女社長のブログ《伴海日記》

たった一人の会社ですがおかげさまで6周年!
伴海エンタープライズ株式会社の社長であり歌手
浜砂伴海の日記

浜砂伴海 News & Schedule

2018-04-25 | ライブ・コンサート

*浜砂伴海スケジュール 《伴海 Schedule》  

*伴海エンタープライズHP《Bankaii Enterprise INC. WEBSITE》 

*下町でシャンソンHP 《下町でシャンソン》

*2007〜2009 パリでの徒然《伴海パリ日記》

*ご予約・お問い合わせ《Bankaii Enterprise Reserve》

 

 

**********************************************

 

歌と朗読芝居のコラボ「ふたりのピアフ」2018年は、
福岡公演:11/24 赤坂《Space Terra》
東京公演:12/8 銀座《蛙たち》です。
詳細追ってお知らせいたします。
どうぞお楽しみに♪


「ふたりのピアフ2017」Photo(1)

「ふたりのピアフ2017」Photo(2)

「ふたりのピアフ2017」Photo(3)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涙雨

2018-04-25 | 音楽

2018/4/24 涙雨 茨城の笠間。

お通夜。小沼和重さんとお別れしてきた。

棺に眠るお顔はあまりに美しく。

「ありがとう」岩城さんと野田さんの分も「ありがとう」そう言うので精一杯。

「今年も12月に ”ふたりのピアフ”やるなら、それまでは頑張れる気がするんだよ」

「やりますとも!」すると「やっほ〜い!」クレヨンしんちゃんのスタンプ。

その1週間後に訃報。 早すぎる。

 

「ふたりのピアフ」初演から3年。

「これは芸術だ」と言う小沼さんの言葉に背中押されてやってこれた。

感謝が両腕から、両目から、溢れてこぼれ落ちる。

命ある者は、精一杯歌うしかない。



沢山の歌手が、それぞれの感謝と思い出を抱いて涙したに違いない。

きっとこれからも小沼さんは、あちこちに良い音楽求めて足を運ぶことだろう。

MERCI,小沼さん。今までも、そしてこれからも。

Photo by 小沼さん「ふたりのピアフ Vol.3」(2017)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Merci, 吉祥寺

2018-04-15 | ライブ・コンサート

2018/4/14 吉祥寺《M.J.Smile》

初、吉祥寺。応援に駆けつけてくださった皆様、ありがとうございました。

初めての場所で歌う時は、やはり緊張するものだ。

音響、照明はもちろん、客席との距離や、天井の高さや奥行き。

歌いながら確認作業し、目線の落ち着かせ場所や、声の出し方を決めて行く。

お店全体の木の質感が、気分を落ち着かせてくれる。

お客様に頂いたワインのせいかもしれないけれど。

新参者の私を、この空間が受け入れてくれた気がした。

橘美和子さんのピアノで、のびのび歌いました。

ありがとう。出逢いとご縁に感謝します。MERCI.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Merci, デュモン

2018-04-13 | ライブ・コンサート

2018/4/12 横浜《デュモン》

今日も昼&夜、楽しく歌いました。

お誕生日の方が3名さま!シャンパンでお祝いしました。

昼の部が終わってエネルギーチャージ。中華街の「大三元」フカヒレ炒飯。

ぷるぷるフカヒレが、ドーンと乗っかって、このボリュウムで1,500円也!

大丈夫なのか!?このお店。もちろん、美味でございます〜。

夜のデュモンの佇まい。中華街からすぐなのに、静かな路地。

オレンジ入りの光が漏れ、歌声やピアノの音、笑い声が聞こえてきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Merci, 蛙たち

2018-04-06 | ライブ・コンサート

2018/4/5 @銀座《蛙たち》

思いがけず、何年ぶり!?という方が次々と。。。

嬉しさに震えそう。妙に緊張して歌いました。

懐かしい話に花が咲いたり、近況を報告しあったり、

ご縁に感謝、感謝の夜でした。

ありがとうございました。

出演:井関真人 浜砂伴海 紗羽しゅうこ ピエール Sarah ルナ Pf.加藤るり子

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

是を矢立の初として

2018-04-01 | 

素盞雄(スサノオ)神社「桃まつり」

今年は行けないか...と思ってたが、間に合った。

しかも今日は「おついたち」気持ちシャキッ。親友にも逢えて、嬉しい。

ポカポカ陽気の中、南千住から歩く「コツ通り」の街路樹は、

燃えるような桃の花。

神社境内も、桃が満開。お雛様もたくさん。

ビビッドな色も、真っ白も、青空に映えて、

桃って、なんて可愛くて凛々しいのでしょう。

桜とはまた違った風情。ありがとう。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年度末

2018-03-31 | 

今年も4分の1終わりました。

年度末。環境が変わる人もいるけれど、私は変わらず。

区切りは常に自分で決めねば。

今年は福岡で「ふたりのピアフ」実現させます。

そのための決起ミーティング兼ねてのお花見。

いい感じ。ありがとう。

うちの庭。あちこちコンセント入れて(笑)ライトアップ。

大家さんの傑作。素敵なのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行春や

2018-03-30 | 

 

「鳥啼魚の目は泪」

桜を見ながら献杯しました。

都立東綾瀬公園 Photo:Noriko Amakawa

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とし子さん、ありがとう

2018-03-28 | 

2018/3/28 Sakura @ mon jardin

大好きだった湯島「右近」の女将が亡くなった。

お別れに女将の好きなピアフを二曲歌ってきた。

私の歌を支えてくれた心の師匠だった。

彼女の名前は桜井とし子さん。桜が咲くたび思い出すだろう。

暖かな日。空が青ければ青いほど、寂しい。

命短し女王桜の下、桃、雪柳、水仙、山ツツジ...庭の花たち。

みんな綺麗。涙乾くまでの癒し。

とし子ママありがとう。桜よ、花たちよ、ありがとう。

右近でライブもやりました。これはお店クローズの時、サプライズライブでママ大喜び。

 一人でよく飲んだ。お酒一滴も飲まないママと喋りながら。

「ともちゃん、もう今日はそれでやめときな」

素直に聞いたよ。ママの言うことは。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Merci, カシワ

2018-03-27 | ライブ・コンサート

2018/3/26 @Studio WUU

カシワデシャンソンVol.29 〜桜の花の下で〜

思いがけずたくさんのお客様、感謝感激。ありがとうございました。

桜の花の下で...というのは、

「なれ初めの頃のように」(Comme au premier jour)の歌詞から。

桜が咲く頃、毎年この時期にしか歌わないシャンソンがいくつかある。

日本の歌「港が見える丘」「蘇州夜曲」なども。

そして歌ってるうち、

「ああ、また春が来たのだなぁ。一年経ったのだなぁ」

と、遠い目になってしまう。

日本人にとっては「春」が始まりで、終わりでもある。

歌える喜びと一緒に、出逢いとご縁にしみじみ感謝した夜。

心から、Merci beaucoup.

母の新作ドレス。親友からのプレゼントのショールと。

 

ゴールドのドレスは鉄線(クレマチス)の刺繍が気に入ってます。この刺繍も母作。

 

今回のプログラムに、こちらの素敵な写真をお借りしました。(photo:Kenji Kimoto)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加