勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

めぐり逢わせのお弁当 / Dabba / The Lunchbox

2014年08月09日 | アジア映画
インドのムンバイにおいて、お弁当を職場に配達してくれるのが、ダッパーワーラーと言う人々。日本の宅配便のように、伝票が何枚も付いているわけでもないのに、きちんと集荷元(自宅やお弁当屋さん)から職場まで運んできてくれるらしい。ハーバード大学の分析では、誤配送の確率は600万分の1。そんな、あり得ないお弁当の誤配送から始まった、一つの物語。

インドのムンバイといえば、有数の大都市。そんな大都市のお弁当配達が、この様にローテク(あるいは、ノーテク)で行われているのには、ビックリ。それでいて、誤配率は600万分の1というのだから凄いです。

インド映画といえば、歌ったり、踊ったりが常識ですが、この作品では、そのようなシーンはありません。毎食がカレーで、通勤電車・バスが、溢れんばかりの人集りなのは紛れも無くインドなのですが、この作品そのものは、ハリウッドでも、ボリウッドでもなく、さながらヨーロッパ映画の様。それもそのはず、インドを舞台にした作品ですが、フランスとドイツとの共同制作になっています。

サージャンとイラの物語なのですが、シャイクがいい味出しています。もう少し早くから物語に登場させて、もっと活躍させても良かったかも。

落ち着いた、いい作品です。カンヌ国際映画祭批評家週間観客賞ほか、数々の映画賞を受賞しています。それも納得ですね。

タイトル めぐり逢わせのお弁当 / 原題 Dabba 英題 The Lunchbox
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/インド・フランス・ドイツ
監督 リテーシュ・バトラ
出演 イルファーン・カーン(サージャン)、ニムラト・カウル(イラ)、ナワーズッディーン・シッディーキー(シャイク)

[2014/08/09]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GODZILLA / GODZILLA | トップ | トランスフォーマー ロストエイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『めぐり逢わせのお弁当』 (2013) (相木悟の映画評)
お弁当がつむぐ、インド産人情劇! お弁当文化の深遠さと、しっとりとした大人の恋愛劇を堪能できる好編であった。 本作は、カンヌ国際映画祭、批評家週間の観客賞受賞を皮切りに、ヨーロッパ各地で異例の大ヒットを記録。インド映画の歴史を塗り替えたといわれる話題....
映画・めぐり逢わせのお弁当 (読書と映画とガーデニング)
原題 Dabb英題 THE LUNCHBOX2013年 インド、フランス、ドイツ インド、ムンバイ学校に行く娘を送り出してから忙しなく台所に立ち夫のお弁当の準備を始める専業主婦のイラ(ニムラト・カウル)最近家族に関心を示さない夫の心を取り戻すため、上階に住むおばさん...
めぐり逢わせのお弁当 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
インドの大都会ムンバイでは、家庭でつくった“できたて”のお弁当をオフィスに届ける配達サービスが充実していて、1日20万個のお弁当箱がダッバーワーラーと呼ばれる配達人5千人によって家庭とオフィスを正確に往き来しているという。本作はそんなムンバイのお弁当事情...
めぐり逢わせのお弁当 (映画と本の『たんぽぽ館』)
歌と踊りがない!! * * * * * * * * * * インド作品ですが、ストーリー紹介の前に、予備知識。 ダッバーワーラーについて。 インドの弁当配達人のことですが、 インドではこれが一つの産業となっています。 家で作ったでき立てのお弁当を夫の勤務...
「めぐり逢わせのお弁当」 (セレンディピティ ダイアリー)
インドの新星リテージュ・バトラ監督の長編デビュー作、「めぐり逢わせのお弁当」(D
映画『めぐり逢わせのお弁当』 (健康への長い道)
 『ベニシアさんの四季の庭』『世界の果ての通学路』以来、3回目のシネスイッチ銀座。観客の9割は女性、立ち見も出る盛況です。  映画には関係ありませんが、最近日本式のお弁当と弁当箱が“BENTO”として海外でも人気らしいですね。 Story インドのムンバイ。お昼ど...
『めぐり逢わせのお弁当』 (こねたみっくす)
600万分の1のミスが繋ぐ明日への希望。 第66回カンヌ映画祭において観客賞を受賞したこのインド映画。お弁当の誤配をきっかけにメールでも電話でもない手紙で交流を深めていく男女 ...
『めぐり逢わせのお弁当』 (2013) / インド・フランス・ドイツ (Nice One!! @goo)
原題: Dabba 監督: リテーシュ・バトラ 出演: イルファン・カーン 、ニムラト・カウル 、ナワーズッディーン・シッディーキー 鑑賞劇場: アートフォーラム(盛岡市) 公式サイトはこちら。 大都市ムンバイのオフィス街では、昼時にダッバーワーラーと呼ばれ...
めぐり逢わせのお弁当 (to Heart)
原題 The Lunchbox 上映時間 105分 製作国 インド/フランス/ドイツ 脚本:監督 リテーシュ・バトラ 出演 イルファン・カーン/ニムラト・カウル/ナワーズッディーン・シッディーキー 家庭でつくった“できたて”のお弁当をオフィスに届ける配達サービスが充実している...
めぐり逢わせのお弁当 (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「聖者たちの食卓」鑑賞後、続けて本作を鑑賞。インド祭り~です。 シネスイッチ銀座での公開、見に行きたかったのですがなかなか行けず、やっと横浜にて鑑賞。 公開から随分経っていたのに・・・何と満席。人気ありますねぇ。     ************....
めぐり逢わせのお弁当 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
めぐり逢わせのお弁当 '13:インド=フランス=ドイツ ◆原題:DABBA ◆監督:リテーシュ・バトラ ◆出演:イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー、デンジル・スミス、バーラティー・アーチュレーカル、ナクル・ヴァイド、ヤシュ...
『めぐり逢わせのお弁当』正しい場所に着く (映画@見取り八段)
めぐり逢わせのお弁当 ~ DABBA ~     監督: リテーシュ・バトラ    キャスト: イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー、デンジル・スミス、バーラティー・アーチュレーカル、ナクル・ヴァイド、ヤシュヴィ・プニート・ナー...
めぐり逢わせのお弁当 (いやいやえん)
【概略】 インド・ムンバイ。主婦・イラが夫のために作ったお弁当が、ダッバーワーラー(弁当配達人)によって、なぜか男やもめのサージャンの下に届けられ…。 ドラマ インドの文化って面白いねー。弁当届けるのに持たせるんじゃなくて人を介するのか。 ムンバイ...