千一夜第2章第831夜 稲刈り

2014-09-28 19:51:57 | 百姓仕事

2014.09.28(日)

黄金の国ジバングである。今年も収穫の時季になった。今年は台風の上陸も無く、稲は順調に育ったかに思えたが、一部分ウンカの被害に合った。ウンカにやられた稲はものの見事に枯れている。これまで見たことが無かったので吃驚したが、今年はこの被害が多いとのことだった。そのため今年は例年より2週間程度早い刈り取りとなった。この地域では我が家の収穫は比較的遅い方だったが、今年は早々とやることになった。秋晴れの好天気に恵まれて良かった。

さて、作業開始だが、まずは畔回りを手作業で刈り取る。コンバインでは刈り取れない部分である。例年、コンバインで刈り取れない所には苗を植えるのを止めようと言うのだが、苗が余るので何時の間にか母が植えている。畔回りを植えただけでも籾袋4つ程度は収穫がある。次は機械が入る場所を手作業で刈り取る。コンバインの方向転換が出来る程度のスペースは刈り取らなければならない。最近では、田植えが終わった後の他所の田圃を見ると、機械が入る場所を始めから植えていない所が多い。来年は植えるのを止めようと毎年同じことを言っているのだが・・・何時の間にやら・・・。

モーゼの十戒じゃないが、刈り取った後にはロードが出来る。ここをゆっくり歩くのが気持ち良い。 多くの鳩が隣家の屋根の上に止まってこちらを窺っている。人気が無くなると舞い降りて来るのだろう。

今年は梅雨入り頃から雨が多く、本格的な夏日が少なかった。そのため稲の実りはあまり良くない。数日前にも雨が降ったので、田圃には水が溜まっている所もあり、濡れた藁がコンバインに詰まるため高速での刈り取りは出来ない。スロースピードで弟と代わる代わるコンバインに乗って稲を刈り取る。ビールを片手に仕事が出来るのはこの時くらいのものだ。田圃だから道交法の適用も無く、飲酒運転でも構わないだろう。

下の田圃を刈り終ったのが12時30分頃、予定を少しオーバーしているが機械トラブルが無かったのでほぼ順調だ。機械を休めることなく弟と交代で刈り続ける。勿論、甥たちもフル稼働だ。

コンバインで収穫した籾を弟の次男と友人2人(アルバイト)が運んでくれる。我々にとってはこれが一番の重労働なのだが、甥たちは筋トレだと言ってトップカー(キャリーカー)も使わず両手で抱きかかえて運んで来る。最終的に70袋あったが、子供らが全部運んでくれた。ヘルニア持ちの私としては楽をさせてもらった。しかし籾袋70と言うのは近年に無く少ない。例年なら90袋前後あるのだが・・・・。写真は事前に刈り取ってあった畔回りの稲穂を脱穀しているところ。

ほぼ予想通りの15時半頃に刈り終った。この後、コンバインやトップカーの掃除をする。泥も固まるとなかなか取れなくなる。

我が家の田圃の周りは、西と北が民家、南と東は会社に囲まれているので、稲刈りなどの作業をする時には事前に知らせておく。風に因っては藁ゴミが家屋まで飛んで行くので、民家の洗濯物などは要注意である。東側の会社は車のディーラーなので、新車が汚れてしまうが、納車時には改めてコーティングなどするので特段の影響は無いように思う。しかし、何はともあれ、周辺に迷惑をおかけします。

田圃にはカエルやバッタなどが大量に居る。何処で見ているのか、刈り終ると直ぐにシラサギやハト、カラスが飛んで来て、カエルなどを食べる。

【9月28日過去の釣行記録】
・2008年第2埠頭西側、14:10~16:20、大潮、釣果=キス10・チダイの子6

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦9月5日釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第731夜 稲刈り終了

2013-10-13 21:32:55 | 百姓仕事

2013.10.13(日)

黄金の国ジバングである。今年も収穫の時季になった。今年は台風の上陸も無く、稲は順調に育ったようだ。この地域では我が家の収穫は比較的遅い方になる。勿論、植えるのも遅いのだから刈り取りも遅くなる。既に刈り終った人に聞くと、今年は例年に無く豊作だったとのことだ。秋晴れの好天気になって良かった。

まずは畔回りを手作業で刈り取る。コンバインでは刈り取れない部分である。例年、コンバインで刈り取れない所には苗を植えるのを止めようと言うのだが、苗が余るので何時の間にか母が植えている。畔回りを植えただけでも籾袋4つ程度は収穫がある。次は機械が入る場所を手作業で刈り取る。コンバインの方向転換が出来る程度のスペースは刈り取らなければならない。最近では、田植えが終わった後の他所の田圃を見ると、機械が入る場所を始めから植えていない所が多い。

機庫には田植え機、コンバイン、トラクターなどが入っている。減価償却が終わる前には買い替えるので、得なのか損なのか良く解らない。償却が終わってからが儲けのような気がするのだが・・・。と言うよりも、そこまで機械が持たないせいかも知れないし、農機具屋さんのセールスが上手いせいかも知れない。

8時半頃から始めたが、最初にトラブル発生。稲を刈り取っても籾が袋に入らないのだ。直ぐに農機具屋さんにTEL.するが、既に他の田圃に出かけていたので、我が家の田圃に到着したのは9時半を回っていた。農機具屋さんがコンバインを見ると直ぐに直った。コンバインの底の籾を吸い上げる蓋が開いていたとのことだ。弟に言わせると、JAの人が整備してくれた時に底蓋を閉じるのを忘れたのだろうとのこと。

2日前に雨が降ったので、田圃は水が溜まっている所もあり、濡れた藁がコンバインに詰まるため高速での刈り取りは出来ない。スロースピードで弟と代わる代わるコンバインに乗って稲を刈り取る。それでも数回、藁を詰まらせて作業が中断した。ビールを片手に仕事が出来るのはこの時くらいのものだ。田圃だから道交法の適用も無く、飲酒運転でも構わないだろう。

稲穂の下の部分が濡れていることもあり、農作業は思うように捗らない。全体の2割程度が済んだのが11時を回っていた。夕方、ライスセンターに籾を取りに来てもらうのだが間に合うかどうか心配になる。

コンバインで収穫した籾を弟の子供2人が運んでくれる。我々にとってはこれが一番の重労働なのだが、甥たちは筋トレだと言ってトップカー(キャリーカー)も使わず両手で抱きかかえて運んで来る。最長100m以上の距離があるだろうと思う。最終的に87袋あったが、2人で全部運んでくれた。甥の長男の方は広島に就職しているが、稲刈りのためにわざわざ帰省してきてくれた。感謝、感謝である。

上の田圃を刈り終ったのが既に14時前、何時もなら下の田圃を半分くらい刈り終っている。2時間程度の遅れだ。機械を休めることなく弟と交代で刈り続ける。勿論、甥たちもフル稼働だ。女性陣は畔回りの稲穂の刈り取りや藁を田圃に均等に蒔いたりしている。

田圃にはカエルやバッタなどが大量に居る。何処で見ているのか、刈り終ると直ぐにシラサギやハト、カラスが飛んで来て、カエルなどを食べる。

下の田圃を刈り始める。時間も経っているので上の田圃ほど地面は濡れていない。早く作業しても3時間は十分に掛かるが、暗くなる前に終わらせたいものだ。幸い、籾を取りに来るのが少し遅くなると連絡があった。18時頃までには何とか来るとのことだから、こちらにしてみれば丁度良い塩梅である。

ほぼ予想通りの17時半頃に刈り終った。この後、コンバインやトップカーの掃除をする。泥も固まるとなかなか取れなくなる。

我が家の田圃の周りは、西と北が民家、南と東は会社に囲まれているので、稲刈りなどの作業をする時には事前に知らせておく。風に因っては藁ゴミが家屋まで飛んで行くので、民家の洗濯物などは要注意である。東側の会社は車のディーラーなので、新車が汚れてしまうが、納車時には改めてコーティングなどするので特段の影響は無いように思う。しかし、何はともあれ、周辺に迷惑をおかけします。

【10月13日過去の釣行記録】
・2006年日石前防波堤、20:45~22:30、小潮、釣果=アオリイカ1・マダコ1
・2006年第2埠頭南端西側、22:40~00:00、小潮、釣果=アオリイカボウズ
・2007年華西防波堤南端、19:15~23:00、中潮、釣果=アジ10

【この日の釣り情報】
・2005年第1埠頭西側、夜、若潮、釣果=メバル3

【旧暦9月9日釣行記録】
・2010年10月16日、櫛ヶ浜港防波堤、17:40~22:50、小潮、釣果=メバル2・アジ7

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第680夜 ’13御田植え祭

2013-06-08 21:55:55 | 百姓仕事

2013.06.08(土)

  

5月25日(土)に代掻きの準備、手作業で田圃に肥料を撒き、その後で父と交代で鋤いた。4反近くの田圃を耕し終わった後、用水路に堰を作って水を入れ始めた。流れてくる水の量が少ないので、田圃全面に水が当たるのには数日掛かるだろうと父は言う。
この時点での田植えの予定日は6月8日、9日、それまでに代掻きもしなければならない。

    

6月に入ってから父が代掻きをしたようだ。上の田圃(中央の写真左側)は水が少なく、下の田圃(同右側)は水が多過ぎる。上の田圃は田植えをするのに丁度良いが、下の田圃は水が多すぎるので水を抜かなければならない。水を抜くのは良いが肥料も流れるのでちょっと勿体無い。

苗の準備も万全、乾かないように水やりも欠かせない。

弟と2人交代で田植え機に乗り、田植えをしていく。上の田圃だがもうちょっと水があっても良かったかな。
スタート時には田植え機のキャブレターが詰まっていてエンジンがかからなかった。三菱農機の人を呼んで直してもらった。作業が終わった後にはガソリンを抜いておかなければならないが、前回抜くのを忘れていたらしい。軽油の場合は作業後、逆に満タンにしておかなければならない。機械によってガソリンと軽油と入れるものが違うので要注意だ。田植え機、トラクター、コンバイン、キャリーカーなどそれぞれ油の種類を覚えておかなければ解らなくなる。

機械が動き出してからは順調そのもの。機械のトラブルが無いのが一番だ。

苗を植えた後は苗箱の掃除も大切な仕事だ。苗箱に着いた苗の根を綺麗に取り除く。これはJAからの借り物なので、綺麗にして後で返しに行かなければならない。

田植えは朝9時頃から始めて、昼食の時間を含めても14時30分頃には終わった。4反弱の田圃に苗を植え尽くしたが、後は除草剤を撒いて、8月頃に防虫剤を2度撒くくらいかな。それと台風被害が少ないことを祈るのみだ。

機庫の前の田圃を少し埋めてコンクリートを張ったので、農作業の準備などは楽になった。テニスは無理だがバスケットの試合くらいはできるスペースがあるので、大抵のことはここで出来る。

田植えが終わった後は田植え機も泥を落として綺麗に洗っておく。年に1度か2度しか使わないが、10年使っても20回動かさない。減価償却しても何だか元が取れないような気がする。我が家程度の百姓では、機械代や肥料代なんかで損失の方が多いが、国家の根幹の部分の仕事をしていると思えばそれも致し方無しだ。今は足腰が痛くて敵わない。

【6月8日過去の釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦4月30日釣行記録】
・2005年6月6日、第2埠頭中電前、07:30~19:30、大潮、釣果=キス12・アイナメ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第585夜 黄金の国

2012-10-13 17:18:58 | 百姓仕事

2012.10.13(土)


黄金の国、ジバング。
我が家の稲刈りの日であるが、殆どの所は終わっているようだ。田植えを終えたのが遅かったこともあるが、今年は私の入院や弟の都合などが重なり1週間遅れの稲刈りとなった。

 


さあ、いよいよ稲刈りの開始だ。田圃のコーナーはコンバインが回るので、手作業で稲を刈り取らなければならないが、今年は畦周りを手で刈らなくても良いようにと、田植えの時に畦からの間隔を少し大目に取った積もりだったが、今少し間隔が足らなかった。今年も手で刈り取る羽目になった。ヘルニア持ちの私としてはこれが辛いんだなあ。


私はまだリハビリ中なので、弟には申し訳ないが、今年は殆どコンバインに乗ってもらった。私は予定外の畦周りの稲を刈ったり、ビールを飲んだりでそれはそれで忙しかった。


今年は私の体調不良もあり、甥とその友人が大活躍してくれた。コンバインで収穫した米を、この2人の高校生が殆ど全部運んでくれた。これは力仕事だが、やはり若いと違う。元気一杯で軽々と運んで行く。終わった後、彼らはシャワーを浴びて遊びに出掛けた。私はぐったりして横になっているが、私も若い頃はこんなだったのかなあと思うが想い出せない。


今日の終了予定は17時だったが、農機具のトラブルも無く大幅に時短でき、15時頃刈り終わった。バイトの高校生の活躍も見逃せない。収穫したお米は、まず乾燥させるためにライスセンターに出すのだが、2時間も早まったことを連絡した。


刈り終わった後は、数十羽のハトやサギ、小鳥たちの餌場となる。

【10月13日過去の釣行記録】
・2006年日石前岸壁、20:45~22:30、小潮、釣果=アオリイカ1
・2006年第2埠頭南端西側、22:40~00:00、小潮、釣果=ボウズ
・2007年華西防波堤南端、19:15~23:00、中潮、釣果=アジ10

【この日の釣り情報】
・2005年第1埠頭西側、夜、若潮、釣果=メバル3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第540夜 ’12田植え

2012-06-09 18:17:11 | 百姓仕事

2012.06.9(土)


さあ、今日は田植えだ。今日明日は天気も良いようなので、何とか田植えに間に合った。昨日、山口県も入梅し1日中雨だったせいで、田圃の水が多すぎて抜くのに時間が掛かった。


田植え開始は1時間半遅れの9時30分からとなったが、田植え機の調子さえ良ければ今日中に終わる予定だ。水遣りが大変だったが、苗も順調に育っている。


上下2枚4反の田圃を親子3人交代で植える。まずは83翁の親父が田植え機に乗る。親父は農機具に乗るのが好きで、好きなものを取り上げると不機嫌になるので好きにさせている。この2面を植え終わったのが14時過ぎだったが、苗が抜けている所や埋まっていない所などを手作業で植えて歩くのが16時頃まで掛かった。

終盤、苗が足らなくなりそうだったので、光市の叔母の家まで頂きに行く。序でに、こおり餅(おかきになる前の餅)やダイコン、キュウリなどの野菜類をダンボール箱一杯くれた。帰り際、メバルが食べたいと叔母がボソッと言う。解かりましたと最敬礼して帰ったが、はてさて今夜出かけて見るか。

【6月9日過去の釣行記録】
・2005年第2埠頭中電前、17:15~19:00、大潮、釣果=アイナメ1・キス7・ギンガメ1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:30~00:15、小潮、釣果=メバル6・チヌ3・シマイサキ3・タナゴ1・ワタリガニ1

【この日の釣り情報】
・2009年東海岸通り、20:30~23:00、大潮、釣果=メバル13
・2010年切戸川河口、19:00~21:00、中潮、釣果=キス15

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第491夜 田圃鋤き

2012-02-12 16:45:51 | 百姓仕事

2012.02.12(日)

今日は田圃を耕した。


まずは、田圃北側の宅地に接している場所を鍬で耕す。正確には耕すと言うよりは、草を根こそぎ取ると言った方が良いだろう。田舎の田圃で言えば畦作りのようなものである。実はこの作業が一番きつい。機械で出来ないので手作業である。一辺が100m以上あると思うので、一辺だけでも気が遠くなる。朝から家族4人で、この100mラインを4本、50mラインを4本耕す。


田圃周りを鍬で耕した後。下の町を私がトラクターで耕した。耕した跡は冬だというのに田圃の土は柔らかくふわふわで気持ちが良い。小鳥たちが集まって来て餌を啄ばんでいた。
この田圃が平成13年の『新嘗祭上納献穀田』である。奉耕者は父であるが、官公庁(県、市、警察など)をはじめ、地元の農協など沢山の人びとの協力を得て成し遂げた。


下の町を私がトラクターで耕し終えると、83歳の親父がトラクターに乗り込み上の町を耕し始めた。親父はトラクターに乗るのが好きなのである。この後に弟が帰ってきたので親父と代わった。私は最初に鍬で耕したのが腰にきて痛くて仕方ないので先に帰ったが、親父は最後まで居たようだ。

百姓はしんどいが、土に触れるのは嫌いではない。

【2月12日過去の釣行記録】
・2000年奈切大気暴露試験場前、昼間、小潮、釣果=ボウズ
・2005年小踏日新製鋼波止場、09:50~16:20、中潮、釣果=カレイ1・アイナメ1
・2006年大島庄の浦、08:30~15:45、大潮、釣果=3人でカレイ8・アイナメ1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:40~23:00、長潮、釣果=メバル3
・2011年櫛ヶ浜港旧防波堤、19:00~23:10、長潮、釣果=メバル7・クジメ1・ナマコ1

【この日の釣り情報】
・2006年笠戸寺崎、夜、大潮、釣果=メバル12
・2006年第2埠頭西側、昼間、大潮、釣果=カレイ3

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第372夜 田植え完了

2011-06-04 20:22:50 | 百姓仕事

2011.6.4(土)


朝8時、いざ出陣だ~。始めは弟から。しかしエンジンの音がおかしい。後で農機具屋さんに来てもらったのだが、燃料詰まり、キャブレターの掃除をすれば直るそうだ。今日はそのまま最後までやれそうなので、明日、農機具屋さんが掃除をしてくださるそうだ。年に1回しか使わないのだが、使い終わったらガソリンを抜いておくのに・・・。


まずは写真左手の上の田圃から植える。田植機は不調だが田植えに支障はなさそうだ。弟と1時間交代で開始だ。


苗床の箱の掃除(苗は田植機に乗っている)、苗の根は事前に取り除いているので泥が付いた箱だけを用水路で綺麗に洗う。このあと、この箱を農協に返しに行く。


田植えは殆ど終わった。後は枕と呼ぶところの両端を植えるだけである。

しかしここまでは機械仕事である。この後、手作業が待っている。この手作業を手抜きすることも出来るのだが、我が家ではそうはいかないのだ。その手作業とは、植えた後の苗を見て回り、植え残しの箇所や植えた苗の本数が少ない箇所に苗を手で植えていく。この作業で腰が痛くなるし、筋肉痛にもなるのだ。

今は身体中が痛いので寝転んでPCに向っている。

【6月4日過去の釣行記録】
・2006年笠戸本浦港防波堤、07:00~16:40、小潮、釣果=カレイ18・キス5・ヒラメ1・カナガシラ1・メバル1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、20:30~23:50、中潮、釣果=メバル19・シマイサキ1
・2008年東海岸通り、19:40~22:30、大潮、釣果=メバル5(24.5cm)・セイゴ1・アジ10

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第371夜 代掻き完了

2011-06-03 22:05:04 | 百姓仕事

2011.6.3(金)


6月2日、水不足のため三分の一程度しか代掻きが出来なかった。


2日は右側の田圃のみ代掻きをした。

先週末が雨に祟られたために田植えの準備が大幅に遅れてしまった。田植えは4日、5日の予定であるが、2日時点ではまだ代掻きも終えていない状態だった。そのため、昨日は弟が朝から会社を休んで代掻きをする予定だったが、何と前夜あった水が干上がっていたために夕方からの代掻きとなった。私も15時過ぎに会社から帰って一緒にやったのだが、三分の一しか出来なかった。

今朝は左側の田圃も水が満杯になっていた。今日は私も弟も仕事が休めないので、親父が代掻きをやったようだ。これで何とか明日は田植えが出来そうである。この一大イベントを終えると暫くは農閑期となる。あとは梅雨でしっかり雨が降ってくれれば良い。後は刈り入れまでに2~3回ほど肥料や除草剤を撒いたり草取りをする程度のことである。

【6月3日過去の釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第363夜 田植え準備

2011-05-18 21:53:48 | 百姓仕事

2011.5.18(水)

いよいよ田植えシーズンとなってきた。早い所だと5月の始め頃から田植えをしているが、我が家の田植えは晩稲の苗を植えるので、シーズン最後の田植えとなる。従って刈り取る(抜穂)のも最後になる。

今週末には田圃に肥料を撒き、直ぐに耕運機で耕す。耕すのを2回ほどやり、次週は代掻き、これが骨が折れるんだなあ。広い田圃なので凹凸が出来る。特に田圃のコーナーに泥が寄り易いので、この泥を内側に寄せていかなければならない。我が家の田圃は中間辺りにも高低差があるが、これを直すのは既に諦めている。例年のことではあるが、しんどい時季である。そして6月4日、5日が田植えの予定である。

この田植えシーズン期間の楽しみは特段のものは無いが、昼食に皆でバーベキューをするくらいのものだ。この時ばかりは肉や野菜、魚介類など少々贅沢な食材を使う。

この期間だけは思うように釣行は出来ないが、出来れば夜のメバル釣行は果たしたい。船釣りも出来そうも無いので、Mちゃん、私はメンバーから外しておいてください。

【5月18日過去の釣行記録】
・2008年東海岸通り、18:00~21:50、大潮、釣果=メバル1・アジ1

【この日の釣り情報】
・2006年笠戸洲鼻、夜、中潮、釣果=25cm級アジ、チヌも良い

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第240夜 稲刈り終了

2010-10-11 21:43:28 | 百姓仕事

2010.10.3(日)体育の日


一昨日は一日中雨、昨日は天気になったが、今朝の田圃はまだ水が残っている。田圃用の長靴もズボズボ嵌まり込む。しかし今日は稲刈りを済まさなければならない。
今日は弟の高1の長男も手伝ってくれるようだ。
さあ、稲刈りの開始だ。


たわわに実った稲。平年並みの出来だ。


まずは弟から作業開始。この後、交代で稲刈りをする。弟の長男も今日初めてコンバインの操作をする。初めてにしては上出来だった。


半分終えるのが13時の予定だったが、30分早く終わった。昼食を挟んで午後から残りの半分に取り掛かる。


16時、やっと終わったぞ、今年は大したトラブルも無く早く終わった。
この時既に、収穫した米(籾)を業者が取りに来て、トラックに積み終えていた。最後の3袋をトップカーで運んで業者に渡したところだ。何時もは夕まずめ近くに来る業者が、例年に無く早く来てくれたのでこちらも大助かりだった。

【10月11日過去の釣行記録】
・2007年櫛ヶ浜港新防波堤、19:00~22:20、大潮、釣果=アジ15・シマイサキ1

【この日の釣り情報】
・1993年池の浦港、10:00~16:00、若潮、釣果=30cm超カレイ3・40cmチヌ2・30cm 超バリ3
・2007年晴海埠頭、12:20~13:00、大潮、釣果=25cmキス3
・2007年洲鼻、夜、大潮、釣果=23cmメバル・24cmアジ・20cmアオリイカ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第174夜 田植えマニュアル5

2010-06-19 19:01:16 | 百姓仕事

2010.6.19(土)


今回は草枯らしを私が4反の大半を撒いた。弟は所用があり最後の少しだけをやる。彼は裸足で水田を歩いているが、私は水田用の長靴を履いてやったので疲労度は数倍である。またまた筋肉痛だ。

今日は田植えの後(2週間後)の2回目の草枯らしを撒いた。最初の草枯らしは田植え直後の2~3日目に液体の草枯らしを撒く。これは我が家の女性たちがやる。2回目の今回は固体(粒状)の草枯らしである。タンクに粒状の草枯らしを入れて、ベルトの付いたタンクを胸の前に抱えてハンドルを回しながらパラパラと撒いて歩くのだ。4反程度撒いて歩くのだが、これがなかなか疲れる作業である。電動式のタンクもあるのだが、これがちょっと調子が悪いので手動でハンドルを回す方のタンクでやる。
夏の暑い盛りにウンカが湧くようだと害虫駆除剤を撒かなければならない。

我が家の植えた苗だとおよそ8月20日頃に穂が出てくる。2ヶ月半程度であるが、これは品種によって穂の出る時期が違う。この穂が出る40日前、およそ7月10日頃に一度水を排出して1週間くらいそのままにしておく。田圃の土にひび割れが出てくるくらいが良いのだが、この間に稲の根をしっかり張らすのである。その後はまた水を引き入れて、たまに排出させることを繰り返す。あまり永く水を入れたままだと、田圃にガスが溜まるので良くない。10月の稲刈り直前までこの作業が続くのだが、要は水の管理だけである。

あっ、それから、幾ら草枯らしを撒いても草が生えないということは無い。上流から引き込む水に混じって種も入って来るし、風に乗って遣って来るものもある。大体、稲穂が股下くらい伸びた頃に1度草取りをする。

後は天候次第で米のできの良し悪しが決まる。冷夏や台風の影響などいろいろの気象条件があるが、大した災害も無ければ豊作となるわけだ。秋の収穫が楽しみである。

【6月19日過去の釣行記録】
・2007年室積普賢寺前波止場、19:30~20:20、中潮、エギング、釣果=アオリイカ1・マダコ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  日記@BlogRanking

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第166夜 田植えマニュアル4

2010-06-05 19:06:58 | 百姓仕事

2010.6.5(土)


さあ、田植え開始だ。


上の田圃から始める。まずは親父が5往復くらいやる。次は弟である。


下の田圃は私の受け持ちだが・・・真っ直ぐに植えるのはなかなか難しい。何時も途中で蛇行してしまう。一つには水が多くて田植機が引くラインが見えなくなるのが原因である。それから、片道の距離がかなりあるので目測も狂ってしまうこともある。毎年、今年こそは芸術的にと思うのだが・・・今年もまた・・・


田植えの作業中に、使い終わった苗床に絡んでいる根を取り除き、1枚1枚綺麗に洗って乾かせておかなければならない。この苗床はJAからの借り物なので田植え終了後に軽トラで返却に行く。


8分方終わった頃、後は田圃の枕の部分を植えて終了となる。


上下の田圃の植え付け終了。5人掛かりで8時30分から15時過ぎまで約7時間の作業である。田植えを行うときは水を少なくしてやるので、この後からは逆に水を引き込まなくてはならない。今日は殆どの農家が一斉に田植えをしているので、平野部の下流の我が家の田圃までなかなか水が回って来ない。少しずつではあるが水を溜めていくしかない。

機械作業での田植えは割りと簡単に終わるのだが、実はこの後の方が大変なのである。苗が上手く埋まっていないところや、植え付けが出来ていないところを手作業で植えていかなければならない。腰痛持ちの私としては非常に苦痛な作業なのである。

お陰で今は横たわっているのだが、明日は末娘の送迎を仰せつかっているので釣行ならず。従って、今から出掛けようかと思案中である。

【6月5日過去の釣行記録】
・1997年日立岸壁前、夜船釣り、雷雨、竿尻で感電、釣果=チヌ2

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第164夜 田植えマニュアル3

2010-06-02 20:00:06 | 百姓仕事

2010.6.2(水)

今日は国家の根幹たる部分の仕事なので、会社には有休休暇を出す。


さあ代掻き開始だ。
上の田圃は親父がやると言う。下の広い田圃の方は私の受け持ちとなった。


少し雲っていて朝方は寒い。親父はもう直ぐ82歳、元気だ。


ロープで棒の両端を結んでトラクターの後ろに括り付ける。柔らかくなっている泥をもう1度掻き混ぜながら、この棒をゆっくりと引っ張って行き泥面を平らにしていく。これが代掻きなるもの。代掻きを終えて漸く田植えとなる。

我が家の予定では6月5日、6日を田植えの予定にしている。代掻きを終えて1週間程度、泥を寝かせておくと良いのだが、天候不順等により予定通りいかなかったので3日目での代掻きとなる。

代掻きを終えた後もいろいろやることがある。まずトラクターに付いた泥を洗い流す。時間が経ち過ぎると泥が固まってなかなか取れなくなる。跳ね返る水を全身に浴びながら素早くこなす。次にトラクターを田圃に入れる時に使うアルミ製の梯子、これも泥だらけなので水で泥を洗い流す。

そうそう、一番大事なことを書き忘れるところだった。田圃に水を一杯に張っていても一晩で引いてしまう。その為、代掻きをしながらで良いのだが、水を引き込みながらやらなくてはならない。写真の田圃は水が少な過ぎるので、代掻きが終わった頃には水が一杯になっていた。百姓は水の管理が大変なのだ。田植えの時には水が多過ぎると植え難いので、ここら辺りの調整が難しいところである。

【6月2日過去の釣行記録】
・2006年切戸川河口、20:30~00:20、小潮、釣果=キス5・アナゴ1
・2007年第1埠頭、07:30~10:30、大潮、釣果=カレイ2・キス15
・2007年華西防波堤、19:00~23:00、大潮、釣果=メバル5・カレイ1・キビレ1

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第162夜 田植えマニュアル2

2010-05-30 18:56:12 | 百姓仕事

2010.5.30(日)


一晩水を引いてすっかり水田となった。上の田圃(右側)は丁度良い具合に水が入ったが、下の田圃は少し水が溜まり過ぎた。肥料を撒いているので水を抜くわけにもいかず、自然蒸発を祈る。
四隅のコーナーに泥が溜まり過ぎているので、トラクターの後ろに付いている泥掻きを逆回転させて泥を内側に寄せなければならない。


左側が上の田圃で、荒掻きが終わったところ。9時30分から12時まで掛かった。トラクターの機能で一番遅い速度で、そして一番遅い回転数で浅めにゆっくりと荒掻きする。
田圃の手前の倉庫の中で皆で昼食を摂ってから下の田圃に取り掛かる。下の田圃の方が広いので13時から始めても16時までは掛るだろう。


弟と交代で荒掻きをする(下の田圃)。


荒掻き終了、この後6月2日に代掻きをする予定。本来なら荒掻き後1週間程度経ってから代掻きをするのが理想であるが、天候不順などの理由で延び延びとなってしまったので日数が足らなくなった。その代わり、荒掻きを時間を掛けて丁寧にやった。下の田圃は水が溜まり過ぎたので少し水が引いてくれれば良いが・・・雨が降らないことを祈る。

【5月30日過去の釣行記録】
・1998年宇部、07:00~16:00、船釣り、釣果=アジ大漁
・2007年日石防波堤、19:40~22:50、大潮、エギング、釣果=アオリイカボウズ
・2009年櫛ヶ浜港防波堤、20:00~22:40、小潮、釣果=メバル8・キス1

【この日の釣り情報】
・2006年切戸川河口、夜、中潮、釣果=カレイ11

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第161夜 田植えマニュアル1

2010-05-29 14:14:11 | 百姓仕事

2010.5.29(土)


昨日、上の田圃は親父が済ませていたので、今日は9時から下の田圃に肥料撒きを始める。


肥料を撒いた後、ビール片手に弟と交代で田圃を耕す。丁度12時頃に終了した。


田圃を耕した後は水を当てなければならない。用水路を塞いで水を引き込む。上の田圃と下の田圃4反に水を張るのに一晩かかるだろう。明日は水を張った後、もう一度荒掻きをする。予定では6月2日に会社を休んで代掻きをすることにしている。国家の根幹の部分の仕事なので会社を休むのは仕方ないことだと思う。


早苗の準備も万端。2時間おきくらいに水を撒いてやらなければならない。田植えの予定は6月5日、6日両日を予定しているが、出来れば1日で済ませたい。

【5月29日過去の釣行記録】
・この日の釣行記録はありません。

【この日の釣り情報】
・2006年大島庄の浦港、昼間、中潮、釣果=カレイ1・グチ1・キスなど

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加