ごじらいく

足跡の先に・・・

抜けていたんだ

2016年12月20日 | 日々のつぶやき
最近、じっくり鏡を見ると、変におでこと生え際の間にうっすらと毛が生えてきています。
「なんで、今頃?」と、思いました。
髪をまとめると、はみ出す毛に、「まとまりがないなぁ。」と、何度も髪を梳かして考えます。
ふと、「抜けていた髪が生えてきたのかも。」と、思うと、所帯じみたおくれ毛も愛しくなります。
「そうか。そうか。生えてきたのか。」と、独り言が多くなります。

「そういえば、おでこが広くなってきたなぁ。」と、思う日々でした。
今、生えてきた毛が綺麗に生えそろう頃、また顔の見栄えが変わってくるのかも。と思うのです。
母に、「どう?」と、うっすらの毛を自慢したら、「そう?」と、どうでもいいような返事をされます。
しかし、私は嬉しいのです。
一回抜けた髪に、また再会することができることを。

父の頭を見ていると、「遺伝って、性別を超えてやってくるのかなぁ。」と、不安に思っていました。
しかし、髪の生え具合は、ちょっと違っているようでした。
短い1cmくらいの可愛い産毛は、だんだん太くなっておでこを隠すでしょう。
「この生まれたての髪も長く伸ばして、ワンレンに仲間入りをさせないと。」と、思うのです。

前髪が伸びるのが早くて、自分でカットしていた頃を思い出して、「お前たちも早く伸びるんだぞ。」と、催促する私なんです。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呼ぶワンコ | トップ | ミセバヤの紅葉 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。