12の楽しみ!

ここでは色んな楽しいことをランダムにアップしていきます。

本焼きの後で。

2015-01-13 10:36:01 | 陶磁
昨年、素焼きの話で終わっていたのでその後の話。

本焼きは電気窯とガス窯で行いました。
電気窯の方はこちら。


もう一つ。


どちらもせともの祭り時の体験講座の作品。
箸置きは窯変がいい感じ。青磁釉の厚掛けのため少しトビが見える。
プレートも窯変がいい雰囲気です。こちらはトビ、ピンホールなし。

しかし青磁でなぜ窯変?と思われる方もあるでしょう。
酔ってるんじゃないのというご意見もごもっとも。

『酔う』というのは作品の中に酸化と還元が混じっている状態のことです。

この場合、黄色い方が酸化で緑の方が還元ということです。
実は狙って出してます。

ピンポイントでここに酸化を入れるというまではいきませんが、おおむねこちら側に出るだろうぐらいは調整できます。
作品にもよりますが、窯変があった方が単色よりも面白かったりします。

で、ガス窯の作品はこちら。


普通に還元になっています。
ただし自分としてはイマイチ。本当は電気窯でやった作品の酸化と還元の間のオリーブグリーンが出したかった。
微妙なダンパー調整、還元をかける時間、かけ始める温度などで色の出方が変わってきます。
電気窯の場合はガスの調整で行います。

しかし体験講座はその後作品を焼いて渡すのでリスクが大きい。しかも青磁釉でやるなんて無謀です。(笑)
次はもう少し釉薬や方法を考えましょう。

こんなデザインも作ってみた。



陶芸 ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 冬のある日:素焼き | トップ | キャラメルと山散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

陶磁」カテゴリの最新記事