館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(湯呑茶碗の様な貯金箱)

2011-04-30 09:40:17 | インポート

 一見、湯呑茶碗と間違えそうな貯金箱です。

1104282

1104283

 上の写真、左側、14年前に経営破綻し、廃業となった北海道拓殖銀行の販促貯金箱です。鉄製、高さ10センチ、八角で、底面直径6.5センチ、重量600グラム有ります。何かの記念品として提供された様です。側八面に朝日が輝き、雲が刻まれています。下部に、たくぎんマーク、そしてフロンティアの文字が入っています。お金の入れ口は、上の蓋に有り、蓋は、取り外し簡単です。形と言い、模様と言い、上の蓋と言い、全く貯金箱らしからぬ、湯呑茶碗の様に見えます。制作意図は、何処に有ったのでしょうか。確かに、変った貯金箱だと断言出来ます。この銀行は、クマのキャラクターでも有名、いろいろ独創的なクマの貯金箱が沢山に残されています。一番小さな都銀だったとのことですが、この面でも廃業は残念です。

 写真、右側、広島東洋カープの赤ヘル貯金箱、プラスチック製、高さ8センチです。昭和時代の広島銀行の販促貯金箱です。赤ヘル軍団などと呼ばれ、黄金時代も有りましたが、最近は低調の様です。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(果物の王様の貯金箱)

2011-04-29 09:19:29 | インポート

 果物の王様? そう、ドリアンの貯金箱を収蔵しました。

1104288

1104289

 上の写真、果物の王様と言われるドリアンの貯金箱です。陶器製、高さ14センチ、横幅23センチで、ほぼ実物の大きさです。実物を良く見たことも、食べたことも無いのですが、写真は、実物に似ているでしょうか。臭いは、キツイと言うことですがどうなんでしょうか。ドリアンについて、一寸、調べてみました。

 ドリアンの産地は、東南アジアのマレー半島、果実は、強い甘味を持ち、栄養豊富なため、国王が、精力増強に食したと言われ、それ故、王様の果実と言われる様になったとのことです。但し、その臭いが強烈なため、飛行機内の持ち込みが禁止されているとのこと、でも、一度食べたら病みつきになるという美味しさがあるそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(正に昭和時代の貯金箱)

2011-04-28 09:10:03 | インポート

 昭和も遠く成りにけり。10年ひと昔と言うけれど、平成に入って、もう23年です。平成生まれの、立派な大人が、どんどん増えています。昭和レトロと言うと、最近まで、違和感を感じましたが、とんでもない、もう、かなり懐かしい昔になりつつあるのです。そんな中で、一目で、昭和時代のものと認められる貯金箱を収蔵しました。

1104237

1104238

 上の写真、左側、犬を連れ、雨傘を持ち、当時のよくあるパターンの人形の貯金箱、この手の作りの貯金箱、陶器の焼き方、肌ざわり、色あい、顔形など、種類はいろいろ有るけれど、昭和時代のものと、すぐ解ります。なんとも穏やか、余裕を感じます。昭和時代の後半、福田赳夫 元首相の言いだした、昭和元禄の象徴と言うところでしょうか。高さ27センチ有る大きなものです。

 写真、右側、ミッフィーのクマと一緒の、一寸変った貯金箱です。ソフビ製、高さ27センチです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(オノデン坊やの貯金箱)

2011-04-27 08:52:27 | インポート

 オノデン坊やって何だい。

1104234

1104235

 上の写真、左側、オノデン坊やの貯金箱です。ソフビ製、高さ22センチ有ります。オノデン坊や、知る人ぞ知るキャラクターです。オノデン坊やは、東京・秋葉原に一店舗だけを構える家電量販店の㈱オノデンのキャラクターです。㈱オノデンは、昭和26 年創業と言う、随分古くからの家電販売店です。最近は、多店舗チェーン店が主流の中で、良く頑張っているなと思います。でも、生き残るだけの特徴を有している様です。「親切な電器屋さん」をキャッチフレーズに、経験と知識の豊富なベテラン社員を中心に、ほぼ100%が正社員だそうです。やはり、時代の流れに流されず、独自性を貫いて生き残っている企業は有るのです。そんなオノデン坊や貯金箱です。業界の片隅(失礼!)にでもキラリと輝いて、永久に存在を誇示して下さい。

 写真、右側、JAの干支の馬の貯金箱、プラスチック製、高さ27センチの大きなものです。観ていて飽きない、良い顔をしています。馬の貯金箱は、干支物以外には、あまり見当たりません。特に大きなものは無く、この手のJAの干支物は貴重です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(変った貯金箱いろいろ)

2011-04-26 08:52:06 | インポート

 変った貯金箱、いろいろ収蔵しました。

1104232

1104233

 上の写真、左側、全体像は、何となくキューピーを感じさせます。でも、真っ赤な体、変な目、おまけに、顔に線がはいっています。無理すれば、これは、スパイダーマンを感じさせます。そうなんです、これは、キューピースパイダーマン貯金箱と言います。何所から、何の意味があって作られたのか定かでは有りません。ソフビ製、高さ14センチです。

 写真右側、コミックおじさん、おしり貯金箱と言います。プラスチック製、横幅14.5センチです。独特で、滑稽なデザインで製作され、貯金するたびに笑いを呼ぶ商品だそうです。一寸下品で、笑いを呼ぶかどうかはともかく、ユニークであることは確かです。こんなバカバカしい(失礼!)貯金箱ばかりを集めた企画展も楽しいと思います。

1104239

11042311

 上の写真、ギターの貯金箱。同体部分は金属、ネックは木で作られています。高さ19センチです。たかが貯金箱ですが、結構、凝って作られています。手作り品なのか、量産品なのか、解りませんが、貯金箱としては珍しいのではと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加