撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

「とっておきの箕面」まちあるきツアー開催!

2011年05月30日 | こんなことがありました!

平成23年5月28日、まちあるきツアー「とっておきの箕面」が開催されました。

このツアーは、第3回なにわなんでも大阪検定連携企画として、石畳と淡い街灯まちづくり支援事業に取り組む6市と、大阪商工会議所が連携して実施したものです。

 

まずは、阪急箕面駅前のガレリアで、本日案内をしていただけるボランティアガイドさんをご紹介。 

 

いよいよまちあるき開始!滝道入口で、さっそくみなさんガイドさんの萱野三平についての説明に聞き入っています。

 

その後も、野口英世像など見上げつつ…。

 

一行は、緑鮮やかな箕面滝道を歩いていきます。

 

この日は、水量も多く、美しい自然がたっぷりと堪能できました。

 

ウォーキングの後は、いよいよお食事。加古川山荘でお出迎え!

 

疲れも吹き飛ぶ、おいしいお弁当をいただきました。

 

帰りは、動物園跡地などを眺めながら…。

 

「もみじの足湯」で解散となりました!
今回、松原市から参加された戸田様ご夫妻は、「箕面は過去にも来たことがありましたが、ボランティアガイドさんの親切で丁寧な説明を聞き初めて知ったことも数多く、改めて箕面に興味を持ちました。」とお話しされていました。

<箕面の新緑はまだまだみどころいっぱい!みなさまぜひお越しくださいませ~。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

関西から東北にエールを!空楽フェスタ2011

2011年05月28日 | こんなことがありました!

 5月28日(土曜日)、大阪国際空港(伊丹空港)で「空楽フェスタ2011」(主催:大阪国際空港ターミナル株式会社)が行われ、箕面市も空港周辺市としてゆずると一緒にイベントに参加しました。


 大阪国際空港を身近に感じていただくために毎年開催している「空楽フェスタ」ですが、今回は東日本大震災の発生を受け、「がんばろう!日本」をテーマに、来場者のみなさんに楽しんでいただきながらも東北地方の早期復興を支援するためのイベントが行われました。

 オープニングセレモニーに登場した伊丹市立東中学校の地域活性隊の生徒さん達は、

オープニング後にはイベント呼び込みのお手伝い。

あふれる若さでイベントの盛り上げに大貢献!

 そんなイベントの一つが、さくらんぼの種を飛ばして距離を競う、さくらんぼ種とばし大会!使われるのは、伊丹空港からの直行便が就航している山形空港の所在地、山形県東根市産の大粒のさくらんぼ!

 飛ばす種を用意するため、まずはさくらんぼを食べられると知って、ゆずるもやる気満々!


 ……でしたが、小学生以下の「子どもの部」・中学生以上の女性の「レディースの部」・中学生以上の男性の「一般の部」のどれに参加すべきか迷ってしまい、参加断念。


 
「一般の部」の一位の方は なんと13メートルを超す大記録を残されていました。

 

 また、空港周辺市のゆるキャラも大集合!箕面市のたきのみちゆずるをはじめ、池田市のふくまるくん、伊丹市のたみまるくん、川西市のきんたくん、豊中市のワニ博士が一堂に会し、会場を盛り上げていました。

 
 ほかにも、マジックやバルーンアートなどのコミカルパフォーマンスや、

東北各県の特産品を扱う東北地方物産・観光展などが行われ、

台風が近づく中での開催にもかかわらず、多くの人でにぎわっていました。

 

 せっかく空港に来たんだから、顔出しパネルで記念撮影しようとしたゆずるでしたが…

残念、やっぱり顔が入りきりませんでした。

<青森県のりんごも、岩手県のせんべい汁も、秋田県の稲庭うどんも、宮城県の牛タンも、山形県のサクランボも、福島県の喜多方ラーメンもだーいすき!ゆずるたちのエールが、東北地方のみなさんに届いていますように。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の実生ゆず皮で、みずみずしい素肌を

2011年05月27日 | こんなことがありました!

 ゆらぎスタジオの岡山栄子さんが、箕面市の地域特産品である実生(みしょう)ゆずの皮を使い、地域活性の目的で「ゆずモイスチャークレンジングフォーム」を製作されました。 

 

 

  

箕面市は、大阪府で唯一ゆずの生産を行っています。

 通常ゆずは接ぎ木で栽培され実は小さいですが、箕面市止々呂美地区で栽培されている「箕面のゆず」は、そのほとんどが種から育てる実生栽培で、香りが高く、大粒でまさに最高級品です。

 

 


 

 ゆずの果汁を使用した商品は多いのですが、ゆずの皮の大部分は廃棄物となっていました。そのゆず皮を有効活用できないかということで、「ゆずモイスチャークレンジングフォーム」を製作されました。

 

 

 

  

 製作にあたり、大阪府立園芸高校と連携し、ゆずの精油を作る行程を生徒とともに行われました。このクレンジングに必要となる精油は5kgのゆず皮から10mlしかとれない根気のいる作業ですが、生徒たちは一生懸命取り組んでいました。

 

  

   

「活力とにぎわいあふれる地域」をつくるため、新たな事業にチャレンジしようとする事業者に対し、事業の立ち上げを支援しようとする「おおさか地域創造ファンド豊能地域支援事業(平成22年度)」の助成対象事業にも選定され、地域活性化、新たな雇用創出の取組の一環として行われています。

 

 

 

ゆずモイスチャークレンジングフォーム」は、ゆらぎスタジオみのお山荘風の杜において、2,520円(税込)(100ml)で販売されています。

<モミジーヌもつかってみようかな。お肌がつるつるになりそうだ。


この記事をはてなブックマークに追加

関西テレビで箕面市のスイーツが紹介されます

2011年05月26日 | こんなことがあります!

5月27日(金曜日)午後5時15分頃から、関西テレビの「スーパーニュース アンカー(午後4時53分から午後7時)」内のコーナー「あんたがアンカー」で、箕面市のスイーツ情報が紹介される予定です。

箕面の特産品であるゆずを使ったスイーツ、様々なゆず商品開発に取り組む「ゆずともみじの里・みのおプロジェクト会議」、箕面市内にたくさんある有名スイーツ店の話題や倉田箕面市長がリーダーシップをとり自ら箕面市のスイーツをPRする思いなど、箕面市のスイーツ情報が盛りだくさんで放送予定。

また、スタジオで「たきのみちゆずる」にちなんだゆずのスイーツを試食されるとか。

ぜひ、ご覧ください(大きなニュースが起きた場合など放送が変更される場合がございます)。

<やっぱりスイーツは最高~!!さっそく、箕面市内のスイーツ店巡りにいきたくなってきた。


この記事をはてなブックマークに追加

「手をつなごうコンサート」実行委員会から義援金を受け付けました

2011年05月24日 | こんなことがありました!

5月23日(月曜日)、東日本大震災に対する義援金として、「手をつなごうコンサート」実行委員会から148,550円の義援金を受け付けました。

「手をつなごうコンサート」は、RMO(Recorder Magic Orchestra)代表の成元雅子さんが「被災地の支援のためにチャリティーコンサートをしよう」と音楽仲間に協力を呼びかけ、4月29日(祝日・金曜日)にメイプルホール小ホールで開催されました。

日頃それぞれに活動している団体も、「被災地のためにできることをしたい」という思いは共通。成元さんの呼びかけに応えて、すぐに有志の団体が集まったそうです。福島県会津地方出身のかたの詩吟を含め、リコーダーやウクレレなど9つの団体が演奏を披露し、最後は会場全体で「ふるさと」の歌を合唱。

当日は、延べ約130人の参加者でホールがいっぱいになったそうです。会場に設置していた義援金箱にはたくさんの寄附が集まりました。「子どもたちもお小遣いの小銭を握りしめて寄附に来てくれた」と語るのは、共催団体の特定非営利活動法人市民活動フォーラムみのお事務局長の須貝昭子さん。主催者のネットワークを通じて、箕面に来ている留学生など外国人のかたも大勢参加されたそうです。

成元さんは、「被災地支援の気持ちを忘れずに、来年もぜひ開催したい。」と意気込みを伝え、市長も、「あさってから岩手県に行く。実際に現地を見た上で、本当に必要な支援は何なのかを考え、箕面からできる支援を呼びかけていきたい。」と応えました。

 <「手をつなごうコンサート」実行委員会のみなさん、ありがとう。支援の気持ちをずっと持ち続けることが大切なんだね!


この記事をはてなブックマークに追加

サントリーサンバーズが、箕面警察署から「箕面っ子をまもるサポート隊」の委嘱を受けました

2011年05月23日 | こんなことがありました!

5月21日(土曜日)から5月30日(月曜日)までの10日間に渡って「春の地域安全運動」が行われる中、箕面市では、5月23日(月曜日)、箕面市をホームタウンとするVプレミアリーグの男子バレーボールチーム「サントリーサンバーズ」が、箕面市内の少年犯罪及び少年非行を防止することを目的として、箕面警察署から
「箕面っ子をまもるサポート隊」の委嘱を受けました。委嘱は、平成18年から毎年行っており、今年で6年目になります。



          (上の写真2枚は、委嘱式後の集合写真)


箕面警察署で行われた委嘱式には、倉田箕面市長をはじめ、地域の防犯活動に日々ご尽力いただいている箕面市防犯委員会会長及び箕面市特設防犯協会会長、箕面少年補導員連絡会の前会長が出席されました。

委嘱式では、箕面警察署の松谷薫署長から、河野克巳ゼネラルマネージャー兼総監督がチームを代表して委嘱状の交付を受けるとともに、箕面市防犯委員会の西川浩登会長から、金子隆行キャプテンが「箕面っ子をまもるサポート隊」と書かれたたすきを受け取りました。





また、箕面警察署の松谷薫署長及び箕面市の倉田哲郎市長からは、サントリーサンバーズに対して、箕面市の街頭防犯の啓発活動に向けての激励の挨拶をそれぞれ述べました。


委嘱を受けたサントリーサンバーズの松崎廣光選手(24歳)は、「箕面市を、まずは大阪一、さらには日本一治安がいいまちと言われるようなまちにしていきたいです!」と決意を表明されました。

<サントリーサンバーズのみなさん、箕面の子どもたちの見守りよろしくお願いします!モミジーヌも一緒に見守っていくよ。


この記事をはてなブックマークに追加

映画「マイ・バック・ページ」撮影協力記念プレゼント

2011年05月23日 | こんなことがあります!

 妻夫木聡、松山ケンイチ主演の映画「マイ・バック・ページ」に箕面市役所が撮影協力をしています。

©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

 シネマコンプレックス「109シネマズ箕面(箕面マーケットパークヴィソラ内)」でも5月28日(土曜日)から公開されます。
 映画の公開開始と撮影協力を記念して、映画配給会社「アスミック・エース」とタイアップし、「マイ・バック・ページ」オリジナル東都新聞ボールペン(下記写真左)を5名様に、オレンジゆずるバスプルバックカー付ボールペン(下記写真右)を10名様にそれぞれ抽選でプレゼントします。

     

    

【応募方法】
官製はがき、ファクスまたはEメールで、(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)映画「マイ・バック・ページ」を観た感想を記載のうえ、109シネマズ箕面での上映終了日から1週間後(必着)までに、箕面営業課(〒562-0003箕面市西小路4-6-1、ファクス072-722-7655、eigyou@maple.city.minoh.lg.jp)へ
※厳正な抽選の結果、当選者への賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます

【問い合わせ先】
箕面市役所地域創造部箕面営業課(電話072-724-6905、ファクス072-722-7655)

 

<箕面市役所の机・椅子が登場しているよ。これが、妻夫木くんが座った椅子かもね…


この記事をはてなブックマークに追加

またも、全国広報コンクールで入選!箕面市ホームページが2年連続で全国第2位!

2011年05月20日 | こんなことがありました!

社団法人日本広報協会主催の2011年全国広報コンクールのウェブサイト(市部)部門で、箕面市ホームページが全国第2位にあたる「入選」を受賞しました。
昨年のコンクールでも「入選」しており、2年連続の受賞となります。


<箕面市ホームページ>

箕面市ホームページは、2010年3月1日に全面リニューアルを実施し、トップページには、市職員が取材した市内の出来事などをお知らせする「撮れたて箕面ブログ」や、各部局の部局長自らが所管する業務紹介などをお知らせする「部長ブログ@箕面市役所」、新規採用職員がフレッシュな視点で市の業務を見つめ、PRする「箕面市役所新人奮闘記!」、箕面の情報メディアである箕面FMまちそだて株式会社が作成する情報発信サイト「みのおどっとネット」などを掲載し、常に最新の箕面の情報を発信しています。

また、箕面へ転入者をいざなう「箕面に住む?」や特産品の柚子をPRする「箕面の柚子」、朝市を紹介する「箕面の朝市情報」、市PRビデオ「ようこそ みのおへ」など様々なコンテンツも用意しています。

昨年のリニューアルでは、誰もが使いやすく、欲しい情報が探しやすい、また市からのお知らせを効果的に発信できる、そんな市ホームページをめざして作成しました。
目的ごとに情報を探しやすく「くらし」「観光」などのカテゴリに分類し、引越し・住まい健康・医療など、ライフステージに応じてアクセスしていただける「こんなときには」も設置しています。
また、最新の注目情報を「トピックス」に掲載しています。

箕面市では、積極的に全国に向けて情報発信に努めていますが、これからも、引き続き、利用者のかたが使いやすく、みなさんに喜んでいただけるホームページをめざしてまいります。

 

<来年こそは、全国1位(特選)めざしてがんばってね!モミジーヌもトップページに登場しているから見てね


この記事をはてなブックマークに追加

大阪大学で、箕面市の職員採用説明会を開催~佐賀県武雄市の樋渡市長がサプライズで登場!

2011年05月19日 | こんなことがありました!

5月19日(木曜日)、大阪大学(豊中キャンパス)で、平成23年度の箕面市採用試験説明会を開催し、倉田哲郎箕面市長や若手職員が、集まった学生に向けて、市役所の仕事の魅力について語りました。

この採用試験の説明会は、より優秀な人材に箕面市役所へ来ていただきたいという思いで、平成21年から始めています。午後2時40分から1時間30分かけて開催した説明会には、33人の学生が集まりました。

最初に、倉田哲郎箕面市長から、他市にはない箕面市の魅力や、国や都道府県とは違う市役所ならではの仕事のやりがい、箕面市が求める職員像などについて、直接学生に向けて熱く語りかけました。
倉田市長は、「市役所の仕事は、市民との生活に非常に密着したやりがいのある仕事です。特に、箕面市は、他の自治体と比べ機動的でかつ先進的な取り組みを行っています。例えば、公立の幼稚園と市立小中学校の耐震化100%を達成したのは、府内の市で箕面市が最初です。具体的でおもしろい仕事ができるのが市役所の魅力なので、自信をもってお勧めします。この説明会をきっかけに箕面市に興味を持ち、箕面市を選んでいただけるととてもうれしいです」と語りかけました。

倉田市長からの話に引き続いて、入庁1、2年目の若手職員からは、仕事で果敢にチャレンジしていることや、採用試験の受験体験談などについて具体的に語りました。



若手職員の話のあと、偶然大阪に来ていた佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長が急遽飛び入り参加され、サプライズ登場となりました。
倉田市長と同じ総務省の出身で、日本ツイッター学会の会長でもある樋渡市長は、自身の経験を踏まえ、市役所で働くやりがいなどについて語りました。


最後に、箕面市人事担当職員から試験概要などについての説明を行いました。

参加者は、メモをとったり、うなずきながら、真剣な表情で聞き入っていました。
説明会に参加した大阪府立大学4回生の森脇仁美さんは、「市長のお話や若手職員のかたのお話を伺い、市役所の仕事に非常に興味が持てました。行政特有の難しい専門用語を使わず、分かりやすい言葉で語っていただけたので、具体的にイメージすることができました」と話しました。

※関西大学(5月25日午後1時から)と箕面市役所(5月27日午後3時から)でも、同様の採用説明会を予定しています。詳しくは、こちらをご覧ください。
なお、箕面市では、大学卒の事務職11人と技術職10人、消防職3人の募集を予定しており、6月1日(水曜日)から10日(金曜日)までの間、申込を受け付けます。職員採用試験の詳細は、こちらをご覧ください。

<武雄市長が登場して、モミジーヌもビックリ!学生のみなさん、ぜひ箕面市職員をめざして受験してね!


この記事をはてなブックマークに追加

箕面の宝物が満載!eo光テレビ「街角トレジャーハンター」で「箕面編」放送中!

2011年05月19日 | こんなことがありました!

eo光テレビ「街角トレジャーハンター」で、5月18日から5月31日まで、箕面編が放送されています。また、eo光チャンネルがご覧になれないかたには、「eo光チャンネルPLUS」で5月18日から約3カ月間ご覧いただけます。

番組内では、倉田市長が紹介している「箕面大滝」をはじめ、「もみじの天ぷら」、「箕瀧案販売のゆず商品」、「箕面川床」、「箕面山瀧安寺」、「箕面中央朝市inかやの広場」、「デリチュース」、「箕面ビール」、「もみじの足湯」…、もう数え切れないほどの箕面の「宝物」が登場します。

「街角トレジャーハンター」は、レポーターがいろいろなまちへ「宝物」を探しに出かけ紹介する地域情報発信番組で、ケーブルテレビの「eo光テレビ」のeo光チャンネルで放送中の人気番組です。なんと今回の「箕面編」で記念すべき100作品目だそうです。

また、番組の最後には、オレンジゆずるバスのプルバックカー付きボールペンが抽選で10名様にあたるプレゼントも登場。
(箕面市では、8月31日まで、オレンジゆずるバス専用の28枚綴りの回数券、定期券を購入いただいたかたにはボールペンをもれなくプレゼントするキャンペーンを実施中)。

ぜひ、みなさん「街角トレジャーハンター」をご覧いただき、番組で紹介されたスポットはもちろん、あなただけの「宝物」を探しに箕面へお越しください!

<番組では、たきのみちゆずるくんが案内するよ。テレビ局のみなさん、今度はモミジーヌの出番もつくってね!


この記事をはてなブックマークに追加