千一夜第3章第6夜 読書の秋

2016-12-07 23:32:15 | その他

2016.12.7(水)

休日は孫の子守、釣行、ギターセッション、プール通い、メダカの世話、読書と何かと忙しいが、読書は短期集中型で2~3ヶ月程度の間に集中して読む。今年の秋の読書シーズンでは下記の通り10、11月で13冊読了した。昨年は9月から20冊程度読了しており今年は少し少ない。

読んだ本を記載するのは初めてであり、評価を付けるのも気が引けるが、最も面白く読んだものは☆5つである。

『美しい星』 三島由紀夫著 新潮文庫 評価☆☆☆☆ 7日で読了
寸評:再読(40年くらい前に初読)。昭和37年に上梓したようだが、この時代にUFO、宇宙人、水爆を関連付けて、しかも純文学に仕立てるなんて凄いとしか言いようが無い。但し難しい語句が多く、簡易な辞書には載っていなくて分厚い辞書を脇に置いて読破した。難解難読で読み応えはあったが少々疲れた。

『初めてのルーブル』 中野京子著 集英社 評価☆☆☆☆☆ 3日で読了
寸評:この本はお勧め本、絵画の解説も史実に則り歴史観も凄い。高校生の時、世界史を専攻していたこともあり非常に面白く読んだ。

『海賊とよばれた男(上)・(下)』 百田尚樹著 講談社 評価☆☆☆☆☆ 6日で読了
寸評:この本は立志伝なので面白くない訳が無い。出光佐三氏の物語であるが、地元に出光興産のコンビナート群もあるので余計に親しんだ。

『女のいない男たち』 村上春樹著 文春文庫 評価☆☆☆ 3日で読了
寸評:短編集だったが、著者は2週間に1編のペースで書き上げるというのがちょっと気に食わない。面白いものと面白くないものが混在。

『炎の経営者』 高杉良著 文春文庫 評価☆☆☆☆ 3日で読了
寸評:この本も立志伝のようなもので高杉作品からすればちょっと異色。日本触媒化学工業の創業者八谷泰造氏の物語である。高杉良と池井戸潤の本に外れは無い。

『眠れないほど面白い『古事記』』 由良弥生著 三笠書房 評価☆☆☆ 眠る前にベッドの中で読む
寸評:古事記物は二桁以上の本を読んでいるので、これといって目新しい記述は無かった。

『雑談力』 百田尚樹著 PHP新書 評価☆☆☆☆ 3日で読了
寸評:雑談力を付けるにはやはり雑学を身に付けなければ駄目。自分が面白いと思う物は他人も面白いものだ。その内容よりも話し方の方が重要であることを実感。

『庶務行員 多加賀主水が許さない』 江上剛著 祥伝社文庫 評価☆☆☆ 2日で読了
寸評:特命を受けた銀行員の極秘調査物だが少々リアリティーに欠ける。但し痛快物であり娯楽的には楽しい。

『スクラップ・アンド・ビルド』 羽田圭介著 文藝春秋 評価 読了するのに足掛け15ヶ月要した
寸評:面白く無く、文字を追っただけ。

『鉄の骨』 池井戸潤著 講談社文庫 評価☆☆☆☆☆ 3日で読了
寸評:談合という社会的なテーマを実に鮮やかに一気読み必至のエンターテーメントの中に溶かし込んでいる。

『疾風ロンド』 東野圭吾著 実業之日本社文庫 評価☆☆☆☆☆ 3日で読了
寸評:ミステリー、サスペンスの天才だな。大どんでん返しの連続、本当に最後の1ページまで予断を許さない。

『井伊一族』 相川司著 中公文庫 評価☆☆☆☆ 7日で読了
寸評:来年の大河ドラマの文献 井伊氏千年の系譜は藤原鎌足まで遡る。徳川家臣団では井伊家は外様であるが藤原南家の家系で同族も多く、戦略的観点からも、また家系から親王も輩出しており、名門(貴種)好きの家康や他譜代に認められ徳川四天王として家康家臣団筆頭となる。系図を確認しながら読み進めるため読了に時間が掛かった。

『民王』 池井戸潤著 文春文庫 評価
寸評:読書中

【12月7日過去の釣行記録】
・2013年八島沖、06:30~13:30、中潮、船釣り、釣果=ハマチボウズ

【この日の釣り情報】
・1993年新日鉄波止場、03:00~17:00、中潮、釣果=アイナメ1・キス1・アナゴ12
・2005年大島居守海岸、夜釣り、中潮、釣果=22cmメバル2

【旧暦11月9日釣行記録】
・2005年12月10日、庄の浦港防波堤、16:40~19:30、小潮、釣果=カレイ1・メバル2・キス3・アナゴ3
・2005年12月10日、大島居守海岸、20:00~22:30、小潮、釣果=メバル4
・2008年12月06日、徳山築港魚市場前、06:45~10:30、小潮、釣果=ハゼ5
・2008年12月06日、那智埠頭、19:30~23:00、小潮、釣果=メバル12・サバ1・アジ3・タナゴ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第5夜 今週はカレイ2枚

2016-12-03 20:38:05 | サーフ

2016.12.3(土)

先週、カレイを4枚ゲットしたので今週もと勇んでやってきたが、早朝は先週よりも確実に寒くなっており魚の活性も悪かった。まずめ過ぎには餌取りも活躍するのだが、早朝は餌が無くならなかった。

8時頃に角でサビキをやらして欲しいと老人が入って来た。最近、このコーナーで良型のアジが揚がっているらしい。私はサビキ釣りは滅多にやらないのでアジの動向は良く解らないが、全体的にはアジは釣れなくなってきていると聞く。私はここで永いこと釣りをしているが、ここでサビキ釣りをやる人も居るにはいたが釣ったのを見たことが無い。ひょっとすると私とは時間帯がずれている可能性もあるが、今日もこの老人には1尾も来なかった。

後から別の老人も来て、最近ここで40cmのヒラメが揚がったのを見たと言う。サビキに釣れたアジに食い付いたようだ。灯台がある対岸ではヒラメが揚がったという話は良く聞くので、こちら側で釣れてもおかしくは無い。私も今度試してみようかしら。

旧暦:11月5日
場所:徳山築港
時間:06:15~11:50
天候:晴れ
風  :無風一時東風
月齢:3.6
潮  :中潮 満潮11:04潮位299cm 干潮04:25潮位31cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:木っ端ガレイ2・キス6・小ダイ4・ハゼ2・メゴチ1・ナマコ1

7時12分、今日最初の獲物。木っ端だが真鯛である。お汁の具に丁度良い大きさである。竿出しから1時間何も釣れなかったので嫌~な予感がしていたのだが、この小鯛が連続で4尾釣れた。小鯛が釣れるのは朝方のみだった。

8時半頃にやっと本命のカレイが釣れる。キスとカレイのダブルだったのでサビキ釣りの老人が驚いていた。しかし先週はこの時間には既に2~3枚のカレイが揚がっていたのを思うとちょっと物足りない。潮は先週と真反対である。先週は満潮から下げ潮でやったのだが、今日は干潮から上げ潮である。どちらかと言えば今日の潮の方が良いと思うのだが・・・。

9時30分現在の主な釣果、23cmカレイとほぼ同サイズの真鯛、キス。落ちギスは随分大きくなっている。今日はキス6尾揚げたがほぼ同サイズである。夏場よりは味は落ちるが天麩羅は美味い。今日は9時頃までに釣果の大半が釣れた。9時過ぎから11時頃までまるで釣れなかった。11時過ぎの満潮前後でカレイ1枚とキス2尾、ハゼ1尾を追加した。潮止まり前後というのはカレイが良く釣れる。今日はカレイは1枚で終わりかと思ったが納竿前にもう1枚釣れて良かった。サイズはまだ小さいが、1枚というのがいけない。やはり2枚以上居ないと調理人にぶつぶつぼやかれる。

9時35分、リールを巻くが重い。何と久し振りにナマコを引っ掛けた。茶色のナマコ(茶色が一番珍重される)だが甲羅のように固い。ギャラリーの老人が好物だというので進呈する。それにしてもこの固いナマコに歯が立つのかなあ。全部飲み込むのかも知れないな。

師走に入ると呑み会なども増えるし土曜日釣行は減るかも知れない。12月は師も走る時季であるから、釣行は儘ならないかも知れない。仕事では監督官庁の立ち入り検査も始まるし、この時季に異動もあったりで歓送迎会、忘年会と忙しい。暇を見つけては釣行することにする。

【12月3日過去の釣行記録】
・2005年庄の浦港防波堤、16:45~23:00、大潮、釣果=メバル7・アジ2・ソイ1・クロ1・アナゴ4

【この日の釣り情報】
・2000年今津川河口、15:20、小潮、釣果=30、35cmイシガレイ

【旧暦11月5日釣行記録】
・2006年12月24日、第2埠頭東側、06:20~17:30、中潮、釣果=カレイ13・ハゼ5・キス9・カナガシラ1・マダコ2
・2009年12月20日、中電西側岸壁、06:30~12:00、中潮、釣果=マダコ1・キス4・アイナメ1
・2013年12月07日、八島沖、06:30~13:30、中潮、釣果=ハマチボウズ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第4夜 カレイいよいよ本格化

2016-11-26 18:30:43 | サーフ

2016.11.26(土)

寒気団が日本列島を覆い寒さも増してきた。東京では11月の雪は56年振りだという。当地での降雪はまだ見ないが、早朝は防寒着無しでは凍えそうだ。9時頃には温度も上がってきて風も無いのでそれも脱いだ。この寒さでカレイも活性が出て来たに違いないと踏んでの釣行である。

6時頃には釣り場に着いたが、直ぐには竿を出さなかった。まだまずめ前だったので、この時点でサーフすれば全ての竿にアナゴが来るのは目に見えている。アナゴが釣れると仕掛けはぐちゃぐちゃになり全部取り換えなくてはならなくなる。前回、同僚釣友Sとの釣行時には大量のアナゴを揚げて弱った。釣れたアナゴの半数程度をSが持ち帰ったが、そのアナゴは天麩羅にすると非常に美味だったと後でSが言っていた。家族全員であっという間に平らげたとのことだ。私はアナゴは持ち帰り対象外の魚なので、竿出しはまずめが始まっても少し遅らせて開始した。

全部の竿を出し終わった頃に釣り人が1人やって来て、私の反対側で撒き餌を撒きながら竿を出した。8時前までの1時間半程度粘ったが、全く何も釣れないので場所替えされた。

旧暦:10月27日
場所:徳山築港
時間:06:18~12:00
天候:晴れ
風  :弱風
月齢:26.4
潮  :中潮 満潮07:07潮位264cm 干潮13:01潮位114cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:カレイ4・キス2・小ダイ2・ハゼ1・メゴチ1・イイダコ1・キビレ1(進呈)

8時30分、2枚目のカレイゲット。

私も6時台には何も釣れず。7時半ごろにやっと最初のメゴチが釣れた。日頃はメゴチも持ち帰らないが、30cm程度と大きかったのでバケツにキープした。8時までにメゴチを初めにキス、ハゼ、カレイが各1尾ずつ釣れた。8時台にはカレイ1枚、小ダイ1尾、9時台にもカレイ1枚、キビレ(チヌ)1尾、10時台にはキス1尾のみ、11時以降はカレイ1枚、小ダイ1尾、イイダコ1杯といったところだ。計4枚のカレイが釣れたが、サイズは兎も角、4枚というのは久し振りのことである。それだけ活性が上がってきたということだろう。

しかしフグが多いのには辟易する。2尾釣れたクサフグはかなりサイズアップして20cm程度もある。勿論即リリースであるが、仕掛けを上げる度に針が切られているのには参る。これだけフグがいるということは、まだまだ水温が高いということだろう。

9時25分、35cmキビレ(チヌ)が釣れた。これは持ち帰らないのでリリースしようと思っていたが、あけぼの丸の船員が捨てるのなら欲しいと言われるので進呈した。

納竿1時間程度前に同僚釣友SとHが様子を見に来た。Sは下松の支社、Hは光の支社に勤務しているが、今日は土曜日で通常なら休みだが我が社主催の下松・光地区のゴルフコンペのためホスト役で出勤している。但し、両人ともプレイはしないのでスタート時の受付、最後のミーティングのみのホストとなるので、その空いた時間に見に来た次第である。

S等が来た時には木っ端だがカレイ3枚をゲットしていた。今日は下げ潮で難しい釣りなので、貴君ならボウズだっただろうから来なくて正解だったと慰めたが、慰めにはならず勿論Sは反発するがやりたかったに違いない。Hは防府市在住なのでなかなか一緒の釣りは実現しないが何時か果たしたい。

今日の主な釣果。25cm程度のカレイ4枚とキス1尾。

全ての竿を仕舞い終った頃、『釣り画報』の何時もの記者が取材にやって来た。何処も釣れていないとぼやいていたが、広い海にはカレイが一杯だと言っておいた。後は腕次第だと。一通りの取材を受けて変わり映えしない同社のタオルを置いて帰ったが、今回は月刊誌には載らないでネット版の方にアップされるようだ。

【11月26日過去の釣行記録】
・2004年上関港防波堤、17:30~19:30、大潮、釣果=アジ50
・2005年大島居守海岸、17:10~22:40、長潮、釣果=2人でメバル13・チヌ2・アジ6・キス1
・2006年第2埠頭東側、11:00~17:45、中潮、釣果=カレイ2・キス7・マダイ1・アナゴ1R
・2011年粭島小瀬戸橋、18:50~20:30、大潮、釣果=アジ8

【この日の釣り情報】
・2004年上関港防波堤、13時~、大潮、釣果=アジ、サバ大漁
・2004年上関商工会前防波堤、昼間、大潮、釣果=25cmカレイ3

【旧暦10月27日釣行記録】
・2006年12月17日、粭島小瀬戸、18:50~21:30、中潮、釣果=メバル4・アジ3
・2009年12月13日、第2埠頭東側、06:00~15:30、中潮、釣果=カレイ7・キス9・アイナメ1・ソイ2・マダコ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第3夜 メバル前哨戦

2016-11-20 22:43:37 | 浮釣り

2016.11.20(日)

4か月振りの櫛ヶ浜港、潮はあまり良くないが、ここは引きも満ちも釣れるので久し振りにやって来た。写真は港内であるが釣り場は港の外側である。今夜は風も無くべた凪である。曇りで月も隠れていて丁度良いのだが、街頭が明る過ぎる。尤も、港の外側は暗いので丁度良い。

旧暦:10月21日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:18:10~21:20
天候:曇り
風  :微風
月齢:20.4
潮  中潮 満潮13:13潮位283cm 干潮19:24潮位139cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮き釣り
餌  :アオムシ
釣果:メバル6・セイゴ2・キビレ1R

18時過ぎに釣り場に着いたが、潮が悪いので釣り人は一人も居ない。第1投目からメバルのアタリがあったが、これは逃してしまった。3投目にやっとメバルをゲット。誰かがメバルは大きい順に釣れると言っていたが、今夜はその通りになった。最初のメバルが20cmあったがそれ以降は15cm程度のものばかりだった。

強い引きがあったと思えば、釣れたのはキビレ(黒鯛の一種)やセイゴ(スズキの子)である。セイゴは30cm弱のものだが小さくても結構いける。キビレは食べないのでリリースした。

来週は釣友Tと青島(愛媛県)辺りにメバル釣行するかも知れないので、今夜はメバル感覚を取り戻すための前哨戦だったが、釣果は今一だった。干潮を挟んでやったので潮止まりが多く、メバルのアタリも少なく、サイズも小さく練習にはならなかった。

立ちっ放しの釣行は腰に悪くヘルニア持ちの私は3時間が限界である。瀬渡しで渡った岩場では座ってやれるのでまだ持つが、立ちっ放しはいけない。岩場で座ってやる時もたまには動かないと、長時間同じ姿勢も良く無い。やはり埠頭で置き竿でカレイを釣るのが一番楽である。

帰り際、私とほぼ入れ違いに2人連れの若い士がメバリングをやりに来て、小さいのを1尾釣ったと言っていた。

【11月20日過去の釣行記録】
・2010年箱島・平群島沖、06:00~14:00、大潮、船釣り、釣果=アジ多数、ハマチボウズ
・2011年落港防波堤、06:20~12:40、長潮、釣果=コウイカ2・マダイ1・ハゼ3

【この日の釣り情報】
・2005年大島居守、夜、中潮、釣果=メバル5・アジ4

【旧暦10月21日釣行記録】
・2004年12月02日、上関港防波堤、17:30~19:30、中潮、釣果=アジ50

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第2夜 餌取りは多いが・・・

2016-11-12 18:15:16 | サーフ

2016.11.12(土)

旧暦:10月13日
場所:徳山築港
時間:06:00~09:20
天候:晴れ
風  :北弱風
月齢:12.4
潮  :中潮 満潮06:44潮位292cm 干潮12:50潮位80cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :ゴカイ・ホンムシ
釣果:キス5・小ダイ1

明日の方が潮が良いのだが、明日は孫の守もあり今日の釣行とした。今シーズン初めての北風だったが、弱風で凪いでいて大して寒くはなかった。常連の犬の散歩人も今朝船を出そうかと思ったが、朝から引き潮に入るのと、最近の釣果が思わしく無く思い留まったらしい。船釣りは上げ潮の方が良いようだ。

6時にサーフ開始して、6時半頃小ダイ、45分にキスとあまりパッとしない。7時台が一番良く釣れるはずなのだが、キス2尾のみ。餌は確実に無くなるが小魚がつつくのだろう針掛かりはしない。想定外の早さで餌が無くなるので予定を大幅に上回って納竿。ちょっと今までとは違う展開となった。陽が高くなると釣果も落ちるので、これくらいの納竿が良いのかも知れないが、カレイ釣りの趣旨からすればちょっと疑問も呈する。今日は中途半端な釣行となった。

釣り場の後ろ側は海浜公園になっている。左側のフェニックスの木立からは左手が大きな広場になっている。朝から常連の散歩人が大勢歩くが、半数は犬の散歩も兼ねている。海に接する辺りはフェンスで囲まれているが、フェンス越しにチヌ狙いの浮き釣りをする人が多い。このフェンス越しに投げ釣りをやる人は少ないようだ。私もやったことは無い。

この海浜公園を本部として釣り大会も度々行われる。早朝に大会にエントリーしている100人以上の釣り人を渡船が迎えに来て、14時~15時頃に帰って来る。その後ここで表彰式が行われる。釣り大会はチヌやクロ狙いが主流だが、釣った魚の計寸が終わると釣り人たちの大半がここに魚を放流して帰る。そのためここら辺りはチヌ、クロが沢山釣れる。放流した魚の中には死にそうなものや死んでいるものも居るが、これらはトンビの餌になる。それを知ってか大会の日の夕方には沢山のトンビが待ち構えている。ある意味異様な光景である。

UFO? いやいや、久し振りに飛行船を見た。釣り場から見て東側に発見したが、暫く上空を旋回した後西側の防府方面に去って行った。今日は風は弱く海も凪いでいたので絶好の遊覧日和だったのかも知れない。昔は、飛行船からビラを撒いていたものだが・・・。

【11月12日過去の釣行記録】
・2002年福川港防波堤、14:00~15:00、若潮、釣果=サヨリ10
・2005年庄の浦港防波堤、17:30~22:40、小潮、釣果=2人でメバル4・アジ1・キス1
・2006年笠戸本浦港防波堤、07:30~16:30、小潮、釣果=カレイ1・マダイ1・カナガシラ5・キス5・グチ1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:15~22:00、中潮、釣果=メバル2・アジ5・シマイサキ1・キビレ1
・2011年洲鼻港防波堤、06:30~10:30、大潮、釣果=ボウズ

【この日の釣り情報】
・2005年新日鉄波止場、昼間、若潮、釣果=32cmカレイ1・キス・ハゼ・サンバソウ

【旧暦10月13日釣行記録】
・2005年11月14日、柳井池の浦、昼間、中潮、釣果=アオリイカ1・コウイカ1
・2013年11月15日、徳山築港入口、16:00~、中潮、釣果=25cm級アジ大漁

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第1夜 メダカの冬支度

2016-11-06 20:01:48 | その他

2016.11.6(日)

今回からブログ『千一夜第3章』に入ります。また新たな気持ちに切り替えアップして参ります。

夏場から箱池や睡蓮鉢の掃除をしていなかったので、メダカの糞尿や苔で水が濁って底が見えない状態になっていた。そこで休日を利用し、一念発起して3日間掛けて大掃除をした。冬場は水も冷たくなり掃除もなかなか出来ないので今の時季にやるのが一番良い。今迄は12個の入れ物があったが、今回3個減らして9個にした。

一番きついのは水運びである。我が家の井戸水を入れるのだが、井戸から箱池まで30m以上あるのでバケツを両手に何往復したか解らない。ホースを引けば良いのだがそれも億劫で実現しない。お蔭で腰や腿裏はサロンパスだらけである。

何時も思う事なのだが、箱池の掃除をすると綺麗になって気持ちが良く自己満足しているが、メダカにとってはどうなのだろうと。メダカも綺麗な水の方が良いのかどうかは解らない。元々鯉などと同じく濁り水にも強く少々のことでは死なない。餌をやらなくても苔だけで十分生きる。

  

冬場は池の表面に厚い氷が張るが、寒さにも強く池底でじっと我慢している。但し暑さには弱いので、真夏は水が流れないため水温が上がり、お湯のようになることがあるので池に氷を入れてやることもある。氷を入れてやると、氷に吸い付いてくるから面白い。

  

水運びともう一つ大変なのが水草の剪定である。ホテイソウは大したことも無いが、丸い葉っぱの水草(名前は忘れた)は細胞分裂が激しく大量に増える。おまけに根が伸びるのが速くて、根切りも大変である。ドラム缶を半分に切った入れ物には、表面が見えなくなるほど蔓延った。殆ど捨てたのだが、買えば結構高い。

  

これから水温が下がり池底で動かなくなると餌やりも中止する。これで3月下旬までは箱池の掃除はしない。水は蒸発するので週一くらいで足してやる。春になってメダカの食欲が出て来た頃にまた大掃除となる。

【11月6日過去の釣行記録】
・2007年平生南周防大橋下埠頭、19:00~22:10、中潮、釣果=メバル14・ソイ1・クジメ1・アジ1・チヌ1

【この日の釣り情報】
・2005年庄の浦港防波堤、夜、中潮、釣果=メバル10・クロ1・チヌ1

【旧暦10月7日釣行記録】
・2007年11月16日、櫛ヶ浜港防波堤、20:25~00:10、小潮、釣果=メバル1・アジ7
・2008年11月04日、室積西の浜漁港、19:30~22:10、小潮、釣果=アジ12
・2009年11月23日、粭島小瀬戸、19:00~21:40、小潮、釣果=メバル3・アジ4・チダイ1・タナゴ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第1001夜 第2章エピローグ

2016-11-05 15:25:29 | ブログ情報

2016.11.5(土)

今夜が千一夜第2章の最終夜です。

思い起こせば、2006年12月19日の夜、当時高校生の長女に頼んでブログを開設してもらいました。
以来、本稿まで2031話をアップしました。2016年11月4日現在の通算のIPは821,175、PVは2,454,216となっています。

内訳は以下の通りです。

第1章は2006年12月19日~2009年9月14日まで足かけ4年間1日も欠かさず記載しました。
第1章のIPは115,253、PVは290,866でした。

第2章は2009年9月15日~2016年11月5日まで気儘に記載しました。
第2章のIPは705,922、PVは2,163,350でした。

第3章は2016年11月6日から気まぐれ且つ優柔不断に記載予定です。

さて、次回からは『第3章千夜一夜物語』をアップして参りますが、釣行記録を主体に気まぐれに書いていきたいと思います。何年掛るか解りませんが、『千一夜第3章』も完結できればと思います。

【11月5日過去の釣行記録】
・2005年ハンドウ島周辺、07:00~13:00、中潮、船釣り、釣果=タイ6・アジ2・エソ1
・2005年華西防波堤、16:30~22:30、中潮、釣果=3人でメバル5・アジ10・アナゴ1・キス2
・2006年華西防波堤、18:10~22:50、大潮、釣果=太刀魚11
・2008年華西防波堤、18:30~20:00、小潮、釣果=メバル2・アジ19・アナゴ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません

【旧暦10月6日釣行記録】
・1996年11月16日、笠戸上コーズ、07:00~13:30、中潮、船釣り、釣果=小アジ多数
・2002年11月10日、奈切大気暴露試験場前、10:00~14:00、中潮、釣果=キス少々
・2006年11月26日、第2埠頭東側、11:00~17:45、中潮、釣果=カレイ2・キス7・マダイ1・アナゴ1
・2008年11月03日、第2埠頭東側、07:15~11:40、中潮、釣果=キス2・小ダイ6

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第1000夜 竿の移動に終始、カレイボウズ

2016-11-03 18:12:57 | サーフ

2016.11.3(木) 文化の日

旧暦:10月4日
場所:徳山築港
時間:06:00~10:45
天候:晴れ
風  :西風のち強風
月齢:3.4
潮  :中潮 満潮10:41潮位308cm 干潮04:09潮位45cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ
釣果:キス2・大ギザミ1・小ダイ3・ハゼ1

日曜日に28cmのレギュラーサイズのカレイが釣れたので、間を置かずにやってみようと築港の釣り場に来た。今朝はまずめ時から漁船や荷役船の往来が激しく、干潮からまだ潮3分くらいなので水位は低く、ペラでラインを掛けられる蓋然性が高いため、ライトで船に合図を送り岸壁近くを回避してもらった。しかし今日はそれでは済まなかった。台船の入港や給水のために船が釣り場に入って来たりで竿の移動ばかりしていた。腰で釣るカレイ釣りには最悪の条件だった。

6時に竿を出したが、今朝はとても冷え込み魚の活性も悪く感じた。それでも餌取りの小魚は多く、餌の付け替えは度々行った。まずめ時に始めたが陽が昇っても釣果はゼロだった。今朝は西風が冷たく陽が昇っても防寒着は脱げなかった。

7時にあけぼの丸が出港し、8時過ぎには台船が入港してきた。あけぼの丸出港時に竿を揚げ、台船が入港時にも竿を揚げる。その間、給水所の建物の左手方面に投げ直すが、この時、キス1尾と25cmのギザミ(ベラ)が釣れた。写真方向が何時もの竿出しの方向であるが、今日は納竿時にキスが1尾釣れたのみである。

8時25分に釣れた25cmのギザミ(ベラ)。このサイズのものは滅多に釣れないが私は持ち帰らない。ギャラリーの人に差し上げようとバッカンに生かしておいた。最近ベラは広島方面で高級魚になっているらしいが、ここら辺りでは幾らでも釣れる。

台船の入港後、台船には製造したセメントを運搬船に流し込む装置が満載されていたが、今日は降ろさないそうで台船を岸壁に着けたら作業は終わった。台船を引っ張ってくるタグボートは月丸と言うが、船員は馴染みになっているが船長とは面識が無かった。作業が終わると船長と船員が私の釣果を見に来て、この立派なベラをリリースすると私が言うと、それは勿体無い、逃がすくらいなら船員の大好物だからくれと船長が言われる。私は内心一安心だったが、船員は何度も礼を言い、缶コーヒーまでくれた。

台船が入港後、今度は他の船が給水のために給水所に来た。私は給水機の傍からサーフしているので、またまた竿を全部揚げる嵌めになった。じっくり腰を据えて釣るカレイ釣りには真逆の展開である。今日はカレイはボウズに終わったが、このせいにしておこう。

中央のコンクリート製の小さな建物が給水所である。要は真水の自販機である。この小さな自販機の前(右手)に大きな船舶が着くのだから釣り場は全滅となる。船舶の出入りも一通り終わった頃、浮き釣り人がやって来てサヨリ釣りを始めた。エンピツサイズのものしか居ないと私が言ったが、暇つぶしなのでやってみると言われる。案の定、釣れるのはリリースサイズのものばかりである。

夏場から小ダイが良く揚がる。今日も3尾揚がったが少しずつサイズアップしている。これが20cmを超えると沖へ出て行くのだろう、釣れなくなる。小さくても真鯛はやはりそれなりの引きが楽しめる。

港の奥まった辺りでは、常連の須々万の外人さんや私の釣果を見に来たギャラリーのおじさん等がチヌ釣りをやっていた。外人さんは40cmを初めに3尾揚げてストリンガーに繋いでいた。小さくても真鯛の方が良いなあ。

今日は餌のホンムシが釣具店では切れていたため、アオムシだけの餌になった。やはりホンムシとアオムシの併せでないと釣れる気がしない。寒くなったので餌も長持ちするので、前夜に用意しておいた方が良さそうだ。

【11月3日過去の釣行記録】
・2005年粭島港防波堤、16:00~16:45、大潮、釣果=アオリイカ1
・2005年庄の浦港、17:00~22:10、大潮、釣果=2人でメバル16・アジ6・クロ1
・2006年華西防波堤、16:40~21:45、中潮、釣果=メバル5、釣友=太刀魚3
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、18:00~22:00、小潮、釣果=アジ2・メバル2
・2008年第2埠頭東側、07:15~11:40、中潮、釣果=キス2・稚ダイ6
・2009年華西防波堤、18:10~22:30、大潮、釣果=メバル4・アジ3
・2014年徳山築港、06:00~14:50、若潮、釣果=カレイ4・キス14・トラハゼ1・ハゼ2・チヌ1

【この日の釣り情報】
・2013年徳山築港、午前中、大潮、釣果=キス引き釣りでカレイ2

【旧暦10月4日釣行記録】
・2004年11月15日、新日鉄波止場、11月中旬から12月中旬まで30cmクラスが揚がる
・2005年11月05日、庄の浦港、16:30~22:30、中潮、釣果=3人でメバル5・アジ10・アナゴ1・キス2
・2005年11月05日、ハンドウ島、07:00~13:00、中潮、船釣り、釣果=タイ6・アジ2・エソ1
・2008年11月01日、徳山築港、07:00~14:30、中潮、釣果=カレイ3・キス10・キビレ1
・2008年11月01日、華西岸壁、18:00~20:30、中潮、釣果=太刀魚ボウズ
・2015年11月15日、徳山築港、05:50~10:00、中潮、釣果=カレイ5・キス1・アナゴ1・キビレ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第999夜 良型カレイゲット

2016-10-30 18:01:37 | サーフ

2016.10.30(日)

久し振りに同僚釣友Sとの釣行となった。私は第一線を退き嘱託となり、責任もノルマのプレッシャーも営業所全体の管理も殆ど無くなり余裕のよっちゃんであるが、彼は現役である。夏に彼が勤務する営業所の統廃合等もあり忙しい日々を過ごしていたようだが、その分相当のフラストレーションやストレスが溜まっていたのだろう。金曜日に彼からの要請で今日の釣行となった次第である。メンタルヘルスケアには釣行がもってこいである。

今朝は4時半にSの電話で起きる予定だったが、6回目の電話でやっと目が覚めた。気が付けば5時前だった。前日、孫の守で買い物の時にはずっと抱っこしていたので相当疲れが出たようだ。孫も7か月を迎え体重もかなり増え、抱っこしていてもじっとしていないので私の腰への負担も相当なものとなった。毎回Sの電話とアラームできっちり起きていたので、今日は電話をマナーモードにしていたんじゃないかとSはヒヤヒヤものだったようだ。

私は大急ぎで仕度を整え、コンビニ経由で集合場所の釣具店へと急ぐ。釣り具は前夜に車に積み込んでいたので、起きれば速い。釣具店に着いたのは5時15分くらいだったが、朝まずめはまだで辺りは真っ暗だった。釣具屋に着くとSは待ちかねていたようで、私の所へ来て、取り敢えず場所取りのために先に行きますと言って築港の釣り場へ直行した。

今の朝まずめ開始時は6時前なので、竿出しは急ぐこともない。場所さえ確保できればゆっくりできる。釣り場に着くとSの車とは別の車も着いていたので、こりゃ2人で一緒の竿出しは無理かなと思ったが、先人は浮き釣りで我々とはバッティングしなかったので助かった。

Sは既に竿を1本出していた。まずめはまだ始まっていない。東の空は真っ暗で遠くの山並の線も見えない。こりゃあアナゴにやられそうだなと思ったが、私も追従して竿を出す。そして案の定、アナゴが釣れて仕掛けはぐちゃぐちゃになった。2人で7~8尾のアナゴを釣り上げたが、持ち帰りは勿論Sである。彼は自分でアナゴも捌くため大きめの5尾くらいを持ち帰りにしたようだ。

まずめ時はアナゴばかりだったが、6時58分に私の持ち帰り1号のマハゼが釣れる。そして7時15分には本命のマコガレイが足元に落していた竿に来る。28.5cmと久しぶりにまともなカレイを釣った。この後、7時台に18cm程度のマコガレイ2枚を追加。Sはカレイは釣れなかったがキスを独り占めするかの如く釣り揚げた。

10時15分になってやっとSにもカレイが来る。20cm程度の木っ端だがキスとダブルである(上の写真)。この前に15cm未満のカレイを釣ったがこれはリリースで数には入れられない。

チヌ釣り専門の青年も我々の近くに来て、チヌ3枚揚げたようだ。彼の父はメバル釣り専門、母はカレイ釣り専門と釣り一家であるが、その両親も後からやって来て、息子は昨夜は通しで笠戸島で釣り大会に出て、帰って来たと思ったら築港へまっしぐらとのこと。徹夜で釣行しているということだ。若さゆえのことであるが、これほどの釣りキチも珍しい。母親の方は、我々がここでカレイを揚げたのを見たので、さっそく自分も始めると言っていたが、また一人場所取り相手が増えたということだ。

クーラーに入れていたので氷でカチカチに凍っている私のマコガレイ。

この時季、朝まずめ時はもう寒い。防寒着が必要である。陽が昇ると秋晴れとなり暑いくらいで、夏の名残りの麦わら帽子も被ったほどだ。Sはカレイはまだ早いですねと言うが、私は既にカレイモードに入った。運もツキも腕の内である。経験則が豊富で無いと運もツキも呼び込めないのだ。そこら辺がまだ解らないようでSも修業が足りない。殿堂入りはまだまだ遠い。

今日の釣果を時系列に記載。

6時台:私もSもアナゴを数尾、私=ハゼ1
7時台:私=カレイ3、S=キス6・キビレ1・アナゴ1
8時台:私=キス1・アナゴ1、S=キス2
9時台:S=キビレ1・ハゼ1
10時台:私=小マダイ1、S=カレイ1・キス2
11時台:私=キス1、S=小マダイ1
13時台:私=キス2・キビレ1、S=キス1

旧暦:9月30日
場所:徳山築港
時間:05:40~14:00
天候:秋晴れ
風  :弱風
月齢:29.1
潮  :大潮 満潮08:32潮位309cm 干潮14:33潮位91cm
狙い目 :カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:28.5cmカレイ1・木っ端ガレイ2・キス4・ハゼ1・小マダイ1・キビレ1R・アナゴ4 Sへ進呈
釣友:S=木っ端ガレイ1・キス11・キビレ2・ハゼ1・小マダイ1・アナゴ4

【10月30日過去の釣行記録】
・2005年第2埠頭南端西側、17:30~18:00、中潮、釣果=アオリイカボウズ

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月30日釣行記録】
・2015年11月11日、片島、16:00~07:00、大潮、釣果=2人でメバル46・カサゴ3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第998夜 納竿時が時合い

2016-10-22 20:38:31 | サーフ

2016.10.22(土)

今日は天気予報を見間違えたか。家を出る時はまだ曇りだったが・・・。

旧暦:9月22日
場所:徳山築港
時間:05:50~07:40
天候:曇りのち雨
風  :東風
月齢:21.1
潮  :小潮 満潮13:38潮位281cm 干潮06:47潮位72cm
狙い目:カレイ
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:キス5・小ダイ1

6時前に釣り場に着くと、あけぼの丸が出港の準備中だった。出港の1時間前には船員が集合すると言っていたので、5時前後には来ていたのだろう。同船は入出港する船舶にエンジンオイル等を供給する仕事を請け負っている。仕事も休みも不規則なので船員も大変だ。

丁度釣り場に着いた頃からポツポツと小さい雨が落ちだした。この程度なら大したこともなかろうと思い竿を出した。曇っているのとまずめ時でもあり辺りは暗闇である。ヘッドライトを照らして餌を付けサーフ開始したが、仕掛けが飛んで行く方向は大見当である。但し、飛距離は大凡の見当は付く。アタリは全く解らない。干潮時なので、帰って来る漁船がラインを引っ掛けないかと港湾の出入り口は常に注意して見る。帰港する漁船が現れると、ライトをグルグル回して注意を促す。今朝は全員が気付いてくれて迂回してくれた。

早朝はやはり餌取りが多く、再々餌を付け替えなくてはならない。餌は取られるが魚は掛からない。干潮時の潮止まりの頃、雨も少し強まって来た。しかしびしょ濡れになるような雨でも無い。潮止まり時にはアタリは無いが、餌を付け替えて車中でラジオを聴きながら竿先や帰港する漁船を見守る。ラジオでは昨日の鳥取地震のニュースなどが流れて来る。昨日の地震の頃、私は平生町に居たが、ほど近い柳井市南町が震度4だったらしい。平生町の事務所では女性事務員らが「揺れたね」と大騒ぎしていたが、私は立っていたせいか何も感じなかった。

潮が動き始めた頃にまた餌を付け替えて、竿立てに置き竿にする。小雨は降り続く。今朝は釣り場左手の海浜公園にも散歩人の姿はまばらである。時折、犬の散歩に来る常連の人が居たくらいだ。

7時頃になって竿先にやっとアタリを認めた。揚げてみると20cm弱の小ダイだった。やはりタイは小さくても良く引く。7時半頃、小雨も止みそうにも無く少し強まってきたようなので納竿することにした。竿を4本出していたが、リールを巻いて竿を畳むが、4本の竿全部に良型のキスが付いていた。『ああ、丁度今が時合いだったか』と思ったが、雨は降るし、一旦納竿準備に入るとまた竿を出すのが面倒になる。今日はここまでと納竿する。

陽は一度も出ず、まるで冬のような景色だったが、気温は高い。とは言え、湿度は低く汗を掻くことも無く丁度良い塩梅だった。この程度の雨なら少々濡れても構わないが、今日は夏の名残りのストローハット(麦わら帽子)が役立った。つばの広い帽子なので雨は殆ど頭部には掛からなかった。それにしても餌が大量に余ったが・・・。

【10月22日過去の釣行記録】
・2005年上関四代岩場、15:00~21:00、中潮、釣果=2人でメバル30・チヌ1・アジ3・ベラ多数
・2006年光市牛島、06:00~12:00、大潮、釣果=アオリイカボウズ
・2011年第2埠頭東側、06:50~09:40、若潮、釣果=イイダコ1
・2012年洲鼻港防波堤、16:20~17:10、小潮、釣果=アオリイカボウズ

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月25日釣行記録】
・1996年11月02日、笠戸沖上コーズ、日中、船釣り、小潮、釣果=70cmハマチ1・アイナメ・アコウ・メバル・アジ他
・1997年10月23日、大畠、06:00~16:00、船釣り、小潮、釣果=イシダイ狙いボウズ
・2005年10月24日、上関漁港防波堤、17:30~19:15、小潮、釣果=アオリイカ2
・2006年11月12日、笠戸本浦港防波堤、07:30~16:30、小潮、釣果=カレイ1・マダイ1・カナガシラ5・キス5・グチ1
・2007年11月01日、上関沖の浜港防波堤、18:25~21:30、小潮、釣果=アジ20・メバル1・アナゴ5

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第997夜 秋の釣りシーズン、小魚色々

2016-10-15 18:41:53 | サーフ

2016.10.15(土)

今日は潮も良いので徳山築港の何時もの釣り場に行った。5時30分頃が朝まずめだが5時40分に着いた。釣り場には既に竿を出している釣り人が居て、更に多くの人が居た。どうやら釣り大会の出発前だったようだ。仕方ないので対面のフェリー乗り場の釣り場に移動する。

旧暦:9月15日
場所:徳山築港フェリー乗り場南端
時間:06:00~10:30
天候:晴れ
風  :無風
月齢:14.1
潮  :大潮 満潮07:47潮位325cm 干潮13:59潮位56cm
狙い目:カレイ・キス
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:木っ端ガレイ2・キス8・小ダイ2

8時頃までに20cm前後のキスが4尾釣れた。2時間やって4尾は少ない。納竿の10時半までに4尾追加して8尾に終わった。

7時33分、最初に釣れた真鯛の子。

8時50分、木っ端(20cm)ガレイと同サイズのマダイがダブルで釣れる。

納竿間際の10時14分、メゴチとキスのダブルが釣れる。立派なメゴチだがリリースした。

今迄は1枚だったカレイが今日は2枚釣れた。水温もかなり下がって来たのだろう。朝まずめ時は寒くてもう防寒着が必要だ。これからぼちぼちカレイが良くなってきそうな予感がする。現状、1人釣行の時にはアオムシ100g、ホンムシ20gの餌を用意して行くが、餌の購入も増やさなくてはならない。今日も10時半には餌切れ納竿となった。釣友と行く時には1.5~2倍くらいの餌を用意する。

帰宅後、今日の釣果分を母が食べるというので全部進呈した。キスは天麩羅、カレイは煮付にすると言うがカレイはちょっと小さいか。

今日は9時から徳山港でカッター競技大会が行われた。フェリー乗り場右手にテントを張り大掛かりな大会だ。大音量のマイクの声で、今年が大会40周年だと解った。1976年から続いているようで、地元周南地区の企業や遠方から参加しているチームもあった。オリンピックもここでやったら?

地元にある上場企業を初め、中小企業や金融機関など多くの参加チームが競い合っていたが、陸上のコーチの声がマイクの大音量で流れるのが面白い。叱られているものや、励まされているもの、選手・コーチが一体となっているものなど様々である。大変な賑わいだった。

灯台記念日と言うことで灯台が飾ってあり、今日は灯台の中や天辺に上がれると言う事で、沢山の人が灯台の下に並んでいた。私もまだ灯台の中に入ったことが無いので一度入ってみたかったなあ。

フェリー乗り場の入口に回天の1人乗り潜水艦が展示してあった。今まで何度も来ているが今日初めて気付いた。回天の潜水艦の展示は大津島(基地)を始めとして県内に数か所あったと思うが、ここにもあったとは思わなかった。一旦潜水艦に入ると上からハッチを閉められるのでもう出られない。そのまま潜航して敵艦目掛けて自爆するのである。特攻隊は戦闘機に限らず潜水艦もあったのだ。多くの若者たちが自爆していった。

【10月15日過去の釣行記録】
・2005年第1埠頭南端東側、16:20~22:00、中潮、釣果=キス2・小ダイ3・イイダコ1・アジ15

【この日の釣り情報】
・2005年新川港防波堤、16:20~22:00、中潮、釣果=メバル4・チヌ1

【旧暦9月15日釣行記録】
・2006年11月05日、華西岸壁、18:10~22:50、大潮、釣果=太刀魚11
・2009年11月01日、櫛ヶ浜旧港防波堤、18:30~21:20、大潮、釣果=ムラソイ1・メバル6・アジ3・チヌ3・タナゴ1R

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第996夜 釣果は今一だが・・・

2016-10-09 19:39:17 | サーフ

2016.10.9(日)

最近は台風や秋雨前線も活発で雨天の日が多い。昨日も午後から深夜まで降り続いた。今日からは暫く好天が続きそうで、早速徳山築港の釣り場に出掛けてみた。釣り場には台船とあけぼの丸が繋留されていた。どうやら今日は動きそうにも無い。何時も竿を出す場所は雨が降ると水が溜まるので出来なくなる。左手には船のための給水機があるが、その傍にコンクリートが張ってあり人1人は十分に入れる。そこに陣取ってサーフ開始だ。

旧暦:9月9日
場所:徳山築港
時間:06:00~10:30
天候:曇りのち晴れ
風  :西弱風
月齢:8.1
潮  :小潮 満潮14:28潮位253cm 干潮07:14潮位113cm
狙い目:カレイ・キス
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・ホンムシ
釣果:木っ端ガレイ1・キス2・キビレ(チヌ)3R

ラインを出す方向は竿の向きとはほぼ90度右になる。早朝はアタリが多く竿先が小刻みに良く揺れる。しかし餌取りが多くなかなか魚はヒットしない。先週まではキスも数が揚がったが今日は朝まずめから1尾のみだ。雨降りの後だからだろうか。雨が降るとここは海水の濃度が薄くなると誰かが言っていた。

80歳を超えているという老人ギャラリーが8時頃から小1時間時間を潰して行ったが、「今日は潮が悪いし干潮時じゃから喰わんじゃろう」と言われる。更に雨水のことも言われた。確かに雨の後は釣果が鈍るが、ここら辺りは河川も無いのであまり関係ないように思うのだが・・・。
老人は釣りもゴルフも現役とのことだが、今年の夏はとても暑かったのでゴルフ後の2日後に熱中症で寝込んだとのこと。水分は十分に取ったが駄目だっと言われる。2日も経ってなるのかなあ。まあご老体なので暑い日に外で運動するのは控えられた方が賢明だ。

今日はチヌ(キビレ)が3枚も揚がった。25cm前後の木っ端だが、6時、7時、9時台に来た。チヌは持ち帰らないので全部リリースしたが、ギャラリーの老人が貰って帰るのにと残念がった。

カレイも21cmの木っ端だが1枚揚がった。これから水温が下がるとぼちぼち揚がるだろうが、狙うは41cm以上のマコガレイである。この釣り場で春に40cmのマコガレイをゲットしているので、それ以上のものを狙う。ただ、一旦40cmオーバーを揚げてしまうとどうも今一気合が入らない。釣友Sがこの記録を破ってくれると話は変わるのだが・・・。今日の釣果は今一だったが、カレイが1枚揚がったので良しとしよう。

朝方は曇っていたが陽が昇るにつれて暑くなった。秋晴れで真夏のような暑さではないが、それでも陰に入っていないと焼け焦げそうだ。もう少し陽射しが弱まると秋の釣行シーズンに入るのだが。。。今日は餌取りが多く、餌切れ納竿となった。

帰宅後は通夜のはしごで疲れた。

【10月9日過去の釣行記録】
・2005年大島日本精蝋前岸壁~大島大原、19:30~23:00、小潮、釣果=アジ少々
・2012年洲鼻港防波堤、17:40~19:20、小潮、釣果=アオリイカ2

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月9日釣行記録】
・2010年10月16日、第2埠頭東側、17:40~20:50、小潮、釣果=メバル2・アジ7

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第995夜 タンカー浸水顛末

2016-10-02 18:25:00 | サーフ

2016.10.2(日)

『9月30日の今日午前10時30分頃、私の釣り場である徳山下松港で劇薬を積んだタンカーが浸水、沈没しそうである。
東ソーで劇薬の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)450トンを積載した「洋和丸」が、出港して5分後から浸水が始まったようで、沈没寸前となっている。苛性ソーダは手に触れると大やけどをする。また水に触れると発熱するため、タンカーが大爆発を起こす危険性があるとのこと。
苛性ソーダは密封されているとのことで、現状では拡散等は確認されていないとのことだが、海中に漏れるとどうなるのだろうか。釣りは出来なくなる可能性もある。成り行きが心配である。』

以上は私が事故当日の30日に記したものである。今日はその後の取材も兼ねて何時もの釣り場に来た。

早朝の釣り場、台船とあけぼの丸が停泊しているが、あけぼの丸は6時過ぎに出港した。

旧暦:9月2日
場所:徳山築港
時間:05:50~11:00
天候:曇り
風  :東弱風
月齢:0.1
潮  :大潮 満潮09:19潮位321cm 干潮03:10潮位69cm
狙い目:カレイ・キス
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ
釣果:キス10・持ち帰り小ダイ6・シャコ1・アナゴ1R

最初は小ダイが沢山釣れた。例年に比べて小ダイが多いのは何故か。掌サイズのものは持ち帰ったが稚魚はすべてリリースした。リリースしても、上手く唇に針掛かりしているものは元気に海に帰るが、針を呑込んでいるタイはリリースしても死んでしまう。まずめ時にはアナゴも釣れるがこれもリリースだ。アナゴは夜明け前には沢山釣れるので、アナゴが好きな人はやってみると良い。

あけぼの丸が出港して暫くすると、今度は台船でセメントを船に積み込む装置を㈱トクヤマに運ぶため、装置の積み込み作業をすると言う。時間的には早いが台船を20m程度前に出すと言う。これで私の釣りのポイントは完全に塞がれた格好だ。台船を前に出した後暫くすると、大型のクレーン車が来た。運転手も予定時間より30分も早く来たため、私の所へ来て浸水タンカーの話などで時間を潰す。

私の釣りのポイントは台船の向こう側だがこれじゃあ塞がれてサーフ出来ない。仕方なく前方にサーフする。ところが、前方でも結構良型のキスが揚がった。もう少し小まめに餌を付け替えたりすればもっと沢山釣れただろうと思う。

台船にセメントを流す装置を積み込んでいるところ。11時頃終了予定と言っていたが9時30分には終わった。今日は釣り場左手の海浜公園を、がまかつが本部にして釣り大会を行っていたが、この作業で通行止めとなったので、大会スタッフ等も車での移動が出来なくて困っていた。このような作業の情報は事前に解らないので仕方ない。クレーンのオペレーターは作業が終わっても30分程度私の釣りを見ていたので、釣り大会スタッフは30分余計に足止めされたことになる。

今日は久し振りにシャコも釣れた。例年1匹程度は釣れる。しかしこれを1匹持ち帰っても仕方ないのだが・・・。台船積み込み作業員たちもシャコが釣れたのが珍しいようで、代わる代わる見に来ていた。

今日はあけぼの丸や台船の積荷のスタッフなど多くの人々から昨日の事故についてヒアリングしてみた。結果的にはタンカーの乗組員の操作ミスだったようで、劇物の苛性ソーダの流出は無かったようである。乗組員が湾内では禁止されているブロータンクを開いたのが原因、閉め忘れたのか海水が約30トンも船体内に流入して傾いたとのことらしい。船体に穴が開いているとか無かったようで、流入した海水を出して元に戻ったようである。現在はまだ東ソーの波止に繋留されて点検しているようだ。何とも人騒がせな事故だった。

しかし、多くの人に事故のことを聞くと経過や意見なども様々である。苛性ソーダが漏れたとしても人間には影響は無いといったものや、魚は全部死んで浮かぶとか、漁師は早くも漁業補償の話をしているとか、船主は最早出入り禁止業者となるとか、この程度の事故なら取引は継続されるだろうとか、真反対の意見も飛び交う。これ以降は報道もされないだろうから実際のところは良く解らない。

実はこの事故の直前にも近くの灯台の所で座礁事故があったようだ。この日、海上保安庁は大忙しだったようだ。釣りに来ていると色んなことが起こるからこれもまた面白い。今日は陽が出てからは蒸し暑くて、立っているだけで汗が流れ出た。納竿時にはパンツまで汗だくで早々に帰宅してシャワーを浴びた。

【10月2日過去の釣行記録】
・2005年大島日本精蝋前岸壁、17:35~22:00、大潮、釣果=2人でアジ1
・2007年室積西の浜漁港防波堤、18:10~19:38、小潮、釣果=アオリイカ1
・2010年第2埠頭南端、06:00~10:40、長潮、釣果=キス2
・2011年落港防波堤、06:40~11:40、中潮、釣果=キス2・小ダイ1
・2012年大島大原岸壁、18:25~22:15、大潮、釣果=メバル2・アジ20・セグロイワシ1

【この日の釣り情報】
・2005年粭島瀬戸、夜、大潮、釣果=メバルボウズ

【旧暦9月2日釣行記録】
・2006年10月23日、華西岸壁、19:00~21:45、大潮、釣果=メバル5・シマイサキ1・タナゴ1・アジ1
・2007年10月12日、華西岸壁、19:20~22:20、大潮、釣果=メバル1・アジ48
・2013年10月06日、櫛ヶ浜港新防波堤、18:00~21:30、大潮、釣果=メバル4・アジ4

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第994夜 カレイゲット

2016-09-25 15:23:12 | サーフ

2016.09.25(日)

旧暦:8月25日
場所:徳山築港
時間:06:00~10:30
天候:曇り
風  :弱風
月齢:23.7
潮  :長潮 満潮03:02潮位234cm 干潮09:56潮位108cm
狙い目:カレイ・キス
釣り方 :サーフ
餌  :アオムシ・スナムシ
釣果:カレイ1・キス11・イイダコ1・メゴチ2R・小ダイ多数R

 3か月振りに築港の釣り場に来た。あけぼの丸の船長も「久し振りじゃねぇ、当分見んじゃったねぇ」と言われた。「今季は梅雨時期から夏場にかけて暑いから止めちょった」と言うと、「そうじゃろ、そうじゃろ」と納得の様子。台風も2ヶ月で16号も発生し、秋雨前線と相まって雨も多かったし、秋は私的行事が多いこともあり釣行の機会が少なかったこともある。

朝まずめには間に合わなかったが、6時から7時の間にキスが8尾釣れた。陽が昇ってからはアタリも殆ど無くなる。8時半頃に木っ端だが23cmのカレイとキスのダブルが揚がる。小さくてもやはりカレイ、リールを巻くのを止めると下に潜ろうとするのでそれと直ぐに解る。

それから小ダイが数多く揚がった。投げでも7~8尾は釣れたし、私の隣でチヌ狙いの浮き釣りをやっている青年も数揚げていた。小さいので全部リリースしたが、須々万から様子を見に来たというハーフのおじさん(S25年生まれ)は、自分が板前をやっていたということもあり、小さい真鯛も数あれば3枚に下ろして上手く調理できるのにと惜しがった。今日は所用があり竿は出さないとのことだった。

9時過ぎてから納竿までは、キスが1尾と30cm近くあるメゴチが釣れたのみ。立派なメゴチだったがこれもリリースした。

今日はカレイが揚がったので、これからはカレイ狙いでいけると解った。また40cmオーバーを狙うぞ!!

【9月25日過去の釣行記録】
・2010年第2埠頭東側、06:00~11:00、中潮、釣果=キス5・カワハギ3・小ダイ3

【この日の釣り情報】
・2007年日石前防波堤、19:45~21:20、大潮、釣果=アオリイカ1

【旧暦8月25日釣行記録】
・2007年10月05日、第2埠頭東側、18:15~19:15、長潮、釣果=アオリイカボウズ
・2010年10月02日、第2埠頭東側、06:00~10:40、長潮、釣果=キス2
・2013年09月29日、大島大原、17:30~19:30、長潮、釣果=太刀魚ボウズ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第993夜 アラカルト

2016-09-22 08:38:38 | その他

2016.09.22(木) 秋分の日

9月に入ってからプール通いを再開した。昨年11月より諸事情により中断していたが、その後、右肩(腕)が痛くて腕が上がり難くなったため再開した。

先月、投げ釣りに行った時のことだ。私は右利きなのでサーフする時は左手で竿尻を持つ。右手は竿のリールの上の部分を持つのだが、サーフした時に右手人差し指をラインから離して遠投する。約45度くらいで竿を止めて仕掛けを飛ばすのだが、右腕が痛くて竿を支えられなかった。危うく竿を海に投げ落とすところだった。前に防波堤でもあろうものなら竿を叩き付けて折っていたかも知れない。

こうなると釣行も満足に出来なくなる可能性もあるので何とかしなければならない。そこでプール通いを再開したということだ。プールでは1時間に千メートルを目標に泳ぐが、前回はきっちり目標通りに出来た。腕の痛みも幾分和らいで腕が上がり出した。

今年は8月に入ってから台風の襲来が激しい。釣りもこの時季は休息の時期なのでゆっくり身体を休めている。

今年の台風は1951年からの観測史上記録尽くめのものとなっているようだ。本当は1950年から観測を始める予定だったそうだが、この年は台風が非常に多く異常気象でもあったため、この年は無しにして翌年から開始したという専らの噂である。今年は観測史上2番目に遅い台風1号(8月3日だったかな)の発生だったらしいが、その後台風は毎週のように発生し、8月は東北、北海道、9月は九州と現在16号まで発生、その内6号が上陸(1度に3つ来た時もあった)したようである。東北に直接上陸したのは観測史上初めてのことだったらしい。今日現在、17号も芽が出ているようだ。1950年の気象状況は知らないが、異常気象ということからすれば66年振りのものとなる。

ここ最近は20~30分程度のエギングをしているが、記事にはアップしていない。仕事帰りに平生から下松笠戸島の間でアオリイカ狙いだが、ボウズが殆どで釣れたのは胴長15cm程度の小さいのが3杯(1回に2杯釣れない)のみ、全部リリースしている。今はもう防波堤や波止場はイカ墨で真っ黒になっている所が多い。もっと集中的にやりたいがなかなか出来ないでいる。

【9月22日過去の釣行記録】
・2007年日石前防波堤、05:45~07:45、中潮、釣果=アオリイカ1
・2012年本浦港・寺崎防波堤、07:00~09:00、小潮、釣果=アオリイカ1
・2013年洲鼻・本浦港・寺崎防波堤、06:30~09:00、中潮、釣果=アオリイカボウズ

【この日の釣り情報】
・2007年日石前防波堤、20:30~22:40、中潮、釣果=アオリイカ2
・2012年笠戸深浦港防波堤、早朝、中潮、釣果=30cm前後サバが湧く

【旧暦8月22日釣行記録】
・2006年10月13日、日石前防波堤、20:45~22:30、小潮、釣果=アオリイカ1・マダコ1
・2006年10月13日、第2埠頭南端西側、22:40~00:00、小潮、釣果=アオリイカボウズ
・2007年10月02日、室積西の浜漁港防波堤、18:10~19:38、小潮、釣果=アオリイカ1
・2008年09月21日、晴海埠頭、19:00~23:30、小潮、釣果=アジ15・チダイ1・クジメ1
・2009年10月10日、洲鼻港防波堤、19:30~21:00、小潮、釣果=アオリイカ1
・2011年09月19日、日石前・本浦港・寺崎・はなぐり、08:00~11:00、小潮、釣果=アオリイカボウズ
・2012年10月07日、大島大原、19:30~22:40、小潮、釣果=アジ15

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加