かながわハーブナーセリー園主のブログ ハーブと暮らす365日

横浜市泉区のハーブ専門のナーセリーです。ハーブ苗、食用ハーブの生産をしています。kanaherb.web.fc2.com

鉢植えサルビア・ディスコロールの枝の整理

2015年03月16日 12時12分42秒 | 植物の管理・手入れ
【宿根サルビア・ディスコロールの枝の整理】
ディスコロールは他の宿根サルビア類に比べ横枝が広がりやすい性質があります。
そのため、枝の切り戻しを行わずにいると樹勢の強い横枝が伸びて草姿が乱れがちです。
春と秋の花後に少し強めに切り戻して株を整え、合間に伸びた横枝をこまめに整理すると残った枝が太く固くなり草姿が乱れにくくなります。

6号サイズのディスコロール
枝の整理前




枝の整理後。
株元からお椀形になるようなイメージで飛び出た横枝を切り戻します。



株元に近い下枝はもう少し切り戻してもよかったかもしれません(^^;;
コメント

トキワヤマボウシの剪定

2014年11月05日 10時09分53秒 | 植物の管理・手入れ
自宅の庭のトキワヤマボウシの手入れをしました。
樹高3mほどに育っています。


剪定前。
夏に50cmくらい伸びた枝を切り戻していたので、今回は飛び出た枝を落として樹形を整えるだけで済みました(^_^)



剪定後。


トキワヤマボウシに限らずご自宅の庭木は、プロの造園屋さんに任せられない場合、脚立などを使ってご自分で管理の出来る樹高に留めておくと良いと思います。
2m~2m50くらいが限界でしょうか?
大きくなりすぎた木を手入れするのはとても大変な作業になります。
自分で管理できるサイズに留めて、年2回程度でも伸びた分の枝を切り戻すように剪定すると良い樹形を保てるようになると思います(^_^)
コメント

庭木の剪定 シマトネリコ

2014年10月14日 10時22分13秒 | 植物の管理・手入れ
自宅の庭のシマトネリコの枝が伸び、樹形が乱れてきたので剪定をしました。


剪定前。
もともと2mほどの樹高だったシマトネリコ。
枝が伸びて2m50cmくらいまで大きくなっていました。


もともとの樹高、2mくらいまで枝を落としました。
夏の間に伸びた分をまるまる落とした感じです。


剪定完了。
枝の混み合っている部分は枝数を減らしてすっきりさせました。

シマトネリコは成長が早い木なので放置してしまうと樹形が乱れやすいです。
2~3ヶ月に一度くらいは剪定をして整えるようにすれば良い樹形を保てると思います(^_^)
コメント

アジサイの枝の切り戻し

2014年07月25日 12時20分17秒 | 植物の管理・手入れ
一般的にアジサイは花芽分化の始まる前、花後の7月中に切り戻しを行うと良いとされています。


切り戻し前のカシワバアジサイです。

毎年同じくらいのボリュームの株に仕立てたいと思っているので、我が家では前年と同じくらいの部分で枝を切り戻すようにしています。

左側の株を切り戻しした状態です。

切り戻し前の株の半分くらいの長さまで枝を落としています。

切り戻し後のカシワバアジサイです。
かなりすっきりしました(^_^)


こちらは切り戻し前のガクアジサイです。

切り戻し後。
やはり半分くらいの長さに切り戻ししました。
アジサイは7月に切り戻しをしたら翌年の夏まで基本放置しています。
飛び出た枝を整理するくらいで、それ以外は花芽になる枝を落とさないようになるべく手をいれないようにしています(^^)
コメント

ミニバラその後

2014年05月09日 10時01分11秒 | 植物の管理・手入れ
2月にけっこうきつめに切り戻しをしたミニバラの鉢植え。
株元に近い場所で太めの枝だけをいくつか残し、あとは大胆にカットしてしまいました(^^;;


そのミニバラのその後。

立派に育ちたくさん花を咲かせました\(^o^)/
放任気味に育てるよりも、冬にきちんと切り戻し作業をした方が春の生育がずっと良いようです。
あとはアブラムシとうどんこ病に気をつけて、このまま良い状態をキープできるように頑張ります(^^)
コメント

カシワバアジサイ切り戻し→その後

2014年04月17日 10時11分27秒 | 植物の管理・手入れ
一般的にアジサイは花が終わったら七月中には切り戻しをして枝を整理すると良いと言われています。
これは翌年の花芽分化が始まる前に枝を整理することで、花芽の付く枝を余分に落としてしまうのを防ぐためです。

昨年の夏、切り戻しをする前のカシワバアジサイです。



切り戻しをして枝を整理した後



一度完全に落葉して、今年の春新芽が伸びてきた状態です。


今年もたくさん花を咲かせてくれそうです(^_^)
コメント

植物の管理・手入れ サルビア・ディスコロール

2014年04月03日 14時44分01秒 | 植物の管理・手入れ
サルビア・ディスコロール6号サイズ
伸びすぎた枝の切り戻しをします。

切り戻し作業前



サルビア・ディスコロールは春から秋にかけて良く枝が伸びます。
切り戻し、剪定をしないでいると枝自身や花芽の重みで枝が垂れて樹形が乱れることがあります。
そのため、時々枝を切り戻して株を整理し樹形を整えると良いと思います。
切り戻した後の枝は硬く太くなるので、新しい脇芽が伸びても垂れにくくなります。
また、春と秋は花芽を落としてもすぐに次ぎの花芽が上がってくるので、切り戻す際には思い切って大胆に作業すると良いと思います(^_^)



切り戻し作業後



まだ株がそれほど大きくなっていないので、切り戻しはこれくらいで十分です。
枝を切り戻す時は節のすぐ上でカットするようにします。


脇芽が伸びて次ぎの花芽が伸びてくると、こんな感じになると思います(^_^)
コメント