船橋競馬 矢野義幸厩舎公式ブログ Be The Best

☆ご声援よろしくお願いいたします☆

やさしさの理由 馬の神さまのもとで ギブリー

2006-04-25 20:24:55 | 所属馬紹介
「今日、装蹄師さん来るよ、NHKに出てた福永さん」
という矢野先生の言葉にびっくり&わくわくな火曜日の朝9時。
・・・とはいってもここではすでに”お昼”という状態なわけですが・・・。

福永守さんは「馬の神さま」と呼ばれる装蹄師さん。
広島県からお弟子さんと車でやってきてあちこちの馬の装蹄をして周っている。

装蹄中の福永さんは厳しい。
危険と隣り合わせ。
実際に、お弟子さんは何度か馬の後ろ脚キックに遇って壁に向かってぶっ飛んでいた。
人があんなふうに飛ぶところ、初めて見たかも知れない。
もくもくと装蹄が行なわれている間、厩務員さんは馬たちのお相手。
じっとしていてねと撫でたりニンジンを食べさせたり
そして時々叱ったり。
装蹄が終わると歩様のチェック。
「紙一重の技とはこのことやな」と、
装蹄が終わった後の馬を観た矢野先生がつぶやく。
「生産・育成もやっていて、あの人のところの馬はすぐにぴょんと飛び乗れる。
それくらい性格がいい。素直に育つ。」

その”性格がいい”馬、ギブリー(父メジロライアン 母ヤエチグサ)のオーナーは福永さん。
競走馬として・・・という状態だった彼を救ったのは福永さんの装蹄だったらしい。

ひと段落して手を休めて、私ににっこり笑いかけた福永さんは
「これ、わしの馬。」とギブリーを見て微笑む。
装蹄する姿、やさしい口調とあたたかな笑顔を見ていたら
ギブリーのやさしさの理由がわかる気もした。

彼の次走は5月1日月曜日。
一時は競走馬としての未来も霞んで見えたギブリーが
熟練の技・神さまの手に守られて
本橋孝太騎手のデビュー戦で”次の競馬”を繋いで行く。


じっとしていてね


ヨイチハヤテ 右が福永さん。


こちらもヨイチハヤテ
ニンジンをもらって口の周りがニンジン色になってます。
よだれもニンジン色の泡でした。


ギブリーと利光厩務員


福永さんと孝太騎手と3人・・・いえ、”4人”で作戦会議中かな
とてもステキな光景でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« やさしいきもち ギブリー | トップ | クラマサシンバ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張り強いタフなギブリー (世羅のギブリーファン)
2011-04-03 18:37:03
広島県世羅郡世羅町ホースビレツチいたころからの ギブリーのフアンで、ある日四国高知に転厩してから、スカパーでの255Chでは、観戦してました、福永守さんが入院されから以後しばらくみてません・・頑張れギブリーといつも陰ながら応援してま~す
ギブリー (BE THE BEST 担当アベ)
2011-04-03 22:14:39
世羅のギブリーファンさん、はじめまして。

ギブリーは昨年末に地方競馬登録を抹消したようですね。
賢く優しい馬だよ、と矢野調教師から紹介してもらったのが
ちょうど5年前の春でした。
彼の存在に、私自身もずいぶん助けられました。
どの馬にも思い出がありますが、
彼のことは忘れることはないでしょう。

所属馬紹介」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事