千一夜第3章第20夜 釣友T、男女群島へ

2017-02-20 21:46:52 | 釣り情報

2017.02.20(月)

釣友Tが今年も男女群島へ行ってきた。

40cmのイシダイ。

17日(金)に山口県下松市を出て長崎県平戸港へ向かう。平戸までは車で4時間半程度、平戸から渡船で男女群島まで約4時間。五島列島までなら1時間程度で行けるそうだが、外海へ出るため4時間も掛かる。今の時季は海も大荒れなので大変そうだ。男女群島の釣り場に上陸したのが18日(土)午前9時、ここから24時間以上岩の上で竿を出したのだ。

釣り場に上陸した直後、風に煽られてタモを海に落してしまったとのこと。何時もならクーラー一杯にぎゅうぎゅう詰めで獲物を持ち帰るのだが、タモが無いばっかりに大物はみなハリスを切られたようだ。持ち帰ったのは50cm以下のクロ数尾と40cmのイシダイ、餌取りの金目鯛である。キャッチ&リリースと思えば良いが、煩悩まみれのTは色即是空には程遠い。そういう私も少ない獲物の中からそれぞれ1尾ずつ頂いた。

実際、釣れ始めた時間は19日未明の4時頃からと遅かったようで、時合いは一気に来たとのこと。その間に殆ど釣れたそうだ。しかしその時合いを逃さずに釣るのは流石である。

釣果の一部。

19日(日)の11時頃、釣り場から迎えの渡船に乗り込み、平戸を出たのが17時10分、我が家へ着いたのが21時40分頃だった。岩の上や渡船の中で少しは睡眠を取ったようだが、十分ではなさそうで疲労困憊の様相は隠せない。まあ、好きで行くのだからしょうがない。

本来なら先週の予定だったが天候不順のため1週間ずれたとのこと。それで金曜日の呑み会に来なかったのかと得心した。私もヘルニアさえ無ければ遠征するのだが・・・・、まあこの近辺で我慢しておこう。愛媛県の青島や周防大島寄りの岩島などのミニ遠征でも腰が痛くて寝込みそうになるのだから何をか謂わんやである。

【2月20日過去の釣行記録】
・2011年第2埠頭東側、07:40~11:50、中潮、釣果=カレイ1・32cmアイナメ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません

【旧暦1月24日釣行記録】
・2011年02月26日、華西岸壁、18:30~19:00、小潮、釣果=メバル1
・2011年02月26日、櫛ヶ浜港防波堤、19:15~22:30、小潮、釣果=メバル2
・2015年03月14日、徳山築港西側岸壁、07:40~13:00、小潮、釣果=カレイ1・ハゼ3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第973夜 釣友T五島列島へ

2016-06-12 16:48:36 | 釣り情報

2016.06.12(日)

昼前に起きたら同僚釣友Tから電話が入っていた。私は防府市に所用があったが延期されたため思う存分寝ていた。Tは遠征に行っての帰り途中だという。今、関門海峡を抜けたので14時頃着くから櫛ヶ浜の釣具店に魚を取りに来いという。Tの電話と同時刻に元同僚のKMからも電話が入っており、彼も新鮮な魚が欲しいと言う事で一緒に行くことになった。

Tがほぼ定刻の13時50分に帰って来る。釣りクラブのメンバー5人での釣行だった。五島列島の釣り場に昨日の13時頃着いて、14時頃から竿を出して納竿は今朝の7時とのことだ。

車から荷物を降ろして、早速Tが検寸を始める。メジナは40cmクラスのものが殆どで、最大寸が48cmくらいだったと思う。

ハタの一種だが煮付が美味しそうだ。

60cmの大マダイ、先日の上関釣り大会だったら間違いなく優勝だ。

5人のメンバーが順に検寸する。鯛、メジナが本命で後は他魚の部、表彰式では総合3位までは会費から賞金が出ていた。

全員、クーラーは満杯である。Tもクーラーはパンパンで40cm弱のイサキを含め全部で40尾くらいいた。この時季、イサキが一番美味い。私とKMはメジナ1尾とイサキを3尾ずつ頂いた。先程まで大海を泳いでいたやつだから、今から刺身と塩焼きが楽しみだ。

これからみんな帰宅して、魚を捌いたり配ったりでゆっくりするのは夕方近くになるのだろうが、それにしてもみんな元気が良い。潮は良く無かったとのことだが、暫くは釣り談義が続いた。

5人の釣りメンバー、もう来月の大会の話が出ていたが、来月は青島(愛媛県)でメバル釣り大会らしい。今度は近場なので参加者も多いだろう。今の時季のメバルは脂がのっていて最高に美味い。私も空きがあったら釣行に一緒させてくれと頼んだ。

【6月12日過去の釣行記録】
・2005年第2埠頭中電前、07:30~16:50、中潮、釣果=キス6・アイナメ3・メゴチ1・ギザミ3
・2010年大津島周辺、06:30~13:00、船釣り、大潮、釣果=アジ10・クロ1・カサゴ1
・2011年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~21:20、若潮、釣果=メバル2・セイゴ1・キビレ1・アジ1

【この日の釣り情報】
・2006年上関港商工会館前堤防、12:10、大潮、釣果=カワハギ2

【旧暦5月8日釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第835夜 船舶避難

2014-10-12 19:58:13 | 釣り情報

2014.10.12(日)

大型台風19号接近(13日九州南部接近)の最中、今日はまだ大丈夫だろうとエギングロッドを持って笠戸方面に出てみた。雨は降ってないが風は出ていた。笠戸大橋はまだ化粧直しの最中のようだ。左側にはまだ足場が組まれたままだ。

台風接近で笠戸湾のはなぐり岩沖には大凡50杯くらいの船舶が避難してきている。下松市の笠戸島と周南市の大島に囲まれた湾内は、船の絶好の避難場所で船の銀座通りとなっているようだ。山口県に最接近するのは14日頃か、この頃には少しは弱まっていると良いのだが・・・。

笠戸島では本浦港に寄ってみたが風が強くてロッドが出せない。 釣り人の姿も全く見えなかった。写真は笠戸島から本土に帰る時の笠戸大橋。

笠戸島から戻って下松公共第2埠頭の南端に出てみた。今日は東強風だったが、埠頭の南端東側には砂山があり、幾分風を遮ってくれる。居る居る、こんな天気でもキス釣り人が居た。数分間見ていたが、遠投でトラハゼが釣れたのを見た。右手には浮き釣り人が2人居て、右端には車が沢山停まっていたので釣り人も多かったのではないかと思う。ここでもイカ墨があったので、アオリイカかコウイカが揚がっていると思える。

釣友ブースカが9月28日に、日石前岸壁で釣ったというアオリイカ。

こちらも釣友ブースカが10月2日に相の浦(柳井市だと思う)で揚げたアオリイカ、なかなか好調のようだ。最近の私は夜の釣行が激減している。例年ならメバル釣りに、アオリイカ釣りにと夜中に海岸を徘徊しているのだが、今年は週末になると雨が多くなかなか出られない状況となっている。そう言えば、同僚釣友のMMは大島(大島郡屋代島)で昼間に4杯のアオリイカを揚げたと言っていたなあ。

【10月12日過去の釣行記録】
・2007年華西防波堤、19:20~22:20、大潮、釣果=メバル1・アジ48
・2008年第2埠頭南端、06:40~15:00、大潮、釣果=キス6・アカエイ2

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月19日釣行記録】
・2005年10月21日、上関漁港堤防、12:30~13:00、中潮、釣果=アジ100・アオリイカ夕方が良い
・2007年10月29日、櫛ヶ浜港防波堤、19:25~23:10、中潮、釣果=メバル16・アジ20・キビレ1・タナゴ2

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第685夜 五島イサキ

2013-06-17 20:06:48 | 釣り情報

2013.06.17(月)

昨日夕方、同僚釣友Tが五島列島釣行からの帰りに我が家に寄った。1泊2日釣行でイサキが大漁、我が家に寄った時には半分になっていたと言うが、それでも十数匹は残っていたように思う。イサキの引きは強いので面白い。私も昔、萩市見島沖の日本海でイサキ釣行したことがあるが、この時も二桁は釣れた。瀬戸内海ではあまり釣れないので高級魚である。

我が家は4尾貰って、1尾は即刺身、甘みもあり頗る美味い。

私は土曜日夕方から日曜日未明まで深夜労働していたので起きたのは昼頃、まだ頭がボーっとしていた。今はTとは職場が違うが、同じ会社に勤めているとは到底思えない。とは言え、たまにはこういうことも良い。私も昔は仕事を休んで良く釣行したものだ。

大きいのを1尾、両親にお裾分け。刺身と焼魚にすると言っていた。イサキという魚は、焼いても身離れが良いので食べ易いし美味い。初鰹ならぬ、今年の初イサキだ。

【6月17日過去の釣行記録】
・2006年笠戸本浦港防波堤、06:50~14:15、小潮、釣果=カレイ14・キス12

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦5月9日釣行記録】
・2006年6月4日、第2埠頭東側、07:00~16:40、小潮、釣果=カレイ18・キス5・ヒラメ1・カナガシラ1・メバル1
・2007年6月23日、櫛ヶ浜港防波堤、19:30~23:00、小潮、釣果=セイゴ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第681夜 Sの抜け駆け地味釣行

2013-06-09 19:00:41 | 釣り情報

2013.06.09(日)

6月8日、この日は私が国家の根幹で働いているというのに、Sは一人築港で抜け駆け釣行。釣具店開店の朝4時には既に釣具店の駐車場で待機していたとのこと。釣り場には4時15分には着いていたというから凄い。

4時15分というとこんな光景か。4時30分頃から薄明るくなるという。つまり朝まずめの開始ということだ。(この写真は5月3日午前4時50分のもの)

釣行日:6月8日
旧暦:4月30日
場所:徳山築港
時間:04:20~15:00
天候:晴れ
風  :不明
月齢:29.1
潮  :大潮 満潮08:03潮位275cm 干潮02:33潮位124cm
狙い目:カレイ・キス
釣り方 :サーフ
餌  :ゴカイ
釣果:木っ端ガレイ2・キス16
ギャラリー:このブログの愛読者親子

まずめの頃に木端ガレイが2枚釣れたとのこと。キスは適度に釣れるらしい。

この日は大したサプライズも無かったと言うが、彼からのメールで、朝方、竿が海にドボンしたそうだ。私はラインを船に引っ掛けられて、竿が海に落ちたものと思っていたが、後で電話で聞いたところによると魚が引っ張って行ったそうだ。彼はスズキだろうと言っていたが、私はナルトビエイだと思う。この後、1時間掛けて20m先に沈んだ竿を回収したそうだが魚は付いていなかったとのこと。揚げていないので何とも言えないが、これは立派なサプライズである。やはり彼が釣行すると何かが起こる。

まあ、私を差し置いての抜け駆け釣行であるから、彼にカレイも寄り付くはずは無い。しかし、時季的にはカレイもそろそろ終わりかも知れない。とは言え、ここでは1年中カレイが釣れる。数こそ少ないが、真夏でも30cmクラスが釣れるのだが、このことは彼はまだ知らない。日曜日は彼の敵討ちに行ってみようと思うが、雨が降りそうな気配。

それはさて置き、彼が釣行している時に、このブログの愛読者なる人が幼い子供を連れて見に来られたとのこと。Sが作者でないと解ると、「Sさんですね」と言われたとのこと。彼もごく一部では有名になっている。Sとのカレイ釣行は、もう来年までお預けかも知れない。

【6月9日過去の釣行記録】
・2005年第2埠頭中電前、17:15~19:00、大潮、釣果=キス7・アイナメ1・ギンガメ1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~00:15、小潮、釣果=メバル6・チヌ3・シマイサキ3・タナゴ1・ワタリガニ1
・2012年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~21:00、中潮、釣果=メバル2

【この日の釣り情報】
・2009年東海岸通り、20:30~23:00、大潮、釣果=メバル13
・2010年切戸川河口、19:00~21:00、中潮、釣果=キス15

【旧暦5月16日釣行記録】
・1997年6月5日、日立岸壁前、夜、船釣り、大潮、釣果=チヌ2
・2006年5月27日、笠戸本浦港防波堤、07:30~19:00、大潮、釣果=カレイ16・ヒラメ1・キス11・カナガシラ1・ソイ1・カサゴ1・メイボ1
・2007年6月15日、平生丸山海浜公園、18:40~21:40、大潮、釣果=ボウズ
・2007年6月15日、櫛ヶ浜港防波堤、20:00~23:30、大潮、釣果=キス5・メバル10・アジ3
・2008年6月4日、東海岸通り、19:40~22:30、大潮、釣果=メバル5・セイゴ1・アジ10
・2010年6月12日、大津島周辺、06:30~13:00、船釣り、大潮、釣果=アジ10・クロ1・カサゴ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第623夜 男女の尾長、口太グレ

2013-01-21 21:00:00 | 釣り情報

2013.01.21(月)


20日(日)20時30分、男女群島での釣りを終え、帰宅途中に我が家に寄った同僚釣友T。
18日(金)の夕方、島に上陸して20日(日)の10時に納竿するまで釣り続けて、大型のクーラーに一杯である。これでも一番少なかったとのことだ。大時化かと思ったが、天気は良かったとのこと。


クーラー一杯のグレ、我が家はグレ2尾と大サバ1尾を頂いた。


数は少なかったが、大きさは一番だったとのこと。今回の最大級は53cmだ。前回は60cmあったから記録は及ばずだ。それにしてもでかい。


尾長グレと口太グレ。口太グレは全体的にずんぐりしている。鰓の部分と尾の形が違うようだ。最大寸も口太グレが50cm台なのに対して、尾長グレは70cm台。同寸だと尾長グレの方がはるかにパワーが強い。但し、同寸のマダイに比べると口太グレの方が強い。


頂いた35cm級のグレ、写真に撮ろうと思っていた大サバ(50cmくらい)は、既に捌かれた後だった。妻は魚を捌くのが早く、あっと言う間に刺身や切り身に変身してしまう。

今日のメインディッシュはグレの刺身とサバの塩焼きだった。サバの塩焼きは私だけで、他の者は味噌煮にしていた。寒グレの刺身は非常に美味だった。有休を取っても良いからもう一度行って来なさい。

※当初、五島列島と記載していましたが、正しくは男女群島でした。同僚釣友Tからの指摘で間違いが判明、失礼いたしました。

【1月21日過去の釣行記録】
・2007年櫛ヶ浜港新防波堤、20:30~23:00、中潮、釣果=メバル3・27cmソイ1
・2012年櫛ヶ浜港旧防波堤、18:00~21:07、中潮、釣果=メバル5

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦12月10日釣行記録】
・2010年1月24日、櫛ヶ浜港旧防波堤、17:50~20:15、長潮、釣果=カレイ1・メバル2

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第596夜 由宇町海岸線散策

2012-11-09 01:01:19 | 釣り情報

2012.11.09(金)


11月6日から8日までの3日間は仕事で由宇町に行っていた。由宇町は上の地図の通り、山口県東部の岩国市に属する。金魚の形をした周防大島(屋代島)の上に当たる。仕事で移動しても、どうしても海岸線を通るようになるので、少し海岸線のスナップ写真を撮った。

  
由宇町の支社のFさん、うら若き女性であるが、何と11月6日のこの釣果。凄いねの一言、参りました。釣り場は柳井市の黒崎沖とのこと。

  
ここは周防大島の入り口にあたる大畠港である。この日(6日)は曇り空で時折小雨が降り、風は強く景色も暗いが、港の船溜まりでは数人の釣り人がサビキ釣りをしていた。写真に写っている橋は大島大橋で本土と屋代島を結んでいる。嘗ては橋を渡るのが有料だったが、今は無料なので釣り人が多く渡る。この橋の下辺りは、マダイやイシダイの好ポイントである。私も1度船釣りで行ったが、目の前の船が80cmのマダイを揚げた。


ここは、由宇町の海岸線にある「由宇歴史民族資料館」である。船の形をした珍しい建物で、中が資料館になっている。この日は入り口にチェーンが掛かっていた。今日が定休日なのか、もう閉館になっているのかは解からない。ここの手前に大先輩OBのK氏のお宅があり、寄ってみたのだが生憎不在だった。

    
ここは「潮風公園みなとオアシスゆう」。夏は海水浴客で賑わう。私はここには何度も来ているが、レストランで食事しながら海を眺めるのが好きだ。ここでは釣りは禁止されているが、海水浴のシーズン・オフの今は、防波堤の先端に竿が数本見える。

  
ここは由宇町中心街沖の黒磯港、右の写真の通り、物凄く長い消波堤がある。7日はここにずらりと釣り人が並んでいた。堤の海側には鉄柵が設置してあるので、竿立ても不要だ。それに堤が道路に面しているので、移動も荷物運びも簡単であり私向きの釣り場だ。ここで一度サーフしてみたい。近い内に来てみたいと思う。

【11月9日過去の釣行記録】
・1996年笠戸島上コーズ、06:00~13:00、船釣り、中潮、釣果=72cmヒラメ、ヤズ2

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第595夜 釣り得々情報2

2012-11-07 21:42:34 | 釣り情報

2012.11.07(水)

今夜は海釣りに関するお得な情報を提供!

平成24年8月、笠戸島はなぐり海岸でマコガレイの7~8cm稚魚を5,000匹放流。1年で15~20cmに成長するとのこと。25年~26年にかけての冬が楽しみであるが、何匹生き残るのかな。刺身、煮付、空揚げが美味。尚、放流は毎年の恒例行事となっている。

 平成24年5月、周防大島町で漁協がカサゴの稚魚(約4cm)4万匹を放流した。稚魚が成魚(約15cm)にまで育つのは1~2割程度とのことで、多くても8千匹程度だ。カサゴは放流した場所に定着しやすい性質から、放流場所周辺がポイントとなりそう。但し6箇所に放流したとのことで、詳しい場所は漁協に問い合わせた方が良さそうだ。2006年から毎年放流しているとのことだから、今年で7年目、魚影もかなり濃くなっているに違いない。

平成24年10月、アオリイカの時季であるが、狙い目については9月は産卵場所周辺が良い。基本的には藻場が良いが、近辺の代表的な産卵場所としては室積、奈切などがある。10月に入ると大きくなって少しずつ沖合いへ出て行く。
今回の情報はもうひとつ別の集魚場所です。今年は徳山湾に大型の青物が大挙して入って来ているということで、アオリイカが恐れて入り込まないようです。
東隣の笠戸島周辺が良いとのことで、特に洲鼻港が一押しとのこと。洲鼻港の防波堤や波止ではサビキ釣りをやる人が多いので、小アジが集まって来る。それに撒餌の匂いが海中に残っていて、それにもアオリイカが反応して入って来るとのこと。こんな港でキロ級のアオリイカが揚がるということなので応えられません。洲鼻港に限らず、防波堤や波止でサビキ釣りが盛んな港ではアオリイカが狙い目ということです。

【11月7日過去の釣行記録】
・2007年平生南周防大橋下埠頭、18:50~19:20、中潮、釣果=ボウズ
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、20:10~22:10、中潮、釣果=メバル7・アジ3
・2009年櫛ヶ浜港防波堤、20:00~23:10、中潮、釣果=メバル8・ソイ1・アジ2・シマイサキ1・タナゴ5R

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第592夜 福川海岸線漫遊

2012-10-30 23:50:24 | 釣り情報

2012.10.30(火)

先日、病院の検査が終わった後、時間があったので周南市戸田(へた)の桑原港まで足を伸ばしてみた。嘗てカレイ釣りに来た港であるが、この港から周南市福川の長田港までゆっくりと1時間掛けてリハビリ・ドライブしてみた。


戸田桑原漁港、調べてみるとここには2007年9月24日にカレイ狙いで来ている。釣果はキス5尾、マダイ1尾、木っ端ガレイ1となっている。この港は結構大きくてポイントも多そうだ。今回5年振りに来たわけだが、改めてファイトが沸いてきた。


カレイは向かいの防波堤からこちらに向かってサーフする。写真の右手に長い防波堤があるのだが、その外側が港の外になる。平日だというのに釣り人が十数名居た。みんなサビキ釣りのように見えた。そう言えばこの日は大潮だからかな。


5年前に来た時にはこの場所に気付かなかったのだが、向かいの防波堤の東側は岩場になっていてメバル釣りには丁度良い釣り場に見える。岩場の端に短い防波堤があるが、ここにはイカ墨が沢山付いていた。


短い防波堤の東隣には綺麗な砂浜が広がっている。前回来た時はここまで来なかったのだが、砂浜から或いは短い防波堤からサーフして見たい。カレイが居そうな気がする。


桑原港を後にして海岸線を福川方面に行くのに、まず山越えとなる。山越えの急坂の途中で桑原港が見渡せる。この道路の先に福川地区のごみの焼却場がある。下の砂浜が上の写真である。


山越えして再び海岸に下りてきた所に名も知れぬ小さな港がある。ここも釣り場としては面白そうである。この港から先は道路が狭く一車線である。対向車があると所々にある車寄せで遣り過ごさなければならない。私がこの先の広い道路に出るまでに2台の車とすれ違った。


この辺りの海岸線は湾曲を繰り返していて、岩場や砂場が至る所にある。私にはどれも魅力的な釣り場に映る。夏は海水浴でも出来そうだ。


ここはメバルをやって見たい岩場である。ズームアップで撮ったので小さな堤防に見えるが、実際は思ったより大きい。


ここは戸田長江港である。この辺りは道路も広く、車を止めてサーフ出来そうだ。但し、手前まで網が入っているので難しそうでもある。しかし、網が入っているということは魚も居るということだろう。と、思ったのだが、どうもタコ壺が入っているようだった。これじゃあサーフは無理だ。


長江港の上の写真の向こうに見える船溜まり(防波堤)である。釣り人が3人竿を出していた。みんなアジ狙いのように見える。ここも捨てがたい防波堤だ。


長江港を後にすると直ぐに次の港である。ここは戸田津木港である。小綺麗な港で右手の防波堤が魅力的だ。


防波堤の先端には釣り人が1人居た。そう言えば、5年前にもこの海岸線を車で走っている。その時はこのような港はどこも釣り人で一杯だったように思う。


津木港を過ぎると海岸の前に大きなグランドが見える。中学生だろうかサッカーの授業をしていると見え、大きな声が響き渡っていた。そのグランドの東端から下を見下ろすと長田海岸である。ここは夏は海水浴場として賑わう。海水浴場の東側が長田港である。


長田港の入り口は夜市川(やじがわ)河口となる。私はここでカレイやキス釣りを何度もしている。右手の対岸には自動車学校がる。以前、今私が居るここでサーフしていた時に、対岸の自動車学校の前から私に電話してきた者が居た。あの対岸から、釣りをしている私を私と認めるのは相当な無理があると思うのだが、私と解ったそうである。電話してきた者には、釣りに来ていることも何も言っていないのにだ。電話の後、勿論ビールの差し入れをしてくれたが、ワズント・ヒー・ア・モースト・ペキューリア・マンである。


長田港は漁港ではなくて、プレジャーボートの港である。私がこの港に来ていた頃は、まだ港の建設工事中だったので釣り人も多かった。今日は1人しか見えない。プレジャーボート港なので、立ち入りなどが厳しく規制されているようだ。


プレジャーボート溜まりの右手は釣りも出来るが、港の奥に当たるので釣り場としては今一か。向こう側の防波堤に出れれば良いのだが、相当歩かなければならないようで、私には向かない。私はまだあの長い防波堤まで出たことは無い。

桑原港からこの長田港まで約1時間のドライブだったが、この間、釣具店は勿論のことコンビニも小さな商店も無い。自販機も見なかったように思う。釣りに来る時には、飲料、食料を十分に用意して来なければならない。この間を車で通過するだけならば20分程度かなと思う。次回は釣行で来ることにする。

【10月30日過去の釣行記録】
・2005年第2埠頭南端西側、17:30~18:00、中潮、釣り人多し、釣果=アオリイカボウズ

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第555夜 青島メバル

2012-07-18 22:03:11 | 釣り情報

2012.07.18(水) 


釣友Tのクーラーボックスに30尾くらいの大型メバル。これがレギュラーサイズとのこと。大きいのは尺を超えるという。


15日、私が貰って帰った4尾の24~25cm青島メバル。

14日夜から15日朝にかけて徹夜の釣行だったようだ。釣行場所は青島、愛媛県大洲市になるが四国と山口県屋代島とちょうど中間辺りにあたる。15日、納竿前の10時頃、私の釣り場である築港に持って来てくれたが、何と大型のクーラーボックスに25~27cmのビックサイズのメバルが30匹程度入っている。私は4匹貰って、帰宅後刺身で一杯やった。やはり大きいと食べ応えがある。

【7月18日過去の釣行記録】
・1998年日立岸壁前、船釣り、13:00~17:00、長潮、釣果=キス多数
・2009年櫛ヶ浜港防波堤、19:45~22:00、若潮、釣果=メバル3・アジ1
・2010年華西防波堤、19:40~22:37、小潮、釣果=メバル3

【この日の釣り情報】
・2010年平群島沖、船釣り、06:00~14:00、小潮、釣果=5人で大アジ5・サバ2

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第547夜 アユの待ち釣り

2012-06-30 12:25:30 | 釣り情報

2012.06.30(土)

6月29日(金)に周東町川上に仕事の関係で出かけたのだが、川上の入口とも言える橋の上からアユ釣りをしている釣り人に出会った。
この川は東川だがここは丁度川上川と合流している辺りか。上流は錦川の支流になるようだが、下流は島田川になり光市の新日鉄の傍へ出て瀬戸内海へと流れる。随分蛇行している川だ。

私は釣り堀以外でアユを釣ったことが無いので、間近で見るのは初めてである。釣り堀でもアユは引っ掛けるのだが、橋の上からも引っ掛けて釣っている。要領は同じように思えるのだが、橋の手前の人が言うには、「なかなか素人に釣れるもんじゃ無い」とのこと。


川の水深はせいぜい脛辺りまでで20~30cmというところか、天気も良いし橋の上から川底まで良く見える。川底には小石が多く、アユも小石に付いた苔を食べに群れを成している。但しサイズは15cm未満と小さい。


ここでの釣り方は「見釣り」の「待ち釣り」である。「見釣り」と言うのは水中の魚を見ながら釣ることで、即座に合わせることができる点で有利だが、外すと魚の群れが驚いて逃げるケースもある。「待ち釣り」というのは、アユ釣りの釣法のひとつだが、コロガシ釣りやシャクリ釣りなどに使う仕掛けを、アユのよく通る所や群れている所の川底に横たえて置き、その上をアユが通過する瞬間に素早く上げてアユを掛ける釣法だ。山口県の錦川、佐波川、高知県の仁淀川、物部川などでよく見られる釣法とのこと。


サイズは10~13cm程度がレギュラーサイズ、たまに15~18cmのものも釣れるようだ。私が見ていた15分程度の間に、橋の中央で竿を出している釣り人が4尾釣り上げた。15cm以上あると塩焼きサイズだが、ここでは苔が少ないらしく大きく育ったものは少ないそうだ。

この釣りを見ていて私も胸が躍ったが、何せ渓流釣りの道具を持っていない。揃えたい気もするが、まだまだ海釣りの方を極めようと思い留まる。それに組合の鑑札も必要とのこと。年間会員や1日会員などいろいろとあるようだ。

しかし、素人にはなかなか・・・と言われるとファイトが沸くなあ。

【6月30日過去の釣行記録】
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、09:00~12:30、大潮、釣果=アジ5・タナゴ3R・ボラ4R
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~21:40、大潮、釣果=ボラ1R

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第544夜 釣り大会初エントリー

2012-06-20 22:32:22 | 釣り情報

2012.6.20(水)


H12.5.20、釣友宮ちゃん鼻繰島、祝島周辺船釣り。この日の2日前に定年退職。学校卒業後、我が社一筋に定年まで勤め上げられた。お疲れ様でした。自分で御褒美に電動リール一式を購入されたとか。奥様には四分の一程度の値段を言っているらしい(このブログを奥様が見ていないことを祈る)。ひょっとするとこの日が竿おろしだったのかな。大漁でなにより。

私は釣行は良くするのだが、釣り大会なるものに出たことが無い。来月8日に上関で釣り大会があるとのことで、わが社の上関支社長が出場を依頼されたらしく、私にお鉢が回ってきたもの。今のところ詳細は不明だが、船釣りの流し釣りでマダイ狙いとのことだ。食事代込みで1万円の参加料だ。一般の遊魚でもこのくらいは十分に掛かるので妥当な会費だろう。船1杯が定員5人とのことなので、わが社の関係でメンバーを集めることにした。

まずは宮ちゃんに打診すると良い返事、直ぐに5人のメンバーが揃った。現役は私とT、あとはOBの宮ちゃん、IMさん、Fさんである。5人の内4人までが何時もの船釣りのメンバーでTは初参加となる。あっ、そうだ、数年前にTとは1度船釣りしたことがあったな。掛かり釣りで私としてはあまり面白い釣りでは無かったのを想い出した。

釣り大会だから勿論計量で勝負が決まるのだろうが、こういうのも1度経験してみたかったので良い機会だ。Tは地元の釣りクラブに入っているので、大会は慣れているだろうが、他のメンバーでクラブに所属しているというのは聞いたことがないので、これはこれで面白い。一発勝負なので、フロックでも勝てるので全員にチャンスがある。楽しみである。

※訂正とお詫び(23日)
投稿時点で釣り大会は7月7日と書いていましたが、8日でした。私の勘違いでした。

【6月20日過去の釣行記録】
・2009年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~22:20、中潮、釣果=メバル4・キス1

【この日の釣り情報】
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、21:00~23:30、中潮、釣果=アジ6・メイタ1・キス1・メバル2
・2009年切戸川河口、18:00~20:00、中潮、釣果=2人でカレイ1・キス13
・2011年東海岸通り、20:30~22:30、中潮、釣果=メバル3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第509夜 4月の過去5年間の釣果

2012-03-28 23:08:47 | 釣り情報

2012.03.28(水)

春ガレイ、春メバルのシーズンの気配が漂いだしました。
今夜は4月の過去5年間の釣果を記しておきます。

【2007年】
サーフ5回:ボウズ1・カレイ18・キス6・アイナメ5・タコ2・カサゴ1
浮釣り5回:メバル88・アジ12

【2008年】
サーフ5回:カレイ9・アイナメ4・ナマコ1
浮釣り1回:メバル3・アジ4
船釣り1回:アジ多数・カサゴ7・チヌ1・トラハゼ1

【2009年】
サーフ3回:カレイ9・アイナメ1・キス2・チヌ1
浮釣り3回:メバル24・アジ15

【2010年】
サーフ2回:アイナメ4・ソイ1・コチ1
浮釣り3回:メバル26・クジメ1・キス1
船釣り1回:40cmアジ4

【2011年】
サーフ5回:カレイ9・キス2・ハゼ3・タコ2・チヌ1・カサゴ1・ガンゾウビラメ1
浮釣り4回:メバル38

以上の釣果を見ての通り、’07年は別格として、メバルはまずまずの釣果だがカレイの釣果が悪い。’10年は釣行回数も少ないが、1枚も揚げていなかったんだ。今年はどうだろう、3月に入ってからボツボツ揚がり始めたのだが・・・。船釣りは2回しか行っていないが、半日やってあれじゃちょっと不漁だな。

釣行前は何時もわくわく感がある。それが時間の経過と共に失せて来るパターンが多い。ここ2~3年はそれが顕著である。年齢のせいか、釣れないせいか、恐らくその両方だろう。最近、大漁旗を揚げたことが無い。満足いく釣行が無いということだ。昔は弁当持ちで10時間釣行も苦にならなかったが、最近では長くやっても6時間が限度だ。数も揚がれば時間も気にならないが、釣れなければやはり飽きてくる。カレイは腰で釣れ(場替えせずにそこで粘れということ)と言われるが、6時間やって1枚じゃもたない。

さて今春はどうなるかな。楽しみ半分、駄目かなあ感半分かな。

【3月28日過去の釣行記録】
・2009年華西防波堤、18:45~21:30、大潮、釣果=メバル3
・2010年洲鼻港防波堤、09:30~13:30、中潮、釣果=ボウズ

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第500夜 3月の過去3年間の釣果

2012-03-07 22:25:04 | 釣り情報

2012.03.7(水)

最近はどうも釣果が思わしくないので3月の釣果を調べてみた。
今夜は3月の過去3年間の釣果を記しておく。

【2009年】
サーフ4回:カレイ10・アイナメ5・ナマコ5・キス1
浮釣り2回:メバル15

【2010年】
サーフ4回:ボウズ1・カレイ3・アイナメ2
浮釣り3回:メバル27・アジ3・セイゴ1・タナゴ1・クジメ1・アイナメ1・メイタ1

【2011年】
サーフ4回:ボウズ2・カレイ4・アイナメ1
浮釣り2回:メバル10

以上の釣果を見ての通り、’10年からカレイの釣果が悪い。釣行回数も少ないが、カレイだけでなく全体的に釣果は随分落ちた。因みに2008年はサーフ7回でボウズ1回、カレイ28、浮き釣り4回でメバル26である。これが2007年まで遡ると、サーフ7回でカレイ47、アイナメ10、浮き釣り4回でメバル69である。年々釣果は落ちるばかりである。

2008年までは家人に「またカレイ?」と言われたものだが、最近ではサイズを問わずカレイを釣って帰るだけで喜ばれる。特に今年は釣れない。潮のせいだけでは無いと思うが、水温のせいか、釣場が荒れたせいか、腕のせいか、釣行時間のせいか・・・恐らくカレイの数が減ったのだと思う。
今月は休日出勤が2回あるため釣行回数もままならない。どうせ釣れないのだからと聞こえてきそうだが、のんびり竿を出す時間が貴重なのだ。

話はちょっと反れますが、第146回芥川賞を受賞した田中慎弥氏の「共喰い」を遅ればせながら読了しました。本の題名が連想させる通りの内容でしたが、未成年の子供にはまだ読ませられません。最近の純文学、特に芥川賞受賞作はこのような内容の作品が多いですね。私は寧ろもう一篇収録されている作品の方が賞に相応しいように思う。著者の田中氏は山口県出身なので、文章の中に多く出てくる方言は良く解ります。他県の方が読むと非常に読み難いのではないかと思います。

この受賞作品の中の主人公は釣りをする。そしてもう一篇収録されている「第三紀層の魚」の主人公も釣り好きである。私は田中氏の作品はまだこの二篇しか読んでいないが、他の作品にも釣りが出てくるのだろうなと想像する。恐らく作者の田中氏自身も竿を片手に海に出ておられるのだろう。釣りに関して共感できるところが多い。皆様も是非一読なさることをお勧めします。

【3月7日過去の釣行記録】
・2009年笠戸本浦港防波堤、06:40~11:40、若潮、釣果=カレイ3・ナマコ3
・2010年第2埠頭東側、06:30~11:30、小潮、釣果=カレイ1

【この日の釣り情報】
・2007年中電西岸壁、09:00~15:00、中潮、釣果=カレイ1R7・アイナメ2・ハゼ3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第481夜 釣り得々情報1

2012-01-17 23:12:13 | 釣り情報

2012.1.17(火)

今夜は海釣りに関するお得な情報を提供!


昨年、私が釣った「マコガレイ」
その1、平成23年8月20日に笠戸島はなぐり海岸でマコガレイの7~8cm稚魚を5,000匹放流。1年で15~20cmに成長するとのこと。24年~25年にかけての冬が楽しみであるが、何匹生き残るのかな。刺身、煮付、空揚げが美味。


昨年、私が釣った「コウイカ」
その2、笠戸落港、9月~12月にかけてコウイカが良い。老人曰く、シーズン中に毎年200~300杯揚げるとのこと。8月からアオリイカも揚がる。刺身が美味。


昨年、私が釣った幻の高級魚「キジハタ」
その3、山口県外海第2栽培漁業センター(阿武町)で平成24年夏頃、幻の高級魚と呼ばれる白身魚、キジハタ(アコウ、アカミズ)の成魚を県漁協などに販売して海に放流するとのことだ。刺身や酒蒸し、空揚げなど美味。

【1月17日過去の釣行記録】
・2009年第2埠頭東側、06:45~12:30、小潮、釣果=アイナメ1・タコ2・ハゼ1
・2010年第2埠頭東側、06:35~12:30、中潮、釣果=カレイ4・アイナメ1・イイダコ1・ハゼ2・キス1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加