鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

寿司屋と主婦バージョンもあるよ

2005年11月28日 | オカメのニコちゃん
相方が描いた
『学生ニコちゃん』と
『サラリーマン、ニコちゃん』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほっこり☆

2005年11月23日 | 我家の鳥さん
おサルさんのグルーミングみたく
鳥さん同士も順番交替しながら
仲良く掻き掻きし合うのです。

今も私の前で、はなちゃんとひなちゃんが
気持ちよさそ~に、掻き掻きし合ってます。

時に耳元で優しく囁き、
時に甘えた声で鳴き、
目を瞑り、ほんとに幸せそうで、気持ちよさそう。

そんな姿を眺めるのが大好き。
めちゃくちゃほっこりします☆

ニコちゃんを掻き掻きするのは私の役目。
ニコちゃんもちゃんとお返ししてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出血ニコちゃん

2005年11月22日 | オカメのニコちゃん
いつもオカメちゃんやセキセイさんのヒナを見に行く
ペットショップの前を通ったとき、
店員のお兄さんが
セキセイさんや十姉妹さんのカゴを
ホースで水をかけて掃除していた。

水浴び大好きの十姉妹さんたちは
お兄さんがかけるホースの水で、せっせっと水浴び。

その様子を眺めるお兄さんのしあわせそうで、うれしそうな表情。
我が子に無償の愛を捧げる母のようだ。

この人は私と同類だ。と思いました。

我が家のインコさんたちは、只今みんな羽根が抜けまくりです。
はなちゃんも、ひなちゃんも、ニコちゃんも
鳥が飛ぶために絶対必要な風切り羽が抜けてしまって
上手く飛べなくなってます・・・

カゴから出すと、思うように飛べずに
家具にぶつかったりして危険。

臆病者のオカメ代表のニコちゃんは
自分の羽が抜けただけでもパニックを起こして
夜中でもカゴの中で大暴れしてしまいます。。。

そのせいで、右の羽の内側が血まみれ・・・
なんとも痛々しい。

普通にしてたらあんまりわからんけど、
羽を広げたりすると、赤茶色く染まった羽が見えて
大丈夫かなぁーと不安になってしまいます。
ニコの羽は白いので、血のあとがとても目立つのです。。。

抜けた自分の綿毛が、嘴にひっついただけでも
走りまくったり、バサバサしたり、大パニックになるし・・・

なんで自分の羽がこわいんやろう?

ほんまにオカメちゃんて・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ教室で学んだこと

2005年11月16日 | 我家の鳥さん
〝人生の艱難辛苦から逃れる道は二つある。
 音楽と猫だ〟
偉人アルベルト・シュヴァイツアーの言葉。

今日ピアノの先生に教えてもらった。
先生の人生は、音楽と猫なしではありえない。
まさに、この言葉そのものを地でいってるような人である。

とにかく音楽をこよなく愛し、
私が「この曲弾きたいんです。」って楽譜を持っていって
一緒に弾いてみると、「うわぁーオモシロイ!オモシロイ!」
と大興奮し、「いい曲見つけてくれて、ありがとう!!」と言ってくれる。

ピアノ、エレクトーン、シンセだけじゃなく、
ドラムも、現役バリバリでレッスンに通ってはる。

もちろんクラッシックだけじゃなく、
ジャズ、ポップス、ロック・・・
とにかく、本当にこの人は音楽がすきなんだな~って思う。

ピアノ教室の帰り道は、私もうれしくなって、
いっつも鼻歌歌いながら帰ってくる。

そんな先生に
「さっちゃんの場合は、
(人生の艱難から逃れる道は)〝音楽と鳥〟だね。」と言われた。

音楽と
鳥と・・・

それ以外にも、私のココロを元気に
ワクワクさせてくれることや、
落ち着かせてくれるものはいっぱいある。

海と海にすむ仲間たち
ダイビングや泳ぐこと
いろんな動物たち
旅行
美しい夕焼けや月
青い空やかわいい雲を眺めること
自分のバンドもある
ギターもある
ピアノもある
Rockも好き
ライヴも好き
お笑い観にいくのも楽しい
仕事も楽しい
本読むのも好き
大切に育ててくれた両親
ロッククライマーでかっこいい父
主婦のかがみやけど、おもしろい母
いろんなこと共感できる相方もおる

まだまだいっぱい。

自分が好きなこと
楽しいことばっかりやって
好きなひとにかこまれて・・・

それでも悩むときは悩むし
どうしようもないって、わかってても苦しいときもある

でも
艱難辛苦から逃れる道が、私にはいっぱいある!!

自分のココロを揺さぶられるようなことやってるときって
悩みも苦しみも感じなくって、ただただ楽しいもんね。

写真は、365日私を楽しませてくれるニコちゃんのアップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かわいい☆

2005年11月14日 | よその鳥さん
以前にも書いた近所のペットショップ。

〝私の黄色いコ〟は立派な若鳥に成長してたけど、
数日前にいなくなってしまった。
誰かのお家の家族になったのかな・・・

あらたに白オカメのヒナが登場した。
かわいい・・・

自分よりずいぶん小さな文鳥さんのヒナに
背中に乗られたりして、ビビりまくっている。

文鳥さんの素早い動きに比べて、
のそのそとドンくさく思えるその動き・・・

あーやっぱり、オカメちゃんって・・・
かわいいなあ~☆

写真は勝手に撮った、そのショップのオカメちゃんと文鳥さんのヒナ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひなちゃんの・・・

2005年11月10日 | セキセイさんたち
スロートスポットつきの羽根がぬけていた。
ぬけ落ちた羽根さえ愛おしい。

この黒いまるは、セキセイのほっぺの下あたりの
喉元に6つある斑点のうちのひとつ。

ぬけちゃったので、今ひなちゃんには5つしか斑点がありません。

顔を見たとき、なんかいつもとちゃう!と
物足りなさを感じてしまいます。

当の本人は、自分の顔がいつもと違うことなど
気付いてないんやろけど・・・

ま、どうしたってかわいさに変わりはないねんけどね☆

セキセイのスロートスポットと、
オカメのオレンジ色のホッペ、
長い尾羽なんかの羽根は
ぬけ落ちてると、もったいなくて
日記帳に貼ったりしてしまうワタクシであります・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加