館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ゴメンなさいおぢさん貯金箱)

2017-07-18 10:32:38 | 日記

 今日は休館日、早朝から畑に行って、先ほど帰ってきました。曇り空に爽やかな風、まずまずの暑さでした。雑草取りと、ジャガイモの試掘をしました。雑草取りは小まめにしているのでスムーズに完了、ジャガイモの試掘に入りました。茎のほぼ枯れたものを掘ってみました。なからの大きさ・量、来週あたり収穫かなと思います。

食べるに丁度良い大きさです。

 さて、ゴメンとあやまったらコインを一枚、そんな愉快な貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、人のよさそうな、気の弱そうな顔をしたおぢさん貯金箱、硬質樹脂製、高さ17センチです。

 ゴメンとあやまったら貯金、詳しくは下の「ゴメンなさいおぢさん貯金箱」の説明をご覧ください。

 太り気味のおぢさん貯金箱だから、何度ゴメンしても十分貯められます。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。擬人化されたポストマン貯金箱です。陶器製、高さ28センチの大きなものです。同型の小さなもの、金色の大きなもの、その他小さなものでは黄色のものなどいろいろあります。可愛らしく良く出来ています。昭和時代のものかな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(新幹線ひかり号の貯金箱)

2017-07-17 08:18:22 | 日記

 昨夜の戸倉上山田温泉夏祭りの本番は、大勢の見物客に囲まれ、大きな歓声を受け盛大に終了しました。その様子はこちらをご覧ください。http://chikuma-kanko.com/2017-07-16/post-1500/

 さて、2006年閉館の交通博物館の売店で発売され、大人気だった懐かしい新幹線ひかり号貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、新幹線ひかり号貯金箱、ソフビ製、高さ10センチ、横幅7センチ、奥行き16センチです。

 擬人化されたひかり号、愛嬌のある顔で、車体の形もユニークです。

 お金の入れ口は、頭の上にあり、出し口は赤い鼻? がゴム製で外せる様になっています。

 小型のものですが、丸々としているので、それなりに貯められそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。郵便ポストの貯金箱。戦前から現在まで、定番の貯金箱としていろいろな形・色のものなど数多く提供されています。これは、比較的大きなオーソドックスなポスト貯金箱です。実際のポスト並みのものも有ります。陶器製、高さ40センチ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(木製のSL貯金箱)

2017-07-16 08:12:02 | 日記

 昨日は戸倉上山田温泉夏祭りの初日です。午前中は区内のお祭り、午後は上山田地区一帯参加の市民祭り、数多くの山車行列、そして夜は観光客も参加の民謡踊り、最後はご神体の神輿が温泉本通りを練りに練って安置されました。いよいよ今日が勇壮な温泉夏祭り本番です。

当館2階の窓越しに見た山車行列

 さて、市販の土産品と言うことですが、木製の小型SL貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、木製のSL貯金箱、高さ8センチ、横幅7.5センチ、奥行き15センチです。

 車輪がくるくると良く動き、スムーズに移動します。木の素材を生かし、シンプルな色付け、造作もシンプルなものですが丁寧にされています。

 飾り目的がメインなんでしょうが、貯金箱機能もしっかり備わっています。但し、貯蓄量は僅かです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。ブタの貯金箱です。ダルマ型をした福ブタの縁起物貯金箱です。陶器製、高さ24センチです。大きな鼻の穴がお金の入れ口、出し口は底にあり、ゴム蓋です。昭和時代のものなんでしょうが、変わっていて面白いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(和同開珎の貯金箱)

2017-07-15 10:25:45 | 日記

 暑さが続きます。昨夜は天気予報による期待の雨も無く 暑い夜でした。でも、信州の夜はぐ~んと涼しくなります。

 今日は二日続きの初日、温泉夏祭りです。午前中、区内の若者・子供たちが神輿を担いで区内巡行中です。午後からいよいよ本番です。昨夜は前夜祭で皆さん、エネルギー補給済みです。

 さて、大垣共立銀行が提供した、日本で最初の流通貨幣と言われる和同開珎を模した貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、和同開珎の貯金箱、陶器製、高さ11センチ、横幅11センチ、奥行き3センチです。

 和同開珎を模した珍しい貯金箱です。本来の穴あき部分に、本店の建物写真が埋め込まれています。1973年(昭和48年)に新築されたもので、若しかしたらその時の記念貯金箱でしょうか。

 小型のもので、壁掛け式です。お金の出し口はありません。それなりに風格があり、珍しい貯金箱です。

 大垣共立銀行は、岐阜県大垣市に本店を置く、地方銀行です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。ブタの貯金箱です。黄金色、所々ピンクでど派手、リアルな顔の招きブタ、招福の小判をかざした縁起物です。陶器製、高さ42センチあります。全てに迫力十分で、しっかり福を引き寄せて貰えそうです。

 

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(信ちゃんサンタの貯金箱)

2017-07-14 11:29:42 | 日記

 いよいよ明日・明後日と戸倉上山田温泉夏祭りが行われます。今日は早朝から区の夏祭り準備に出かけてきました。今晩は準備した区の神酒所で前夜祭です。区民が集い、飲んで食べてお喋りして、大いに楽しみます。詳しい夏祭り情報はこちらで。http://trend-timelife.com/toguragami-yamada-onsen-nitei

 さて、協和信用金庫提供のサンタクロースの信ちゃん貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、信ちゃんサンタ貯金箱、ソフビ製、高さ10センチです。

 昭和30年代に始まった、信ちゃん貯金箱シリーズの一つです。小さくて軽くてシンプル、大量に提供されました。信金の窓口でも、得意先係からも気軽に渡され、当時ではすっかり馴染のものでした。

 小さくても貯金箱機能はしっかりあるものの、実際に使用されるよりも玩具として、或いはシリーズものの揃いを飾るなどとされていました。

 協和信用金庫は、1999年(平成11年)に合併、東京東信用金庫に名称変更されています。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。タヌキの貯金箱です。達磨大師もどきの貯金箱です。陶器製、高さ32センチです。見るほどに引き付けられる良く出来たタヌキ達磨大師です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加