美濃路の花鳥風月

Nature 写真とつぶやきで綴ります。



炎天下で!

2019-08-10 21:19:31 | 

近くのフラワーパークです。

元気だったのは「アメリカフヨウ」ですね。

噴霧の中で走る子供がうらやましい。

朝から35℃木陰で見守る母親も大変です。

この暑さ散水も追っつかないのか、花はしおれ、葉は紅葉せず落葉を始めました。

遊歩道の木々も緑を残す葉が大量に落葉し始めました。

雨が降らない炎天下、成長できなくても枯死しないための自衛策でしょうか?

日本の四季はどんな自然変化を遂げていくのでしょうか?

夏は確実に熱帯化が進んでいるように思えます。

 

 

コメント (12)

アミガサか?ベッコウか?

2019-07-14 06:54:54 | 

昆虫の世界は多彩で奥が深いです。

今日は区別のつきかねる「ハゴロモ」の幼虫です。

カメムシ目 ヨコバイ亜目 アオバハゴロモ科に属する虫です。

虹色に光る毛を背負った幼虫です。

成虫になると白いのが外れ、「アミガサハゴロモ」か「ベッコウハゴロモ」かになると思われます。

意外にかわいい小さな虫、蝉にも似た顔つきですね。

コメント (7)

「グンバイトンボ」

2019-06-25 13:48:17 | 

今年も「グンバイトンボ」が羽化しました。

トンボ目モノサシトンボ科の小さな(4cm前後)トンボです。

数年前に見つけ細々ながら毎年羽化してます。

昨年の木曽川の増水で絶滅を心配しましたが元気に羽化しました。

ちょうどグンバイトンボの生息域に架橋の話が出ています。

工事が始まるとその環境変化で絶滅に瀕するか?

愛知県では絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定されています。

 

コメント (10)

「アカシジミ」&「ウラナミアカシジミ」

2019-06-20 16:34:42 | 

間もなく夏至、今日は32℃と久しぶりで暑い一日になりました。

夕暮れの木曽川でもアユ漁が始まってます。2kmほど上流では犬山鵜飼いも始まりました。

川幅はおおよそ300mほど、今のところ渇水気味で水位は低いです。

 

近くの里山です。

「アカシジミ」

「ウラナミアカシジミ」

どちらもあまり下に降りてきません。

樹上に止まったところを鳥追いレンズで📷です。

どちらも翅表を撮りたいのですが、翅裏しか撮らせません。

飛び立つ瞬間をと構えるのですが、後期高齢者の反射神経ではどうも・・・。〈笑〉

コメント (6)

里山にて!

2019-06-14 19:52:14 | 

咲き出した「夏椿(別名:沙羅双樹)」

日々のウォーキング、鳥は声だけ!写材は蝶にトンボ、トホホッ・・・・。

「ウラゴマダラシジミ」

翅表を見せてくれません。この一枚を取らせただけで高い木の上に!

開いてくれるときれいなムラサキが見えるのだが!

こちらは半開きでかろうじてムラサキを見せてくれました。「ムラサキシジミ」

 

トンボも出揃ってきました。「モノサシトンボ」

 

 

今夜半から明後日にかけて荒れ模様らしい。

恵みの雨といいたいが100㎜前後大荒れになるのだろうか?

コメント (8)