ヒューマン日記

ブログライフも12年目突入。
日々の雑ネタを写真で紹介しています

ポリス・ミュージアム

2017-05-23 00:51:00 | 日記
ポリス・ミュージアム(警察博物館)がリニュアルオープンしました

場所は、JR有楽町駅から徒歩10分です。



管轄は警視庁で、警察の活動を知ってもらうことが目的で設置されており、子供たちも楽しめる企画が盛りだくさんでした

1階には、白バイに制服姿で記念写真が



6階では、指紋の採取の実演が、ヒューマンの指紋 採取できませんでした。(笑い)



刑事もののドラマに出てくる、方法と同じなのですが、やはり簡単ではないのですね

警官の階級章 



各県警のマークも異なるのですね。



ほかに犯人探しとか、モンタージュ写真の作成など 大人も楽しめるものが
コメント (5)

ミヤコワスレ

2017-05-22 01:31:59 | 日記
ミヤコワスレといえば、順徳天皇が、 承久の乱に敗れて佐渡へ流され、この花を見て、、
 
 
  「花よ、いつまでも私のそばで

  咲いていておくれ。

  都のことが

  忘れられるかもしれない。

  お前の名を今日から

  都忘れ と呼ぶことにしよう」

 と、いう逸話があります。

花言葉は、しばしの憩い・忘れ得ぬ人・穏やかさ・別離の悲哀・ひとときの憩い

なんと別れる意味ばかりです。

別れるとは、寂しいものですよね




コメント (28)

イブキジャコウソウ

2017-05-21 01:48:48 | 日記
イブキジャコウソウが咲き始めました。

名前の由来は、滋賀県の伊吹山に多く自生することからつけられたとか

香りがジャコウのよう。

花言葉は、潔癖症 

まるでヒューマンの性格のようです。(笑い)




コメント (30)

銀座物語 4

2017-05-20 01:11:29 | 日記
有楽町 数寄屋橋交差点に作者:岩田勇三氏の「はぐれっこ」のブロンズ像があります。

なぜここにあるのか調べましたが、わかりません。

銀座で迷子になったら、この数寄屋橋交番に来るようにという意味なのですかね

このサクラの木は、はぐれ桜と名札がありました。銀座でサクラは珍しいからですかね




コメント (34)

銀座物語 3

2017-05-19 01:03:19 | 日記
銀座といえば天賞堂の天使ちゃんですね

天賞堂は、いつだったか泥棒が入り、貴金属が盗まれたことがあり一躍有名になりました。

今日の天使ちゃん なにを見ているのかな






通行人が頭をなでるので、ここだけ光っていますね
コメント (32)

写真を撮らせて下さい

2017-05-18 01:35:24 | 日記
銀座物語をちょっとお休みして。



ご近所のバラ屋敷ともいえるお宅のバラが咲き始めました。

写真を撮ろうと、出かけると

奥様がいたので

「写真を撮らして下さい」とお願いすると

「どうぞ、どうぞ」と 「確か去年も写真を撮りに」と

覚えているのですね。









コメント (34)

銀座物語 2

2017-05-17 01:10:07 | 日記
歩行者天国を歩いているとなにやら写真を撮っている方が



マニアックな方なのでしょうか。この人形は手足が動きます。



人それぞれ 趣味があるのですね


コメント (30)

銀座物語 1

2017-05-16 01:04:02 | 日記
銀座通りが、休日は歩行者天国になります。

普段歩けない通りですので、歩いてみました。



さすが銀座 この人通りです

有名なブランドのお店がずらりと







銀座4丁目の交差点です








コメント (28)

ハクウンボク

2017-05-15 01:39:12 | 日記
ハクウンボク(白雲木)が近くの公園で咲いていました。

小さな花が鈴なりになり、白雲がたなびくようなことから名前がついたとか





おっと アゲハが来てくれました。

ヒューマンに気を使ってくれたようです



花言葉は 壮大、愛の旅、朗らかな人 

ヒューマンは、朗らかな人かな 笑っているような花の咲き方でしたので
コメント (34)

ここどこですか

2017-05-14 00:00:10 | 日記
近所の公園から自宅に向かって歩いていると90歳くらいのおばあさんが、

ここどこですかと聞いてきました。

「ここは、本町ですが」といいますが、よくわかってもらえません

 携帯電話を持っていたので、かけてもらうと、ご主人がでましたので、現在地の所番地を話して

迎えに来てもらうことにしました。

駅の反対側の町内ですので、数分で来れるのではと思いました。

その間に

「おかあさん、いくつになったのですか」と聞くと

「もう少しで70になります」と え、と思いましたが、そこは堪えて

「お孫さんは、いらっしゃるのですか」と聞くと

「お孫さんは・・・・・」と返事が返ってきませんでした。

待つこと30分 やっとご主人が自転車で迎えに来てくれました。


義母が同様の症状だったこともあり、ご主人に渡して安心しました



コメント (27)