 4時45分、日の出少し前に目が覚めたので、そのまま起きてウオーキングに出かけました。

 

 

 

 

 

教会のマリア様はまだ変化なしの状態ですので、我が家のマリア様を撮影。

ロザリオの祈りを唱えなくなって久しいですし、ご像も教会へ寄贈しようと思って久しいです。

ちょっとお顔がお淋しそうなような。。。

「聖母マリアの奇跡」を書かれた菊谷さんの講演会を企画されたエドガーケイシーセンターと最近では菊谷さんご本人との交流も読後から続いています。

最近の私なら買わなかった本なので何かご縁があったに違いありません。

 

 今日、臨床心理士の先生にお会いしたので、「輪廻転生」についてお聞きしてみました。

先生は学生時代をアメリカで過ごされ、瞑想歴も20年。

「輪廻転生」は英語の先生が一番最初に言われた「reincarnation」でした。

「metempsychosis」はうろ覚えだそうですが、ギリシャ語から来ているようで、仏教で言う「輪廻転生」ではなく死んだ後に他の身体に生まれ変わるということのようです。(辞書で調べると「輪廻転生」にはなっていますが)

確か、英語の先生もそうおっしゃっていらしたような。。。

それを解脱後はどうなるかという話になって「実相界に還る」というのを別のものになるなんて言ったものだからややこしくなったようです。

今日のレッスンで臨床心理士の先生のお話をしたら「そうだ」と言われて、「metempsychosis」も同じことを言われていましたので私の勘違いでした。

「輪廻転生」は「reincarnation」です。

これで落ち着きました。

 

  夕刻

久し振りにママ友ガーデンへ。

 

 

 

バラもですが紫陽花も様々な生類が植えられています。

 

 

 

 

 

 

満月かと思いましたが、満月は明後日の22日(日)でした。

教会のマリア様に少し変化あり

階段が出来ていました。

 

コメント

やっぱり風邪気味~

2016年05月19日 21時52分01秒 | 医療、病気

 起きた時には治ったかなと思いましたが、寒気は収まったものの一日鼻水、痰

昨年までは風邪を何年も引かなかったのですが、今年は2月に引いて咳が結構長く残り、今回で2回目。

寝込むほどひどくはないので普通に生活していますが、何となく不愉快。

肩まで凝ってしまったので珍しく湿布を貼りました。

  芍薬

カシワバアジサイも本格的に咲き始めました~

 

どちらも同じダブル・ディライト

 

 

何点とユリです。

 

 

 今日の英語のレッスンは久し振りのマニュアルを使いましたが、最初は風邪の話から伝統的な民間療法について聞かれました。

我が家では梅醤番茶でしょうか。

卵酒もありますね。

セルビアでもrakijaという40%くらいのお酒があるそうです。

また古い民間療法も教えて下さいました。

その後は「約束を守る」というレッスン。

その話からそれて、血液型の話になりました。

海外では言われないらしいですが、やはり、私は何となく血液型によるタイプがあるように思います。

今日も穏やかで楽しいレッスンだったのですっかり元気が出ました~

 

 明日までには気合で風邪を治します

コメント