千一夜第3章第52夜 青島メバル釣行 後編

2017-07-17 17:41:48 | 浮釣り

2017.07.17(月) 海の日

通しで一緒だったG氏、16日5時過ぎには納竿する。
朝まず目も終わった5時25分、G氏のメバル、お疲れ様でした。

私のメバル。23~4cmのものがかなり揚がった。

G氏のクーラー。メバルのサイズも数も私とほぼ同じ。呑んだり食ったりの休憩もかなり取ったが、竿を出せばコンスタントに釣れる状態で、G氏に言わせればこんな入食い状態のことは滅多に無いとのことだった。サイズも23cm前後のものが結構揃っておりまずまず。昔は尺メバルが釣れるということで有名な釣り場だったが、最近では尺クラスにはなかなかお目に掛かれないらしい。しかし、これだけ釣れれば言うことなしである。

仕掛けのトラブルや休憩時間等の時間をかなり要したが、コンスタントな釣りが出来ればこの倍近くの釣果も可能だったろう。しかし数的には多すぎるくらいでここら辺で打ち止めが丁度良いだろう。あとで、メンバー達全員が釣果には大満足の表明をしていた。大きい潮より小潮くらいの方が良いねとの声もかなり上がっていた。

我々は5時半頃には納竿し、迎えの船に荷物を積み込む準備をする。

向かいの岩場の釣友Tも帰りの準備は済んだようだ。

迎えの約束時間6時30分には少し早いが、6時過ぎに迎えに来た。

大水無瀬や小水無瀬の釣り人は既に乗船していたので、あとは青島の釣り人10人を各釣り場に迎えに行く。

どの釣り人もクーラーは重そうだった。

6時過ぎ、帰港中の釣り人たちは疲れてはいるもののまだまだ元気である。瀬渡し船は高速なので船の揺れに眠気も誘われ、それもまた心地よい。私はと言えば、体中のあちこちが痛く、このぶんだと筋肉痛や腰痛に1週間は悩まされそうだ。

6時48分、港が見えてきた。

6時50分、全員無事に帰港。船に積み込んだ荷物を全員で下ろす。

8時30分頃。集合場所の地元の釣具店に帰る。

8時50分ころまでに表彰式を済ませ散会。お疲れ様でした。

下松磯釣りクラブ大会成績(最大寸)
第1位T氏(クロ36.0cm) 第2位HS氏(メバル27cm) ダイ3位HY氏(メバル26.2cm)

釣友Tの釣果。膝元のクロが今回、最大寸で優勝。メバルは私のものと大差なし。

私の釣果。メバル44尾、アジ24尾である。

型の良いアジも多く揚がった。血液サラサラになるので、夏場は特に青魚を摂った方が良い。

釣行日:7月15日(土)~16日(日)
旧暦:閏5月22日~23日
場所:青島(愛媛県大洲市)
時間:15日18:00~16日05:10
天候:曇りのち晴れ
風  :弱風
月齢:21.0
潮  :15日 小潮 干潮18:45潮位89cm 
   :16日 小潮 満潮01:14潮位298cm 干潮07:38潮位113cm (大畠の潮)
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:メバル44(20~24cm)・アジ24(最大30cm)
釣友:G=私と同程度

船釣りは別として、瀬渡しで渡っての釣行でクーラー一杯釣ったのは初めてのこと。帰宅後、数時間は寝たが孫の来訪で起こされる。取り敢えず冷蔵庫に保存していたメバルを処分しなければならないが、寝不足と体中が痛むのとで外出は不可能、まだ新しいのでアジも臭みは無いはず、親戚、知人などを呼び寄せて持って帰ってもらった。

今日(17日)は、我が家のプール開き。ビニール製の大きめのプールに朝から水を張って置く。水も少し時間を置いておかないと冷た過ぎるようだ。娘の同級生が2歳前後の子供を連れて来ての水浴びだが、おやつを食べる時間の方が遥に長かったようだ。

【7月17日過去の釣行記録】
・2009年笠戸本浦港防波堤、06:50~14:15、小潮、釣果=カレイ14・キス12

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません

【旧暦閏5月2日釣行記録】
・この日の釣行記録はありません

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第51夜 青島メバル釣行 前篇

2017-07-16 21:08:47 | 浮釣り

2017.07.16(日)

今回で2度目の青島(愛媛県)釣行である。TVでもお馴染みのダッシュ島の近くである。数年前、初めて行った時には大した釣果では無かった記憶がある。1年ぶりに瀬渡しで岩場での釣行である。サーフや船釣りでの12時間超の釣行はザラ(まだ若い頃のこと)であるが、岩場での釣行は疲れも倍加する。一番の問題は体力と言うよりも足腰が持つかどうかである。15日の16時出発で明朝6時30分に迎えに来る予定である。

山口県大島郡片添ヶ浜海水浴場。日本のハワイと言われているらしい。この左隣に港があり、ここから瀬渡し船が出る。瀬渡し船はNAKAOの「幸神丸」(一番手前)。この船で青島まで約40分、高速船である。因みに渡し賃は5,500円とちょっと高い。

今回のメンバーは下松磯釣りクラブの大会で、参加者は6名、私は会員ではないが時々同行させてもらっている。因みにクラブは今年が結成50周年にあたるとのことで、現在の会員数は20名弱のようだ。クラブで鍛えた百戦錬磨の猛者どもに混じっての釣行(私の基本スタイルは投げ釣り)である。

16時前、いざ出発!乗船者は17名で、青島の手前の大水無瀬で4人、小水無瀬で3人が降り、青島へは我々のメンバーを含め10名が上陸する。

左が今回一緒の岩場に上がるG氏である。家は私の家と前後ろにあたり近所である。G氏は近所でもあり、元同僚でもあるが、釣り談義は多くするものの、一緒の釣行は今回が初めてである。右はHさんで、私の従姉弟がいる(周南市)大島大原の人で今年で75歳とのこと。釣り人は元気が良いのだ。

まずは大水無瀬で4人を下す。

大水無瀬のこの釣り場は岩も比較的平坦で釣り易そうだ。

大水無瀬では2名ずつ、2か所に分かれた。

小水無瀬の釣り場、ここは潮が来るとかなり険しい場所となりそうだ。恐らくここからは移動することになるのだろう。ここでも2か所に1名、2名ずつの3人を下す。

約1時間後の16時40分に青島到着。ここで残りの10人が下りるが、釣り場は合計9か所である。このような岩場に1人ないしは2人程度ずつ降ろしていく。大体、1つの岩場に1人の計算になる。

まずは釣友Tと一番若いO氏が上陸、この2人は後で岩場を移動して別れる。船が岩に着いている間に、一気に荷物の受け渡しも行う。明るい内は良いのだが、夜の瀬渡しは怖い。特に波が高いと岩場に飛び降りるタイミングが難しくなる。これで海に落ちた人は多い。今日は波も穏やかで余裕で渡れた。

ここが私とG氏が上がった岩場である。前方先端の岩には釣友Tが上がる。今日の岩場では唯一私とG氏が一緒の釣り場となる。引き潮なのでごつごつした岩が沢山でているが、満潮時には殆ど沈んでしまうからあな不思議である。天気が良ければ写真の向こう側に四国の町並みが見えるというが、今日は霞が掛かっている。

メバルの釣行開始は暗くなってからである。その前に釣友Tが岩場を伝って来て軽く喉を潤す。この後、重大事態が発生。写真右のG氏、リールを忘れてきたそうだ。私は今日は予備の竿を1本、釣果によっては違う釣りをしてみようとロッドを1本の計3本を用意してきた。勿論リール付きである。それで、予備竿に付けていたリールを外しG氏に貸与する。私が予備を持って来ていたから良かったが、無かったらどうしたのだろう。従って、G氏の釣果の全部は私の釣果ともいえるだろう。これは永遠に語り継がれることになるだろう。

T氏はここは常連であるから、ポイントなどは熟知している。あとでTに聞いて解ったことだが、私は前回もこの岩場でやったとのことだが、全く記憶に残っていなかった。夕まず目前から竿を出すが最初はアジばかりである。最初は20cmちょっとのアジだったが、暗くなるにつれてサイズアップ、最大寸30cm程度のアジが沢山釣れ出した。

私は日頃浮き釣りはあまりやらないのでアジなど青物は殆ど釣らない。久しぶりのアジだったの最初は嬉しかったが、数が増すに連れ次第に面倒くさくなってきた。南蛮漬けにはサイズが大きすぎるので塩焼きが良い。

G氏と私の釣り場、釣れると良いのだが・・・。

さあ、そろそろメバル狙い開始だ。

今夜は非常に疲れているのでまた続く。

【7月16日過去の釣行記録】
・2005年笠戸本浦港防波堤、06:00~15:30、若潮、釣果=クロ5・タイ1・タナゴ2・メバル1・アジ20・ハゼ10
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、18:50~23:30、中潮、釣果=アジ8・チヌ3
・2011年第2埠頭西側、08:30~10:40、大潮、釣果=キス5・カレイ1・キビレ1
・2012年徳山築港、06:40~10:30、若潮、釣果=キス8

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません

【旧暦閏5月23日釣行記録】
・この日の釣行記録はありません

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第45夜 櫛ヶ浜港、生体反応無し

2017-06-10 23:47:46 | 浮釣り

2017.06.10(土)

2月11日以来の櫛ヶ浜港。今にも泣き出しそうな梅雨空だったが何とか持った。

釣行日:6月10日
旧暦:5月16日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:19:10~21:30
天候:曇り
風  :南風
月齢:15.3
潮  :大潮 満潮21:50潮位310cm 干潮15:13潮位38cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:ボウズ

今朝は投げ釣りに行こうと、4時30分に目覚ましを掛けて眼は醒めたのだが、身体が思うに任せず二度寝となった。夕方から久しぶりにメバル釣行しようと櫛ヶ浜港へとやって来た。今の時季のメバルは1年中で一番美味い。潮も良く、満月ではあるが曇り空、海水は濁っており少し波立っていたが大したことは無い。メバル釣りの条件の大半をクリアしている。満潮時の潮止まりくらいまでを目途に竿を出す。

竿出しの頃はまだ明るかったが、次第に夕まず目へと移行していく。この時間帯だとフグが邪魔をするのだが、今日はフグも全くアタリ無し。それどころか、夕まず目を過ぎてもメバルもアジも全くアタリが無い。ここでの棚は1.5尋から2.5尋くらいが良いのだが、今日はこの範囲でもアタリが無いので、1尋、3尋と試すがそれでも駄目だ。遂に、潮の動きが弱まり潮止まり直前となった。ここまで全くアタリが無かった。こんなことも珍しいがしょうがない。21時半には諦めて納竿した。メバル釣りの感さえも取り戻せなかった。

【6月10日過去の釣行記録】
・2006年切戸川河口、18:10~21:10、大潮、釣果=キス12
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:50~23:15、長潮、釣果=メバル15・アジ2・キス1
・2012年第2埠頭中電前、18:10~19:40、中潮、釣果=キス3

【この日の釣り情報】
・2010年切戸川河口、19:00~21:00、中潮、釣果=アナゴ10・ウナギ2

【旧暦5月16日釣行記録】
・2007年06月30日、第2埠頭東側、06:00~08:30、大潮、釣果=キス1・アイナメ1・アジ10・コノシロ1
・2007年06月30日、櫛ヶ浜港防波堤、09:00~12:30、大潮、釣果=アジ5・タナゴ3R・ボラ4R

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第18夜 3か月振りのメバル釣行

2017-02-11 22:56:09 | 浮釣り

2017.02.11(土)

この冬最大の寒気団が日本列島を覆っているらしいが、下松の平野部は少し冷たいがとても良い天気だった。夕方から少し風が出て来たが久し振りにメバル釣行する。18時頃、釣具店に行くと客は結構いた。女店員が 「これから行くんですか?今夜は寒いですよ」 と事務的に言う。初めて見る若い女店員なのでマニュアル通りの挨拶なのだろう。釣具店から釣り場までは僅かな距離、餌を40gほど買って釣り場に向かう。今日はスマホを忘れて来たのでリアルタイムの釣り場風景は撮れなかった。

釣行日:2月11日
旧暦:1月15日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:18:20~21:20
天候:晴れ
風  :西風のち弱風
月齢:14.1
潮  :大潮 満潮21:03潮位284cm 干潮15:23潮位73cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:メバル5

18時15分頃に釣り場に着くと、思ったより西風は強かった。海面が波立っていたが、経験上1時間もすれば風は落ちるはずだ。西の空にはどす黒い雲があったが、陽が沈む寸前の夕まずめの夕焼けはあった。真上の空は星が出ていて快晴だった。防寒着を着ているので寒くは無く、手もさほど冷たさは感じなかった。釣り人は私以外一人も居なかったが、時々車は入って来る。アベックだろうか、暫く居てまた出て行く。

夕まずめの内に竿を出す。一投目からアタリがあったが小メバルのようで針掛かりはしなかった。3投目でやっとメバルゲット。いきなり浮きが沈んで引っ張れる。こういうアタリはまずまずのサイズのメバルである。今日一の20cmのメバルだった。暫くして2尾目のメバルが揚がったが16cm程度だった。

この後から1時間程度は全くアタリ無しだった。スマホが無いので正確な時間は解らないが、月が出ていて朝の満潮時の潮高の跡が夜目にもくっきり岸に残っていたので大凡の時間は解る。最初は長い堤防沿いを探っていたが、アタリも無くなったので遠投した。棚は1.5尋から始めて、遠投する頃には3尋まで深くした。すると小さいアタリが多く出だした。針掛かりしたものはやはり小さいサイズで15~6cmのメバルばかりだった。15cm未満のメバルが4尾釣れたがこれはリリースした。持ち帰りは3尾追加しただけだった。

今季最大の大寒気団の割には冷たく無かった。手の感覚が無くなるほどの冷たさでは無かった。3時間で5尾のメバルでは少し寂しいが、今夜は腰のヘルニアの痛みも出ず快調だった。久し振りにメバルの煮付けにありつける。

【2月11日過去の釣行記録】
・1998年小踏日新製鋼波止場、12:00~15:00、大潮、釣果=カレイ6・アイナメ1・ハゼ10
・2007年第2埠頭東側、06:30~17:30、小潮、釣果=カレイ3・ハゼ1・マダコ2
・2009年華西防波堤、19:20~22:20、大潮、釣果=メバル6(3人で15)
・2012年新川港浮桟橋、07:30~13:00、中潮、釣果=カレイ2・アイナメ1
・2014年小深浦・落港、07:10~10:00、中潮、釣果=落港キス3
・2016年第2埠頭東側、07:00~14:30、中潮、釣果=カレイ2・メゴチ1R

【この日の釣り情報】
・2005年小踏日新製鋼波止場、昼間、中潮、釣果=42cmチヌ2
・2016年新日鉄波止、06:30~16:30、中潮、釣果=2人でキス3・アナゴ1・ボラ1

【旧暦1月15日釣行記録】
・1998年02月11日、小踏日新製鋼波止場、12:00~15:00、大潮、釣果=カレイ6・ハゼ10・アイナメ1
・2006年02月12日、大島庄の浦、08:30~15:45、大潮、釣果=3人でカレイ8・アイナメ1
・2006年02月12日、笠戸寺崎、夜、大潮、釣果=メバル12
・2006年02月12日、第2埠頭西側、昼間、大潮、釣果=カレイ3
・2007年03月04日、第1埠頭西側、12:30~17:00、大潮、釣果=カレイ2
・2007年03月04日、新川港桟橋、昼間、大潮、釣果=2kgマダコ1
・2007年03月04日、笠戸島ガラン、07:00~13:00、大潮、釣果=クロ2・サヨリ1・メバル5・イソバラ多数
・2010年02月28日、第2埠頭東側、06:15~11:00、大潮、釣果=ボウズ
・2013年02月24日、櫛ヶ浜港防波堤、18:20~20:20、大潮、釣果=メバル1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第3章第3夜 メバル前哨戦

2016-11-20 22:43:37 | 浮釣り

2016.11.20(日)

4か月振りの櫛ヶ浜港、潮はあまり良くないが、ここは引きも満ちも釣れるので久し振りにやって来た。写真は港内であるが釣り場は港の外側である。今夜は風も無くべた凪である。曇りで月も隠れていて丁度良いのだが、街頭が明る過ぎる。尤も、港の外側は暗いので丁度良い。

旧暦:10月21日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:18:10~21:20
天候:曇り
風  :微風
月齢:20.4
潮  中潮 満潮13:13潮位283cm 干潮19:24潮位139cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮き釣り
餌  :アオムシ
釣果:メバル6・セイゴ2・キビレ1R

18時過ぎに釣り場に着いたが、潮が悪いので釣り人は一人も居ない。第1投目からメバルのアタリがあったが、これは逃してしまった。3投目にやっとメバルをゲット。誰かがメバルは大きい順に釣れると言っていたが、今夜はその通りになった。最初のメバルが20cmあったがそれ以降は15cm程度のものばかりだった。

強い引きがあったと思えば、釣れたのはキビレ(黒鯛の一種)やセイゴ(スズキの子)である。セイゴは30cm弱のものだが小さくても結構いける。キビレは食べないのでリリースした。

来週は釣友Tと青島(愛媛県)辺りにメバル釣行するかも知れないので、今夜はメバル感覚を取り戻すための前哨戦だったが、釣果は今一だった。干潮を挟んでやったので潮止まりが多く、メバルのアタリも少なく、サイズも小さく練習にはならなかった。

立ちっ放しの釣行は腰に悪くヘルニア持ちの私は3時間が限界である。瀬渡しで渡った岩場では座ってやれるのでまだ持つが、立ちっ放しはいけない。岩場で座ってやる時もたまには動かないと、長時間同じ姿勢も良く無い。やはり埠頭で置き竿でカレイを釣るのが一番楽である。

帰り際、私とほぼ入れ違いに2人連れの若い士がメバリングをやりに来て、小さいのを1尾釣ったと言っていた。

【11月20日過去の釣行記録】
・2010年箱島・平群島沖、06:00~14:00、大潮、船釣り、釣果=アジ多数、ハマチボウズ
・2011年落港防波堤、06:20~12:40、長潮、釣果=コウイカ2・マダイ1・ハゼ3

【この日の釣り情報】
・2005年大島居守、夜、中潮、釣果=メバル5・アジ4

【旧暦10月21日釣行記録】
・2004年12月02日、上関港防波堤、17:30~19:30、中潮、釣果=アジ50

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第989夜 ハナグリ島釣行後編

2016-08-19 21:30:17 | 浮釣り

2016.08.19(金)

16時12分、Tが岩山の中腹付近を実地検分、まずは食事用の平らな場所を確保する。釣り場はかなり下の方なので、食事時には上り下りだけで疲労困憊した。

岩下周辺の地形や沈み瀬などを、夜になると見えなくなるため明るい内に良く調べておく。それにしても水が綺麗だ。海底まで見えるのは水深が浅いばかりでは無く、濁りが無い。おまけに月夜となるとメバルは浮き上がって来ないだろう。

この水道は潮が良く通りそうだが、ここも水深が浅く水が綺麗すぎる。但し、水道は潮流が速いことが多くメバル釣りには適さないこともある。

私は取り敢えずこの方向に竿を出すことにした。写真よりは実際の方が近く見える。

夕まずめの祝島、そう言えば、祝島は一晩中ライトアップされていた。何故だろうと不思議だったが、帰宅後TVのニュースで4年に1度のお祭りだったことが解った。神舞(かんまい)というお祭りで1100年の歴史を誇る。大分から祝島へ難破船が漂着したのが始まりのようで、木船の上で神楽奉納などの神事が行われる。お祭りは16日から5日間行われ、20日の出船神事で終わる。終わりは祝島から大分へ船が帰るのである。

 

釣り始めはまだ明るかったこともあり、釣れるのはベラばかり、10尾程度は揚げたが全部リリース。夕まずめ頃の19時17分、30数cmのクロをゲットしたが、写真を撮った後に跳ねて海へ逃れた。21時頃にもかなりの大きさのクロを掛けたが、引き上げる時に足元で1号のハリスが切れた。やはり夜釣りではハリス2~3号の太い方が良い。

19時30分、25cm程度のマダイをゲット、小さいが引きは楽しめた。帰宅後刺身にしたが非常に美味だった。但し、切り身は僅かしかなかった。夕まずめが一番アタリも多かったように思う。

22時前に潮止まりとなったため夜食タイム。Tが作ってきた‘そうめん’を食す。夜中の孤島の岩山で食す‘そうめん’はまた格別である。それとゆで卵に味塩を振って食すが、これがまたいける。こういうことは釣り人でないと体験できないだろう。登山で食すおむすびも格別と友人のKが言っていたが、海と山とでは風と風味が違うのだ。

22時30分頃釣行再開するが、今度は潮流が北側から南側へと真反対になっていた。小島(岩)が並んでいるので潮流は島と島の間はちょっとした水道になっていて、潮流も右へ左へと変わって行く。

日付が変わる頃から、月が完全に隠れて真っ暗闇となった。対面の島影や海面に出た岩も全く見えない。こうなっては見当で仕掛けを遠投する他ない。この状態が本来のメバル釣りの好条件となるのだが、流石Tである。この機を逃さず20cmオーバーのメバルを数尾ゲットした。私は棚取りが不味く、仕掛けを藻や岩に引っ掛けたりで仕掛けを作り直す方に時間を取られた。最後に、「これはメバルなら大きい・・・いやクロか・・・」 足元まで寄せて 「スズキじゃ!」とTが叫ぶ、 が・・・鰓荒いされてハリスを切ってしまった。60cmはあったと言う。

朝まずめ。まずめ前には納竿した。16日3時頃から雷が鳴りだし、4時頃には頭上近くで雷光がひかりだしたので怖くて納竿した次第。岩の上なので何れにしても逃げ場は無いが、竿に雷が落ちることが良くあるし、雷が海面に落ちても竿を握ると感電する。本来なら朝まずめ時は一つのチャンス時ではあるのだが致し方ない。

朝5時39分、渡船が迎えに来る。

帰路、ハナグリ島に別れを告げる。

6時帰港、船長の山谷氏はかなりの高齢、足元は覚束ないが操舵の腕前は文句なし、「俺が引退しても、もう一杯渡船がいるから心配ない」と言われる。

これが2人の全釣果である。 私はクロ2尾、Tはスズキを逃している。25cmクラスのメバルはTである。小アジや小メバルはリリースした方が多い。リリース分も含め魚種で言うと、メバル、アジ、クロ、マダイ、カサゴ、ベラ、カナコギ等である。メバルは浅瀬のものはキンメバルが多い。深場でないとダークホースのような立派なクロメバルは居ない。今回は潮も今一、月齢も今一、腕も今一・・・ということで次回に期待だ。

 

釣行中から岩場を裸足で歩いていたので足がむくんだなあと思っていたが、帰宅して服を脱ぎ靴下を脱いで吃驚!足首から下が焼きたてのパンのように膨れ上がっている。そして虫に噛まれたのであろう赤い斑点がびっしり付いている。大して痒くはないがむくんだ足は熱を持っている。念のため病院に行こうと思ったが16日は盆休みだった。

15、16日は病院が盆で休みだったので、17日の9時頃行ってみたが、初診ということもあり診察されたのは11時30分、何と2時間半待ちだった。待った割には女医先生の診察は横目で一目診て終わり。私はフナムシやムカデが岩の上に沢山居たからそれに刺されたのだろうと言ったが、先生は飛ぶものだろうと言われる。飛ぶものはアブを1尾しか見ていないので絶対ありえないと思ったが、敢えて反論はしなかった。そして一番良く効くという虫刺され薬を処方された。診察はものの1分だったが、釣果はどうだったかとか羨ましいとかそんな話の方が遥かに長かった。

足の写真は17日の夕方に撮ったものなので腫れはかなり引いている。足の指10本全部無数に刺されているので、完全に腫れが引くまでは歩き辛い。Tに電話で足のことを報告すると、素足で岩場を歩くとこうなるんだという戒めのためにも記録に残しておくべきだというので不本意ながら掲載する(本来、足の写真以下の記事は無い)。

PSゴチさんへ、島や小岩などの海沿いは蚊が非常に多いんですよ。この夜は蚊取り線香を焚きまくっていたせいか居ませんでしたが・・・・。

釣行日:8月15日~16日
旧暦:7月13日~14日
場所:上関ハナグリ島
時間:15日17:00~16日04:00  11時間釣行
天候:曇り 16日3時頃~4時雷
風  :南弱風
月齢:12.3~13.3
潮  :15日中潮 満潮19:30潮位297cm 干潮12:41潮位86cm
        16日大潮 満潮06:54潮位273cm 干潮01:25潮位144cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:持ち帰り小メバル10程度・カサゴ2・マダイ1・小アジ10程度
釣友:同僚T=持ち帰りメバル4

【8月19日過去の釣行記録】
・1997年笠戸島周辺、13:00~17:00、船釣り、大潮、釣果=キス多数
・2007年佐合島海水浴場、08:05~15:00、小潮、釣果=キス12・ベラ15・小ダイ3
・2008年晴海埠頭、06:40~07:25、中潮、釣果=キス15

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦7月17日釣行記録】
・1997年08月19日、笠戸島周辺、13:00~17:00、大潮、釣果=キス多数
・2005年08月21日、大島日本精蝋前岸壁、18:50~23:15、大潮、釣果=2人でアジ10・チヌ1
・2009年09月05日、櫛ヶ浜港防波堤、19:35~22:00、大潮、釣果=チヌ1・メバル1
・2011年08月16日、落港防波堤、06:30~10:10、大潮、釣果=キス3・マダイ1・チダイ1・アオリイカ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第988夜 ハナグリ島釣行前篇

2016-08-17 20:40:44 | 浮釣り

2016.08.17(水)

上関四代の漁港、今夜は盆踊りなど盆のお祭りがあるようだ。

15日(月)、16日(火)と盆休暇を取っていたのだが、同僚釣友Tも同じ日に休暇を取っていたので釣行となった。特に示し合わせていた訳では無い。当初、Tが予約を取り愛媛県の青島釣行の予定だったが、盆ということもあり人数が揃わず渡船が出ないことになった。そのため急遽上関のハナグリ島に変更となった次第である。

梅雨明けから猛暑日が続き雨は全く降っていないが、15日は午後から曇り気味、陽射しが弱くて助かるが、その分、湿度が高くて汗びっしょりになる。四代の港は静かだが夜には盆祭りで賑わうのだろう。

渡船は何時もの山谷のじいさんの船だ。15時50分、荷物も積み込んでいざ出港!

防波堤ではサビキ釣りやルアーでアジやメバル、アオリイカなどをやっている。殆ど地元の人だろう。

右手が上関(長島)、左手前の小さい島が天田島か、その向こうに薄っすらと見えるのが祝島だろう。天田島の右手に微かに小さく写っているのが、我々が目指すハナグリ島である。渡船は非常にゆっくり進む。

天田島を過ぎていよいよ我らが目指すハナグリ諸島が見えた。我々が上陸するのは、5つある島の右から2番目の三角の岩山である。向こうに見えるのが祝島だ。

ハナグリ諸島の北側の上関(長島)、上関原発建設予定地である。原発の話が出てからもう何年にもなるが、果たして建設は実現するのだろうか。

これがハナグリ諸島である。この島の前は何度も通過しているが、私は上陸するのは初めてである。20年くらい前に天田島には一度上陸している。

左の岩山に上陸する。いよいよ釣行開始である。今夜は15夜前の月夜なのでメバル釣行には向かないが、久し振りに磯の気分を味わうのも良い。まあ、何か釣れるだろう。

渡船ともお別れ、明朝(16日)5時30分頃迎えに来る予定だ。

16時10分上陸、岩場に荷物を置き、明るい内に水際や沈み瀬などを調べる。その後で竿の準備に入る。岩場に着いてすぐ、磯靴が重いので裸足になったのだが、これが後で大変なことになった。詳細は後編にて・・・。

【8月17日過去の釣行記録】
・1997年笠戸島周辺、13:30~18:00、大潮、釣果=キス多数
・2012年徳山築港、06:30~08:50、大潮、釣果=キス18

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦7月15日釣行記録】
・1997年08月17日、佐渡島周辺、13:30~18:00、船釣り、大潮、釣果=キス多数
・2011年08月14日、大島大原、18:40~21:00、大潮、釣果=チヌ2
・2012年09月01日、櫛ヶ浜港新防波堤、18:50~20:20、大潮、釣果=ボウズ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第981夜 マルボウズ

2016-07-18 23:14:35 | 浮釣り

2016.07.18(月) 海の日 梅雨明け

今日は梅雨明け宣言がなされた。これからは本格的な暑さとなるので釣行も儘ならなくなるだろう。加齢と共に極端な暑さ寒さには弱くなってきた。今夜は少し蒸し暑さが和らいだように思われたのでちょっと海岸を覗いて見た。15日振りに竿を手にした。

釣行日:7月18日
旧暦:6月15日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:20:10~21:40
天候:晴れ月夜
風  :無風
月齢:13.7
潮  :大潮 満潮20:29潮位310cm 干潮02:23潮位130cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:ボウズ

西側の防波堤には2人くらい釣り人の姿が見えたが、新防波堤には誰も居なかった。元々この防波堤では釣り人が少ないので、場所を取られていたということは滅多に無い。それに今夜は月夜なので本来はメバル釣りには適さないこともあるだろう。

今夜は竿出しから納竿するまで全く、一回もアタリが無かった。久し振りの完全無欠のマルボウズである。竿出しから1時間程度アタリが無いと次第に飽きて来る。場所替えしても良いのだが、こんな夜は何処に行っても同じだ。

それから最近の傾向であるが、アジが全く釣れなくなった。尤も、浮き釣り自体の回数が少ないので何とも言えないが・・・。昔はメバル釣りに来ても必ずと言って良いほどアジが釣れていたものだが、私だけが釣れないのだろうか。上関方面にでも行って見ようかなあ。今は勤務先が平生なので仕事帰りに上関に寄れるので、陽落ちが早くなる秋頃から上関通いを始めることにしよう。

【7月18日過去の釣行記録】
・1998年日立岸壁前、船釣り、13:00~17:00、長潮、釣果=キス大漁
・2009年櫛ヶ浜港防波堤、19:45~22:00、若潮、釣果=メバル3・アジ1
・2010年華西防波堤、19:40~22:37、小潮、釣果=メバル3
・2014年櫛ヶ浜港防波堤、05:40~08:40、小潮、釣果=キス4

【この日の釣り情報】
・2010年平群島沖合、船釣り、06:00~14:00、小潮、釣果=1人@50cmアジ2

【旧暦6月15日釣行記録】
・1994年07月23日、笠戸白浜、昼、大潮、素潜り、釣果=サザエ10
・1997年07月19日、笠戸島周辺、12:00~17:00、船釣り、大潮、釣果=アジ大漁
・2007年07月28日、粭島小学校前、17:00~21:30、大潮、釣果=キス3・アジ21

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第977夜 こんな日もあるさ

2016-07-03 23:43:55 | 浮釣り

2016.07.03(日)

18時過ぎから夕立ちが降り、19時前には止んでいたので今日は大潮ということもあり、ちょっとメバルでもと思い櫛ヶ浜港新防波堤を覗いて見る。19時丁度に釣り具店に着くが閉店時間だった。それでも店員が気持ち良く迎え入れてくれた。餌は少ししか買わないのでこちらがちょっと恐縮する。

19時半頃釣り場に着くが、竿を出すにはまだ明るすぎる。雨は止んだが梅雨時季でもあり、無風で湿度は100%に近いようだ。滲み出る汗が気持ち悪い。眼鏡も曇って視界が悪い。大きな鳥が上空を通り過ぎた。

私とほぼ同時に、若い浮き釣り人が防波堤の先端まで歩いて行った。私は¬型防波堤の付け根から30~40m辺りで竿を出す。完全に暗くなるのは20時過ぎだ。それまでに仕掛けやバッカンなど準備万端相整え、煙草も一服する。

釣行日:7月3日
旧暦:5月29日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:19:50~21:50
天候:夕立ちのち曇り
風  :無風
月齢:28
潮  :大潮 満潮19:39潮位314cm 干潮01:31潮位38cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:メバル2

完全に陽が沈む直前から竿を出す。防波堤の際から丹念に探って行くがアタリは全く無い。暗くなってもアタリが無い。20時30分頃に初めてのアタリがあったが逃す。10分後に2回目のアタリ、今度はメバルをゲットしたが17cmと小さい。今夜は全部で4回アタリがあったが、内、2回をものにした。サイズは同サイズである。2時間やって4回のアタリでは話にならない。こんな日もあるのだが、データ不足(梅雨時期なので釣行回数が少ない)と勘の悪さが祟ったようだ。

21時頃、防波堤先端でやっていた釣り人が帰って来た。アタリは1回も無かったとのこと。尤も、最近浮き釣りを始めたばかりなので、今夜が良いのか悪いのかも良く解らないと言う。私は、ここも同じようなもんだと言い、こんなにアタリが無いのも珍しいと慰める。しかし経験と腕の差は如実に出るものだ。

私はこの釣り場には良く通っているが、満潮前後が結構難しい。難しいと言うのは棚の取り方である。今夜も1尋半から3尋まで試したが、釣れたのは2尋半だった。それも1尾、2尾の世界だからこれが本当に良かったのかどうか判断し難い。この釣り場では釣り始めが干満とも潮5分くらいが私の理想である。ここでは満ち潮、引き潮のどちらでも釣れるのが良い。

今夜は全く駄目だったがこんな日もあるさ。また出直そう。

【7月3日過去の釣行記録】
・2010年晴海埠頭、06:20~10:20、小潮、釣果=キス7

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦5月29日釣行記録】
・2006年06月24日、第2埠頭東側、07:15~17:15、大潮、釣果=カレイ12・キス7・アイナメ4
・2006年06月24日、大島庄の浦港、夜、大潮、釣果=メバル8・クロ1
・2009年06月21日、第2埠頭東側、06:20~08:30、大潮、釣果=カレイ1・キス1
・2010年07月10日、笠戸大橋下、06:10~12:00、大潮、釣果=キス2・ギザミ2

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第971夜 防波堤メバル満喫

2016-06-05 23:59:59 | 浮釣り

2016.06.05(日)

今年は昨日梅雨入りした。これから1ヶ月程度は釣行も儘ならない。
今夜は雨も上がり、2月27日以来久し振りの夜釣り。暫くメバル釣りもやっていなかったので大きく育ったことだろうと思う。

19時過ぎに家を出るが直ぐに小雨が降り出した。天気予報では曇りで降雨量は0だった。しかしこれでメバル釣りの条件が揃ったというもの。暗闇(新月)、曇り、小雨、無風、海面穏やか、濁り水、大潮、今夜は全てが当て嵌まる好条件なのだ。これで釣れない訳が無いというもの。

当初は粭島に行こうと思っていたが、小雨も降っていたこともあり近場の櫛ヶ浜港に変更した。釣具店を経由して釣り場に着いた時には、若い士が4~5人防波堤から帰って来た。ワイワイガヤガヤと煩い。釣果は解らないが全員がルアー釣りのようだった。着いた時には小雨も止んでいた。

釣行日:6月5日
旧暦:5月1日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:20:00~23:00
天候:曇り
風  :無風時々南弱風
月齢:0.0
潮  :大潮 満潮21:22潮位337cm 干潮14:47潮位4cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :アオムシ
釣果:持ち帰りメバル17(リリース4)

20時に竿を出すが、直ぐにアタリがあって二本針に2尾メバルが来た。今夜は大潮ということもあり、棚は2尋半から始める。最初は少し小さいメバルだったが幸先は良い。始めた20時~20時30分くらいまでアタリが凄く多く、この間に7尾釣った。満潮前後の潮止まりは殆どアタリも無かったが、21時50分~22時30分くらいが2回目の時合いだった。この時は棚を2尋に縮めた。

メバルは大きいのから釣れると誰かが言っていたが、今夜は違った。後の時合いの方が大きかった。20cmクラスは全部21時50分以降のものだった。22時30分以降はアタリも小さく、メバルも10cm前後のものが4尾釣れたが全部リリースした。

それにしても、久し振りのメバル釣行でこれだけ釣れれば面白い。リリースサイズのメバルも、9号の針にしっかり食い付くのだから食い気は十分だ。1年中で梅雨時期のメバルが一番美味い。今夜は十分にメバルのアタリが満喫できた。明日はメバルの煮付けで一杯やろう。

【6月5日過去の釣行記録】
・1997年日立岸壁前、夜、船釣り、大潮、釣果=チヌ2
・2010年櫛ヶ浜港防波堤、19:40~23:00、小潮、釣果=メバル20
・2011年第2埠頭東側、08:00~11:30、中潮、釣果=木っ端ガレイ5

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦5月1日釣行記録】
・1997年06月05日、日立岸壁前、夜、船釣り、大潮、釣果=チヌ2
・2006年05月27日、笠戸本浦港防波堤、07:30~19:00、大潮、釣果=カレイ16・ヒラメ1・キス11・カナガシラ1・ソイ1・カサゴ1・メイボ1
・2007年06月15日、平生丸山海浜公園、18:40~21:40、大潮、釣果=ボウズ
・2007年06月15日、櫛ヶ浜港防波堤、20:00~23:30、大潮、釣果=キス5・アジ3
・2008年06月04日、東海岸通り、19:40~22:30、大潮、釣果=メバル5・セイゴ1・アジ10
・2010年06月12日、大津島周辺、06:30~13:00、船釣り、大潮、釣果=アジ10・クロ1・カサゴ1
・2013年06月09日、徳山築港、05:10~09:20、大潮、釣果=カレイ1・キス7
・2015年06月16日、櫛ヶ浜港防波堤、19:40~22:20、大潮、釣果=メバル9

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第949夜 メバル日和だったが・・・

2016-02-27 23:38:57 | 浮釣り

2016.02.27(土)

櫛ヶ浜港防波堤。今夜はスマホを忘れたので写真は全て前回のものを使用。

釣行日:2月27日
旧暦:1月20日
場所:櫛ヶ浜新港防波堤
時間:19:05~21:30
天候:曇りのち晴れ 高湿度
風  :無風のち北弱風
月齢:18.5
潮  :中潮 満潮23:30潮位261cm 干潮17:24潮位57cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :スナムシ
釣果:持ち帰りメバル3(リリース3)

バレンタインデーからインフルエンザA型に苦しみ、先週はインフルエンザは抜けたものの風邪が抜けず下痢に苦しめられた。26日になって漸く体調が戻ってきた。インフルエンザの途中でちょっと熱が下がったのを良いことに釣行したのが悪かったようだ。私の知り合いにはインフルエンザB型に罹った直後、A型に感染した者が居るので油断は禁物である。来年は予防接種を受けようと思う。

夕方から雨も上がり風も殆ど無かったので絶好のメバル日和だと判断。18時半頃家を出て釣具店に向かう。櫛ヶ浜の釣具店の駐車場は何時に無く一杯だった。店舗内も結構賑わっていて、店舗脇で撒き餌を練っている人も居た。みんな釣り日和を知っているようだ。

19時、櫛ヶ浜新港防波堤には釣り人は誰も居なかった。17時半頃が干潮だったし干潮潮位も低い方だったので、防波堤からはまだ潮がかなり低い。くの字に折れた防波堤の先端に良く釣り人が居るが、今夜はそこにも釣り人は入っていないようだった。先端まではかなりの距離があるので私は滅多に行かない。

19時過ぎに始めて19時台には小メバル1尾のみ(リリース)。海面は鏡のようにべた凪である。風は殆ど無く、月も隠れており、水も濁っているので今夜は期待が大きかったが、アタリは滅多に無かった。20時を過ぎてから防波堤際でアタリが取れ出したが、揚がるのは小メバルばかりである。21時頃からは全くアタリが無くなったので半には納竿。メバル日和の私の予想が外れて全く駄目だった。

【2月27日過去の釣行記録】
・2010年櫛ヶ浜港防波堤、18:30~20:10、大潮、釣果=メバル3

【この日の釣り情報】
・この日の釣り情報はありません。

【旧暦1月20日釣行記録】
・2007年03月09日、華西防波堤先端、夜、中潮、釣果=メバル5
・2008年02月26日、大島大原、夜、中潮、釣果=メバル多数
・2012年02月11日、新川港浮桟橋、07:30~13:00、中潮、釣果=カレイ2・アイナメ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第944夜 小メバル少々

2016-02-01 14:44:16 | 浮釣り

2016.02.01(月)

31日は早朝から13時過ぎまで徳山築港でサーフしたが、釣果は全く駄目だった。えふ氏が16時頃、徳山漁港入口で35.5cmのカレイをゲットしたとのことでびっくりぽんだ。と言うよりも、最近は尺ガレイを見ていないので羨ましい限りである。私は早々に諦めて納竿したので餌が少々余った。それにあまり疲れず腰の調子も良かったし、明日は定期健診で通院のため有休を取っているので、干潮過ぎの20時頃、夕食を終えてから櫛ヶ浜新港防波堤でメバルをやってみた。

釣行日:1月31日
旧暦:12月22日
場所:櫛ヶ浜港防波堤
時間:20:20~22:30
天候:晴れ
風  :西弱風
月齢:21.1
潮  :小潮 満潮01:35潮位211cm(2/1) 干潮19:25潮位92cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :ゴカイ
釣果:持ち帰りメバル7(リリース3)

今年初めてのメバル釣行。昨年はメバル釣行は6回しかしていない。昨年11月11日に釣友Tと片島に行ったのが最後で、2ヶ月半振りのメバル釣行である。過去の旧暦や新暦の釣果を眺めては、今夜行くと釣れるだろうなと何度も思ったが、なかなか実行できずに6回の釣行に終わっている。釣友ツー君と示し合わせてはメバル釣行していた頃が懐かしく想い出される。2人して毎週のように色んな釣り場に通ったものだ。

この日の潮は小さかったが、潮が沖に向かって良く動いていてアタリは釣果の3倍くらいあった。しかし急激な水温の低下のためか食いが渋る。16~18cm程度の小メバルばかりだったが、片島や青島のような鋭い一気に食い込むアタリは無いものの久し振りに楽しめた。爆弾低気圧も去り気温が急激に上がったため大して寒くも無かった。この時季はカレイの釣果も望めず、やはりメバル釣行かな。

【2月1日過去の釣行記録】
・2009年徳山築港、06:50~12:40、小潮、釣果=カレイ1・アイナメ3・ハゼ4・キス2・イイダコ1
・2014年徳山築港、06:40~12:10、大潮、釣果=ハゼ5

【この日の釣り情報】
・2005年竹の浦漁港、昼間、小潮、釣果=30cmカレイ3・40cmアイナメ1
・2007年中電西側岸壁、09:00~13:00、大潮、釣果=カレイ2・アイナメ2

【旧暦12月23日釣行記録】
・2007年02月10日、第2埠頭東側、06:45~15:00、小潮、釣果=カレイ2・ハゼ1・アイナメ1・マダコ2
・2013年02月03日、第2埠頭東側、07:00~09:20、小潮、釣果=ボウズ
・2013年02月03日、櫛ヶ浜漁港防波堤、18:00~20:40、小潮、釣果=メバル8

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第941夜 釣友T 男女群島へ行く

2016-01-11 22:07:13 | 浮釣り

2016.01.11(月) 成人の日

私は9日の釣友Sとの釣行で腰を痛め、この2日間は家でごろごろしていた。

1月10日~11日に掛けて釣友Tが長崎県の男女群島へ行ってきたとのことで、今日21時頃、獲物の一部を持って来てくれた。本来は3日間の予定だったようだが、2日間に変更になったようである。尾長グレやヒラアジ、ヤズ(ハマチの子)などが大漁である。ハリス4号で釣り揚げるのはなかなか難しいと思われるが、彼の熟練した技能で難なく釣り揚げたようだ。

我が家はヒラアジとヤズ、尾長を1尾ずつ頂いた。こんなヒラアジは瀬戸内ではなかなか釣れない。このヒラアジは今日釣ったとのことだから、刺身や塩焼きでいただくとしよう。

残りは明日12日に会社の同僚たちに配る予定。

それにしても、山口県下松市から長崎県男女群島まで、車で1人で往復するだけでも疲れる。2日間の釣行はスケジュール的にもきついが、流石に体力だけはあるようだ。こういう芸当は私には到底無理である。大島郡沖の島で一夜の通し釣りが精一杯である。

【1月11日過去の釣行記録】
・2009年那智埠頭防波堤、18:00~18:45、大潮、釣果=ボウズ
・2009年晴海埠頭防波堤、19:00~20:11、大潮、釣果=メバル11
・2010年第2埠頭東側、06:20~12:00、中潮、釣果=カレイ1・ハゼ1・イイダコ4
・2015年徳山築港、06:40~13:00、中潮、釣果=カレイ4・キス3・ハゼ4

【この日の釣り情報】
・2004年新日鉄波止場、05:40~16:00、中潮、釣果=カレイ1・ソイ1・アナゴ2・ハゼ3・キス3

【旧暦12月2日釣行記録】
・1997年12月31日、笠戸白浜、漁り、01:00~05:00、大潮、釣果=サザエ・アワビ・マダコ
・2007年01月20日、第2埠頭東側、06:35~16:40、大潮、釣果=カレイ9・キス3・ハゼ1・マダコ2
・2007年01月20日、中電西側岸壁、07:00~17:30、大潮、釣果=カレイ18・キス2・ハゼ2
・2007年01月20日、華西防波堤、18:00~21:00、大潮、釣果=2人でメバル9
・2007年01月20日、櫛ヶ浜港防波堤、21:30~23:00、大潮、釣果=メバル8
・2008年12月28日、笠佐島周辺、船釣り、07:00~15:00、大潮、釣果=ヤズ3・メバル2
・2010年01月16日、大島大原、18:45~21:20、大潮、釣果=メバル4・シマイサキ1・タナゴ1
・2014年01月02日、第2埠頭東側、06:40~12:30、大潮、釣果=カレイ2・ハゼ2
・2015年01月21日、池の浦港防波堤、12:00~15:00、大潮、釣果=33cmカレイ1・30cmカサゴ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第930夜 片島メバル釣行(後編)

2015-11-14 19:16:19 | 浮釣り

2015.11.14(土)

釣果の一部、最大寸27cm、死後硬直を考慮すれば28cmくらいはあろうか。

11日の明るい内に岩場の際で小メバルが揚がったので、暗くなってからも私は際狙いに徹していたが全くアタリが無くなった。Tは岩場が湾になっている方に遠投して釣れているようなので私もポイントを変えて遠投する。棚は2尋で最初に22cm程度のメバルが釣れる。その後アタリが無くなり棚も2尋程度から3尋程度まで変えたがアタリが取れない。Tの浮きを見ているとメバルが掛かるのが解る。Tに棚はどれくらい取っているかと聞くと、1尋半から2尋未満だと言う。それで私も棚を短くすると再びアタリ出した。常連はこの辺が違う。

引き潮に変わって2時間程度が一番良く釣れた。仕掛けを投げ入れる度に釣れるといった時間帯もあったが、日付が変わって干潮近くになると殆どアタリが無くなった。この頃には身体中が痛くて移動も困難な状況となった。流石にTは岩場に慣れているし体力もあるので、釣り場も移動しながら竿を出している。

釣行日:11月11日~12日通し釣り
旧暦:9月30日~10月1日
場所:片島岩場
時間:16:00~07:00
天候:晴れのち曇り
風  :西強風
月齢:11日29.1、12日0.4
潮  :大潮 大畠 11日:干潮14:44潮位98cm 満潮20:27潮位298cm
                      12日:干潮02:51潮位38cm 満潮09:18潮位318cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :ゴカイ
釣果:メバル18・ベラ4
釣友:同僚T=メバル28・ホゴメバル2・カサゴ1

12日午前3時頃、2度目の食事。今回はお湯を沸かしてカップ麺を食す。私は筋肉痛と腰痛で30分程度仰向けになっていたので身体が冷えて来ていた。体温と体力を回復させるには丁度良いタイミングだった。仰向けになって星空を眺めていたら意外と流れ星が多いのに気付く。この間4つくらい見たか。

そう言えば、上陸した時に山頂にヤギの姿を見た。誰かが持ち込んだものだろうが、このヤギがあちこちに出没して石を蹴って落とすらしい。我々以外の釣り人が降りた辺りが特に危ないようだ。夜中に上の方から石が転がり落ちてきたら吃驚だろう。我々の釣り場も安全地帯では無く、私が寝転んでいる間、気が気ではなかった。

12日午前6時前、朝まずめを迎える。まずめを迎えると急速に明るくなる。まずめ頃からまた釣れだすだろうとの憶測から竿を出すが、全くアタリが無い。風も夜にはおさまるものだが、一昼夜吹き続けた。仕掛けも度々絡むので30分程度竿を出して納竿する。もしかするとこの後から釣れだすのかも知れないが、迎えの船が7時から8時の間に来ると言うので荷物の片付けもしなくてはならない。

7時過ぎに渡船が迎えに来る。我々が最後の釣り人だった。潮が満ちて来ているので、最初に上陸した場所からは乗れない。少し横の岩から荷物を降ろして乗船する。この時はあまり海も荒れていなかったので乗船は楽だった。

我々の釣り場を後にし港に向かう。島から離れると海は荒れていたが、行きが遠回りした分、真っ直ぐに帰ると意外と早く着いた。強風のため難しい釣行となり、みんな疲れ切った様子だったがこれも釣りの内だろう。時季的にベストな状況での釣りはなかなか出来ない。今回は強風に悩まされたが寒くはなかった。これからは海も荒れるだろうし、寒さにも耐えなければならない。夏が良いかも知れないが、夜は蚊に悩まされることになる。となると、梅雨入り前の若葉の頃が最も良いかな。

渡船に一緒に乗り合わせた人の内、徳山(現周南市)から来たと言うU氏が、今後この渡船で行く時には一緒に行きましょうと言われる。この方は青島専門の釣り人だが、青島への渡船料金が船一杯24,000円とのことで、1人で行けば24,000円、4人で行けば1人@6,000円、4人以上の料金は1人@6,000円であるから、最低4人集めないと割高になるそうだ。

同氏は定年退職後は釣り一筋らしく、青島のメバル釣行が生き甲斐となっているようで、何時も3人は集められるがあと一人が足らず何度も断念したとのこと(2,000円の割高なら私なら行くと思うが・・・)。私は、常連では無いのでとお断りして釣友Tを紹介したが、Tは年間4~5回この渡船を使うとのことなので、U氏もメンバー集めの候補が1人増えたということだろう。帰港後全員がそれぞれ帰って行ったが、2人が電話番号交換している内に私も帰り支度終了だ。

25cmクラスのメバルは我々の釣り場が一番良かったようだ。U氏のクーラーには20cm程度のものが4~5尾しか入っていなかった。尤も、20尾くらいはリリースしたとのことだ。

我々のは、私が持ち帰るというので20cm未満のものもリリースしなかったため、2人で46尾のメバルになった。釣友Tは持ち帰らないと言うので帰りに職場に寄って皆に配り、私もお返しをしなければならない人がいたので帰りに持って行った。帰宅後も3軒配り、結局我が家には数尾しか残らなかった。日頃の不義理をこういう時に挽回するのだ。

ホゴメバルもなかなか美味である。九州方面では高級食材とのことだ。

【11月14日過去の釣行記録】
・1998年奈切大気暴露試験場前、09:00~11:30、若潮、釣果=カレイ1
・2009年笠佐島周辺、06:30~14:00、中潮、船釣り、釣果=スズキ1

【この日の釣り情報】
・2004年新日鉄波止、05:30~12:30、中潮、釣果=カレイ2・キス3・アナゴ1・アジ36
・2005年柳井池の浦漁港、昼間、中潮、釣果=アオリイカ1・コウイカ1

【旧暦10月3日釣行記録】
・1993年11月16日、池の浦漁港、04:15~17:15、中潮、釣果=カレイ1・ヒラメ1・チヌ1・アジ多数
・2000年10月29日、萩沖、05:30~16:00、中潮、船釣り、釣果=マダイ7
・2004年11月14日、新日鉄波止、05:30~12:30、中潮、釣果=カレイ2・キス3・アナゴ1・アジ36
・2007年11月12日、櫛ヶ浜港防波堤、19:15~22:00、中潮、釣果=メバル2・アジ5・シマイサキ1・キビレ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千一夜第2章第929夜 片島メバル釣行(前篇)

2015-11-12 23:32:14 | 浮釣り

2015.11.12(木)

 

11月11日(水)13時30分、大島郡屋代島の片添ヶ浜の港から青島(愛媛県)に向けて出港。本来は16時出発予定だったが、この日のメンバー(10人程度)が早く揃ったため30分前の出港となった。私と釣友Tは有休を取っての釣行。

釣行日:11月11日~12日通し釣り
旧暦:9月30日~10月1日
場所:片島岩場
時間:16:00~07:00
天候:11日晴れ(星空)12日早朝曇り
風  :西強風、岩場が小さな湾になっているため風の方向はしばしば変わる
月齢:11日29.1、12日0.4
潮  :大潮 大畠 11日:干潮14:44潮位98cm 満潮20:27潮位298cm
                      12日:干潮02:51潮位38cm 満潮09:18潮位318cm
狙い目:メバル
釣り方 :浮釣り
餌  :ゴカイ
釣友:同僚T

出港すると天気晴朗なれど湾外は大時化、船は波で大きく傾く。15分程度進んだ頃、ベテラン船長と言えどこれ以上進めないということになり、急遽、片島に上陸することになった。片島は「あのねのね」の清水クニアキ氏の所有らしい。許可要らないのかなあ。

片添ヶ浜から出港。青島(愛媛県)は地図の右端下にある。片島は地図右端上になる。直線距離で片島に行けば直ぐに着くのだが、当初は青島に向かったので大回りとなった。

右の島が片島である。我々は写真に写っていない右手の岩場だったが、我々以外の釣り人達は島の左端近くの岩場に降ろされたようだ。

我々が上陸した岩場の正面に由利島(ダッシュ島)が見える。島と島の間の括れた辺りをトロッコが走っているのだろう。因みに1週間前に連絡しておくとダッシュ島でも釣行出来るとのことだ。深夜は以外にも多くの船がこの島の前方を通過していた。本線航路に当たるのだろうが、船の緑色灯や赤色灯の位置からして大きい船だと解る。尤も、この強風の中を航行するのだから小さい船では無理だろう。

船から荷物を降ろして満潮時でも水没しない場所まで引き上げる。私は最初は白波が立っている辺りの岩場で竿を出していたが、潮が満ちて来てからは上に上がり竿ケースの右手の岩から竿を出した。この日は強風でこの位置からだとアゲンストになるため非常に難しい釣りとなった。仕掛けが度々絡まるし、ふけたラインが岩に絡まることもあった。風の抵抗で竿を支えるのもやっとということも度々あった。おまけに暗闇となった満潮時には波しぶきが顔面にかかるし、風に乗って来た水しぶきも防寒着を濡らす。それを我慢して竿を出し続けるのだ。そしてその先には・・・。

上陸した岩場の東側、ここからでも竿が出せるようだが、潮が満ちて来ると移動しなければならない。一旦岩の下に降りて移動となるため、下の岩が水没するのを見極めなければ身動きが出来なくなる。この時季は海水も冷たくなっているので要注意だ。

この岩と岩の間の水道も釣り場と言うが、仕掛けを投入すると急流であっと言う間に仕掛けが流される。まるで川である。これじゃ釣りにはならないと思う。但し潮が満ちて来ると手前の岩場の真下で出来るらしい。今回は試さなかった。と言うよりも、日頃の運動不足が祟って全身筋肉痛となり動けなかったというのが真相である。岩場を歩くというのは足腰に非常に負担が掛かるので疲労は極限まで達する。メタボ解消には水泳よりも良いと思うが、アラシックスにはきつ過ぎる。

夜食の時間、Tが用意してきたものだが22時過ぎからおでんを煮る。風は強かったが大して寒くはなかった。それにしても岩場で食べるものは美味い。おでんに日本酒を少々。呑み過ぎると岩場なので危ない。

釣友Tの食べっぷりはなかなかのもの。見ているだけでこちらのお腹も満腹になる。このひと時が良い。

【11月12日過去の釣行記録】
・2002年福川港防波堤、14:00~15:00、小潮、釣果=サヨリ10
・2005年庄の浦港防波堤、17:30~22:40、若潮、釣果=2人でメバル4・アジ1・キス1
・2006年笠戸本浦港防波堤、07:30~16:30、小潮、釣果=カレイ1・マダイ1・カナガシラ5・キス5・グチ1
・2007年櫛ヶ浜港防波堤、19:15~22:00、中潮、釣果=メバル2・アジ5・チヌ1・シマイサキ1
・2011年洲鼻港防波堤、06:30~10:30、大潮、釣果=ボウズ

【この日の釣り情報】
・2005年新日鉄波止、昼間、若潮、釣果=カレイ1・キス・ハゼ・サンバソウ

【旧暦10月1日釣行記録】
・2005年11月02日、笠戸大橋下、18:25~21:20、大潮、釣果=アオリイカボウズ
・2007年11月10日、夜市川河口、06:10~13:40、大潮、釣果=キス5・ハゼ11
・2013年11月03日、徳山築港、午前中、大潮、釣果=カレイ2
・2014年11月22日、徳山築港、06:10~17:00、大潮、釣果=キス8・ハゼ3・イイダコ1

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ  

http://blog-parts.wmag.net/okitegami/base.php?ser=36906&m=219b56b2lb68fdf326a81

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加