美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



里山散策

2015-04-30 06:00:00 | Nature

里山林道は緑の小道、谷川のせせらぎと小鳥の声が響きます。

オオルリに続いて「キビタキ」も入りました。

花もいろいろ咲いています。

終盤のツツジがまだきれいです。

「ミツバツツジ」

「ヤマツツジ」

「ニガナ」・・・・ウサギが好きな草です。

でも味はその名の通り苦いです。

「シャガ」の群落

「ニホンカワトンボ」が増えました。金属光沢のきれいなトンボです。

あんなこんなで退屈しない林道ですが・・・・。

一つ難があります。樹上から青虫が沢山ぶら下がってます。

小枝で前を払いながら歩くのですが・・・いつの間に肩や背中に乗ってるんです。

そして時々頬や首筋に違和感、払い落としながら歩きます。

家に入る前は背中を点検です。(笑)

鳥のエサが豊富な時期なんですね。

コメント (14)

カトマンズは復興できるのか?

2015-04-28 21:31:34 | ボヤキ

ネパールの大地震、都市部で発生したM7.8は町を破壊しつくしたのではなかろうか?

2007年に尋ねた時の写真、ホテルからの市内の眺めです。

一見鉄筋コンクリートづくりに見える建屋も日干し煉瓦を多用しています。

もちろん鉄筋の数は日本の基準ではありえない少なさです。

この町が瓦礫の山になっているのでしょう。

 

毎日祈りをささげる人が絶えない寺です。面白い神様の肖像画でした。

報道写真ではこの前ががれきの山になっていました。

左手(写真に入ってません)の寺院が崩壊したのでしょうか?

 

繁華街を歩いた当日はお祭りの日、ひどい雑踏でした。

山車が練り歩くお祭り、市の中心部です。

ファッション店

お寺の仏塔です。

平和な時のお祭り、山車を待つ人々です。

 

今この町が瓦礫の山と化してるのですね。

貧しい国復興には国際援助と長い年月がかかるのでしょう。

人口密集地、他人事ではないですね。

都心直下型が発生するのではとわれている首都圏、

いづれは日本が麻痺する時が・・・・。

東北震災の揺れで原発のどこに支障が発生したか調査もできていないのに、原発再稼働はいいのだろうか?

コメント (12)

可愛いお客様「コムクドリ」

2015-04-27 20:50:00 | 野鳥

毎年この時期になると姿を見せ通過していく鳥です。

夏近しを感じさせる鳥、奇しくも今日は暑かった~!

「コムクドリ」雌です。

こちらは雄、金属光沢の複雑な色合いです。

今年も姿を見せてくれたのですが、数が数年前の1/3程に減ったことが気がかりです。

お気に入りだった樹が切り倒されるなど環境が変わった所為なのでしょうか?

 

コメント (10)

ニホンサクラソウとアゲハチョウ

2015-04-26 21:16:26 | 花と虫

ニホンサクラソウの花変わりです。

園芸品種はまだまだありますが拙宅に残っているのはこの程度になりました。

 

この時期サクラソウが満開です。蝶は蜜を吸うタイミングをよく知ってます。

「カラスアゲハ」が舞います。

そこにやってきました。「アゲハチョウ」

やはり野生種がおいしいのでしょうか?

それとも色にひきつけられるのか?

この赤い花に集中して吸蜜です。

この時期狭い拙宅の庭が一番華やぐ時でもあります。

 

コメント (12)

木曽川フィールドで!

2015-04-24 20:19:24 | 野鳥

4月24日はminojiにとってコムクドリと出会える特異日です。

今年もコムクドリの姿は確認できたのですが・・・、♀一羽だけ寂しい限りです。

最近はコースが変わったのかここ2年ほど立ち寄る個体が少ないのが気がかりです。

変わって通過していく「オオルリ」です。木陰で目がはっきり写りません。

 

キビタキがいまだ姿を現しません。遅れ気味です。

オニクルミの新芽もで、花も咲き出しました。赤いのが雌花、下垂しているのは雄花です。

ちょっとやつれたシジュウガラ、近くで営巣中でしょうか?

 

 

コメント (14)