仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

八珍亭 大野田店

2015年07月29日 | 仙台市太白区

TBC夏祭り2015@ 勾当台公園行ってきましたパート2

当日はピーカン。最後まで観覧するつもりでしたが炎天下の立ち見で数時間ってのは思ったより厳しくてですね。普段インドアで引きこもってる野郎にそんな体力が有る訳も無く…

という事でネギッコ出演の辺りで力尽きて帰りました(ヲイ)

東京女子流はニコ生で観覧。生で観たかった。ああ体力さえあれば…。

 

ところで赤マルダッシュ☆(写真右上)って誰かと思ってたら武田鉄矢プロデュースの「赤いきつね」と「緑のたぬき」のアイドルの子たちですね。そういえばCMで見たことありました。なるほど赤色と緑色の子がいますな(笑)

そして白黒の子が2人いると思ったら「白い力もちうどん」「黒い豚カレーうどん」だらしい。やるな東洋水産(^^;

元ドロシーの3人組コールミー(callmeは地元という事でファンが多く来てました。ボーカル&ダンスのパフォーマンスは流石のレベル。デビュー間もないという事でヒット曲が有ったらもっともっと盛り上がりそう。

ドルエレ(Doll☆Elements)(写真左→)やネギッコ(Negicco)(写真右→)は煽り方が上手で曲も盛り上げ系なセレクト。流石のステージでした。ネギッコに関してはもはや貫録すら感じました。12年目?もはや誰よりもベテランなのでは…。

最近コールミーの3人が抜けて2人体制になった(クリックで過去記事へドロシー(Dorothy Little Happy)はバックダンサー3人を引き連れての登場で会場にどよめきが。

ののか、ゆり、ななせって紹介されてたけど…「HAPPY DANCE」(現在絶賛活動休止中)のメンバーか。ってハピダンは解体されてしまうのか?あーでもこのままの本隊2+サポート3でもバランス良いような気もしました。流石にドロシーが一番盛り上がってました。2人とも歌上手いすね。

一方会場後方に「sendai☆syrup(センダイシロップ)」メンバー発見。明らかにアイドルオーラ出しながらステージ見学してました。

そんな「sendai☆syrup(センダイシロップ)」ですが、翌日7/27のナマイキTVにも出てましたね。名前の由来が仙台四郎→せんだいしろー→センダイシロップってなんでやねん(笑)

センダイシロップ・オフィシャルサイト|sendai☆syrup

スタジオライブで披露された新曲「進め!!シロップ号☆」もノリが良いアップテンポで生歌で好印象。デビュー曲「愛と呼ぶらしい」からだいぶキャッチーな方向に舵切ってて浮上を狙ってる感じがしますね。これは是非CD音源も聞いてみたい(^^

 

さてラーメンラーメン

今回はスーパービッグハウス大野田店の敷地内にあります「八珍亭(はっちんてい)大野田店」から

スタミナらーめん」754円(写真上)

こちらがラーメンチケット2対象メニューという事で有り難くワンコイン500円で頂きます。浮いたお金で麺大盛103円も頼んじゃいます。

メニューを頼んだ際にモヤシを入れるかどうか聞かれました。何でもこの「スタミナらーめん」には本来モヤシが入らないらしいのですが、チケット本に”モヤシ”も入るみたいに表記されてしまったので?聞いているとの事でした。

…誰がやらかしたのかはわかりませんが(^^; せっかくなのでモヤシも頼んじゃいましょう。お得度アップで客としてはラッキーな限りです。

 

さてこちら見た目からズバリ野菜炒め+ラーメン!ってな感じです。炒められた野菜炒めがたっぷりと乗っかって、豚バラ肉もふんだんに入っていて食べごたえもありますね。

スープは醤油味でややしょっぱめ。焼き肉のタレがブレンドされたような風味がありコクも強い。少しだけピリ辛でニンニクやリンゴなどの果物も感じます。

エバラでいったら黒い方かな(笑)

麺は中太で加水率高めしっかりとコシのあるストレート。強いスープをしっかりと受け止めます。

しかし美味いですねこれは。野菜炒め乗せるなんてズルいでしょ(^^ これが嫌いな人なんているのかなって思います。

 

さて「八珍亭 大野田店」では夜の定食「日替わりラーメン餃子定食」も気になりますし、ライス大盛り無料の「肉ニラ定食」や「レバーの辛味炒め定食」も美味しそうです。また来よう。

(15/05/08)
八珍亭 大野田店/仙台市太白区大野田下古川23-1

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恵比蔵(3) | トップ | 浜八道(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL