館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(1月からの企画展が紹介されました)

2008-12-28 09:05:06 | インポート

081228  更埴新聞、1月4日号、「千曲川」欄で、当館の1月からの企画展、「干支の貯金箱(十二支)勢ぞろい」が紹介されました。来年の干支、丑を中心に、十二支を表現した貯金箱、選りすぐりを、特別展示コーナー一杯に繰り広げます。

 新しい年の、ウキウキした気分、晴れやかな気分が、更に盛り上がる様、工夫しています。当館は、明日から休み、開館は、新年3日からです。どうぞお出かけ下さい。

 ここ両日、朝から雪降りで、今、午前9時、降り続いています。正月気分が、盛り上がります。

 どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(軍用手票)

2008-12-27 08:45:25 | インポート

0811298   館内展示室3「お金いろいろ」の部屋紹介、その5です。

 「軍用手票」などという言葉を知らない世代が、多くなりました。略して「軍票」と言っていますが、「占領地における軍の使用紙幣」です。その占領地のみで使用出来るもので、本来、終戦後に引き換えの保証をしたものでしたが、大部分は、紙幣としての価値をもたなくなりました。

 日華事変軍票と大東亜戦争軍票を展示しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(当館も銀世界)

2008-12-26 10:42:48 | インポート

081226   昨夜からのチラチラした雪で、今朝は、今冬初めて、当館の周りが、銀世界となりました。とは言っても、数センチの積雪です。雪で、化粧された、当館を、上の写真で、ご覧下さい。一寸、寒々していますが、館内は、暖かく、楽しい、賑やかな展示物で、活気に溢れています。

0812262  中の写真、当館の左側にある、南部公園です。すっかり冬景色です。遠くの山は、より雪深く、どんよりと、今だに降り続いています。

 下の写真、当館の駐車場から見た、城山史跡公園です。善光寺大本願別院0812261 が見えます。一帯の景色は、戸倉上山田温泉のシンボルです。冬景色の中に、神々しさがあります。

 今冬は、雪が少なく、困っていたスキー場も多かったのですが、これで、活気が出ます。年末年始、皆さん揃って、お出かけ下さい。当館も、新年3日より開館します。企画展、「干支の貯金箱(十二支)勢ぞろい」で、選りすぐりを展示します。ご期待下さい。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(年代順、日本紙幣一覧)

2008-12-25 09:20:47 | インポート

0811296  久し振りに、館内展示室3、「お金いろいろ」の部屋を紹介します。その4です。

 順路、左側の壁に沿って、日本紙幣が、年代順に展示されています。藩札から始まって、明治初期、先進国ドイツで作られた、「明治通宝」が有ります。これ0811297 らの展示で、充分に、紙幣の歴史が理解頂けると自負しています。

 日本の紙幣の、時代を反映した移り変わりと、どれも素晴らしい制作技術を、楽しんで頂きたいとおもいます。

 来館頂いた方々は、「私は、どのお札から使ったことがあるよ」などと盛り上がっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(おみくじ箱兼用の貯金箱)

2008-12-24 08:08:02 | インポート

081223   続々集まる貯金箱の紹介。

 上の写真、左側、おみくじ箱と貯金箱が、合体しています。お金の投げ入れ口が、下に付いており、下部が貯金箱になっています。これが、どの様な使用目0812231 的に考えられたのか、定かでは有りません。

 次は、リアルな犬の貯金箱。そして、小さいながらも、確り見栄えする、開運、お賽銭箱の貯金箱。最後は、かなり大きい(25センチ位)キャラクター「トロ」の変形顔の貯金箱です。

 下の写真、それぞれ、何となく可愛い、キャラクターの貯金箱です。本当に、貯金箱は、特定分野の物だけでなく、あらゆる分野に広がりを持っています。どの様に、分析、集約したものかと、考慮中です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加