美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



「スズメ」が乗っ取りだ!

2015-05-31 06:19:29 | 野鳥

先日までせっせと巣作りしていた「コシアカツバメ」

入り口を残してほぼ完成と思って確認に出かけました。

アレッ!です。

巣に出入りしているのは「スズメ」です。

うわさに聞いていた乗っ取りです。

ちゃっかり中で抱卵体制。

一方奪われた乗っ取られた「コシアカツバメ」は・・・・・電線にいました。

急遽再構築せざるを得ません。少し離れたこちらに場所を移したようです。

三日後です。何とか再建できたようです。

でも別のスズメが虎視眈眈乗っ取りを狙ってるようです。

如何なりますか・・・?

コメント (15)

鳥の声に耳を澄ましながら・・・

2015-05-28 20:39:28 | Nature

今日はマクロを装着して花を探して林道歩きです。

もちろん耳は鳥追いですが・・・・

地味ですがいろいろ咲いてます。

「シソバタツナミソウ」

 

「テイカカズラ」

「コアジサイ」

そして最後に「メジロ」

minojiの姿をジーと見つめていましたので・・・。

 

コメント (11)

シギ

2015-05-27 16:14:38 | 野鳥

そろそろ入梅の声が聞こえるころですが今年はどうなるのでしょうか?

そろそろ田に水が入る頃、シギ類が移動しています。

「イソシギ」はいつもの場所で夕日を浴びて!

セイタカシギ(在庫より)も最近よく姿を見せます。今年はどうでしょうか?

マイフィールドにはここ3・4年姿を見せる「チュウシャクシギ」と「キアシシギ」(在庫より)

自宅待機の間に通過していったようです。

まだ五月というのに気温は盛夏なみの33℃越え暑い一日でした。

梅雨入りも遅れるとか、天候不順は続くようですね。

 

天候不順が影響してるわけではないでしょうが

国立大学に学ぶ才女が殺人に興味があったのだという。

どこで狂ったのだろうか恐ろしい時代、文字通り毒婦だ!

女性に弱いminojiが同じ世代だったならと思うと・・・・OH MY GOD

一方精神的な発達障害と言われる若い犯罪者もいる。

まったく変な人間が量産される時代になったものだ。

豊かさの反動か?社会が病んでいる!

コメント (6)

カワセミ

2015-05-26 06:28:18 | 野鳥

未だ外出はままならずで写真整理

在庫フォトから・・・・

 

昨秋の姿、なかなかの漁の名手です。

今頃は抱卵の真っ最中か?

 

コメント (10)

「コシアカツバメ」が巣作り!

2015-05-24 21:59:21 | 野鳥

体調が本調子とはいきませんがボチボチと再開します。

暫く外出を控えている間にすっかり夏模様に・・・

「ツバメ」に一ヶ月遅れで到着していました。

「コシアカツバメ」が巣作りを始めています。

名前通り腰の部分が赤いのが特徴、営巣はかつての夢の住宅です。

 

高度成長期に申し込みが殺到した公団住宅(現住宅都市整備公団)、

戦後の復興期、比較的安価で良質な住宅とサラリーマン憧れの住まいでした。

minojiは抽選に漏れ続け縁のなかった団地です。

それも遠い昔語り、今はご他聞にもれず空き家が目立つ高齢者村と化しています。

団地内各所には古びた外国語(ポルトガル語?スペイン語?)の掲示板がやけに目につきます。

バブル崩壊後の賃貸物件はブラジル人など南米の居住者が多かったとか。

それもリーマンショック以降はほとんどが空き家です。

かつての夢の住宅が今では入居戸数1/3以下のゴーストタウンです。

里山の麓、緑に囲まれた中山道沿いの静かなところなんですがね。

そんな古びた五階建ての建屋が並ぶ団地、そこがコシアカツバメの営巣適所と化してました!

コメント (12)