仙台ラーメン最強伝説

二杯目のおかわり

芝その軒

2015年08月28日 | 宮城県内

8/22大曲の花火行ってきました。

昼花火の合間は生憎の雨ふりでしたが…

夕方過ぎには雨も上がって夜花火では満開の大輪を鑑賞することが出来ました。

雨予報だったせいか今年は観客も少なめで結構いいポジションで観る事が出来てラッキー。

調子に乗ってビール2リットルも飲んでしまいましたが、

大曲の花火を見てると夏の終わりが感じられてガラにもなく感傷的になりますね。もう8月も終わりかぁ。

 

 

さて気を取り直してラーメンの話に

今回は白石市の老舗人気店「芝その軒」から

こちらはラーメンメインの中華料理店でメニューも多数ありますが、まずは「芝その軒」の代名詞ともいうべきこちら

一番人気「タンメン」650円(写真上)を注文です。

早速のスープですが、あっさりガラベースに塩ダレは適量~やや控えめ。元ダレでコントロールするのではなく野菜の甘味や旨味を主体に据えたスープ印象。

塩気が控えめでデフォで黒胡椒が少し入っていますが、人によっては最初から胡椒を振りかけてしまう方もいそう?

豚脂は少なくあっさり仕立てながら鶏油で適度なコクを出していてそのバランスが絶妙。野菜には野菜タンメンのセオリー通り食感のタケノコと甘さの白菜がしっかり入っていて豚バラ肉が主役を張ります。軽く香る生姜も名わき役ですね。

自分は胡椒を入れずあっさりした味わいをしばらく食べ進めていましたが、いつの間にか僅かに感じていた不足感が無くなりナチュラルな旨味たっぷりのスープに魅了されている自分に気が付きました。第一印象に惑わされず胡椒をかけないで頂くことを是非オススメします。

麺は加水率中~低程度な中細麺でかなり柔らかめ。白石の中華食堂というロケーションらしい老若男女向けの仕上がりのもの。

こちらのスープにしっくりきますね。ボリュームもたぷりめで食べ応え有り。

卓上に辛味の調味料が2種有り。ちょっとずつ食べ比べてみましたが…正直違いがわからない<バカ舌(笑)

ただしこの辛味調味料をスープに投入してみたらまぁ美味しいのなんの。スープの旨さが2段階くらいアップしたような気がします。

どちらを入れてもさほど違いは無い? 気がしますが通ぶって「こっちの方が合う」とか言いながら入れたくなるアイテムかもですね(^^

 

野菜を沢山食べた満足感も心地良く完食。成程これはまた食べに来たくなる味わいに感じます。流石は老舗のタンメンと言うべきか。次は味噌タンメンも食べてみよう。

(15/07/15)
芝その軒/宮城県白石市字清水小路25-3

ジャンル:
ラーメン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪王将 仙台中田店 | トップ | 山小屋 北仙台駅前店(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL