館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(印象的なウサギの貯金箱)

2012-06-30 08:53:41 | インポート

 ほのぼの感と個性的、対極の印象を与えるウサギの貯金箱を2体収蔵しました。

1206266

1206267

 上の写真、ウサギの貯金箱、2体、左側、1970年代(昭和40年代)の貯金箱、陶器製、高さ15.5センチです。大きなリボン、大きな目、白い肌にピンクとブルーが、良い感じの和みを与えてくれます。昭和時代には、、こんな感じのほのぼのとした貯金箱が多く、特に、このウインク顔は珍しく、可愛いですね。

 写真右側、同じくウサギの貯金箱、陶器製、高さ13センチ、横幅11センチです。耳が長く、顔も個性的、花なのか、変わった模様が体にプリントされています。小型ですが、かなり重く、しっかりと作られています。最近は、こんな感じのものが主流です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ゲゲゲの鬼太郎のねこ娘貯金箱)

2012-06-29 08:06:42 | インポート

 鬼太郎のねこ娘の貯金箱を収蔵しました。

1206268_2

1206269_2

 上の写真、ねこ娘の貯金箱、ソフビ製、高さ13センチです。

 ねこ娘は、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公、鬼太郎のガールフレンドです。普段は人間の少女の姿ですが、ネズミや魚を見たり、怒ったりして興奮すると眼が金色に染まり、裂けた口に鋭い牙をむき出した猫の形相になる妖怪です。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、水木しげるによる漫画作品、1954年登場、主人公の幽霊族の少年、鬼太郎が妖怪達とくりひろげる物語です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(あざらしの貯金箱)

2012-06-28 08:18:10 | インポート

 フインランドのNorden Bankが、ノベルティグッズとして永く採用、「お小遣い貯金用」として多くの子供たちに贈られ活躍してきた貯金箱、その当時と同じ型を使った復刻版の貯金箱を収蔵しました。

1206262

1206263

 上の写真、あざらしの貯金箱、プラスチック製、高さ10センチ、横幅15センチです。この復刻版貯金箱は、2011年1月に販売されたものです。

 エレファントバンクでお馴染みのMKーTRESMER社の提供、あざらしに魚のイラストがプリントされています。イラストを担当したのは、フインランドを代表する食器「アラビア社」のデザイナー、ヘイニ・リータフフタです。

 シンプルで和みのある、あざらしの貯金箱、更に、魚のイラストがひときわ目立って愛らしいです。手で魚を捉え、捉えられた魚も恍惚の顔、何ともユニークです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(たれぱんだの貯金箱)

2012-06-27 08:31:32 | インポート

 人気キャラクター、たれぱんだの貯金箱を収蔵しました。

1206194

1206195

 上の写真、サッカーボールに乗った、たれぱんだの貯金箱、陶器製、高さ14センチです。1993年のJリーグ開幕以来、サッカー人気は急上昇、今では人気一番のスポーツです。いろいろな貯金箱に、サッカーボールなど、サッカーグッズが取り入れられています。これもその一つ、時代を映しています。

 たれぱんだは、末政ひかるによってデザインされ、リラックマのサンエックスのキャラクターです。1995年登場、人気のピークは1999年でした。

 こんな貯金箱も収蔵しました。

1206192

1206193

 上の写真、可愛いネズミの貯金箱、プラスチック製、高さ16センチです。硬貨を入れると、「I Love You !」と言います。

12061914

12061915

 上の写真、イノシシの貯金箱、プラスチック製、高さ7センチ、横幅12センチです。神戸銀行で、昭和34年に提供されたものです。シンプルですが、なかなかリアルに作られています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ブルーチップのキャラクター貯金箱)

2012-06-26 09:27:57 | インポート

 ブルーチップのキャラクター貯金箱を収蔵しました。

1206196

1206197

 上の写真、ブルーチップのキャラクター、シマリスの左側、男の子、右側、女の子のチップちゃん、ソフビ製、高さ14センチです。正式キャラクターは、欧米風な顔をしているが、こちらは、和風の穏やかな顔、別キャラとの評価が有ります。

 東京にあるブルーチップ㈱は、セービングクーポン(トレーディングスタンプとも言うが、一定量を集めると、量に応じた商品などと交換出来る)「ブルーチップ」のシステムを運用・販売している企業。ブルーチップは、かって、切手の様な紙を定められた台紙に貼る形式だったが、現在では、カードによって管理されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加