美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



堅い絆

2014-05-31 05:59:40 | 野鳥

木曽川の川面すっかり鴨の姿は消えました。

所がこの対岸に番のミコアイサが居残っているのが見つかりました。

カワウ群の傍に寄り添っています。

どうしたのでしょう?

どうも右の翼の様子がおかしいのです。

怪我をして渡りが出来なくなったと思われます。

そして一羽の♀が傍に寄り添います。

きっとカップリング成立後に怪我をしたのでしょう。

この時期逗留ということは越夏することに・・・・。

早くも連日30℃近い暑さ無事を祈りたいです。

翼が治り長距離の飛翔が可能になって欲しいと願わざるをえません。

寄り添う雌が支えか?かく有りたいパンダ鴨夫婦です。

コメント (14)

お山で虫探し!

2014-05-30 06:40:21 | 花と虫

林道を歩くと色々なものに出会います。綺麗なもの、面白いものを

満開なのは「アザミ」・・・・この花どうしてでジェラシーを感じるのでしょう?

花に止まってくれません。「ベニシジミ」

ヒノキの切り株に面白い虫です。

体調およそ20mm弱「オオゾウムシ」

触ると死んだふりして転げ落ちました。

木の枝にとまらせて・・・。

それにしても面白い形のゾウムシ類、神のいたずら?いろんな造形をしたものです。

甲虫ついでにもう一つ葉虫の仲間「アカイロマルノミハムシ」

指輪のルビーより小さいか?笹の葉先の露とあまり変わらない大きさです。

もうひとつ笹に「カワカゲロウ?」

はかなきものの代名詞、長くもない命でありながらこんな運命も・・・。

何時間自由に飛びまわったか?ついてないですね~。

鳥の声を聞きながら虫・虫・虫もまた面白い。

 

 

コメント (17)

今里山では!

2014-05-28 12:29:42 | Nature

鋭い棘をもつ「ジャケツイバラ」です。

これが斜面に繁茂し過ぎるとと立ち入りはできません。

間伐で目につくようになりました。

「定家蔓」が咲き始めました。

里山も夏模様に!

「アサヒナカワトンボ」です。数が増えました。

気を付けねばならないのはこいつ「スズメバチ」、トンボを撮っているとすぐ傍に・・・。

飛んできても決して手で払ってはいけないときいています。

耳元で羽根音が聞こえますが静かに我慢、姿勢を低くしてゆっくり後ずさりです。

 

鳥の囀りを聞きながら林道をのぼります。

子育て終盤の「オオルリ」です。

巣の中の子供を見守ってます。 

巣立ちも近いようです。餌を見せびらかして誘い出してる様子。

すぐにその場を離れました。

(翌日からオオルリの姿を見なくなりました。無事巣立ちさせたようです。)

チラッと姿を見せたのは「ヤブサメ」・・・・残念一寸ピントが甘かったです。

写真を撮らせたのはこれ一枚きりでした。

今日は近くで!「サンコウチョウ♀」です。

初夏の里山近況です。

 

コメント (16)

戸隠森林植物園にて

2014-05-27 12:24:10 | 山野草・樹木

木道の散策路に入ります。時々大砲抱えた鳥追い人とすれ違います。

せせらぎ沿いの湿地には

「水芭蕉」・・・信州の水芭蕉、今年は何処も傷みが目立ちます。

満開だったのは「二輪草」&「リュウキンカ」

「エンレイソウ」・・・・・・亜高山に登らなくなったminoji、久し振りで出会った花です。

「サンカヨウ」・・・・純白の花は久し振りに出会いました。

「シラネアオイ」・・・佐渡ヶ島の金北山以来の出会いです。

でもこれは植物園で植栽されたもの。戸隠・高妻山に登れば出会えるのだろう。

「石楠花」・・・・今が満開でした。

「トサミズキ」・・・・・これも満開でした。

自然界では旬をはずすと花は見られない、咲く期間に訪ねられるのはリタイアした年寄りの特権?

その意味では新緑のこの時期、丁度旬だったかも。

熊取りのおっちゃん 近々高妻山(戸隠の峰続き)に登られるようだ!

シラネアオイの咲くこの時期がいいのだが・・・。出会いのレポートを期待しよう。

 

コメント (18)

北信濃にドライブしてきました。

2014-05-25 05:40:44 | 旅行

久し振りの長距離ドライブです。目的地は戸隠神社です。

あいにく雨の中、車を美濃路~木曽路~信濃路と走らせます。

北アルプス連峰が遠望できるはずなのですが・・・・・。あいにく雲の中です。

戸隠に近づきました。心地よい唐松の新緑です。

霧雨に煙る戸隠に到着です。

それにしてもこの天気の中でも駐車場は満杯、鳥撮りさんは頑張ってます。

今日明日と鳥追いの予定だったのですが今日は中止です。

久し振りの北信濃です。ドライブしながら宿の方に向かうことに。

 

途中立派な七堂伽藍のお寺の前を。一寸立ち寄りです。

かなりの古刹と見受けました。最近の修復で綺麗に整備されています。

鐘楼をくぐりぬけて境内に

三重塔です。

長野県下最古、北信唯一の塔だとのことです。

源の頼朝により建立されたとあります。

綺麗に清掃された境内、気持ちの良いお寺です。

境内からは天気が良ければ白馬連峰も見えるようです。

 

今回の旅の目的は 新緑・山野草・鳥追いと欲張ってます。

明日の天候回復に期待して!山を下ります。

 

コメント (24)