撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

道に迷った視覚障害者の保護に貢献された平山達也さんに箕面市長表彰!

2017年07月25日 | こんなことがありました!

今年5月、箕面市瀬川にある玉川緑地内において道に迷った視覚障害者に対して、適切な対応により保護に貢献された平山達也さんに、7月14日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



平山さんは、通われている高校の帰り道にある玉川緑地(箕面市瀬川)において、道に迷っていた視覚障害のある高齢者(77歳)を、5月10日19時35分頃発見されました。
その時、平山さんは複数の友人と一緒で、その高齢者の方から声をかけられ話をされました。その方が大丈夫ですと仰ったため、その場を離れました。
帰宅後、平山さんはお母さんにそのことを話すうちにだんだんと気になり始め、すぐに玉川緑地に戻ったそうです。



玉川緑地に到着したのは19時55分頃で、あたりはすでに暗くなっており、茂みの中で先程の高齢者の方が大声を出していたそうです。
平山さんはパニックに陥っているその方を茂みの中から連れ出して落ち着かせ、携帯電話を借りてご自宅にいる奥さんに連絡をされ、ご家族から連絡を受けた警察が無事保護することとなりました。
この行動に対し、後日平山さんは箕面警察署から表彰を受けられています。



倉田市長は、「非常に勇気のある行動で、箕面警察署長は『今時本当にないことです』と感激されていました。我々も啓発のため、平山さんの行動を広めさせていただきたい」と話しました。


<困った人を見つけたら、平山さんのようにみんなも助けてあげるモミ!


この記事をはてなブックマークに追加

アサンプション国際小学校のみなさんから寄附をいただきました!

2017年07月24日 | こんなことがありました!

7月20日(木曜日)、学校法人聖母被昇天学院 アサンプション国際小学校の児童のみなさんから倉田哲郎市長に寄附が届けられました。 

 

アサンプション国際小学校は、今年の4月より聖母被昇天学院小学校から校名を変更され、武井明比古校長のもと208名の児童の皆さんが日々学んでいらっしゃいます。

この寄附は、アサンプション国際小学校のみなさんが聖母月にあたる5月に聖母マリア様に感謝してささげる善行として取り組まれた節食ランチ(おにぎりのみの昼食)で節約したおかず代を献金してくださったものです。

 

今回は、学校の代表としてASA役員会(児童会)から、6年生の島田雅さん、西村優里さん、濵中華音さん、5年生の吉光琉瑠さんの4名の児童と、武井校長先生、鎌野先生が市役所を訪れ、倉田市長から感謝状が贈られました。

賞状の贈呈のあと、児童のみなさんは、クラブ活動や1年間の学校行事のことを話してくれました。また、アサンプション国際小学校は、今年の3月に箕面市内3校目のユネスコスクールに認定されたそうです。

市長も、多彩な課外活動や委員会活動の内容などついて、興味深そうに耳を傾けていました。

この尊い寄附は、障害者をはじめ、皆が暮らしやすい福祉のまちづくりに役立てます。

  <アサンプション国際小学校のみなさん、毎年福祉のための寄附をいただいてありがとうございます!!


この記事をはてなブックマークに追加

消防救助隊が消防救助技術近畿地区指導会に出場!!

2017年07月24日 | こんなことがありました!

 7月22日(土曜日)、第46回消防救助技術近畿地区指導会が兵庫県広域防災センターにおいて行われました。

 この指導会には、大阪府内27消防本部と兵庫県内24消防本部から選抜された約1000名の救助隊員が参加し、陸上の部(7種目)と水上の部(7種目)に分かれて訓練を実施しました。箕面市消防救助隊は、陸上の部の「ほふく救出」に6チーム18名が出場しました。

 

『ほふく救出』

狭く閉ざされた空間から要救助者を救出することを想定したもので、空気呼吸器を着装した救助隊員が横穴に進入、要救助者を屋外に救出し搬送するまでの安全確実性と所要時間を競います。

 

 

 競技中は、審判や安全管理者が36項目の審査基準を設け、安全確実性をチェックします。

 

 

 箕面市消防救助隊の結果は次のとおりです。

・ ほふく救出 Bチーム    43.86秒 ◎入賞     

・ ほふく救出 Cチーム    45.48秒 ◎入賞

・ ほふく救出 Dチーム    36.69秒 ◎入賞

 

指導会では各隊員が持てる力を発揮し、日頃の訓練成果を披露しました!!

この訓練で得た経験を活かし、これからも箕面市の安全・安心を守っていきます!!

応援してくださった市民のみなさま本当にありがとうございました!!

  <救助隊員のみなさんお疲れ様でした。これからも箕面市のために頑張ってね!


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市が6年連続大阪府1位に!「住みよさランキング2017」が発表されました!

2017年07月24日 | こんなことがありました!

東洋経済新報社が発行する「都市データパック2017年版」において、814都市(全国791市と東京23区)を対象とした「住みよさランキング」が掲載されました。

この「住みよさランキング」で箕面市は6年連続大阪府内1位になりました!全国791都市の中でも63位となっています!

住みよさランキング」は、それぞれの市が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、15の公的統計指標を用いてランク付けされています。カテゴリー毎に偏差値を算出、それらの平均値から、各カテゴリーの部門評価および総合評価が決定されており、今回が24回目となっています。

 箕面市においては、特に、「利便度」、「快適度」が高く評価されました。大阪都心部へのアクセスの良さに加え、市域内には国定公園が広がる豊かな自然環境を有する箕面の最大の魅力である「緑と住みやすさ」が評価されたものと考えています。

 

 

さらに箕面市では、2020年度開業を目指し、北大阪急行線の延伸工事も昨年秋から着手。完成すれば、箕面市から新大阪・梅田・なんばなどの大阪都心に乗り換えなしでダイレクトアクセスが可能になります。緑豊かな住宅都市、箕面にさらなる利便性が加わり、町の魅力がさらにアップします。

将来、箕面市の交通利便性はさらに高まり、暮らしはより便利になっていきます。そして、その「暮らし」の主役は、そこで暮らす市民の皆さまです。都市インフラは暮らしの基盤に過ぎず、その基盤の上で、市民お一人おひとりが、生き生きと元気に暮らしていただくことこそ、まちづくりの最大の目標です。

今回の「住みよさランキング」についてはこちらの記事でも紹介されていますので、ご参照ください。

  6年連続で大阪府内1位! これからもがんばるモミ!


この記事をはてなブックマークに追加

本日開催!「みのおキャンドルロード2017」

2017年07月22日 | こんなことがあります!

「みのおキャンドルロード2017」は、7月22日(土曜日)午後7時から午後9時まで予定どおり開催されます。

阪急箕面駅から箕面大滝までを約6000本のろうそくで彩ります。

年に一度しか見ることが出来ない幻想的な世界を是非お楽しみください。

また、「箕面地区納涼の夕べ」も同時開催!

皆様のお越しをお待ちしております。

イベントの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

※急な天候不良等により、開催途中でもやむを得ず中止する場合もございます。予めご了承ください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

7月開催のイベントのお知らせ

2017年07月21日 | こんなことがあります!

今年も箕面に夏がやってきました!

今週末、来週末に開催される、各所のイベントについてご案内します。

 

みのお東 de 愛 納涼大会

7月22日(土) 17:00~21:30 ※荒天中止、小雨決行

会 場 : 粟生ショッピングセンター前催事広場

内 容 : ステージショー、スイカ割り大会、大道芸、夜店ほか

お問合せ : みのお東 de 愛 納涼大会実行委員会事務局 072-729-6763(9:00~20:00)

 

●箕面地区 納涼の夕べ

7月22日(土)・23日(日) 17:00~21:30 ※荒天中止、小雨決行

会 場 : みのおサンプラザ1・2号館の周辺、みのお本通り商店街

内 容 : 夜店、ステージイベント、ビンゴゲーム(23日のみ)ほか

お問合せ : 箕面地区納涼の夕べ実行委員会事務局 072-722-3388

 

●桜井地区 納涼の夕べ

8月5日(土)・6日(日) 17:00~21:30 ※荒天中止、小雨決行

会 場 : 阪急桜井駅北側、桜井商店街の路上

内 容 : 吹奏楽の演奏、お楽しみイベント、夜店ほか

お問合せ : 桜井地区納涼の夕べ実行委員会事務局 072-724-3443(10:00~16:00)

 

7月22日(土)は「みのおキャンドルロード」も同時開催!

●みのおキャンドルロード

7月22日(土) 19:00~21:00 ※雨天中止

雨天時など、イベント当日の開催の確認は下記にお問合せください。

TEL : 0180-99-1357

     ※自動音声によりイベント実施の可否をご案内します。

     ※IP電話・PHSなど、一部の電話からは、繋がらない場合があります。

 

箕面各所で夏のイベントが盛りだくさんです!

是非、箕面で活気あふれる夏を満喫してくださいね♪

<今年もこの時期がやってきた!全部、参加するモミ~!!

 


この記事をはてなブックマークに追加

6,000本の灯りが滝道を彩る「みのおキャンドルロード」と「箕面地区納涼の夕べ」同時開催!

2017年07月21日 | こんなことがあります!

箕面市では、7月22日(土曜日)午後7時~9時に、阪急箕面駅前から箕面大滝までを6,000本のキャンドルで彩る「みのおキャンドルロード」が開催されます。
また、同じく7月22日(土曜日)、23日(日曜日)の午後5時~9時30分に、阪急箕面駅からみのお本通り商店街にかけて、夜店やステージが楽しめる「箕面地区納涼の夕べ」が開催されます。
昨年は、キャンドルロードに約7,000人、納涼の夕べには2日間で延べ約29,000人が来場しており、毎年大人気のイベントです。

「みのおキャンドルロード」は平成12年から始まったイベントで、阪急箕面駅から箕面大滝までの滝道(約2.7㎞、徒歩約40分)や名所を6,000本のキャンドルで彩ります。キャンドルの灯りが揺らめき、いつもとは違った幻想的な光景を見せてくれます。

主な見所は、滝道入り口から一の橋、瀧安寺前広場、箕面大滝前の3カ所です。6,000本のキャンドルは、当日100人を超える市民ボランティアの手によって、ひとつひとつ並べられ点灯されます。

阪急箕面駅から滝道に沿って並べられたキャンドルに灯りがともり、築60年以上の旅館をリノベーションした「MINOH KAJIKASOU」(イタリアンダイニングレストラン)が、淡い灯りに照らされ、より一層レトロな雰囲気を醸し出します。

また、滝道途中の瀧安寺前広場では、約3,000本のキャンドルで、滝から流れ落ちる水や、もみじを表現しています。赤や黄、水色のキャンドルで彩られた光景は、思わず息を呑むほどの美しさです。

滝道を登り切ると、最大の見所である箕面大滝が現れます。夏の夜をバックにライトアップされた大滝は、水しぶきと青々としたもみじが映え、いつも以上に壮麗で幻想的な姿になります。加えて、滝見橋に飾られたキャンドルが欄干の朱色を照らします。滝見橋のたもとには、「竹あかりの美」と題したエリアが設けられ、竹筒からあふれるろうそくの温かな灯りは、和の雰囲気を醸し出します。

この日は、キャンドルロードとともに、箕面公園内の昆虫館前で「まちやまライブ atキャンドルロード」が開催されます。夏の夜を盛り上げるのにぴったりなウクレレの演奏やポップスなど、個性あふれる3組のミュージシャンによるパフォーマンスが披露されます(観覧無料)。キャンドルロードの観賞とあわせて、ぜひご観覧ください。

一方、阪急箕面駅からみのお本通り商店街にかけて、夜店やステージが楽しめる「箕面地区納涼の夕べ」が開かれます。ステージでは両日ともに音楽ライブやダンスが披露されるほか、23日(日曜日)には毎年大人気の豪華商品が当たるビンゴ大会があります。にぎわう箕面の夏の夜を、ぜひみなさんでお楽しみください。

箕面市観光協会の小枝正幸会長は、「みのおキャンドルロードは、一年に一度きり、たった2時間だけの贅沢な光景です。普段は見ることのできない幻想的な世界を、この機会にぜひご覧ください」と話しています。

○「みのおキャンドルロード」
【日時】7月22日(土曜日)午後7時~9時 ※雨天中止
【場所】阪急箕面駅から箕面大滝まで
【費用】無料
※雨天時などイベント当日の開催確認は、電話:0180-99-1357まで。自動音声によりイベント実施の可否をご案内します。なお、IP電話やPHSなど一部の電話からはつながらない場合があります。

○「まちやまライブ atキャンドルロード」
【日時】7月22日(土曜日)午後5時20分~9時 ※雨天中止
【場所】箕面公園昆虫館前
【費用】無料
【問い合わせ】メイプルハーツ箕面公園管理事務所 072-721-3014
 
○「箕面地区納涼の夕べ」
【日時】7月22日(土曜日)、23日(日曜日)午後5時~9時30分
    ※雨天中止(小雨決行)
【場所】みのおサンプラザ1・2号館周辺、みのお本通り商店街
【内容】夜店、ステージ、ビンゴゲーム(23日のみ)など

お問い合わせ
箕面市 地域創造部 箕面営業室
電話:072-724-6905 FAX:072-722-7655

 <キャンドルロードは1日限りだけど、箕面大滝ライトアップは7月15日から8月31日まで行っているよ!


この記事をはてなブックマークに追加

第2回World Capoeira Championship Japan子供の部において第3位となった高橋悠宇さんに箕面市長表彰!

2017年07月19日 | こんなことがありました!

今年5月に行われた「第2回World Capoeira Championship Japan」(主催:NPO法人カポエラジェライス)子供の部において第3位となった高橋悠宇さんに、7月13日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



高橋さんは3歳の時、箕面まつりの舞台上で友達のお父さんがカポエイラの演技を披露されているのを初めて見て、その時は周りで演奏されていた楽器に興味を持たれたそうです。
その後、近所の集会所でカポエイラの集まりがあることを知り、カポエイラを始められたそうです。
現在は週3回、箕面市内や千里中央で練習に励まれており、幼稚園の年少から高校生まで幅広い世代の方々が参加されているそうです。



カポエイラは、ブラジルで発展した足技を主体とした格闘技です。
対戦は1対1で、その周りを人が円形に取り囲み、周りの人は演奏したり歌を歌ったりします。格闘技であるもののダンスの要素が強く、演奏される音楽に合わせて円の中にいる2人の動きが変化します。



高橋さんは今年の大会では3位でしたが、「来年も大会に出場して、優勝したいです」と意気込んでおられました。
倉田市長は、「来年は優勝めざして頑張ってください」と激励しました。


<高橋さん、おめでとうございます!来年は優勝だモミ!


この記事をはてなブックマークに追加

ゆずるが、箕面市立青少年指導センター一日館長に就任しました!

2017年07月14日 | こんなことがありました!

平成29年(2017年)7月11日(火曜日)、滝ノ道ゆずるが「箕面市立青少年指導センター一日館長」に就任しました。
最初のお仕事は、「少年非行、被害防止・暴走族追放キャンペーン」です。

7月は内閣府が定めた「青少年の非行・被害防止全国強調月間」です。
箕面駅前で箕面っ子をまもるサポート隊のサントリーサンバーズの選手や箕面市、箕面警察署、箕面市青少年補導員らの青少年健全育成団体が参加し、少年非行防止のうちわや薬物防止、フィルタリングを呼びかけるチラシを配布しました。

 

スーパーサンバーズくん、お元気でござったか。
暑さに負けないくらい熱い思いで、「少年非行、被害防止」を呼びかけようでござる!

サントリーサンバースの選手や健全育成団体のみなさんも、ゆずる館長やスーパーサンバーズくんとともに、啓発物品のうちわやティッシュを配りながら「少年非行、被害防止」を呼びかけました。

 

次に、ゆずる館長は、箕面市立西小学校の「仲良し集会」に参加しました。

本日の「仲良し集会」は1、2年生が参加するじゃんけん列車です。

はじめに、集会委員会より「私たちは学年を越えて仲良く遊びます。」という決意表明がありました。
ゆずる館長からは、「学年をこえて楽しく遊ぶことは、とってもよいことでござる!みんなが楽しく遊ぶには、友だちの気持ちを考えることが大切でござる。これからも、西小学校のみんなのことを応援しているでござる!!」と書かれたメッセージプレートとうちわを手渡しました。

ゆずる館長も参加して、とっても長いじゃんけん列車ができあがりました。
みんな学年をこえてとっても仲良く遊んでいたでござる。拙者も楽しかったでござるよ!

午後から、ゆずる館長は青少年指導センターの仕事をお手伝いしました。

プルルルル・・・。
ゆずる館長、「こども110番」についての問い合わせ電話に対応中です。

 

もしもし、館長の滝ノ道ゆずるでござる。
こども110番とは、箕面市内の個人のお宅や店舗にご協力をいただき、子どもがちかんなどの危険なことに遭遇した時に、玄関等のわかりやすい場所に設置されたプレートやステッカーを目標に、子どもたちが逃げ込むことができる場所でござる。
現在、1,700件の皆様にご協力をいただいているでござる。「こども110番」へご協力いただけるかたは、青少年指導センター(電話721-1900)までご連絡をお願いするでござる。

「こども110番」ステッカー、プレートの設置にご協力いただける方は青少年指導センター(721-1900)までご連絡ください。

つづいて、防犯パトロールに出発です。
箕面駅前で、啓発うちわを配り「少年非行、被害防止」を呼びかけました。

人生の先輩からはたくさんの勇気を、小さな子どもからは元気をいっぱいもらったでござる。
少年非行や被害を防止するには、世代を超えた人と人との繋がりが大切だということを改めて感じたでござる。

これで青少年指導センター一日館長の仕事はおしまいです。
ご協力をいただきました皆様、ありがとうございました。

ゆずる館長、箕面山に向かって熱い思いを誓っています。

今日は、たくさんのお友だちと「少年非行、被害防止」について考えることができたでござる。
これからも、地域のみなさんと一緒に子どもたちの見守り活動を続けることを誓うでござる!

 

<夏休みは遅くまで遊びたくなるけれど、夜遊びは犯罪に巻き込まれやすいので暗くなる前に家へ帰ってね! 


この記事をはてなブックマークに追加

第20回みのおの子どもを育てる大人たちの学習会が開催されました!

2017年07月14日 | こんなことがありました!

7月8日(土曜日)箕面市立メイプルホール大ホールにおいて、『みのおの子どもを育てる大人たちの学習会』が開催されました。
 
この学習会は、箕面市青少年を守る会連絡協議会と箕面市教職員組合が、「地域の子どもは地域で育てよう」を合言葉に、実行委員会を結成して企画されました。今回で20回目の開催です。

 
(実行委員長のあいさつ)
 
今年度のテーマは、
『すべての子どもたちが“笑顔”であるために』でした。
箕面の子どもたちの中には、学習面、生活面、友だち関係、学校に行きたくない、家庭環境の課題など、様々な課題を抱えた子どもたちがいます。
地域・家庭・学校において今何ができるのかを考えるために、学校及び行政での取り組みの紹介や問題提起の寸劇、そして講演会が行われました。
 
≪第1部≫プレゼンテーション This is 箕面の教育2017
○学校における子どもたち・家庭のサポート(西南小学校)

 

○箕面市の「貧困の連鎖の根絶」に向けた取り組み(子ども成長見守り室)

 

≪第2部≫寸劇や講演で伝えるメッセージ
=問題提起の寸劇=
各小学校区の青少年を守る会の有志と市内小中学校の教職員が5話構成の寸劇で問題提起を行いました。
 
オープニング「すべての子どもたちが“笑顔”であるために」

第1話/あるマンションでは…

 

第2話/学校では…

 

第3話/家に帰ると

 

 第4話/地域のお祭りで…

 

 

第5話/出会いから…

 

 

(出演者のみなさん)
 
 


=講演=
湯浅 誠さん
 
東京大学法学部卒。平成20年末の年越し派遣村村長を経て、平成21年から3年間内閣府参与に就任。震災ボランティア連携室長、社会的包摂推進室など政策決定の現場に関わられていました。現在は法政大学現代福祉学部教授のほか、ラジオのコメンテーターなどでもご活躍されています。

湯浅さんは、「貧困」はお金という経済的な要素だけでなく、「つながり」や「自信」がないことが問題であり、ぜひ地域でも子どもたちに日頃の挨拶を含めた声かけや、様々な体験・経験の機会を作り、子どもたちを育んでもらいたいとお話されていました。

この学習会を通じて、参加者(学校・家庭・地域)が「すべての子どもが笑顔であるために」なにができるか、それぞれの立場で考え新たな気づきを得られる貴重な機会となりました。

<みんなが笑顔でいるためにできることをモミジーヌも考えてみるモミ~


この記事をはてなブックマークに追加