勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

裏切りのサーカス / Tinker Tailor Soldier Spy

2012年04月22日 | 洋画(イギリス系)
昨日見た『Black & White/ブラック&ホワイト』もスパイモノですが、今日の『裏切りのサーカス』もスパイモノ。ですがテイストは全く違っていて、『Black & White/ブラック&ホワイト』はお馬鹿ムービーですが、『裏切りのサーカス』は重厚なエスピオナージになっています。それもそのはず、原作がスパイ小説の大家ジョン・ル・カレ。そりゃぁ、重厚な内容にもなりますよね。

ただ、その重厚さが話を分かり難くしている事もあります。二重スパイを炙り出す物語と言えば、二重三重に物語が絡みあい分かり難くなるものですが、これもその例外ではありません。ただ、二重三重に物語が絡みあうところで、一体誰が信用できるのかが分からなくと言う要素が多くの場合はあるんですが、この作品の場合、誰を信用すれば良いのか?と言う価値観の所は、あまりどんでん返しになったりはしませんでしたね。その意味では、あまりにも淡々と物語が進んでいってしまうのでドキドキ感が足りないかな。

“もぐら”の正体が判明し、スマイリーが、その“もぐら”から、女と男宛てに手紙を預かるんですが、やっぱりその手紙に最後のシーンを依頼する内容が書かれていたんですかね?今はどうか知りませんが、イギリスのエスタブリッシュメント層では、アラン・チューリングみたいに少なからず同性愛者が居たりしますからねぇ。

さて、イギリスMI6の長官が“C”と称されるのは有名な話ですが、この物語中では“C”は“Control”と呼ばれていましたね。実際のところは“C”が何を意味するかについて諸説あるんですが、一般的には初代長官の名前から来ているという事なんですけどね。“C”をフォネティックコードで読んでいるんだとしたら、普通は”Charlie”で、“Control”にはなりません。どういう事なんですかね?

ところで、この物語って実際の事件が下敷きになっているようですが、その実際の事件ってやっぱりキム・フィルビーにまつわる、ケンブリッジ・ファイブの話なんですかね?

タイトル 裏切りのサーカス / 原題 Tinker Tailor Soldier Spy
日本公開年 2012年
製作年/製作国 2011年/イギリス=フランス=ドイツ
監督 トーマス・アルフレッドソン
原作 ジョン・ル・カレ
出演 ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、キーラン・ハインズ(ロイ・ブランド)、トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン)、ジョン・ハート(コントロール)、ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)、デヴィッド・デンシック(トビー・エスタハース)、スティーヴン・グレアム(ジェリー・ウェスタービー)、キャシー・バーク(コニー・サックス)、スヴェトラーナ・コドチェンコワ(イリーナ)、サイモン・マクバーニー(オリバー・レイコン/外務次官)

[2012/04/22]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Black & White/ブラック&ホワイ... | トップ | テルマエ・ロマエ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お初に御邪魔します。 (まみっし)
2012-04-23 02:47:34
こんにちは。

今回は、ノルウェーまだーむの所のTBから覗かせていただきました。
『ブラック&ホワイト』の評論も見させてもらいましたが、この映画共々に対する感覚に共感するものを感じて、一人で喜んでいます。

そうです、多分これ、ケンブリッジ・ファイブの話だと思ってます。
Unknown (a_log)
2012-04-23 22:15:55
ありがとうございます。
また来てください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画レビュー「裏切りのサーカス」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Tinker Tailor Soldier Spyクチコミを見る◆プチレビュー◆地味だが渋く、複雑だが緻密な“大人仕様”のスパイ映画「裏切りのサーカス」。ゲイリー・オールドマンがいぶし銀の演技を見せる ...
裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy (LOVE Cinemas 調布)
ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化。英国諜報部“サーカス”に潜む二重スパイ“モグラ”を引退した老スパイがあぶりだす緊張のスパイ戦を描いていた作品。主演はゲイリー・オールドマン。共演にオスカー俳優コリン・フ...
裏切りのサーカス / TINKER, TAILOR, SOLDIER, SPY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 元MI6諜報部員であり、スパイ小説で有名なジョン・ル・カレ彼がMI6在職中に実際に起きた事件を基に書き上げ、“スパイ小説の金字塔”と呼ばれた小説、 『ティンカー、テイラー、ソルジャー、...
裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy (LOVE Cinemas 調布)
ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化。英国諜報部“サーカス”に潜む二重スパイ“モグラ”を引退した老スパイがあぶりだす緊張のスパイ戦を描いていた作品。主演はゲイリー・オールドマン。共演にオスカー俳優コリン・フ...
裏切りのサーカス (試写会) (風に吹かれて)
そして誰もいなくなった?公式サイト http://uragiri.gaga.ne.jp4月21日公開原作: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ジョン・ル・カレ著/ハヤカワ文庫)監督: トーマ
『裏切りのサーカス』 (ラムの大通り)
(英題:Tinker Tailor Soldier Spy) ----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。 この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、 えいもお手上げだったのかと…。 「う〜ん。 ある意味、そう取られても仕方ないのかな。 お話として...
トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞、もぐらについて触れています。ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ( Tinker Tailor Soldier Spy )」を「ぼくのエリ 200歳の少女
「裏切りのサーカス」気を抜くな! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を映画化した息詰まるサスペンスは、一瞬たりとも気が抜けない。 見ている側もスパイになって神経を尖らせている気分になる、最近にないどっしりと見応えバッチリな作品だ。
『裏切りのサーカス』 (こねたみっくす)
不親切な映画。だから難解でもストーリーは面白いのに、映画としてはあまり面白いとは思えない。 英国諜報員の過去を持つジョン・ル・カレの人気スパイ小説を映画化したこの作品 ...
裏切りのサーカス (だらだら無気力ブログ!)
タイトルのカッコよさに惹かれて観に行った。
裏切りのサーカス (心のままに映画の風景)
東西冷戦下の1980年代、英国諜報部「サーカス」を引退したスパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。 それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイ...
本格的スパイ (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも....
「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 (はらやんの映画徒然草)
第84回アカデミー賞にゲイリー・オールドマンが主演男優賞などでノミネートされた作
二重スパイは誰だ? 〜『裏切りのサーカス』 (真紅のthinkingdays)
 TINKER TAILOR SOLDIER SPY  1970年代、東西冷戦時代の英国。MI6内英国諜報部「サーカス」 のリーダ ーであるコントロール(ジョン・ハート)は、組織の中にKGBの二重スパイがいる と...
[映画『裏切りのサーカス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆東西冷戦下、英国の、対ソビエト諜報戦の物語。  主人公ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が属しているのは英国MI6で、話のメインが「英国諜報部(通称サーカス)内に潜む二重スパイを探し出す」であるので、  物語は、雰囲気的に、英国諜報部の「見...
映画『裏切りのサーカス』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-38.裏切りのサーカス■原題:Tinker Tailor Soldier Spy■製作国、年:イギリス・フランス・ドイツ、2011年■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■観賞日:5月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督:トーマス・アルフレッドソン□原作:ジョン・ル・カレ◆ゲイ...
裏切りのサーカス (いやいやえん)
ティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)…どっかで聞いた響きと思ったらこれマザーグースの一遍ですね。「Tinker, Tailor, Soldier, Sailor, Rich man, Poor man, Beggarman, Thief. (ティンカー、テイラー、ソ...
『裏切りのサーカス』は押井守版サイボーグ009だ (映画のブログ)
 2009年、押井守監督は『サイボーグ009』の映画化を進めていた。  最終的に神山健治監督の『009 RE:CYBORG』(2012年)として結実した企画は、元々は押井監督の新作としてスタートしたのだ。  『サイボーグ...
裏切りのサーカス (悠雅的生活)
潜入する標的。棄てきれない思い。ひとすじの涙。
裏切りのサーカス (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TINKER TAILOR SOLDIER SPY】 2012/04/21公開 イギリス/フランス/ドイツ R15+ 128分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ジョン・ハート 一度目、あなたを...
「裏切りのサーカス」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
二重スパイの正体。 プレゼントのライター。
裏切りのサーカス (Tinker Tailor Soldier Spy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 ゲイリー・オールドマン 2011年 フランス/イギリス/ドイツ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「誰にも言わないで欲しいんだけどね・・・」と前置きされる話をよく女の人から聞かされるんですけど、“誰にも言わないで欲...