Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

拳ラーメン@丹波口(京都) 鮮魚×塩釜=拳 ラーメン界の先端をゆくプログレ系!

2011-11-03 12:56:42 | 関西

 

出版社との打ち合わせのため、岡山から京都に移動して、まず『拳ラーメン』に行きました(苦笑) 11時に天神そばに行き、2時半前に京都で拳ラーメン、まさか間に合うと思わなかった…(^^; よかった。昼の部は完璧に諦めていたのですが、さすが新幹線。

京都と二条の間にある小さな駅、丹波口駅が最寄りの駅です。市場が広がっているエリアで、巨大なダンプやトラックが激しく行き交う場所に、拳ラーメンはあります。駅からは歩いて10分くらいかな。一本道なんだけど、かなり距離がありました。

拳ラーメンは、超らーめんナビで七つ星を得ているお店で、あらゆるラーメン評論家を唸らせているお店です。石神さんも認めており、ラーメンを批評する代表的な方々全員が認めているのです。ここまで高評価のお店は、超らーめんナビ上では京都にはないです。さらに、悪麺友らんちばさんも既にレポをあげており、ライバル?としては見過ごすことはできないのです。

さすが超話題店だけあって、昼の部閉店ギリギリになっても店内は満席になっていました。店内はなんか都内のいけてる新店みたいな感じ。待合場所が異様に広いんです。座席数は少な目。座席数を減らして、ゆっくりと作る感じですかね。昼間なんかはホント大変そう…

  

色んなラーメンが用意されていますが、石神さんに倣って、まずは「塩ラーメン」を。

  

こちらの塩ラーメンは、もうまさに『プログレ系変態ラーメン』でした。斬新すぎて、ワケわからないです。ぶっちゃけ、おいしいのか不味いのかも分かりません。喩えて言うなら、プログレを初めて聞いた感覚(苦笑)  何をどうやってるのか分からない… 強いて言えば「海老油を使った鮮魚系あっさりラーメン」なんだけど、もうノンカテゴライズラーメンなんですよ。僕的には、どーち@都賀で食べた気分に近いです。どーちについては散々言われましたが、逆に僕はこのラーメンに問いたい。「これ、おいしいか?」、と。僕の中では、これは判定不能。摩訶不思議な味としか、言いようがありませんでした。

全粒粉の麺もスープに馴染んでいるのか馴染んでないのか分からない。逆になんか臭みというか、野暮ったさが感じられて、いい気持ちになれませんでした。

ただ、塩釜チャーシューはべらぼうに美味しく感じられました。これはさすがです。お見事です。チャーシューメンにしてもよかったくらい。ふんわりと感じられるふくよかな旨みが口の中に広がります。

鮮魚×塩釜=拳

全く新しいアプローチに脱帽でありました。

 

【追記】

まぁ、一個人の小さなブログですし、これだけの有名店なので、少しくらい冷たくみてもいいでしょう(言わせてください)。ここから先は、拳ラーメン好きの人は読まない方がいいです(苦笑)。で。最後に自爆します。。。


はっきりいって、僕個人はこのラーメン、美味しいとは全く思いませんでした(この次に食べた第一旭は涙が出るほど美味しかったですし、その前に食べたやまとでも感動しました)。でも、不味いとも思いませんでした。率直に言えば、よく分からない、そう言うしかない味のラーメンでした。鮮魚系ラーメンというのは、まぁ、ある程度食べていますが、同じような感想になってしまいます。ただ、どーちほどに評価できないのは、謳っている言葉がとてもできすぎで、最先端を狙っているところです。何も情報を与えないで、お客さんにこれを提供したら、どういう反応を示すのか。まぁ、「他にない味」と言えばその通りなんですけどね。そういう意味での個性は半端ないです。ヴィジュアル的にも、すごい美しいですし。

では、なぜこれほどまでにも絶賛されるのか。そこに問題の核心があると思います(ないしは、ラーメン業界全体のある種の歪み?みたいなものが)。もし僕がラーメン評論家ならきっとこのお店を評価することはありません(まあ、まずなれませんがね)。批判することもしませんが。で、そうではなく、「様子見」をすると思います。これはただの個人的な一意見です。では、なぜ評論家の人たちはこのラーメンを絶賛し、評価するのか。石神さんはわかります。だってずっと前から鮮魚系を推している当の本人だからです。ですが、そのほかの人たちはいったい何をもって、これを評価しているのか? みんなが本当に「美味しい」と思い、「すごい」と思い、星をつけたり、紹介しているのなら、もう何もいいません。が、どう、どの角度からみても、ここのラーメンは全員から評価されるはずのない「マニア度の高いラーメン」だと思うんですね。なんせプログレ系ですから(あ、プログレ系だから、評論家が絶賛するのか?!…うーん、違う気がする)。音楽でいえば、プログレ系を本当にいいと思えるのは、本当のマニアックな人たちだけです。ちょっとジャンルは違うけど、ドリームシアターなんて、あれ、普通の人からしらたら、なんじゃこりゃ?で終わると思うんですよね。

つまり、ですね。ここのラーメンを評価している人は、「僕はこんなプログレ系のラーメンのよさがわかるんだぜ」とアピールしているだけなのではないか、と思うんです。ざっくり言えば、「僕は分かる人間なんだ」、と。本当にプログレが好きな人からすれば、「何が分かってるんだよ? 分かったことを言うな」と言いたいところでしょう。そんな感じがするんです。僕は、評論家ではないし、ミドルメディアの人間なので、ラーメン界の権威とは無関係です。どこをどう褒めようと、一円も入ってきませんし、悪く言ったところで何の利害もありません。単なる趣味ですからね。ただ、どう考えても、ここのラーメンが、例えば天天有とか麺バカ一代とか第一旭とかよりも評価されるとは思いにくいんです。それはどーち@都賀にも同じことが言えるんです。どーちは嬉しいことに石神本に掲載されました。でも、逆に言えば、石神本だから掲載され得たんです。(僕の認識では)極端にマニアックかつ斬新かつ奇想天外な意外性のあるラーメンを評価する本ですからね。でも、それは「一般」ではないんです(石神さん、ごめんなさい)。今の現状ならば、そして、基本的には、石神本以外ではどーちは掲載されないはずなんです(マニアックですから)。

もちろんプログレ系にはプログレ系なりの良さがあります。本当にこだわり抜いた人ならではの突き詰めた味がそこにはあります。本当にこだわり抜いたラーメン(あるいは音楽)は、誰にでもわかるものではないと思うんです。玄人受けするラーメンというのは確かにあります。が、とするなら、評論家の間でも賛否両論が分かれていいはずなんです。賛否両論があってこその評論なのですから。…とすると、さらにひねくれて考えると、評論家の判断を統一させるような「何らかの力」が働いている可能性もあります(お店の人がどうこうしたというのではなく)。評論家が「イイネ」と言わざるを得ない別の理由があるのかもしれない…(評論家の判断をも動かす力とは?!…) うーん、そこまで考えるのはなしだなー。妄想になっちゃう。

…ん、とすると、ラーメン評論家全員が、玄人受けするラーメンをきちんと評価してるってことになるのかな。それはそれでいいのか。(自爆1) でも、そんなにみんなプログレ系を心から美味しいと思えるのかなぁ~~…(と、表現をあいまいにして…) それから、もしプログレ系が評論家に絶大に支持されるなら、評論家と一般の間には相いれない深い溝、断絶が確実にあるってことになりますよね?! ん、でも、それはそれでいいのか(自爆2)。。。

とにかく斬新過ぎて判定不能でした…(^^;

この衝撃の問題作、あなたはどう判断するか?!

『グルメ』 ジャンルのランキング
Comments (9)   この記事についてブログを書く
« やまと@岡山 念願の二度目... | TOP | 第一旭@京都 旅の終わりに... »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (京都のらーめん好き)
2011-11-05 15:02:30
はじめまして!楽しく拝見しております

上記の件、「なるほど、その通り」と思わず膝を打ってしまいました(痛いくらいにw)

自分はこぶ志時代に一度行ったっきり、リピートはしていませんが
デフォの塩らーめんは何にも伝わってこない凡作だったと記憶しています
特筆すべきは、チャーシューがあまりにも生、レア過ぎて自分は受付けなかった事
(豚肉は火を必ず通せと教えられた方なので)
それと全粒粉麺の不出来さ

総じて、少なくとも自分の周りの一般のラーメン好きの間ではあまり評判良くないですよ
この店は、限定メニューを精力的に提供し続ける研究家だと訊いていますので
そういうのが好きなマニアックな方の評価が高くネット上で特に目立つという事ではないでしょうか?
特にラーメンブロガーさんの中には、限定やコラボイベントといった特別なものを好む人が多いですからね

たしか、食べログというグルメサイトで京都でベスト3にランクしてたはずですが
自分の中では、良くて30位くらいが適当かと感じております(笑)

長々と拙いまとまりの無いコメント申し訳ございません
こういう意見を持ってる一般客もいるという事だけでも認識していただければ有難く
失礼いたしました
Unknown (kei)
2011-11-06 22:25:18
京都のらーめん好きさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

マニア・フリークさんと一般のお客さんの間にはやはり「乖離」がありますよね。でも、それ以上にもしかしたら評論家と呼ばれる人の方が一般と「乖離」しているのかもしれません。

でも、どちらが正しいというのは多分なくて、各店主さんがどちらを目指すのか、ということになってくるのかな、と思います。

音楽でも、ひたすらマニアックに攻めて、評論家をうならす音楽もあれば、ひたすら一般に迎合する音楽もあります。

結局は、どういうラーメン屋さんを目指すかということになるんだと思います。

ただ、それにしても、こんなマニアックなラーメンに、評論家全員が星を付ける、というのは、なんか別の事情がありそうな気がして、気になるんですよね。

そこだけです。千葉に拳ラーメンがあったら、僕は通ってしまうかな、と思います(苦笑)。やはりマニア心はくすぐられますね、、、

他に京都でオススメのラーメン店ってありますか?? 是非お聞きしたいです!!

Unknown (京都のらーめん好き)
2011-11-07 11:04:43
kei様

丁寧なご返事ありがとうございます
一度、先斗町か祇園あたりで一杯やりながらご教授願いたいものです

議題は「マニアとコレクターの違いについて」とか「またお前か系について」など

オススメというか、まだ未食でいらしたら
純濃厚系の極鶏や亜喜英などのkei様の率直なご感想をお伺いしたいものです

また、ぜひ京都へもおいでくださいませ
京都もなかなか (CAMEL)
2011-11-12 01:40:12
拳のラーメンはラヲタ御用達なのでしょうね。
月に半分くらい限定出しているし、またそれを一部のラヲタだけで食べて評価する。
ポイントは上がる。
ドロ系といわれる魚のアラから出汁をとったラーメンは生臭く感じ美味しく感じません。
個人的にはジャリ系といわれる貝から出汁をとったラーメンは当たりがあります。
でも、デホォの塩、醤油が合わなければハズレですよね。
京都はそれでもなかなか斬新なラーメンもあるので、今度おみえになる時は、是非とも一乗寺で満喫してください。
Unknown (kei)
2011-11-13 01:10:44
京都のラーメン好きさん

そうですね! 是非是非。京都のラーメンフリークの人とは是非語ってみたいです。というか、いろいろと教えていただきたいです。マニア、コレクター、リピーター、フリークとは何か?というのは、尽きない議論だと思いますしね。亜喜英は店先までいって、ふられました(涙)極鶏も是非一度行きたいと思っています。タンポポ出身の方ですよね? タンポポには感動しました。次回はこの二店をまわりたいです!

CAMELさん

やはり「ラヲタ限定」のお店なんですね。もちろんラーメンフリーク的にはすごいお店だと思います。でも、それが「美味しいかどうか」と問われると??となってしまいますね。僕的にも。それなのに、評論家全員が絶賛というのは納得できません。ただ、評論家=ラヲタという図式を描くなら、納得できちゃいますね。一乗寺には行きました。が、あまりにもお店が多くて、周りきれませんでした。本当にあの辺りは、いいところですね!!オススメのお店はどちらですか???
Unknown (ゲジゲジ)
2012-01-08 03:18:30
☆の数も、食べログも、そして神の舌も拳ラーメンの評価で信用しなくなりました。
Unknown (kei)
2012-01-10 23:15:40
ゲジゲジさん

コメントありがとうございます。

いろんな意味で、このお店のラーメンは問題作ってことでしょうね。この小さなブログの一記事にこれだけのレスポンスがあるのですから。

それはそれでやはりすごいお店なのかもしれませんね。ゲジゲジさんのコメントを拝読して、そう思いました。

よくも悪くも、拳ラーメンはみんなに食べられている、ということですからね。。。ここのラーメンが好きだという人もたくさんいるわけで、それは否定できないかな、と思いました。
Unknown (味音痴)
2018-08-06 00:13:08
ベーシックから限定何回か食べてるのですが美味しいと思った事ないですね。けど不味くはないって感じで何とか美味しいと思える日が来るのかと思ってたのですがこのサイト見つけてやっぱり僕だけ美味しくないと思ってたんじゃないと安心?しました。
Unknown (kei)
2018-08-22 16:35:45
コメントありがとうございます。

美味しい/不味いという区分もありますが、面白い/面白くないという区分もあるよなぁ、と最近思っています。そういう意味では、面白いお店だと思いますし、それでよいのかな、と今は思います。

久しく行っていないので、また行きたいなと思いました。ありがとうございます。

post a comment

Recent Entries | 関西

Similar Entries