館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(福ふぐ貯金箱)

2017-01-27 13:34:35 | 日記

 ふぐの名所、下関関門橋のの土産品でしょうか。「福ふぐ関門橋」と表示された、趣のある、ふぐの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、福ふぐの貯金箱、陶器製、高さ9センチ、横幅11.5センチです。

 丸みと言い、リアルぽい彩色、デザインで何となく小気味よい貯金箱です。鉢巻きをした上部にお金の入れ口があるものの、出し口が無い様で壊すことになるのでしょうか。

 一寸不安定ですがお座りもします。通常は吊り下げて置く様です。

 「福ふぐ」ですが、ふぐは不遇に繋がる為、縁起の良い意味を込めて、「ふく(福)」と表示しているそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「新年のスタート 干支の貯金箱展」の展示品からの紹介です。干支の卯の貯金箱です。ダルマの様な形、色鮮やかな花が描かれ、立体的な凝った蝶が乱舞する、何ともお目出度く正月にマッチした貯金箱です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にしざわ貯金箱かん つれづ... | トップ | にしざわ貯金箱かん つれづ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。