撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

~大規模災害に備えて~箕面市全市一斉総合防災訓練を実施!

2017年01月17日 | こんなことがありました!

箕面市では、1月17日(火曜日)午前10時から正午まで、全市で一斉に総合防災訓練を実施しました。市では、平成24年(2012年)度から、阪神・淡路大震災が起きた1月17日に大規模地震の発生を想定した全市一斉総合防災訓練を毎年実施することとしており、今回で5回目の実施となります。
午前10時に全市一斉に防災行政無線を通じて「ただ今から、全市一斉総合防災訓練を始めます。箕面市で震度6強の地震が発生しました」という放送とサイレンを流し、総合防災訓練を開始しました。

全市をあげてたくさんの市民が訓練に参加し、自治会等では黄色いハンカチを使った住民の安否確認の訓練が行われ、小学校区単位で結成されている地区防災委員会では、避難所開設の手順の確認や自治会からの安否情報の報告を受ける訓練を行いました。また、市立の小・中学校、幼稚園、保育所では子どもたちが避難訓練を行い、各公共施設では市民にも参加を呼びかけ避難訓練を行いました。

市では、地震発災直後を想定し、災害対策本部を立ち上げるシミュレーション訓練を行いました。この訓練では、災害発生時に、防災協定を締結している自治体やインフラ事業者など関係機関に、実際に電話をかける情報伝達訓練も行いました。

避難所の一つである豊川南小学校では、地区防災委員会が訓練にあわせて様々な防災に関する催しを行いました。体育館では、災害時の煙の怖さを体験することのできる「煙体験ハウス」や、地震時の建物の揺れや耐震化について実際に見て学ぶことのできる振動実験教材「ぶるるくん」が設置されたり、防災用品の展示などが行われました。また、屋外では、歩行困難者を階段を使用して安全に避難させることができる階段避難車「イーバックチェア」の体験が行われたほか、災害時を想定してマンホールトイレの設置を行いました。この訓練には市民や同校の小学4年生あわせて約240名が参加しました。「煙体験ハウス」に入った4年生からは、「全然前が見えない」「恐い」といった声が上がっていました。

豊川南小地区防災委員会副委員長の松出末生さんは、「今回は平日の昼間の訓練でしたので、若い世代が働きに出てしまっている状況の中で訓練ができ、大変良い機会となりました。また、防災に関する催しを通じて、実際に災害が起きた時に、自分と周りの人の身を守るためにどのような行動を取れば良いか、具体的に考える良い機会になったと思います」と話していました。

< 災害が起きた時、慌てず行動できるように、普段からイメージしておくことが大事だね


この記事をはてなブックマークに追加

昔の道具には工夫がたくさん!郷土資料館企画展示「くらしの道具展」が開催中です!

2017年01月10日 | こんなことがあります!

明治から昭和期にかけて使用されていた生活道具の展示を行う「くらしの道具展」が、平成29年4月5日(水)まで、箕面市立郷土資料館(箕面6-3-1)で開催されています。この企画展は平成8年から毎年行われており、今回で21回目となります。


 
今回の「くらしの道具展」では、火鉢、櫓炬燵、ちゃぶ台、謄写版など70点以上の道具が展示されており、昔の道具には、当時のくらしを便利にするための工夫がたくさん詰まっていたことを知ることができます。

例えば、「自在炬燵」という道具は、木枠の中に炭を入れて暖を取る道具で、現在の湯たんぽと同じように使用されていました。この自在炬燵は、就寝中に誤って蹴ってしまったり転がしてしまっても、中の炭入れから炭が外に落ちないよう、安全に配慮されて作られています。そして、今回の企画展では、こうした道具を実際に触れてその構造を間近で知ることのできる「さわってみよう!」というコーナーが設けられています。

また、この企画展には毎年、小学3年生の社会科で「昔のくらし」を学ぶため、箕面のみならず、池田や豊中の小学校も合わせて計30校以上が見学に訪れます。

郷土資料館を訪れた長部滋子さんは「最近では滅多に見ることのない道具を見て、小さかった頃の生活を思い出しました。特に、展示品の一つである鰹節削り器を使って親のお手伝いをしていたのは、楽しかった思い出です」と話しました。

同資料館企画担当員の小川紗弥子さんは「今回の『くらしの道具展』では、実際に触れることのできる道具も展示しており、昔の道具の工夫をより分かりやすく学んでもらえるようになっています。昔の道具が今の道具にどう変化していったかといったことも考えながら、展示を見てもらえると嬉しいです」と話しました。

【くらしの道具展】
開催期間 平成29年1月4日(水曜日)から4月5日(水曜日)まで
       (休館日:毎週木曜日)
開館時間  午前10時から午後5時まで
開催場所  郷土資料館(箕面6-3-1、阪急箕面駅から東へ徒歩約2分)
             電話:072-723-2235、ファクス:072-724-9694
入 場 料   無料

 

 < 今ではなかなか見ることのできない道具を、間近に見ることができんるんだね♪


この記事をはてなブックマークに追加

第88回選抜高等学校野球大会に出場された馬場純平さんに箕面市長表彰!

2017年01月06日 | こんなことがありました!

今年3月に行われた第88回選抜高等学校野球大会に土佐高等学校の一員として出場された馬場純平さんに、12月28日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



馬場さんは中学生の時はクラブチームで活躍されていましたが、チームの監督の勧めで高知県にある私立土佐高等学校に進学されました。
野球の強豪校である土佐高等学校は文武両道を掲げており、馬場さんは野球だけではなく学業も考慮して土佐高等学校への進学を決めたそうです。



現在は学校にある野球部の寮にお住まいで、馬場さんの1日は野球部の早朝練習から始まり、学校の授業が終わると再び練習、夕食後は1時間半の補習を受け、その後深夜まで練習があります。テスト期間中はこの練習の後にも勉強をされるそうです。
マネージャーがいないため、掃除や洗濯など身の回りのことは自分で行うので、全て終わると日が変わっていることもあるそうで、学業とクラブ活動の両立のため多忙な日々を過ごしておられます。


 

野球部の活動は来年の夏までで、引退後は一般寮に移り、大学受験に向けて勉強することになります。すでに目標としている大学があるそうで、「大学受験に向けて今からしっかりと準備し、大学でも野球をやりたい」と話されました。


 

倉田市長は、「野球と勉学の両立は大変ですが、合格に向けて頑張ってください」と激励しました。



馬場さん、市長表彰おめでとうございます!野球も勉強も頑張るモミ!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成29年箕面市消防出初式を開催しました!!

2017年01月05日 | こんなことがありました!

平成29年1月3日(火曜日)、萱野東小学校で箕面市消防出初式を開催しました。

 

当日は、暖かな太陽の下で、約1,000名もの市民のみなさんにご来場いただき、盛大に開催することができました。

朝早くから、体験コーナーでは長蛇の列で、子ども連れのご家族で賑わっていました。

箕面市青少年吹奏楽団のファンファーレで開式し、消防団員、消防職員、婦人防火クラブ員、少年消防クラブ員、総勢528名の行進に続き、はしご車、救助工作車、タンク車、救急車や消防団のポンプ車の行進が行われました。

今年も行進車両には応募いただいた市内在住の子どもたちが乗車しました。

倉田市長の式辞、林市議会議長の祝辞に続き、秋の全国火災予防運動において、市内の小学校、中学校から応募いただいた、防火図画、防火習字の「大阪府消防協会豊能地区支部長表彰」の表彰式が行われました。

その後、たきのみちゆずるや大阪市消防航空隊の消防ヘリコプターも参加した、救出・救助、一斉放水訓練が行われました。

【救出・救助・一斉放水訓練】

箕面市内で震度6強の地震が発生!!

「我が家の家族は大丈夫!」であることを知らせる黄色いハンカチが掲げられています。(災害時は、玄関先に掲示してください。)

訓練の指揮者は「たきのみちゆずる」です。

共同住宅で火災が発生!

建物屋上に逃げ遅れた人を発見!

建物入り口のシャッターを切断して救出に向かいます。

消防ヘリコプターが到着!

救助隊員が建物屋上に降下しました。

ロープで要救助者を救出!

救助隊員も地上に脱出!!

全ての救助隊員の脱出が完了し、一斉放水!

校舎に向けて一斉放水し、無事訓練は終了しました。

消防訓練の後は、昨年11月に箕面声優大使に任命された「渡部優衣さん」が登場し、素敵な歌を披露してくれました。

今後の活躍も期待しています!!

その後、消防団員、消防職員の表彰式を行いました。

また、式典と並行して、体験コーナーを開設し、どのコーナーも多くの子ども連れで賑わっていました。

最後に、西川消防団長の答辞、倉田市長の講評があり、消防出初式は閉式しました。

年始早々、多くの市民の皆さんにご来場いただき、本当にありがとうございました。

今年も、市民の皆さんの安全・安心を守るため全力で取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいいたします。

<今年はお天気で気持ちのいい消防出初式だったモミ~

 


この記事をはてなブックマークに追加

第19回中学生王将戦において優勝された浅沼立輝さんに箕面市長表彰!

2017年01月05日 | こんなことがありました!

今年8月に行われた「第19回中学生王将戦」において優勝された浅沼立輝さんに、12月27日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



浅沼さんは、小学2年生の時におじいさんから将棋を教わり、その後将棋教室に行ってみたところ、思いのほか勝つことができ、将棋がどんどん面白くなっていったそうです。
今大会優勝後に日本将棋連盟の「新進棋士奨励会」へ入会されたため、今後は今大会のようなアマチュアが参加する大会には参加できないそうです。



奨励会では月2回、1日あたり3局の対局をこなしながら、普段はプロ棋士の棋譜を並べて勉強したり、コンピュータと対戦したりして棋力の向上を図っているそうです。
奨励会は6級から3段までの階級があり、昇級条件を満たす成績を収めれば昇級していきます。4段まで昇級すればプロ棋士となりますが、プロ棋士になれるのは全体の2%だそうです。



今後の目標について伺うと、「みんな一生懸命に勉強しているので、勝ち続けることは難しいですが、早く昇級できるよう頑張ります」と仰いました。




倉田市長は、「厳しい世界ですが、プロ棋士を目指して頑張ってください」と激励しました。




浅沼さん、市長表彰おめでとうございます!プロ棋士を目指して頑張るモミ!


この記事をはてなブックマークに追加

第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会に出場された西川慧さんに箕面市長表彰!

2017年01月04日 | こんなことがありました!

今年8月に行われた「第39回JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本水泳連盟)男子100m背泳ぎに出場された西川慧さんに、12月21日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。


 

西川さんは生後6ヶ月でベビースイミングを始められ、以後スイミングを続けながら、中学校、高校では水泳部に所属されていました。
小学校ではバタフライを得意としていましたが、コーチから背泳ぎを勧められたことがきっかけで背泳ぎに転向し、以後現在に至るまで背泳ぎの選手として頑張っておられます。


 

高校に進学してからはウェイトトレーニングなどを精力的に行った結果、高校3年生までの2年間でタイムを8秒も短縮することができたそうです。
この大幅なタイム短縮により、今年は全国大会として今大会のほか、「第38回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」及び「第84回日本高等学校選手権水泳競技大会」にも出場され、大躍進の一年となりました。



西川さんは大学に進んでも水泳を続ける意向をお持ちであり、「他の選手と比べて体が細い方なので、大学では体作りを頑張ります」とのことでした。
今後の目標については、「大学4年生の時に東京オリンピックがあるので、そこに出場することが最大の目標ですが、大学のレギュラーメンバーに選ばれてインカレや日本選手権に出場したいです」とのことでした。


 

倉田市長は、「水泳はとてもストイックな競技なので、西川さんのように水泳で結果を出せる方は本当に尊敬しています。4年後を楽しみにしています」と激励しました。



<西川さん、市長表彰おめでとうございます!僕も4年後を楽しみにしてるモミ!

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成29年箕面市消防出初式を開催します!!

2016年12月28日 | こんなことがあります!

 

平成29年1月3日(火曜日)に、萱野東小学校で新春恒例の箕面市消防出初式を開催いたします!!

今年11月に箕面声優大使に任命された、「渡部優衣さん」も応援にかけつけてくれます。

箕面声優大使:渡部優衣さん

【タイムスケジュール】

《体験コーナー 9時30分~12時00分まで》

・電動ミニ消防車、救急車乗車コーナー

・消防団車両展示コーナー

・煙体験コーナー

・消火体験コーナー

・消防士体験コーナー

《式典》

10時00分     行進・消防車両入場

10時30分ごろ  子どもたちの防火作品の表彰

10時45分ごろ  救出・救助・一斉放水訓練

11時10分ごろ  渡部優衣さん登場

11時20分ごろ  消防団員などへの表彰

 

救出・救助・一斉放水訓練は迫力満点です!!

是非、ご家族おそろいでご来場ください。


この記事をはてなブックマークに追加

JICAシニア海外ボランティアでジャマイカへ!!

2016年12月26日 | こんなことがありました!

12月21日(水曜日)、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施するボランティア事業のシニア海外ボランティアとして、ジャマイカ南部のキングストンへ派遣予定の本市在住の高田勝(たかだまさる)さんが、倉田市長と具田教育長を表敬訪問されました!
表敬訪問での記念写真
(右から2番目が高田さん)

高田さんのジャマイカでの活動は来月から約2年間を予定されています。
高田さんは、民間企業に勤めておられた頃は経理の業務をされており、通算11年間に及ぶ海外赴任もご経験されました!
今まで培われたことを人のために活かしたいとの想いから、JICAボランティアに参加されています。

今回はジャマイカの産業投資商業省のジャマイカビジネス開発公社に配属され、現地の中小零細企業の経営支援に携わられる予定です。

そしてなんと、高田さんのJICAのシニア海外ボランティアへの挑戦は今回が4回目!

今まで、パラオ、フィジーやバヌアツでシニア海外ボランティアとして活動されてきました。
パラオでは病院システムや固定資産の管理を任され、フィジーでは現地の中小零細企業の支援をする法人の職員として活躍されました。
倉田市長は、「4回の派遣はすごいですね。ベテランのかたの派遣でJICAも現地のかたも心強いですね!」と驚いていました。
また、箕面市職員の中にも、JICAの事業で土木関係の支援のためフィジーに派遣された職員がいるという話題にもなり、盛り上がりました。

歓談の様子

前回の派遣国であるバヌアツの話題では、イギリスとフランスに同時に統治されていた時代があり、学校もイギリス系とフランス系に分かれているなどお話いただき、現地の歴史や文化についても深く学ばれ、現地の実情について知識を深めておられることが垣間見えました。

今回の派遣について、語学の話題になり、ジャマイカでは英語が公用語ですが、現地の人が話す英語系パトゥア語という言葉があるということで、その現地語についての研修もジャマイカで受ける予定とのことです。

すでに3回の派遣を経験されている高田さんは、「派遣先での業務は、派遣前に聞いていたことと違うことが起こったり、毎回何が起こるか分からない。大変なことが多いが、それらを乗り越えていくのが喜びになる。大切なのは、早く職場の人と信頼関係を築くこと。最初から仕事の話をしても受け入れてもらえない。ジャマイカでも、自分を知ってもらって相手のことも理解し、早く周囲の人と仲良くなっていきたい。」と話されていました。

最後に、市長・教育長から、「健康に気をつけて、頑張ってください。」と激励がありました。


 <楽しみながら活動できると良いですね!!帰国後に活動のご報告が聞けるのを楽しみにしています!


この記事をはてなブックマークに追加

若手職員が創る晴れの舞台「箕面市成人祭」が開催されます!

2016年12月21日 | こんなことがあります!

平成29年1月9日(月曜日・祝日)、新成人の門出を祝う「箕面市成人祭」が、箕面市立メイプルホール(箕面5-11-23)で開催されます。

箕面市では、成人式を「成人祭」と呼び、市全体でお祭りのように盛大に新成人をお祝いします。成人祭は二部構成になっており、第一部では新成人から誓いの言葉が述べられ、第二部では、毎年好評の舞台パフォーマンスや「お楽しみ抽選会」が行われます。

この成人祭第二部を企画・運営するのは、箕面市役所入庁一年目の若手職員です。新成人にとって一生に一度の晴れ舞台が、思い出に残るものになるよう、今年度は23名の若手職員でアイデアを出し合って準備しています。

この取り組みが始まったきっかけは、成人祭への参加率の低迷が背景にありました。平成15年度には参加率が約39%まで落ち込み、成人祭への参加率向上が課題となっていました。そこで、平成19年度より新成人と年齢の近い若手職員が企画・運営を任されることになり、毎年それぞれ工夫を凝らした成人祭を開催しています。その結果、年々参加者は増加し、昨年度の参加率は65.3%にまで上昇しました。


(一昨年のようす)

今では、当日の企画・運営をはじめ、案内ハガキや当日配布のパンフレットの作成も若手職員が行っています。今年度の案内ハガキは、より多くの新成人が成人祭に参加したくなるように、アメコミ風でポップなデザインに仕上げ、成人祭本番への期待感を高めるよう工夫しています。また、パンフレットは、記念として成人祭終了後も保管したくなるようなデザインに仕上げています。
さらに、「滝ノ道ゆずる」の公式Twitterで成人祭のPRを積極的に行ったり、市民から「お祝い川柳」を募集するなど、様々な新たな取り組みを通して、成人祭を盛り上げようと企画しています。

 

成人祭当日、毎年会場が大いに盛り上がる「お楽しみ抽選会」では、テーマパークのペアチケットや液晶テレビといった豪華賞品が当たります。また、当日配布のクロスワードに正解すると、160名以上にプレゼントが当たる「クイズ抽選会」も行われます。2つの抽選会で当たる賞品の数は計170品以上もあり、これらの賞品は、新成人のお祝いをしたいと賛同してくださった箕面市内のお店や企業から協賛していただい品々です。
また今年度は、箕面市内のタキシードメーカーによる新成人への無料のタキシードレンタル(申し込み順、先着30名)や、市のコミュニティFM放送による成人祭の生中継など、それぞれの企業の特色を生かして協賛してくださる企業も出てきました。これらの協賛企業も、若手職員が一軒一軒お願いしご協力いただいたものです。


(一昨年のようす)

企画・運営を行っている「成人祭ブラッシュアップ会議」座長の中野(なかの)さんは、「毎年盛り上がる『成人祭』が今年はさらに盛り上がり、新成人にとって掛け替えのない一日となるよう、みんなで創意工夫しています。一人でも友達とでも楽しめるイベントを企画しています。みなさま、ぜひお越しください!」と意気込みを語りました。

●「箕面市成人祭」の概要
【日時】平成29年1月9日(月曜日・祝日)10:00開始
     (受付開始9:15)
【場所】箕面市立メイプルホール(箕面5-11-23)
※就職や就学などで箕面市に住民登録していないかたも、成人祭に参加できます。当日、直接会場へお越しください。

●お問い合わせ先
箕面市教育委員会 子ども未来創造局 生涯学習・市民活動室
電話:072-721-0490
ファックス:072-721-0495

< 新成人のみなさんが、一生に一度の晴れ舞台を楽しんでくれるといいな~


この記事をはてなブックマークに追加

アイデアメニューコンテスト最優秀賞作品がメニューに!

2016年12月20日 | こんなことがありました!


12月10日(土)市民会館入口1階の飲食店舗「かふぇでびゅ」で「2016アイデアメニューコンテスト」の最優秀賞作品がメニューになり、食事会が開催されました。


メニューは、
・シャキシャキながいもの和風バーガー
・どっさり野菜のロールレタス
・ヘルシーかぼちゃのモミブラン
の全部で3品。

こんがり焼いたごはんのバンズと中身はしょうゆ味が香ばしいながいものハンバーグ!

ロールレタスには、豆腐・鶏肉・人参・しいたけ・もやし・玉ねぎ・ごぼうが詰まっています。

ヘルシーかぼちゃのモミブラン
豆腐と豆乳を使ってクリーミーな仕上がりです!

チーム「箕面クッキングスター☆」の豊川南小学校6年生の武田 珠空さんと川田 一葉さんの2人が考え、実際に調理審査で作ったメニューです。

このたび、かふぇでびゅで限定24食が無料でふるまわれ、受賞されたご家族などが参加されて賑わいました。


「小学生が考えたメニューとは思えない!すごい!美味しかったし、お腹いっぱいになった。」
「野菜いっぱいでヘルシーなのに、ボリュームもあった。工夫がすごい。」
など、メニューの出来栄えと子どもたちの工夫に対して、たくさんの賞賛の声がありました。

また、最優秀賞者の2人も家族そろって参加され、
「再現性がすごい。そのままの味。」
「きれいにできていた。」
「自分達が作ったのより、美味しかった。」
と自分たちのメニューがお店でふるまわれる喜びと、プロの作る味に驚きを感じているようでした。

かふぇでびゅのスタッフのかたからは、
「こんなに凝った料理を作るなんてすごい!」
といった感想を伺いました。
かふぇでびゅの皆さんは、この日のために前日から準備をされていました。


箕面の野菜を使ったメニューを箕面の子どもたちが考え、箕面のお店で振る舞われるという、地産地消でつながった貴重な食育の機会となりました。


<かふぇでびゅのみなさんご協力ありがとうございました!これからも地産地消でつながる関係を増やしていきたいモミ~


この記事をはてなブックマークに追加