撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

人命救助をした重本 幸さんに箕面市消防長表彰!!

2015年09月30日 | こんなことがありました!

 6月7日(日曜日)に、箕面スパーガーデンで重本 幸さんが人命救助を行い、助けた男性が無事社会復帰されたことから、この功績をたたえ、9月29日(火曜日)に箕面市消防長から箕面市消防長表彰が贈られました。

 重本さんは、箕面スパーガーデンで食事をされていた時、館内放送で「お医者様か看護師様がいらっしゃいましたらロビーまで」というアナウンスを聞かれ、ちょうど近くにおられたので直ぐに駆け付けられました。
 駆け付けると、大勢の人が集まっており、仰向けで倒れている男性に対して一人の男性が呼びかけをしている状況でした。重本さんの職業は看護師で、呼びかけている男性と直ぐに交代して倒れている男性を観ると、呼吸はなく脈が触れない心肺停止状態であったため、直ぐに心臓マッサージをしながら近くにいたかたに救急車の要請とAEDを持ってくるようにお願いしました。その後も重本さんは、心臓マッサージとAEDの電気ショックを併用した懸命の応急処置で救急車の到着を待ち、到着した救急隊に引き継がれました。

 倒れた男性は、速やかに近隣の救命センターへ搬送後、6月22日(月曜日)に退院されて、無事社会復帰を果たされました。

 重本さんは、「私は何も特別なことはしていません。看護師としてではなく、一人の人間として気がつけば無我夢中で体が勝手に動いて、心肺蘇生法とAEDを実施しただけです。」と言われていました。

<皆さんも、この様な場面に遭遇した際は勇気をもって行動を起こしましょう!

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

【ボートレース住之江】心斎橋でペアボート!サンテレビでボートレース番組も始まります♪

2015年09月29日 | こんなことがあります!


(心斎橋でペアボート!グランプリまで、あと80日!)


(1)【報告】道頓堀 de ボートレースイベント

平成27年9月12日(土)、爽やかな秋晴れの中、心斎橋で予告なしのペアボートイベントが行われました!
人通りの多い「道頓堀」で初めてのペアボートイベントとあって、協力してくださった選手もちょっぴり緊張気味の様子。






ボートレースが道頓堀を走るという珍しい光景に、道行く多くの人が足を止めてくれました。


ボートレース住之江では、ナイター期間中の金・土・日・祝日「グループシートご招待企画」を実施しています。(除くG1)
この迫力のあるボートレースをぜひお仲間と一緒に見にきてください!


(2)【予告】ボートレース体験型バラエティー!「ボートのつぼみ」(サンテレビ)


昨年の「ガーリーボート」に引き続き、ボートレース体験型バラエティー「ボートのつぼみ」の放送がサンテレビで始まります!
ボートレースは初心者のアイドルグループNMB48に在籍していた福本愛菜さんと、ボートレースアイドルグループを目指す「つぼみ」が様々な視点でボートレースの楽しさを伝える番組です。お楽しみに!
平成27年10月4日スタート(毎週日曜日 23時30分~24時00分)


(3)【報告】「ダブルチャンススペシャルマッチ 第10回森下仁丹杯争奪戦」

(住之江デビューを果たした「仁丹王子」)
先日、このブログ競艇事業局長ブログで告知させていただいたとおり、ボートレース住之江において、平成27年9月18日(金曜日)~9月21日(月曜日・祝日)まで箕面市主催の「ダブルチャンススペシャルマッチ 第10回森下仁丹杯争奪戦」が開催されました。
また、ファンサービスとして、毎日、後援企業である森下仁丹株式会社のキャラクター「仁丹王子」がお客様をお出迎えし、森下仁丹製品のファンサービスをお配りしました。


(生涯獲得賞金が30億円を超える絶対王者・松井 繁選手のトークショー)
さらに、大型連休とあってアクアライブステーションのゲストも豪華で、特に松井 繁選手のトークショーはひときわ賑わっていました。








そしてレースは、坪井康晴選手が見事に勝利されました!
おめでとうございます!

(4)【予告】「スポニチ杯争奪 第49回住之江選手権競走」


ボートレース住之江において、平成27年10月14日(水曜日)~10月19日(月曜日)まで箕面市主催の「スポニチ杯争奪 第49回住之江選手権競走」がはじまります。秋の夜長に、ナイター観戦を楽しんでください!

日時:平成27年10月14日(水曜日)~10月19日(月曜日)
    本場/14:00開門、第12レース発売締切20:25
場所:ボートレース住之江(地下鉄四つ橋線「住之江公園駅」下車・北出口から徒歩3分)
    住所/〒559-0023 大阪府大阪市住之江区泉1-1-71 
    電話/06-6685-5112
※「ボートレース住之江」は、入場料100円が必要です。(保護者同伴の場合、未成年のかたは入場無料)
※未成年のかたの舟券購入はできません。
※併設されている「ボートパーク住之江」は、10:00開門です。
※競艇事業局の収益金は、北大阪急行線の延伸整備事業などに運用されています。
その他のイベントについて、詳細はボートレース住之江(電話06-6685-5112)へお問い合わせください。



<イベントには、あのタレントさんも来るらしいモミ・・・!

 

 

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!



この記事をはてなブックマークに追加

止々呂美特産「銀寄栗(ぎんよせくり)」の出荷最盛期!~甘くて美味しい秋の風物詩~

2015年09月28日 | こんなことがありました!

箕面市北部の止々呂美地区で、特産のクリ「銀寄(ぎんよせ)」の出荷が最盛期を迎えています。荷受け先となるJA大阪北部止々呂美特産物センターでは、各農家から集まったクリの選別作業に追われています。

止々呂美地区では、山の斜面を利用してクリの栽培が行われており、この収穫が秋の訪れを告げる風物詩となっています。現在は約20軒の農家が栽培を行っています。栽培されているクリの多くは、「銀寄(ぎんよせ)」という品種で、実が大きく甘みが凝縮されており人気があります。

止々呂美特産物センターでは、「銀寄」を含む栗の集荷作業が、例年より少し早く9月18日(金曜日)から開始されました。出荷作業は10月15日(火曜日)頃まで行われる予定です。
止々呂美特産物センターによると、今年は適度な雨と晴天に恵まれ、クリの出来は良く、3トン程度の出荷量を見込んでいます。

JA大阪北部萱野支店職員の田和(たわ)さんは「銀寄は実が大きくて甘みが強いので、お菓子作りに向いています。皮ごと焼き栗、中の渋皮だけを残して渋皮煮、皮を全て剥き砂糖をまぶせてマロングラッセ、モンブランケーキにするなど、どの食べ方をしてもおいしいですよ」と話しました。

 

選別作業は、午前10時頃から同センターの倉庫兼作業場で始まりました。まず、虫がつかないように燻蒸を済ませたクリをベルトコンベアーに乗せ、虫食いや傷みなどがある不良品を取り除き、選果機にかけます。そして、つぶの大きさ別にLL、L、M、Sの4つのサイズに分け、それぞれ3、5、10キログラムの3種類の段ボール箱に詰めていきます。

「銀寄」は予約販売のほか、JA大阪北部農産物朝市直売所(場所:みのおキューズモールふれあいパーク)や止々呂美ふれあい朝市などで購入できます。

同支店で予約販売される価格は、銀寄Mサイズが1キログラム900円(税込)Lサイズが1キログラム1,300円(税込)、LLサイズが1キログラム1,800円(税込)となっています。

お問い合わせ
JA大阪北部止々呂美特産物センター
電話:072-739-0193

JA大阪北部萱野支店
電話:072-722-5451

 

<栗の季節の到来だ~今晩は栗ご飯にしようかな♪

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!


この記事をはてなブックマークに追加

「みのおキューズモール防災イベント」にて心肺蘇生体験教室が開催されました!

2015年09月25日 | こんなことがありました!

 9月19日(土曜日)、秋晴れの青空の下、みのおキューズモールエルステージにおいて、みのおキューズモールと箕面市の合同による防災イベントが開催されました。

この防災イベントは、「もしもに備えるまちづくりプロジェクト」として地域の防災に取り組んでおられる東急不動産株式会社みのおキューズモールの防災啓発活動の一環として行われ、その中で心肺蘇生トレーニングキット(訓練人形8体)を箕面市に寄贈していただきました。

まず、心肺蘇生トレーニングキット贈呈式が行われ、箕面市民を代表して倉田市長が受領しました。

 

 

 

 

続いて、寄贈品の心肺蘇生トレーニングキットを使用し、心肺蘇生体験教室を開きました。倉田市長も体験教室に参加し、市民の皆さまと一緒に、胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDの操作方法などの心肺蘇生法を熱心に学んでいただきました。

 

 

 

 

 

 また、この日は、シルバーウィークの始まりというとこで、来場者も多く、親子で一緒に心肺蘇生を体験していただきました。体験者の中には、子どもも多く、消防職員の説明を熱心に聞き入り、その一生懸命な姿に私たち消防職員も感動し、もっと体験をして、もっと学んでほしいという思いから、指導にもよりいっそう熱が入りました。

 

 

 

 

 

この防災イベントの、心肺蘇生体験教室で、多くのかたがたに心肺蘇生を学んでいただくことができました。

いつ何時起きるかもわからない災害への対応力の向上を目指して、このトレーニングキットを今後の救命講習会などで活用し、市民の皆さまの救急応急手当の普及・促進、また、救命率の向上に繋げていきます!

 

  <心肺蘇生トレーニングキットの寄贈、ありがとうございます!みんなで救命講習会に参加しようね!

 

 

 

 

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!


この記事をはてなブックマークに追加

なつかしい雑誌や漫画も閲覧できる!郷土資料館企画展示「人々のくらしと文字」が開催中です

2015年09月25日 | こんなことがあります!

箕面市立郷土資料館(箕面6-3-1)で、「人々のくらしと文字展」が10月25日(日曜日)まで開催されています。


 
この企画展示では、江戸時代の関札や明治時代の高札など、まだメディアが発達していなかった時代、人々が生活に必要な“情報を知る”うえで大切な文字資料が展示されています。

 


箕面市の半町(はんじょ)にあった本陣では、大名が宿泊する2~3日前から「細川越中守 休」といったように大名の名前が書かれた関札(宿札)を掲げ、一般客は泊まることができないことを知らせていました。企画展示では、実際に使用されていた関札を6枚展示しています。

 

また、文字は単に情報を知るツールであるだけではなく、本や雑誌、カルタなど“娯楽”としての役割もあります。展示では、昭和の頃のカルタやかな文字遊びなどを紹介しているほか、大正時代の映画雑誌や昭和時代の漫画などを実際に手にとって読むことができるコーナーもあります。

 

このほか、箕面有馬電気軌道が開通した当時の新聞(複写)では、沿線の見所として箕面公園や、瀧安寺などを紹介しており、開業に伴い箕面は観光客などでにぎわったことが推測されます。

 

同資料館企画担当員の中村聡史さんは、「当時の新聞や雑誌などを読むと、当時の人々のくらしや楽しみを読みとることができます。今回の企画展示では、昭和時代の雑誌や漫画などを読める閲覧コーナーを設けました。ぜひ手にとって、読んでみてください」と話しました。

 

見学に来ていた足立委子さんは、「今はもう亡くなっている映画スターのカードや雑誌なんかを見ると、なつかしく思います」と話していました。

 

●企画展示「人々のくらしと文字展」
【日時】9月18日(金)~10月25日(日)午前10時~午後5時
   (休館日:毎週木曜日)
【場所】郷土資料館(箕面6-3-1 みのおサンプラザ1号館地下1階)
【費用】無料
【電話】072-723-2235 【ファックス】072-724-9694

 

<閲覧コーナーにもぜひ立ち寄ってみてね!

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!


この記事をはてなブックマークに追加

世界水泳選手権大会シンクロナイズドスイミング競技で銅メダルを獲得された吉田胡桃さんに箕面市長表彰!

2015年09月25日 | こんなことがありました!

2015年7月~8月にロシア・カザンで開催された第16回世界水泳選手権大会シンクロナイズドスイミング競技に日本代表選手として出場され、チームテクニカルルーティン、チームフリールーティン、フリーコンビネーションの3種目で銅メダルを獲得された、吉田胡桃さんに、9月11日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。

吉田さんはチームメイトとともに、大会前に最新鋭の設備が整った「国立スポーツ科学センター」(東京都)で合宿をおこない厳しい練習を積み重ねてこられました。
また、試合会場によく似た環境の「なみはやドーム」(門真市)では、広い空間で観客に魅せる演技を披露するための練習をされたそうです。
厳しい練習の中で、「勝ちたい、メダルをとりたい」という気持ちが強くなり、大きな目標をもって大会に臨まれ、みごとメダルを獲得されました。日本チームのメダル獲得は世界水泳では8年ぶりとなります。

 次の目標であるリオデジャネイロオリンピックに日本チームが出場するためには、オリンピック予選に出場し出場権を獲得しなければなりません。
「予選会・オリンピックともに屋外プールでの試合となるので、事前にグアムで合宿をおこない、屋外プールでの感覚を確認するなど万全の態勢をとって予選を1位で通過し、リオに臨みたい」と話されました。
吉田さんは「今回の大会で、頑張ればメダルがとれることを学んだので、オリンピックでもメダル獲得をめざしたいです」と力強く話されました。

倉田市長は、「オリンピックでの活躍を楽しみにしています。怪我に気を付けて頑張ってください」と激励しました。

 

 

  <吉田さん銅メダル獲得おめでとうございます。モミジーヌもテレビで応援していたモミ~!

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

勤労障害者および障害者雇用優良事業所の表彰式がありました

2015年09月17日 | こんなことがありました!

毎年9月は「障害者雇用支援月間」です。

箕面市では例年、一生懸命仕事に励み社会で活躍されている障害者市民の方と、障害者雇用を積極的に考え取り組まれている優良事業所に対して市長表彰を行っています。

今年度も、以下の勤労障害者市民6名、障害者雇用優良事業所3カ所が表彰されました。

 

<勤労障害者表彰>

○ 岡田 弘さん(箕面市役所総務部総務室)

○ 川村 義和さん(ボルツ株式会社 能勢工場)

○ 堀 康次郎さん(大阪ガス株式会社)

○ 寺田 裕子さん(医療法人神明会介護老人保健施設 ラ・アケソニア)

○ 北村 太さん(イズミヤ株式会社 イズミヤ小林店)

○ 北村 真美さん

  (日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社KFC千里中央店)

 

<障害者雇用優良事業所表彰>

○ 株式会社瀧定関西商品センター箕面営業所(箕面所長 西松 由樹さん)

○ 株式会社アーバンリサーチ

  (人事総務部プロジェクト推進室マネージャー 家近 佳奈子さん)

○ 医療法人清順堂ためなが温泉病院(専務理事 中松 大二さん)

 

【表彰式の会場風景①】

【表彰式の会場風景②】

【表彰式後の記念写真です】

 

 

<受賞者のみなさん、おめでとうございます♪これからも頑張ってくださいモミ~★

 

 

 

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!


この記事をはてなブックマークに追加

熱演!力作揃い!箕面市青少年文化祭!

2015年09月16日 | こんなことがありました!

9月12日(土曜日)と13日(日曜日)の2日間にわたり、箕面市立メイプルホールにおいて、「第23回箕面市青少年文化祭」が開催されました。
天候にも恵まれ、たくさんのかたにご来場いただきました。

このイベントは、中学校の文化系クラブを中心に、市内で文化活動を行う子どもたちが集まり、日頃の活動の成果を発表する芸術・文化の祭典です。今回は舞台発表に17団体、作品展示に16団体が参加しました。
ロビー・小ホール・リハーサル室には、絵画や写真、陶芸など、子どもたちの個性豊かな作品がたくさん展示され、来場されたかたも、じっくり見入っておられました。


階段にも作品があり、お客さんの目を楽しませてくれます。

また、ロビーでは1日目は茶華道部によるお手前披露、2日目は三中美術部による手作り紙芝居の上演もありました。


舞台では、バンド演奏、演劇、吹奏楽、ダンス披露、放送部による映像作品の上映など、多彩なパフォーマンス、熱いステージが披露されました。


1日目の様子。

 2日目の様子。

他にも13日(土曜日)は、タッキー816みのおFM「みのたんらじお」の生放送に出演!
日頃の部活動の様子や青少年文化祭についてのインタビューを受けました。


青少年文化祭に参加している子どもたちは、舞台発表、作品展示だけでなく、実行委員会協力スタッフとして司会や受付、誘導、場内整理、作品監視、会場の片付けなど青少年文化祭を行うためのいろいろな役割も務めました。


司会は出演者へのインタビューも!


受付は来場されたお客さんに笑顔で挨拶!プログラムを勧めます。


2日間にわたって、本イベントを支えてくださったすべての関係者のみなさま、お疲れさまでした。ありがとうございました。

<幼稚園児から高校生までのバラエティーに富んだ作品や発表で、演じる子どもたちもお客さんも笑顔にあふれていたよ!モミジーヌも参加したいモミ~♪

 

 

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!

 


この記事をはてなブックマークに追加

「第64回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会」で優勝されたサントリーサンバーズさんに箕面市長表彰!

2015年09月16日 | こんなことがありました!

2015年5月に大阪でおこなわれた「第64回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(以下黒鷲旗)」で見事優勝を達成されたサントリーサンバーズのみなさん、そして日本代表に選出されたサントリーサンバーズの鈴木寛史選手、栗山雅史選手、柳田将洋選手に8月27日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。

決勝戦では、今大会のグループ戦で一度敗れているライバルチームを制し、2年ぶり7度目の優勝を達成されました。個人賞でも黒鷲賞(最高殊勲選手)にエバンドロ・グェッラ選手、ベスト6にエバンドロ・グェッラ選手、山村宏太選手、栗山雅史選手、ベストリベロ賞に鶴田大樹選手が選ばれました。
また、サントリーサンバーズさんから箕面市へサイン入りのユニフォームも提供いただきました。

サントリーサンバーズさんは今年も北摂中学生バレーボール大会で選手のみなさんが主審を務めたり、街頭啓発活動や箕面まつりのパレードに参加するなどの地域活動にも貢献されています。

 

今年の4月に行われたV・プレミアリーグでも準優勝されたサンバーズさん。その際の決勝戦では、選手の方々も試合の独特の雰囲気にのまれたそうで、その経験があったからこそ今回の黒鷲旗優勝に繋がったというお話がありました。倉田市長は世界で戦う選手のみなさんでも緊張することがあるということに驚いていました。

 

サントリーサンバーズの金子選手は「V・プレミアリーグで優勝することと、箕面市への地域貢献ができるよう頑張っていきます。」と話してくださいました。倉田市長は「リーグや大会での活躍を期待しています、これからもよろしくお願いします。」と激励しました。

<サントリーサンバーズのみなさん黒鷲旗優勝おめでとうございます!来年も大会も優勝目指してがんばってねー!応援してるよ!>

 

 

箕面市では、8月17日から11月16日まで「箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」が今年も出陣!ゆるキャラグランプリ2015」を応援する統一キャンペーンを実施中です。

めざせ日本一!

ゆるきゃらグランプリの投票もよろしくお願いします!


この記事をはてなブックマークに追加

桜井マルシェ「食べに来ませんか」開催!

2015年09月15日 | こんなことがありました!

9月12日(土曜日)に桜井駅前で第3回桜井マルシェ(桜井商店会事業協同組合と箕面FMまちそだて株式会社の共催)が開催されました。
当日は天気もよく、約1,000人もの人たちが来場し、終日賑わっていました。
今回の桜井マルシェは食をメインテーマにしており、来場された人たちは箕面ビールや新鮮野菜の販売などのこだわりフードやファッションなど各ブース毎の逸品を楽しんでいました。


次回は11月14日(土曜日)に開催予定です。
新たな桜井地区の賑わいの場でお買い物をお楽しみください。

<モミジーヌも行きたかったモミ~次回が楽しみ!

 


この記事をはてなブックマークに追加