館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(バックスバニーの貯金箱)

2010-06-30 09:01:05 | インポート

 新規に収蔵した貯金箱の紹介です。

100630

 上の写真、ニンジン片手にお得意のポーズをとるバックスバニーです。1972年製造、プラスチック製、高さ33センチです。アメリカのワーナーブラザーズが制作するアニメ、ルニー・テューンズ(擬人化された様々な動物の登場が最大な特徴)に登場する架空のウサギです。年代物で、色落ちや、擦り傷が有るけれど、それが又、いい感じの古さを醸し出し、骨董的な雰囲気も有ります。

1006173

 上の写真、土人形の貯金箱2体と、布袋さん。左側の土人形の貯金箱、戦前の古いものですが、高さ30センチ、ほとんど色落ちなく、状態の良いものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(キングコング)

2010-06-29 09:19:08 | インポート

 キャラクター貯金箱の紹介、その162です。今日は、キングコングです。

 1933年、アメリカの映画会社「RKO」により制作された映画の主人公で、日本でも、同年に公開されました。

1006043

 キングコングは、巨大なゴリラの怪獣で、文明社会に紛れ込んだキングコングが大暴れする作品です。美女アンを片手に持って、エンパイヤ・ステート・ビルに上る姿が特に有名です。また、映画は、空前の大ヒットとなり、以後、「キングコング」というキャラクターを使って、現在に至るまで、様々な作品が制作されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(いろいろな条件を満たした貯金箱)

2010-06-27 11:26:49 | インポート

 新規に収蔵した貯金箱の紹介です。

100627

1006271

 上の写真、茄子の貯金箱、木製、高さ28センチ、最大幅、直径21センチです。大きくて、見栄えがし、しっかりとお金の入れ口が有るけれど、不要の時は、茄子のへたを回転して、隠しています。立派なインテリアとしての置物としか見えません。更に、お金を出す時は、上段と下段の丸みを回して開けます。貯金箱には見えず、大きなものなので、お金以外の大きなものを隠すことができます。工夫の努力が良く解る貯金箱です。写真上の方、一寸解りにくいけれど、しっかりしたお金の入れ口が有ります。下の方の写真、へたで隠され、貯金箱とは解りません。

1006241

 上の写真、戦中・戦前の貯金箱、いずれも陶器製ですが、左側から、パイロット坊や、可愛い顔をしています。高さ13センチです。続いて、ブタとウサギです。高さ12センチ、いずれも状態の良いものです。これらも、次第に廃棄され、少なくなっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(あしたのジョーの貯金箱)

2010-06-26 09:45:41 | インポート

 新規収蔵貯金箱の紹介です。

1006231

 上の写真、左側、あしたのジョーの矢吹丈の貯金箱です。プラスチック製、高さ14センチです。今まで、お目にかかれなかったので、収蔵出来ませんでした。他に、同タイプで、力石徹・丹下団平の貯金箱も有る様です。1968年、梶原一騎原作、ちばてつや画で、週刊少年マガジンに連載されました。現在に於いても、日本漫画を代表する1つと言われています。

 続いて3つのダルマ、加洲相互銀行(石川県、石川銀行となり、その後消滅)提供の全国ダルマシリーズの一部で、陶器製、高さ6.5センチです。左から、姫だるま(愛媛県)、久留米絣だるま(福岡県)、天狗だるま(東京都)です。信用金庫でも、同様のシリーズがあり、もう一回り大きなものです。姫だるまは、信用金庫の収蔵品にも無く、初めての収蔵です。なかなか状態の良いもので、観ていて、ほれぼれします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(バービー貯金箱って、何?)

2010-06-25 11:28:15 | インポート

 新規収蔵貯金箱の紹介、いろいろ有ります。

100624

 上の写真、左側、可愛く、派手に目立つ、バービー貯金箱、高さ18センチです。約15年前にアメリカで購入したそうです。前のブーケの部分を、上に開けて、お金を入れる、一見、貯金箱とは見えない凝ったものです。バービーとは、アメリカの玩具会社、マテル社発売のスマートな肢体の人形を言うのだそうで、これは、それの貯金箱です。勿論、インテリアとしても、一級品です。

 真ん中、アポロ11号の宇宙飛行士、高さ、12.5センチ、銀色の陶器製貯金箱です。1969年、人類初めて、月面着陸しました。地球を廻るアポロ11号の貯金箱もあり、一緒に展示します。

 右側、通行止めの標識貯金箱、高さ22センチ、プラスチック製、リアルに作られており、作成意図は何か、この様なものを貯金箱にすることに興味がある、或いは必要性が有る人が居るんだなーと感心します。取りあえず面白いので収蔵しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加