美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



晩夏!

2019-08-17 05:44:40 | つぶやき

 

ベランダにアブラゼミが転がっている。そしてクマゼミの鳴き声が急に静かになった!

里山ではそろそろヒグラシやツクツクボウシが鳴き出してるのではないかな。

真っ赤な「ショウジョウトンボ」「シオカラトンボ」「ギンヤンマ」が水辺を行き交います。

世代交代も盛んになってきました。

「ギンヤンマ」

「シオカラトンボ」

台風の置き土産で猛烈な暑さになるという。

爽やかな台風一過は昔語りか?「モンスーン」といいたいような嵐だった。

 

 

 

コメント (9)

「スイレン」アラカルト

2019-08-15 07:25:03 | つぶやき

洋上の大型台風の余波を受けて、普段とちょっと違う西の空の夕焼けです。

西日本各地の皆さんこれからが台風本番の様子、お気を付け下さい。

 

連日の酷暑!猛暑!炎暑!などとぼやいてみても涼しくなりませんね。

せめて炎天下で咲く「スイレン」に涼感を・・・・。

スイレンは「ヒツジ草」とも

名前はひつじの刻(午後1時~3時)ごろに咲くからとか?

暑い昼日中に開花するとは、さすがに熱帯性の花ですね。

 

コメント (10)

炎天下で!

2019-08-10 21:19:31 | 

近くのフラワーパークです。

元気だったのは「アメリカフヨウ」ですね。

噴霧の中で走る子供がうらやましい。

朝から35℃木陰で見守る母親も大変です。

この暑さ散水も追っつかないのか、花はしおれ、葉は紅葉せず落葉を始めました。

遊歩道の木々も緑を残す葉が大量に落葉し始めました。

雨が降らない炎天下、成長できなくても枯死しないための自衛策でしょうか?

日本の四季はどんな自然変化を遂げていくのでしょうか?

夏は確実に熱帯化が進んでいるように思えます。

 

 

コメント (12)

線状降水帯?

2019-08-07 09:34:31 | つぶやき

最近記録的集中豪雨の発生時、「線状降水帯」という言葉を耳にする。

台風8号ははるか離れた九州を通過していったがその前日の愛知県の夕暮れです。

当方の空に南北に続く積乱雲の列が見られました。

位置を変えて名古屋東部方面にカメラを!

雨が降っている様子はありませんが十数kmに並ぶ積乱雲

線状降水帯とは言えないようですが線状積乱雲というところでしょうか?

 

この日の西方の木曽川夕焼けです。

前日は・・・・・・

いつもの木曽川夕暮れです。

コメント (10)

夏空

2019-08-06 06:07:42 | つぶやき

台風の余波?白い雲がまぶしい!

野暮用で名古屋市内に!

ビルの狭間の町ブラひときわ熱いですね~。

冷房の効いたビルに避暑!禁煙が徹底したのは救いだ!

 

 

 

コメント (9)

蝉は暑さに強い!

2019-08-02 12:28:23 | つぶやき

御嶽山の夜明けです。

双耳峰の「乗鞍岳」が雲間に浮かびます。

下界より10度以上低い別天地です。

帰宅した犬山は灼熱のの地です。

熱帯夜は「「シャカ・シャカ・シャカ・・・・・」との声とともに開けます。

寝所の窓辺で鳴くのは「クマゼミ」、この鳴く声で起床です。〈笑〉

関西では子供のころから馴染んでいた蝉、転勤に伴い現在地に越した当時(48年前)には声を聴くことがなかった蝉です。

温暖化が言われだし、バブルがはじけたころから姿を見るようになった気がする。

間違いなく分布は北上している。

 

最近世界的に昆虫が減少傾向といわれている。絶滅が危惧される虫も多い。

怖いのは虫が食物連鎖の中間に位置することですね。

このまま自然が戻らなければ、その影響は食物連鎖の頂点にいる人間に及ぶのは必定でしょうね。

猛暑といわれル異常気象すら止められない人類、いずれは太古の恐竜の運命か?

 

 

 

 

コメント (8)

木曽の御嶽山

2019-08-01 05:10:21 | つぶやき

夏でも寒いといわれる御嶽山、ちょっぴり避暑してきました。

数年前噴火した頂上付近です。(800mm相当の望遠レンズで)

山小屋はまだ手付かず、噴石が降り注ぎ多数の方がなくなられた付近です。

噴火は収まったかのように見えますがまだ立ち入り禁止です。

いまだ行方不明の方もどこかに眠ってられます。(合掌)

 

登山口付近の高層湿原(森林限界付近)です。

尋ねた目的の一つはこれ「ホシガラス」です。

「シラビソ」の木で採餌中に📷

梢で「チリチリ」囀ります。

付録は「メボソムシクイ」です。

飛び交う蝶は?・・・「ミドリヒョウモン(♂)」でした。

 

帰路久しぶりで立ち寄ってみました。

35年前の長野県西部地震(1984年)で山が抜け、その土石流でせき止められた王滝川にできた自然湖です。

周りの木々の濃い緑を映す静かな湖畔でした。

 

今日から八月、早く秋風が吹いてほしいですね。

 

 

 

 

 

コメント (10)

蒸し暑いです。

2019-07-26 08:15:17 | つぶやき

夏到来というけれど蒸しますね。

夕刻ひんやりとする風に誘われてウォーキングに!

心地よい風は?対岸の積乱雲、夕日もその後ろに沈みました。

雲の下はスコールだろう。

川沿いは急にオハグロトンボがふえたようだ!

夕日を受けて翅が金色に!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

TVでコメディ界の茶番劇だ!

さすがにお笑いの吉本!上から下まで涙流しての噴飯劇

昔からその筋とは結びつきが強かった芸能界だ!

あの美空ひばりをはじめ有名芸能人ですら興行には、少なからずかかわっていた。

組の重鎮など不幸に際してはずらっと樒が並んだ!

そんな流れのあった芸能界に、そんなことも知らずに芸能界にジャリたれは憧れ飛び込んでいくのだ!

 

コメント (10)

梅雨明けかな?

2019-07-23 06:07:43 | つぶやき

虫も梅雨明けをまっている?

雨の止み間に茂った草木、伸びすぎた枝を切っていると・・・。

小さな蜜柑の葉陰で雨宿りのようです。

アゲハチョウの幼虫です。

梅雨明けには飛び立つでしょうね。

 

このところの天候と同じく、入梅ごろからPCの調子が・・・・・。

久しぶりでPCクリーニングです。

でもWin10は自動でクリーニングする設定になっている? なら、なぜ動きが悪い!

でminojiの悪い癖、色々いじくりまわしても回復せず。

目下PC 内の垢落とし中です。整理整頓終了までブログも夏休みに!(^_-)-☆

 

コメント (8)

ササゴイ巣立ち!

2019-07-19 17:54:27 | つぶやき

町中のホスピタル玄関脇の植栽に営巣していたササゴイが巣立ちしました。

「ササゴイ親鳥」(左)&「ササゴイ雛」(右)

 

 

そして近くの木にもう一番

上親鳥、下雛鳥です。

 

営巣場所は多くの人が出入りする公共の場所

営巣団地を造る鷺、場所がら巣が増えると、その脱糞ゆえにいずれ追い出されるでしょうね。

2番程度が見守られる限度かな?

今年は合わせて4羽のひなが間もなく離巣かな。

コメント (10)