わん太夫の迷路

気ままに人生を送りたいな~、との希望的観測と共に

藤田嗣治展に行く

2018年10月05日 14時49分05秒 | 美術館

没後50年を記念して開かれた大回顧展。
彼の評価は日本でよりもその活躍の場だったフランスでの方が高い。
過日山田五郎さんのとても楽しい講演会を聞きましたので、それを想い出しつつ鑑賞してきました。
彼の作風は学生時代は師 黒田清輝のアカデミー。
フランスに渡ってからはモンパルナスの画家仲間達や特にモディリアニなどから影響を受け、ひょろっと細長い人物画を描いた。
第1次大戦後には彼の代名詞ともいえる「乳白色の裸婦」を描く。
第2次大戦中は一時帰国していて、戦争画も画き、それが元で終戦後は世間から白い目で見られてしまう。
そんなこんだで日本には嫌気が差し再びフランスに渡り、二度と日本の地を踏むことはなかった。
渡仏後はカトリックに改宗し、宗教画なども画いた。洗礼名は「レオナール」

ただ残念だったのは東京都美術館の室内照明が橙色でしたので、
肝心の藤田の「乳白色」が黄ばんで見えたこと。
東京都美術館に猛省を促したい!!

行った日はそろそろ会期も迫っていたので、20分待ち。
 入口で並んでいたら偶然知り合いを発見。
 折角ですのでご一緒させていただき楽しく鑑賞して来ました。

結局閉館間際までいましたので、韻松亭でお食事までご一緒させていただいちゃいました。

なお、藤田嗣治素描・版画展が以下の日程で開催されています。
 日時:10月17日(水)~23日(火)
 場所:小田急百貨店新宿店本館10階=美術画廊・アートサロン
入場無料

コメント

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

2018年09月14日 15時51分13秒 | 古典芸能

吉右衛門による「俊寛」はさすが人間国宝の重厚な演技が見ものでした。

新作歌舞伎舞踊 幽玄(ゆうげん)...
能を題材とした羽衣 石橋(しゃっきょう) 道成寺はまさに玉三郎ワールド。
天女や白拍子花子を演じますが、佐渡の太鼓芸能集団「鼓童」との共演が驚異的に素晴らしかった~

コメント

小鶴幸一展 グリッド・コンポジション

2018年09月07日 11時15分59秒 | 美術散歩

知己を得ている画家さんの個展
と言ってもいつもお邪魔した時はお菓子を頂いておしゃべりばかりして帰って来てしまい、
作品のことは殆ど話したことが無かった。
作品は印刷とかCGみたいなものと思い込んでいたら、手書きですと言われてしまった。
汗顔の至りである(汗)
http://www.e-artjoy.com/artist/h04kozko/index.html

コメント

八月納涼歌舞伎

2018年08月28日 13時50分53秒 | 古典芸能

ひと昔前までは八月の歌舞伎座はベテランの出演はなく、
若手の花形が出演することになっていたので、入りは今一つでした。
歌舞伎座が改築なってからは、松竹も客集めの必要も有り対策に真剣に取り組むようになりました。
ひと昔前のように怪談ものに頼ることなく、楽しめるエンターテイメントなってきました。

そこで、ここ数年来の「東海道中膝栗毛」の上演と相成った次第。
一昨年、昨年と見ましたが楽しい、笑わせてくれます。
今年も第2部の公演で上演。今年は中村獅童達3人の 早替りが受けましたね。
幸四郎の弥次さん、猿之助の喜多さんで楽しい舞台。

第3部では四世鶴屋南北作:盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)
松本幸四郎の薩摩源五兵衛(実は不破数右衛門)を中心に忠臣蔵の裏話的ストーリー。
さすが鶴屋南北の作だけあって話の筋立てもしっかりしていて見応えのある舞台でした。ちょっと気になったのは、最後の場で幸四郎が金子を畳にこぼすシーン。何となくばらばらと落ちて行った感じ。ちょっと風情が無いな~と。

舞台は暗~いイメージのまま幕なのかと思ったら、一瞬パッと明るくなり最後は「切り口上」
役者全員が舞台に正座し客席にお礼のお辞儀をして緞帳が降りて幕。

コメント

米穀通帳

2018年08月27日 13時58分44秒 | グルメ

米穀通帳
 🍚 🍚 🍚 🍚 🍚
日曜日、自室の整理をしていたら出てきた、懐かしい。
結婚をするので記念に作ったもの。

コメント

金曜日、久し振りの西武球場⚾⚾⚾

2018年08月20日 16時49分08秒 | スポーツ

神宮球場とは違いさすがに心地好い。
対戦相手は2位の北海道日本ハムファイターズ。
試合はエースの菊池雄星の先発
でも何かピリッとしないな~と思っていたら、失投でホームランを打たれてる。...
ライオンズも中村、山川がホームランを打つも、肝心の9回表に追加点をされ、
最後まで粘るもゲームセット。
この日はビール半額デーだったので、350円でした

コメント (2)

青い日記帳(Tak)さんの 出版記念パーティー

2018年08月16日 14時57分26秒 | 美術散歩

10数年来知己を得ている美術ブロガーです。
「いちばんやさしい美術鑑賞」を出版されました。
この本は美術作品にあまり接してない方が楽しく美術鑑賞をできる手助けとなる本です。...
文章は平易でとても分り易く、紹介されている作品も海外の一流美術館にあるものではなく、日本の美術館で気軽に見れる作品を通しての美術鑑賞の入門書です。

パーティーでは乾杯の音頭を山種美術館の山崎妙子館長がされ、三菱一号館美術館の高橋館長とのトークショーなどなど盛り沢山。楽しい会合でした。

コメント

今日は神宮球場9月分チケットの発売日

2018年07月19日 14時19分28秒 | お楽しみ

11時から自動選択で座席を選ぶのだが・・・・
今日は広島カープとの最終戦のチケットだけではなく、
巨人戦、阪神戦も同時発売。...
通常ならすぐアクセスできるチケットセンターですが、
15分もかかった。
どうも阪神戦と同じ日の発売だとアクセスが難しい。

阪神戦だけ発売日をずらして欲しいものだ

コメント

「宋磁 ―神秘のやきもの」展

2018年07月18日 16時43分54秒 | 美術散歩

青磁が好きな私としては見逃せません。
中国では唐王朝が滅び、五代十国の時代を経て趙匡胤が宋を建国しました。
宋では官窯、景徳鎮などで青磁や白磁など精緻なものが作られました。
淡色の釉薬ながらシンプルで研ぎ澄まされたデザインなどその技術は美の極みに達しました。
作品はその後の中国王朝だけでなく、日本の室町将軍でも唐物として珍重されました。
その虜になったのは高貴な人たちばかりではありません。

斯く言うこの私も魅入られ、各種展覧会に足を運ぶのみならず、自らも蒐集にはまってしまいました。
最初は約40年前になりますが、美濃の陶芸で加藤道博(道窯)の徳利と杯。
その後は何人かの作家さんの物を求めました。

コメント

七月歌舞伎座夜の部:源氏物語

2018年07月13日 15時30分37秒 | 古典芸能

今回は海老蔵親子の競演でも話題になっていますが、それよりも、歌舞伎、能狂言、オペラなどとのコラボ、構成が面白い。
物語の内容は日本人なら誰でも知っているもの。

今回の舞台では、光源氏の心を覆う闇の部分と、「光の君」としての輝かしい部分をテーマとし、紫式部が描きたかったことを表現しています。
その象徴として、オペラ歌手二人がそれぞれ白い装束、黒い装束で光源氏の心を歌い上げる。

能狂言方では、須磨に配流された光源氏を救う龍神に観世喜正を配するなど豪華なキャスト。
さらには、能舞台で登場する「合狂言」が舞台のナレーターよろしく舞台を進行させていく。
さらに舞台では、華道家元池坊による生け花ライブなどが見所の一つ。

さらに本公演の最大の見どころは、海老蔵が龍王になり、宙乗りで舞台の袖から3階の揚幕(?)に入るシーン。本来歌舞伎座では拍手はしないものではありますが、客席一同手拍子で盛り上がりました。
さらにびっくりしたのは、歌舞伎公演では有り得ないカーテンコールがあったこと。
しかも2度にわたって。まさにレビューを思わせる幕切れでで客席会場は大いに盛り上がった舞台でした。

ちょっと気になったのは海老蔵の声がいつもと違って聞こえたこと。マイクを使っていたのか、風邪でも引いたのか。とにかく疲れを残さず無事千穐楽を迎えて下さい。

コメント

銀座のバー「絵里香」:中央区民カレッジ

2018年07月12日 13時47分55秒 | アカデミー

 

講座は銀座で昭和43年創業のカクテルバーのオーナー中村健二さんが講師。
第1回:世界各国のお酒 そしてカクテルの楽しみ方
 第2回:バーの歴史(銀座)とウィスキーの話

第1回ではお酒の歴史、お酒の種類(醸造、蒸留、混成酒)、バーテンダーとは、カクテルの種類
 第2回は銀座のバー、ウィスキーの歴史、5大ウィスキーについて、ウィスキーの楽しみ方
  ☆ ☆ ☆
 ☆バーテンダーとは、ローハイドに出て来るようなカウボーイが、酒場に来て店の外に馬をつなぐ柵のバーから由来しており、お店のカウンターにも真鍮の手すりがついていて、その手すりに寄り添うカウボーイを優しく迎えると言うのが語源だそうです。バーテンダーはお客さんのことを知ることにより、「しあわせ配達人」、「地域のコンシェルジェ」になるそうです。

☆カクテルの種類には、ロングドリンクとショートドリンクがあり、ロングドリンクは時間をかけてゆっくり楽しむ。ショートドリンクはさっと飲んだり、食後の口直しに飲む。

☆バーは昭和2年に銀座に「ボルドー」と言うお店できたのが初め。

☆ウィスキーはアイルランドが発祥(700年前)、その後スコットランド(520年前)、アメリカ(アイルランドの人が移民 250年前)、カナダ(200年前)、日本(100年前)へと伝わる。
ウィスキーは軟水で作るので、硬水のイングランドやヨーロッパ大陸では作れない。

☆ウィスキーは、モルトウィスキー(材料は大麦)、グレンウィスキー(トウモロコシのような穀物)、ブレンデッドウィスキー(両方を1:2でブレンド )

☆ウィスキーはグラスに注いで色、香り、テースティング。その後ちょっと水を数滴たらすとさらに香りが広がるとのこと。

☆お店に入ったら1杯飲んでも3杯飲んでも料金的にはそれほど変わらない。テーブルチャージやお通しは1杯でも3杯でも変わらないからだと。
 「絵里香」での予算は5~6,000円程度だそうです。

長々と書きましたが、今度どなたかご一緒して下さ~い!!!

http://www.ginzanoyoru.com/shopinfo/35721030/35721030.html

https://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0335721030/

 

写真は義兄の形見としてもらったサントリー「山崎18年」です。
私と一緒に飲むのをいつも楽しみにしていた家内の姉の連れ合いです。

コメント

中央区民カレッジ◆歌舞伎ものしり講座:ゲストは市川門之助

2018年07月06日 14時34分59秒 | アカデミー

かれこれ10年以上続いている講座
講師は元歌舞伎座支配人の金田栄一先生

全5回で以下の内容
第1回:役柄のいろいろ
第2回:「三代名作」から「三之助」まで、歌舞伎の「三」
第3回:観劇の手引きと観劇
第4回:歌舞伎音楽と舞踊
第5回:知っておきたい歌舞伎キーワード

各クルーでゲストに歌舞伎役者が来られます。
過去には、片岡孝太郎、市川右團次などなど。
今回は第4回目の講座の日に「市川門之助」が登場
若い頃先代市川猿之助(現 市川猿翁)に指導を受け、
最近はスーパー歌舞伎などに出ているそうです。
また、八月歌舞伎座第2部の東海道中膝栗毛にも出演されます。
ブログをやってますのでよろしくとのことでした。
https://ameblo.jp/takinoya08/

 

 

コメント

ターナー展に行く

2018年06月09日 23時59分08秒 | 美術散歩

 

損保ジャパン東郷青児美術館で開催中。

この美術館はゆえあって無料で観れるので助かります。

...

ターナーは18世紀~19世紀に活躍したイギリスを代表する画家。
https://turner2018.com/

彼は27歳と言う異例の若さでロイヤルアカデミーの会員になりました。
彼は風景画家として素晴らしい作品をたくさん遺し、のちの印象派にも多大な影響を与えました。
また、40代には憧れのイタリアにも行き大いに刺激を受けその後の作品にもその影響は反映されています。
彼の作品を見ていて、あれ、どこかで見たことのあるような絵だと思ったら・・・・
そう、17世紀のフランスを代表する画家クロード・ロランの絵でした。彼は画家としての生涯を殆どイタリアで過ごしていますので、ターナーも彼の影響を受けているようです。

余談ですが、天皇皇后両陛下も7日の日にご覧になりました。
https://mainichi.jp/articles/20180608/k00/00m/040/077000c

http://www.sjnk-museum.org/program/5319.html

絵を見終わった後、何か遠い記憶のかなたの中にいるような不思議な心地がしました。

コメント

四月大歌舞伎夜の部に行く

2018年04月18日 17時33分23秒 | 古典芸能

  

通し狂言 絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め申し候

仁左衛門が悪の二役を演じる。
仁左衛門と言うと菅原伝授手習鑑の菅丞相とか勧進帳の富樫など、凛とした役を思い浮かべてしまう。
しかし、女殺油地獄の与兵衛のような悪役も妙に色気がある。
今回のも悪役だが、二つとも悪役の質が違う。
人殺し的悪役の太平次と大悪党の大学之助。それぞれの悪のスケールの違い分けを演じる。
まさに仁左衛門一世一代にふさわしい演技でした。

http://www.kabuki-bito.jp/

コメント

ホテルオークラマルシェ・デ・ヴァン Vol.14

2018年03月19日 16時18分47秒 | グルメ

一般開場に先立つ12時開場で中に入り、まずはブルゴーニュのブースへ。

ほぼ一番乗りの入場でしたので、手当たり次第に試飲させていただいた。

途中、ローストビーフやスモークサーモンなどもいただく。

1時になり一般入場の方が雪崩を打って入ってくると、あっと言う間に戦場のような喧騒に包まれる。

ブルゴーニュのブースはもちろんボルドーのブースも人でごった返してきた。

有料試飲も1時から始まったのですが凄い行列になってしまったのでしばらく静観。

多少空いてきたので、有料試飲に移る。

ロゼのシャンパーニュ、シャンベルタン(赤)、モンラッシュ2008グランクリュー(白)

帰りには先日桃花林でお世話になった上原ソムリエのおすすめのボルドー(赤)を買いました。

2009年ビンテージながら数千円とリーズナブルな価格ながら香り、口当たり、余韻とも申し分のないものでした。

コメント