館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(信州池田町のカエデを見て来ました)

2011-10-31 14:43:11 | インポート

 昨日の日曜日、生憎の雨降りでしたが、池田町、と言うよりは、安曇野と言った方が通りが良いのかな、有名なカエデを見に行って来ました。安曇野の北部、大町よりに位置する池田町、その大峰高原に、今では、すっかり有名になったカエデが有ります。

 戸倉上山田温泉から、麻績~山清路~大町市八坂~大峰高原と一時間半程でした。但し、途中、金熊温泉 明日香荘で、美味しい新蕎麦を昼食に食べています。 大峰高原まで、本当に山道ばかり、でも、全道が舗装されており、結構快適です。何と言っても、行けども行けども、見渡す限りの紅葉の風景が続きます。雨降りで残念でしたが、素晴らしい紅葉狩りです。

 池田町の有名なカエデは、大峰高原に有り、七色大カエデ、新カエデ、中カエデの3つが有ります。大町市八坂側から行くと、先ず、中カエデから見ることになります。道路沿いに、立派な駐車場が有り、そこに駐車し、一寸下に降りれば、見ることが出来ます。雨降りで、比較的、見学者が少ないものの、バスでの観光ウォーキングツアーの人達が、何十人もひと固まりで歩いています。結構な数が続いています。

1110301

 上の写真、真ん中の奥の木が、中カエデです。七色大カエデより、一回り小さいとのことです。

111030

 上の写真、これが中カエデ、カエデとは思えない大きな木、形も非常に優雅です。雨降りで、色が不明瞭で残念ですが、真っ赤に紅葉するのだそうです。何となくそんな様子が分るでしょうか。快晴であればなー です。

 また、車に乗って、3~4キロ、七色大カエデに着きます。大きな駐車場、トイレも完備、観光案内・売店も有ります。観光に力が入っているようです。駐車場のすぐ下に七色大カエデが有ります。樹齢250年の大樹です。

1110302

 上の写真、七色大カエデ、このカエデは、七色に色づくんだそうです。でも、雨降りで有ったけれども、これは、ほぼ一色でした。遅かったかなー。

1110303

 上の写真、新カエデへの途中に見た、まだ小さなカエデ、これなんか結構、何色にも色づいていました。

 新カエデは、七色大カエデの下、100メートル程の所に新たに発見され、道も整備されています。

1110304

 上の写真、新カエデ、下から紅葉が始まっていて、これからが期待できそうです。

 雨降りと天候異常も有ってか、最高の紅葉狩りとはいきませんでしたが、素晴らしい所と認識しました。来年は、情報を集めて、最高の紅葉狩りをします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(クロワッサン、そっくりの貯金箱)

2011-10-29 09:13:39 | インポート

 一見、単なるクロワッサンが置かれているかと思ってしまう、そんなクロワッサン、そっくりの貯金箱を収蔵しました。

11102210

11102211

 上の写真、クロワッサンの貯金箱、陶器製、横幅10センチです。食堂に展示されている、メニューのサンプルの様な形をした貯金箱が、最近、いろいろ販売されています。ラーメン・中華・丼ものなど、更に、ケーキ類なども多く販売されています。そんな中の一つかと思ったのですが、昭和時代のもの、昭和レトロだそうです。良く出来ています。以前から、この様な傾向は有った様です。 でも、何で、最近、この種のいろいろな貯金箱に需要が有るのでしょうか。一寸、理由が掴めません。

 クロワッサンとは、三日月型に作るフランス発祥のパン。バターを多く使っており、サクサクした食感と甘みが特徴的です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ベティ・ブーブのボトル貯金箱)

2011-10-27 09:00:14 | インポート

 ベティ・ブーブの変った貯金箱を収蔵しました。大きなボトルにベティが描かれています。

1110222

1110223

 上の写真、大きなボトルに描かれている、ベティの貯金箱、プラスチック製、高さ50センチ、直径16センチです。アメリカ製です。お金は、上のキャップに入れ口が有り、お金は、キャップを取って取り出します。

 何といっても、大きさに圧倒されます。ベティ ファンには、堪らない珍品だと思います。どんなところのインテリアとして利用されていたのでしょうか。アメリカのスナックの飾りだったのでしょうか。

 ベティ・ブーブは、1930年、アメリカのアニメーション映画に登場する架空の少女キャラクターです。その豊富な性的魅力により人気を博し、今日でも、セックスシンボルとして、根強い人気を保ち続けています。

 こんな、いろいろな面で、よく解らない貯金箱を収蔵しました。

11102218

11102219

 上の写真、童子人形と称す貯金箱、一応磁器的な感じの陶器、高さ11センチです。制作時期は、日の丸を持つなどしていることから、戦中以前と思われます。着けているものから、幼児と思われるも、顔は大人の様、動作も、何を意図しているのかも、今一解らない。左右、汚れ度合いも有るけれど、微妙に違っています。最近、オークションによく出ていて、変っているので落札してみました。その内に、どんなものか解るでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(鉢植えの花の貯金箱)

2011-10-26 08:55:42 | インポート

 鉢に植えられた花、それも6個、奇麗な色と形、それも貯金箱なんです。そんな思いがけないものを収蔵出来ました。

11102222

11102223

 上の写真、鉢植えの花の貯金箱、6種類の花、どれも素晴らしく、見応えが有ります。現在、三井住友銀行となっている、当時の日本相互銀行が提供したものです。ソフビ製、高さ14センチ~20センチです。勿論、貯金箱全盛時の昭和時代のものです。

 お金の入れ口は、鉢の中の花の茎傍に有り、出し口は、鉢の底です。貯金箱としての活用はともかく、一寸した小物のインテリアとして重宝しそうです。

 福禄寿の大きな貯金箱を収蔵しました。

111022

1110221

 上の写真、福禄寿の特大貯金箱、陶器製、高さ38センチです。重量もかなり有ります。お金は、口から入れ、出し口は、底に穴が開いています。ガッチリとした出来、良いお顔の福禄寿です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(楽しい仕掛けの貯金箱)

2011-10-25 08:35:52 | インポート

 「楽しい仕掛けの貯金箱」が、キャッチフレーズ、1970年代に、玩具・雑貨等の製造・販売を行うタカラトミーから売り出された貯金箱を収蔵しました。

11101313

11101314

 上の写真、楽しい仕掛けの貯金箱、二ューキーバンクです。プラスチック製、高さ35センチです。愛らしいデザインのものがいろいろ有る様ですが、これはトラのデザインです。楽しい仕掛けと言うのは、貯金箱の底のシールにキーナンバーが書いてあり、それを知った貴方だけが開けられるというものです。今からすれば、どうってことないですが、当時とすれば、ユニークだったのでしょう。今から50年前、時代を窺い知ることが出来ます。

 こんな変ったウサギの貯金箱を収蔵しました。

11101315

11101316

 上の写真、カウボーイ姿のウサギの貯金箱、プラスチック製、高さ40センチです。色落ちし、経年を感じる、結構古いものです。二丁拳銃を構えた、勇ましい姿、アメリカで購入したものだそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加