撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会に出場された南條雄飛さん、小林雅弥さんに箕面市長表彰!

2016年09月30日 | こんなことがありました!

今年8月に行われた、「第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会」(主催:公益財団法人日本水泳連盟)男子11~12歳男子200mフリーリレー及び200mメドレーリレーに出場された南條雄飛さん、小林雅弥さんに、9月28日(水曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
なお、南條さんは今回が3回目の箕面市長表彰となります。



南條さんは1歳から、小林さんは幼稚園年長の時から水泳を始められました。箕面市内にあるスイミングスクールで、平日は1時間半、土曜日は朝と夕方で計3時間の練習に励んでいます。現在在籍されている選手コースには、小学校6年生から高校3年生まで約20人いるそうです。



南條さんも小林さんも、タイムの成績が伸びだした小学校4年生の頃から実力がついたことを実感されてきたとのことです。
今は伸び盛りの年齢でもあり、さらなる成績向上にむけてからだづくりと体力の向上にむけて日々練習に励まれています。



今回リレーで好成績を収められたお二人ですが、次のJOCジュニアオリンピックにも出場し、個人でも上位の記録を目指したいと仰っていました。



倉田市長は、「練習は大変ですが、今はとにかく頑張って、また次もここに来てください」と激励しました。


 

<南條さん、小林さん、おめでとうございます!次は個人で出場だモミ!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

第8回グレンツェンピアノコンクール全国大会に出場された呉本福太郎さんに箕面市長表彰!

2016年09月29日 | こんなことがありました!

今年6月に行われた「第8回グレンツェンピアノコンクール全国大会」(主催:グレンツェンピアノ研究会)小学1・2年コースにおいて優秀賞を獲得された呉本福太郎さんに、9月27日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



呉本さんは生後10ヶ月の時から音楽教室でのリトミックを通じて音楽に親しまれ、その教室で4歳からピアノを始められました。練習は週1回で、そのほかテニス、習字、学習塾にも通われており、多忙な日々を送られています。
最近、2週間ほどピアノの練習が開いた時期がありましたが、お母さんが仰るには「リフレッシュしたみたいで、音が滑らかになった」とのことでした。



今回出場した大会は、予選、本選、地区予選があり、それぞれで好成績を収めなければ上位の大会には出場できません。全国大会が終わるとすぐに次の大会の予選が始まるため、多くの人は続けて次の大会には出場しないそうです。

今回呉本さんは予選で銀賞を獲得しましたが、「予選が一番上手にできた」とのことで、今後の目標について尋ねると、「次は金賞をとりたい」と意気込んでおられました。



 

倉田市長は、「今回がんばっていい結果が出たので、これからもピアノをがんばって、またここに来てください」と激励しました。
 


 

<呉本さん、市長表彰おめでとうございます!次は金賞だモミ!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

熱演!力作揃い!箕面市青少年文化祭!

2016年09月27日 | こんなことがありました!

9月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間にわたり、箕面市立メイプルホールにおいて、「第24回箕面市青少年文化祭」が開催されました。天候にも恵まれ、たくさんのかたにご来場いただきました。

このイベントは、中学校の文化系クラブを中心に、市内で文化活動を行う子どもたちが集まり、日頃の活動の成果を発表する芸術・文化の祭典です。
今回は舞台発表に16団体、作品展示に15団体が参加しました。
箕面市立メイプルホールのロビー・小ホール・リハーサル室には、絵画や写真、陶芸など、子どもたちの個性豊かな作品がたくさん展示され、来場されたかたも、じっくり見入っておられました。

作品展示(ロビー)

作品展示(小ホール)

作品展示(リハーサル室)

階段にも作品があり、お客さんの目を楽しませてくれます。

また、ロビーでは1日目は四中茶華道部によるお手前披露、2日目は六中美術部によるトイレットペーパーの芯を使ったエコクラフトコーナーが行われました。

舞台では、バンド演奏、演劇、吹奏楽、ダンス披露、放送部による映像作品の上映、ナレーションなど、多彩なパフォーマンス、熱いステージが披露されました。
1日目の様子。

2日目の様子。

他にも10日(土曜日)は、タッキー816みのおFM「みのたんらじお」の生放送に出演!
日頃の部活動の様子や青少年文化祭についてのインタビューを受けました。

青少年文化祭に参加している子どもたちは、舞台発表、作品展示だけでなく、実行委員会協力スタッフとして司会や受付、誘導、場内整理、作品監視、会場の片付けなど青少年文化祭を行うためにのいろいろな役割も努めました。

司会は出演者へのインタビューも!

受付は来場されたお客さんに笑顔で挨拶!プログラムを勧めます。

2日間にわたって、本イベントを支えてくださったすべての関係者のみなさま、ありがとうございました。

 

<幼稚園児から高校生までのバラエティーに富んだ作品や発表で、演じる子どもたちもお客さんも笑顔にあふれていたよ!モミジーヌも参加したいモミ~♪

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

食育ボランティアを始めませんか?

2016年09月26日 | こんなことがあります!

 

~年に一度の養成講座が11月から始まります!~

 

 箕面市では、食生活改善推進員(ヘルスメイト)という食育ボランティアが活動しているのをご存じですか。

知らないかたも多いのですが、もう40年以上活動を行っている歴史あるボランティア団体です。

また、その実績が認められ、平成26年には、大阪府教育委員会から「文化の日表彰」を受けています。

 

どんな活動を行っているかその一例をご紹介します。

 

★学校での食育授業のサポート

 

先日、豊川南小学校において「2年生の夏野菜ピザ作り」のサポートをしました。栄養士の先生、担任の先生と一緒にピザを作ります。

 

 

 

ピザは、生地から作ります。「ボールに入れ忘れたものはないかな?」とヘルスメイトがアドバイスします。

 

 

  

 「焼けたかなー」、とのぞき込んでいるうちにいい香りが教室いっぱい立ちこめてきます。

 

 おいしそうに焼きあがりました! 

  

こうしたクッキングでは、低学年でも野菜を切る作業をします。包丁の扱いは、不慣れな子どもがほとんどですが、先生の他にもヘルスメイトがいるので、それぞれのグループで丁寧に教えてもらうことができるのでとても安心です。

また、「どうしてそれ入れるの?」「ねー、生地はこれくらのばすの?」と子ども達から次々と質問があります。

「これは、生地をふっくらさせるよ。」「火が通りやすいように、もう少しひろげようね。」とすぐに教えてもらえて、大満足のクッキングになります。

ヘルスメイトも、子ども達との活動を楽しんで、たくさんの「ありがとう」の言葉で元気をもらいます。

 

さらに、学校以外にも市内の様々な場所で、幅広い世代に向けて、いろいろなテーマで、活動をしています。

 

★ヘルスメイトの自主事業「小学生親子対象のファミリークッキング」

 

 

12月は、クリスマスメニューのクッキング教室をヘルスメイトが主催します!

ヘルスメイトがチームを作って楽しい企画を考えます。ヘルスメイトならではの食育のワンポイントレッスンもあり、毎回充実のメニューです。

 

 

 

 

 

12月号のもみじだよりに掲載される予定です。

 

★定例会

1回の定例会があります。ここで様々な活動の情報交換をしていますので、ご自分のペースに合わせてボランティア活動をすることが可能です。

また、食に関する講演を聴いたり、調理の試作をしたり、自主研修もしています。

「食べること」や、「ありがとう」の言葉でつながる、楽しい輪ができていますよ。

 

また、市の離乳食教室や食育フェア、アイデアメニューコンテスト、親子で楽しむおべんとうづくりなどのイベントでもご協力をいただいています。

ヘルスメイトの力をお借りすることで、市の事業も充実した内容で開催することができており、なくてはならない存在です。

 

★ヘルスメイト養成講座の申し込みについて

ヘルスメイト活動をしていただく前には、市の主催する養成講座を受けて「食」や「健康」について学んでいただきます。

もちろん、ご自分や家族の健康づくりにもとても役立つ内容です。

食に興味のあるかた、何か少し始めてみようと思っているかたならどなたでも参加できますので、どうぞお申し込みください。

  

  食生活改善推進員(ヘルスメイト)養成講座プログラム(予定)

 

  

受け付け開始は、10月3日からです!

先着順受付となりますので、お早めに下記にお申し込みください。

 

 問合せ…箕面産と食の推進室  

 

〒562―0003西小路4―6―1 電話:724‐6159 FAX:722‐2466

(講座名、住所、氏名、生年月日、連絡の取れる電話番号、FAX番号を記入してください)

 

    

 

<これからも、楽しい食育を応援してくれるヘルスメイトさんの活動がひろがるといいなあ。

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

第33回全国少年少女レスリング選手権大会に出場された小島怜紗さん、三浦颯士さんに箕面市長表彰!

2016年09月23日 | こんなことがありました!

今年7月に行われた、「平成28年度第33回全国少年少女レスリング選手権大会」(主催:公益財団法人日本レスリング協会)22kg級に出場し第2位となった小島怜紗さん、同21kg級に出場し第3位となった三浦颯士さんに、9月16日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



小島さんは幼稚園の年少の頃からレスリングを始められました。本大会を優勝された千森稔矢さんの記事が掲載されたもみじだよりをお母さんがご覧になり、興味を持って見学に行かれたことがきっかけだそうです。
その後、レスリングの楽しさに引き込まれた小島さんを見た三浦さんは、自分もやってみたいと思い、幼稚園年中の頃にレスリングを始められたとのことでした。



現在お二人が通う「吹田市民レスリング教室」は全国的にも有名なレスリング教室で、リオ五輪男子レスリングのフリースタイル57kg級で銀メダルを獲得した樋口黎選手もこの教室の出身者です。
練習は週3回ですが、まだ小学1年生ということもあり、体幹トレーニングなどの基礎トレーニングが多いようです。そのほか、相手を変えながら30分程度の練習試合をすることもあるそうで、これが結構大変なのだそうです。




初出場の全国大会で2位、3位という好成績を収められましたが、お二人とも大変悔やしがり、涙を流されたそうです。
この大会は、昨今のレスリング人気の高まりから参加人数が増加しているため、来年から3年生以上を対象とするよう変更となり、来年は出場することができなくなりました。
将来の目標については、小島さんは「来月関西で大きな大会があるので、そこで優勝したい」、三浦さんは「オリンピックで金メダルを獲りたい」とのことでした。



                  
(左から)三浦颯士さん、小島怜紗さん、倉田市長


倉田市長は、「この調子でメダルをいっぱい獲って、オリンピックを目指してください」と激励しました。


<小島さん、三浦さん、おめでとうございます!2年後は頑張って優勝だモミ!

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

止々呂美特産「銀寄栗(ぎんよせくり)」の出荷最盛期!~甘くて美味しい秋の風物詩~

2016年09月21日 | こんなことがありました!

 箕面市北部の止々呂美地区で、特産のクリ「銀寄(ぎんよせ)」の出荷が最盛期を迎えています。荷受け先となるJA大阪北部止々呂美特産物センターでは、各農家から集まったクリの選別作業に追われています。

 

止々呂美地区では、山の斜面を利用してクリの栽培が行われており、この収穫が秋の訪れを告げる風物詩となっています。現在は約20軒の農家が栽培を行っています。栽培されているクリの多くは、「銀寄(ぎんよせ)」という品種で、実が大きく甘みが凝縮されており人気があります。

 

止々呂美特産物センターでは、「銀寄」を含む栗の集荷作業が、9月20日(火曜日)から開始されました。出荷作業は10月初旬まで行われる予定です。
止々呂美特産物センターによると、今年は晴天に恵まれ、クリのできは良く、2トン程度の出荷量を見込んでいます。

 

JA大阪北部萱野支店職員の田和(たわ)さんは「銀寄は早生栗と比べて実が大きく、甘さが濃いのが特徴です。蒸し栗や焼き栗、栗ご飯にして手軽に食べられるので、秋の味覚として銀寄を楽しんでほしいです」と話しました。

 

選別作業は、午前10時頃から同センターの倉庫兼作業場で始まりました。まず、虫がつかないように燻蒸を済ませたクリをベルトコンベアーに乗せ、虫食いや傷みなどがある不良品を取り除き、選果機にかけます。そして、つぶの大きさ別にS、M、L、LLの4つのサイズに分け、それぞれ2、3、5、10キログラムの4種類の段ボール箱に詰めていきます。

 

同支店で予約販売される価格は、銀寄Sサイズが1キログラム350円(税込)、Mサイズが1キログラム900円(税込)、Lサイズが1キログラム1500円(税込)、LLサイズが1キログラム2000円(税込)となっています。

お問い合わせ
JA大阪北部止々呂美特産物センター
電話:072-739-0193

JA大阪北部萱野支店
電話:072-722-5451

 < 食欲の秋の到来だ~!銀寄も食べるもみ!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

第47回全国中学校柔道大会に出場された小谷麗奈さんに箕面市長表彰!

2016年09月16日 | こんなことがありました!

今年8月に行われた、「平成28年度全国中学校体育大会第47回全国中学校柔道大会」(主催:公益財団法人日本中学校体育連盟、公益財団法人全日本柔道連盟、新潟県教育委員会、上越市教育委員会)女子70kg級に出場された小谷麗奈さんに、9月13日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



小谷さんは普段、自宅の道場でお父さんから柔道を教わっているほか、月1回箕面市内の道場でも練習されています。

在籍している中学校は柔道部がなく、勉学に非常に熱心で、夏休みの間もサマースクールがあり2週間程度しか休みがないそうです。
柔道の練習時間を確保することが大変難しく、「他校の選手に比べて練習時間が少なく相当なハンデだと思います」と話されました。



今回出場した大会では、3回戦で第1シードの選手に敗れました。「悔しかったのと、相手が強いからしかたないという思いの半々です」とのことですが、今大会のベスト16のうち11人は3年生なので、来年こそはという思いもあるそうです。
現在の目標は「まずは来年の全国中学校柔道大会に出て優勝したいです。4年後には東京オリンピックがあるので、代表選手として出場したいです」とのことでした。



倉田市長は、「実績を積み、一歩一歩進んでください。4年後に向け、引き続き楽しみにしています」と激励しました。



 

<小谷さん、おめでとうございます!4年後を目指してこれからも頑張るモミ!

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

国際友好都市メキシコ・クエルナバカ市のモレロス大学から研修生がやってきました!

2016年09月16日 | こんなことがありました!

9月2日(金曜日)から21日(水曜日)までの20日間、国際友好都市メキシコ・クエルナバカ市にある、モレロス大学から日本語を学びに研修生4名が、現在本市に滞在中です。平成4年(1992年)から続いているこの研修は今年で24回目を迎えました。

9月6日(火曜日)には、箕面市について知ってもらうため、観光ボランティアガイドさんと一緒に、環境クリーンセンターの見学、勝尾寺の拝観、箕面大滝と滝道の観光、郷土資料館を見学しました。
環境クリーンセンターの焼却施設等の機械や郷土資料館内の展示物等について、研修生からたくさんの質問が出るなど、研修生にとって多くの発見があったと思います。

今回の研修生:左からレイディさん、アブラムさん、クリスタルさん、ルイスさん(箕面大滝にて)

(今回の研修生:左からレイディさん、アブラムさん、クリスタルさん、ルイスさん(箕面大滝にて))

環境クリーンセンターにて

(環境クリーンセンターにて)

9月14日(水曜日)には倉田市長・具田教育長表敬訪問、林市議会議長、中嶋副議長表敬訪問を行いました。

市長・教育長表敬訪問にて

(市長・教育長表敬訪問にて)

市長・教育長表敬訪問では、日本語を学んだきっかけについて市長から質問があり、研修生はそれぞれ「お父さんが日本企業で働いていて自分も働きたい」や「日本の文化やアニメが好きで、それがきっかけで日本語を勉強しはじめた」など日本語で答えていました。メキシコでは、日本のアニメは字幕はスペイン語で音声だけ日本語のままにして見ることができるということで、市長からはそれが一番いい勉強方法ですねと言われ「はい!」と一同声を揃える場面も見られました。

また議長・副議長表敬訪問では、議長からは日本の印象についての質問があり、研修生からは「みんな親切でやさしい。メキシコに帰りたくない。」「箕面は自然があって、きれいな町で箕面が好きです。」など嬉しい言葉を聞くことができました。副議長からは将来何をしたいかという質問があり、「日本の大学院に行って箕面に住みたい。」「メキシコで日本の自動車企業で働きたい。」などそれぞれの夢を話してくれました。

議長・副議長表敬訪問にて

(議長・副議長表敬訪問にて)

 <日本や箕面を好きになってくれて嬉しいな!
                    
これからも日本語の勉強がんばってね!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

体育用具を寄贈いただきました!

2016年09月15日 | こんなことがありました!

9月14日(水曜日)に東急不動産SCマネジメント株式会社みのおキューズモール様より、体育用具56セットの寄贈がありました。

 

東急不動産SCマネジメント株式会社みのおキューズモール 桑原総支配人から「子どもたちの体力・運動能力向上のためお役立てください」と「ステップハードル」と「サポートパッド」が手渡されました。
「ステップハードル」は、瞬発力・敏しょう性・スピードアップ、「サポートパッド」は、逆上がり・前回りなどの鉄棒運動をサポートしてくれます。

 

また、倉田市長より、桑原総支配人に感謝状が贈呈されました。


今回寄贈していただいた「ステップハードル」、「サポートパッド」は、子どもたちに「もっと体力をつけてほしい!」「地元の子どもたちにも、もっとスポーツの素晴らしさを感じて欲しい!」という想いのもと、キューズモールスマイルプロジェクト第7弾「みんなのポイントで、地元の小学校に体育用具を贈ろう!プロジェクト」として2016年3月から、キューズモールのお客様から寄付していただいたポイントを還元されたものです。
また、今年3月には、「非常持出袋」、「非常時対策冊子」800セットを本市へ寄贈していただき、スマイルプロジェクトを通していろいろな地域貢献活動に取り組まれています。
 ・「非常持出袋」、「非常時対策冊子」について詳しくはこちら

今回寄贈いただいた「ステップハードル」、「サポートパッド」については、箕面市立小学校14校で、子どもたちの体力・運動能力向上のために活用させて頂きます。
ありがとうございました。


<キューズモールさん、ありがとうございました!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市体育連盟から義援金を受け付けました

2016年09月15日 | こんなことがありました!

 914日(水曜日)箕面市では、熊本地震に対する義援金として、箕面市体育連盟から65万円を受け付けました。

箕面市体育連盟には、卓球やテニスなど種目ごとに20協会が加盟しており、各協会が実施する大会などの場で募金活動をされ、その義援金を市長が受け付けました。

 

箕面市体育連盟は昨年60周年を迎え、永きにわたり市民スポーツの振興と生涯スポーツの普及などを中心とした様々な活動を行われています。

 

義援金は、日本赤十字社を通じて全額被災者の支援に充てられます。

 

  箕面市体育連盟のみなさん、ありがとうございました! みんなで熊本の復興を支援していきましょう!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加