撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

5月20日(土曜日)に阪急宝塚沿線観光あるき「勝尾寺コース」が開催されました!

2017年05月25日 | こんなことがありました!

当日はまぶしいほどの晴天で、絶好のまちあるき日和となりました。
今回の観光あるきは、箕面観光ボランティアガイド(MVG)による案内を聞きながら勝尾寺をめざして歩くとても人気のあるガイドツアーです。途中各所でのガイドによる解説も魅力の一つです。

午前9時30分、阪急箕面駅前に続々と参加者が集まり、一日の予定等を説明後、いざ勝尾寺を目指して出発!

かなり気温があがるという天気予報どおり、ぐんぐん日差しがきつくなる中、木々に覆われた滝道は川面からの涼しい風が吹いていました。
舗装され、誰でも大変歩きやすい滝道ですが、普段何気なく歩いている滝道の途中にも様々な歴史が残されています。そんな歴史やゆかりのある人物に関するボランティアガイドの解説を聞くたび、参加者の皆さんは感嘆の声をあげておられました。

瀧安寺では奉られている弁財天などを、ボランティアガイドがわかりやすく解説。よく耳にする弁財天のことでも知らないことが多く、質問も飛び交います。ボランティアガイドのユーモアあふれる話に談笑し、とても和やかな道中となりました。

そして、箕面大滝に到着!やはり箕面公園といったら大滝は外せません。しばしの自由時間、皆さん写真撮影に勤しまれておりました。

写真撮影もそこそこに、目的地である勝尾寺を目指します。
箕面ビジターセンターを経由し、颯爽と走りすぎるサイクリストを見送りながら、歩みをすすめ、ようやく勝尾寺に到着!

今回のガイドツアーのメインである勝ちだるまの絵付け祈願を体験しました。
まずは、だるまの背中にその一年の願い事と自身の名前や数え年などを書き、素のだるまにひげ、眉を描いていきます。
皆さん各々のだるまを作り上げていき、とても個性溢れるだるまに仕上がっていました。

絵付けを終えただるまを片手に本殿へ。道中可愛らしい小さなだるまたちが至る所に置かれています。あちらこちらに隠れるように、ときには私たちをのぞき込むように顔を出していました。

本殿では、だるまの背中に書いた願い事を丁寧に祈願します。その後、念を込めたお香の煙をだるまに浴びせ、だるまの右目を書き込み、祈願は終了。

だるまは各々持ち帰られて、願いが叶った後、または一年後に奉納されます。

とても暑い中でしたが、誰も体調を崩すことなく、阪急箕面駅から勝尾寺までの約6kmという道のりを無事完歩することができ、午後1時30分ごろには解散となりました。

阪急宝塚線沿線観光あるきは、阪急電鉄や能勢電鉄の各駅から出発するまちあるき・ハイキングのことで、阪急電鉄(株)と能勢電鉄(株)、さらに阪急宝塚線・能勢電鉄沿線の自治体や観光協会などが協力して実施しています。
4月から11月までの間、ボランティアガイドさんの話を聞きながら楽しく歩ける「無料ガイドツアー」や「体験型ツアー」が催されるほか、これらのコースはパンフレットを片手にご自身で自由に歩くこともできます。

沿線の各地域で魅力がたくさん詰まったガイドツアーが今後も開催されます。次回の箕面市でのガイドツアー開催は紅葉シーズンの11月21日(火曜日)です。是非、ご参加ください。

阪急宝塚線沿線観光あるきホームページ
http://www.hankyu.co.jp/area_info/kankouaruki/takarazuka/index.html

 

<モミジーヌも観光あるき、参加してみたいモミ~。

 


この記事をはてなブックマークに追加

【週末イベントのご案内】明治の森箕面国定公園指定50周年記念箕面公園スタンプラリー

2017年05月24日 | こんなことがあります!

新芽だったもみじが青々と茂り、初夏を迎えました。日中どんどん暑くなっていく中、箕面公園では、川面からの涼しい風を楽しむことができます。

そんな絶好のお出かけの季節に箕面公園を歩いて満喫するイベントをご紹介します!

★明治の森箕面国定公園指定50周年記念箕面公園スタンプラリー★
5月27日(土曜日)、箕面市観光協会による「明治の森箕面国定公園指定50周年記念箕面公園スタンプラリー」が開催されます。
当日、阪急箕面駅前で配布されるスタンプ台紙に記載されたコースをたどり、西江寺や野口英世像、箕面公園昆虫館、箕面大滝など、箕面公園の名所をスタンプを集めながら巡ることができます。スタンプをすべて集めることができたら、ゴールの瀧安寺前広場で、箕面の特産品や滝ノ道ゆずるの限定グッズなどが当たる抽選会に参加することができます!空くじはありませんので、奮ってご参加ください♪

(ゆずるも随時登場予定!)
スタンプ台紙は、午前10時30分から11時15分までの間、先着1,000名様に配布されます。是非ご参加ください!
※雨天の場合は翌日(5月28日)に順延

また、ゴールの瀧安寺前広場では、午後0時30分より「箕面の森の音楽会」が開催されます。毎回、大人から子どもまで楽しめる大人気の箕面の森の音楽会ですが、スタンプラリーで箕面公園の名所を巡った後は、鳥のさえずりや川のせせらぎと共に奏でられる音楽に癒やされてみてはいかがでしょうか・・・。
※森の音楽会は雨天中止(順延なし)

(写真は過去の様子です)

<森林浴に音楽鑑賞!とっても癒やされそうモミ~!


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度全国中学校体育大会第54回全国中学校スキー大会に出場された出口満博さんに箕面市長表彰!

2017年05月16日 | こんなことがありました!

今年2月に行われた「平成28年度全国中学校体育大会第54回全国中学校スキー大会」(主催:公益財団法人日本中学校体育連盟、公益財団法人全日本スキー連盟 ほか)に出場した出口満博さんに、4月25日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



出口さんは中学3年生で、スキー部に所属していますが、中高一貫校に通われているため高校生とともにクラブ活動をされています。
学校近辺では雪がほとんど降らないので、雪上での練習は冬休みの合宿や大会前の事前練習でしかできない中で、昨年に引き続き2回目の全国大会に、都道府県対抗のリレー、クロスカントリー競技のクラシカル、フリーの3種目で出場されました。



リレー種目では兵庫県代表の第3走者を担当され、近畿地区では最先着し、「ずっと近畿地区1位だった滋賀県に勝つことができたのでよかったです」と話されました。



倉田市長は、「来年も出場して、また近畿1位になれるよう頑張ってください」と激励しました。



出口さん、おめでとうございます!来シーズンも頑張るモミ!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

【告知】民生委員・児童委員活動パネル展を実施しています!

2017年05月08日 | こんなことがありました!

ただいま、市役所本館1階ロビーにて、民生委員・児童委員の活動についてのパネルを展示しています。

 

 

 

民生委員・児童委員とは? 

地域の身近な相談役として、地域住民のかたの困りごとを行政や関係機関につなぎ、解決するお手伝いをしているボランティアです。

 

このパネル展示会は、5月12日の民生委員・児童委員の日にあわせ、日頃、地域で活躍されている民生委員・児童委員のかたの活動を広報し、地域で生活上の悩みを抱えておられるかたに、「地域には相談できる人がいる」ということを知っていただくことを目的に実施しています。

 

「高齢のひとり暮らしで不安」「子育てに自信がない」「困っているけど、どこに相談したらいいのかわからない」というような悩みをお持ちのかた、ひとりで悩まないで、お気軽に民生委員・児童委員にご相談ください。

 

 

 

民生委員・児童委員活動パネル展示会

日時 5月1日(月曜日) から 5月31日(水曜日) 午前8時45分から午後5時15分

場所 箕面市役所本館1階ロビー

費用 無料

問合せ 箕面市民生委員児童委員協議会事務局 749-1109

 

 

街頭で啓発活動を行います!

民生委員・児童委員の活動を知っていただくために、5月14日(日曜日)に市内4か所で啓発活動を行います。

 

5月14日(日曜日) 午前11時から12時

阪急オアシス箕面店前、箕面駅前、箕面キューズモール、関西スーパー小野原店前

 

 

<民生委員・児童委員さんについてよくわかるよ。ご来庁の際はぜひご覧くださいね!


この記事をはてなブックマークに追加

旬の野菜を給食に! ~学校栄養士の農家訪問~

2017年05月02日 | こんなことがありました!

学校給食では農家のみなさんが丹精込めて育てられた野菜やお米を使い、地産地消をすすめています。
市内の小中学校の栄養士が農家のみなさんと交流しながら畑を訪問することで、野菜の発育状況を見たり、給食での有効な活用方法について意見交換を行ったりしています。

市内の小中学校の栄養士6人と箕面産と食の推進室の栄養士が、西小路にある細井さんの畑を訪ねました。

畑にはまさにこれから収穫を迎えるだいこんや、きゃべつ、じゃがいもが育っています。隣の畑には保育所のおやつに使う予定のそら豆が太陽の恵みを浴びてすくすくと育っていました。


そら豆はその名のとおり、空にむかって伸びます

野菜作りに大切なポイントは、まず“よい土づくりをすること”だそうで、
土の管理を徹底されています。


      学校給食へ出荷予定のだいこん


              じゃがいも畑

 
植えられたばかりの甘長とうがらしはまだ小さく、これからの成長が楽しみです

箕面市内には学校給食に出荷してくださっている農家の方がたくさんいらっしゃいます。
今後もいろんな農家さんの畑を訪問し、野菜の情報や、畑の様子、農家さんの情熱などを給食を通して子どもたちに伝えていきます。


<箕面でとれた野菜を使った栄養たっぷりの給食!たくさんの人の想いがつまっているんですね


この記事をはてなブックマークに追加

「箕面の森 ハイキングマップ」がリニューアル!新緑爽やかな箕面の森へお出かけしませんか?

2017年05月01日 | こんなことがありました!

箕面市は、ハイキング初心者にも気軽に箕面の森を楽しめるように「箕面の森 ハイキングマップ」をリニューアルし、この度発行しました。ハイキングマップは、携帯しやすいポケットサイズ(A6)で、市役所や箕面交通・観光案内所などで無料で配布します。新緑が爽やかなこの時期に、ハイキングマップを持って箕面の森へお出かけしませんか。

リニューアルしたハイキングマップでは、3つの“箕面の森オススメハイキングコース”を写真付きでわかりやすく紹介しています。


初心者向けの“ハイキングビギナーコース”は、阪急箕面駅から出発して聖天展望台や箕面大滝をまわる全長約8キロメートル、所要時間約3.5時間のコースです。「ちょっぴり山歩き」「滝道のお散歩」の両方を気軽に楽しめます。帰りには、お土産として箕面名物もみじの天ぷらを買ったり、阪急箕面駅併設の足湯で疲れを癒やすのもおすすめです。


2つ目の“みどり満喫ハイキングコース”は、阪急箕面駅から青少年教学の森を抜けて六個山に登るルートで、全長約9.5キロメートル、所要時間約3.5時間のコースです。コース途中には、晴れていたら大阪市街地まで見渡せる展望スポットもあります。

(聖天展望台)


3つ目の“箕面の森健脚コース”は、阪急箕面駅から箕面ビジターセンターを通り、勝尾寺まで行くルートで、全長約12キロメートル、所要時間約4時間の中級者向けコースになっています。勝尾寺の旧参道を通るルートで、歴史とロマンを感じることができます。

(勝尾寺)

箕面の森では、箕面観光ボランティアガイドが無料でガイドを行っています。山道が不安なかたや名所・歴史のことが知りたいかた、絶景スポットに行きたいかたなど、ご要望に応じてご案内します。お申し込みは、2名様以上で1週間前までに箕面交通・観光案内所(電話:072-723-1885)へご連絡ください。

(もみじの足湯)

箕面市箕面営業室の観光担当者は、「箕面の森は四季折々の自然を楽しむことができますが、今の季節はちょうど新緑が爽やかでハイキングにぴったりな季節です。阪急箕面駅からすぐハイキングコースに入れますので、初心者でも気軽に出かけられます。ゴールデンウィーク中に、ハイキングマップを片手に箕面の森へぜひお出かけください」と話していました。

「箕面の森ハイキングマップ」のPDFデータをホームページに掲載していますので、ご利用ください。

<新緑のもみじはとってもきれいだよ!ぜひ、箕面の森にお出かけしてみてね。

 


この記事をはてなブックマークに追加

GW突入!止々呂美BBQ会場は盛り上がっています!

2017年05月01日 | こんなことがあります!

絶好の行楽日和となった大型連休初日の 4月29日(土曜日)、箕面市止々呂美(とどろみ)は、余野川の清流と新緑の里山の大自然の中で、バーベキューやマス釣りを楽しむ家族連れらでにぎわいました。

写真は、豊中市から来られた大人20名のグループ。
バーベキューは食材など全て持ち込み自由です。
「友人同士で、外で楽しめる場所も減っている。ここは近くて自然が満喫できる!」
厚切りの肉、焼き野菜など、みんなでワイワイ楽しそうでした。

ゴールデンウイーク期間中の5月3日(水・祝)から7日(日)も開催しています。


(主催:止々呂美漁業協同組合 電話 072-739-1844)


会場は、余野川の清流が流れます。6月まではマス釣りが楽しめます。

 

会場案内所に「塩いただけませんか!」と子どもさんが来られて・・・
釣ったマスをその場で料理される家族連れもありました。


~会場案内~
箕面グリーンロード(箕面有料トンネル)を止々呂美インターで下りて、国道423号を亀岡方面へ車で5分、看板が見えてきます。
【開催場所】箕面市上止々呂美内信寺北約50メートル
(池田から亀岡方面へ 国道423号線沿い)
【開催日】 毎週土、日曜日、祝日
【開催時間】午前8時から夕方4時30分まで(雨天は利用不可)。
【漁業協力金】高校生以上400円、小中学生200円(釣りは別料金が必要です)
◎水洗トイレ・飲料自販機・手洗い場があります
◎バーベキューは、コンロ・炭・肉などすべて利用者の方で準備してください。
日曜日の朝は、対岸の朝市に新鮮な地元野菜があります。

 

(この看板が目印です)

<モミジーヌもバーベキューやマス釣りに行きたいな~♪


この記事をはてなブックマークに追加

~箕面の特産品“ゆず ”を使った食の祭典~「箕面ナンバーワンゆずグルメ」を決定する「みの-1グランプリ2017」が開催されます!

2017年04月27日 | こんなことがありました!

5月7日(日曜日)午前10時から午後6時まで、みのおキューズモールにて、箕面の特産品“ゆず ”を使った食の祭典「みの-1グランプリ2017」が開催されます。

「みの-1グランプリ」は、箕面の特産品である“ゆず ”を使った創作料理の中から「みのおナンバーワン(みの-1)ゆずグルメ」を決定するグルメ大会で、今回で6回目の開催となります。箕面市内外から参加した20店舗が用意したゆず料理を、来場者に味わってもらい、その投票により「みの-1ゆずグルメ」が決まります。昨年度は1,000食以上を販売するなど、年々人気が高まっているイベントです。

参加店は、箕面産のゆずを使用し、それぞれ創意工夫をこらしたゆず料理を用意します。今年は、ゆずタルチキン南蛮、ゆず入りフォー、箕面ゆずアップルチーズパイといった、「みの-1グランプリ2017」の会場でしか味わうことのできない料理が登場します。なお、昨年は「キッチンカフェ セリーニ」が、ゆず入りのスティック状お好み焼き「うまかっか(ゆず)」でグランプリに輝きました。


(クリックすると拡大します)

「みの-1グランプリ」は、キューズモールが取り組む「スマイルプロジェクト」というプロジェクトの一環として開催されます。「スマイルプロジェクト」とは、キューズモールが地元の企業・団体と連携し、一体となって地域の活性化をめざすプロジェクトで、これまでに、地元小学校への体育用具の寄贈や、交通安全意識の向上イベントといった様々な取り組みを行ってきました。
今回の「みの-1グランプリ2017」では、地元特産のゆずグルメをPRするにとどまらず、箕面のゆず生産者を支援するため、来場者の総投票数10票につき「ゆずる完熟堆肥」1袋を、キューズモールが止々呂美ゆず生産者協議会に寄贈します。


(ゆずる完熟堆肥パッケージ)

この「ゆずる完熟堆肥」は、市がごみ減量施策の一環として、学校給食から出る野菜くずなどを原料に製造されたもので、安心・安全で品質の高い堆肥です。協議会を通じて、ゆず生産者に「ゆずる完熟堆肥」を配布し、箕面のおいしいゆずをこれからも生産し続けてもらえるよう支援します。

さらに当日は、「みの-1ダンスフェスティバル」も同時開催されます。箕面近隣で活動しているダンスチームが、ヒップホップやジャズダンス、よさこいなどのパフォーマンスで会場ステージを盛り上げます。また、みのおキューズモールのキャラクター「ラ・ミノール」と市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」も会場に駆けつけます。

滝ノ道ゆずるは、「今年も、みの-1グランプリが開催されるでござる!箕面の特産ゆずを使った料理は、どれも絶品であること間違いなし!ぜひ会場に来て味わってくだされ~」と話していました。

【みの-1グランプリ2017 開催概要】
日 時:5月7日(日曜日)午前10時~午後6時
         午後5時半頃よりグランプリ発表及び表彰式を実施
場 所:みのおキューズモール ふれあいパーク
主 催:みのおキューズモール、東急不動産SCマネジメント株式会社
後 援:箕面市、箕面商工会議所、東急不動産株式会社
問い合わせ先:みのおキューズモール(箕面市西宿1-17-22)
          TEL 072-729-1090

 <ゆずるも会場に行くんだね~!ラ・ミノールとの共演が楽しみ♪


この記事をはてなブックマークに追加

熊本復興支援物産展が開催されました!

2017年04月27日 | こんなことがありました!

熊本地震から1年が経過しましたが、まだ復興途中である熊本を支援しようと、箕面ライオンズクラブが4月22日(土曜日)・23日(日曜日)の2日間に、みのおキューズモールで「熊本復興支援物産展」を開催しました。

物産展では、熊本県御船ライオンズクラブの協力のもと、熊本の名産品である熊本ラーメンや阿蘇の乳製品、のり、かりんとうなどのほか、熊本県のPRキャラクター「くまモン」のグッズも販売されました。また、府内のライオンズクラブも多数出店し、会場となったかやのさんぺい橋の両端にはブースがずらっと並び、たくさんの人でにぎわいました。

22日には、イオン2階前の広場で、市立第二中学校や第四中学校の吹奏楽部の演奏が披露され、青空の下、買い物客らは足を止めて聞き入っていました。

23日には、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が登場すると、人だかりができるほどたくさんのかたが集まり、歓声があがっていました。

 

箕面ライオンズクラブの前田さんは、「熊本地震発生から1年が経過しましたが、熊本では仮設住宅で暮らしているかたもおられ、支援がまだまだ必要な状況です。物産展の売り上げは、熊本地震の復興のお役に立つよう寄附する予定です。両日とも天候に恵まれ、たくさんのかたにご来場いただき、ありがとうございました」と話していました。

 

<熊本が一日も早く復興しますように!


この記事をはてなブックマークに追加

くらしに便利!楽しさ満載!1冊で2度おいしい「箕面市民ガイド・ぷらっと箕面」を発行しました

2017年04月26日 | こんなことがありました!

箕面市は、暮らしに役立つ行政サービスの情報と箕面市の見どころや地域情報が満載の「箕面市民ガイド・ぷらっと箕面」(A4版、オールカラー、全160ページ、73,000部)を、広告・出版業などを行う(株)サイネックス(村田吉優社長、大阪市中央区瓦屋町)との官民協働により制作し、このほど発行しました。

「箕面市民ガイド・ぷらっと箕面」は、行政サービスを掲載した「箕面市民ガイド」と観光情報などを掲載した「ぷらっと箕面」の合冊で、両面開きの構成になっています。
左開きの「箕面市民ガイド」(114ページ)は、ごみの出し方や子育てに関する情報など、毎日の暮らしに役立つ行政サービスを、写真やイラストを使い分かりやすく紹介しています。さらに、掲載する情報を「ごみ・生活」「子育て・教育」「シニア・介護」といった、13のカテゴリーに分けて掲載することで、興味のあるページを必要な時にさっと調べられるデザインになっています。

右開き「ぷらっと箕面」(46ページ)では、箕面大滝・滝道を始めとした箕面市内の観光情報、名産品や朝市情報、各地域の見どころや歴史を、余すことなく紹介しています。また、便利な市内マップとバスのルートマップも掲載するなど、見ているだけで、すぐにでもお出かけしたくなるような情報を満載しています。

今回の「官民協働事業」では、広告の募集から、印刷、製本、配布を(株)サイネックスが行い、そこへ市が情報を提供するという形で発行をするため、市にとってはゼロ予算での発行となります。


(便利な市内のタウンマップやバスルートマップも付いています)

冊子は5月末頃までに市内全戸に無償で配布するほか、公共施設などに設置しています。また、スマートフォンやパソコンからアクセスできる電子書籍版は、5月1日(月曜日)公開予定です。
 
箕面広報室の担当者は、「市の行政サービスを網羅している冊子なので、いつも手の届く所に置いていただき、活用してもらえると嬉しいです。また、『ぷらっと箕面』は、箕面をおもいっきり楽しんでもらえるタウン情報が満載です。1冊で2度おいしい『箕面市民ガイド・ぷらっと箕面』を、日々の生活にぜひお役立てください」と話しました。

 <モミジーヌもゆずると一緒に登場するよ!みんな読んでね~♪


この記事をはてなブックマークに追加