鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

今日見た夢

2004年10月03日 | いろいろ
JR環状線に乗ったのに、それはお座敷列車。
お座敷でバイト先の人やら相方とてっちりを食べる。
食べ始めたばかりで、まだフグも一口くらいしか食べてないのに
あっという間に到着だと言われて、降りてみるとそこは小笠原の母島。

宿泊予定のペンションに着いて、部屋に入るとそこは砂が敷き詰められている。
ただの砂の間で、家具もなにもない。
でもその部屋にはセキセイインコが何匹も自由にくつろいでる。
砂の中にもぐりこんでるセキセイインコもいる。

ペンションは小高い丘の上のようなところに建っていて
さっそく海を見ようと玄関先に立つ。
そこから見下ろす海は何故か外洋でイルカがたくさん泳いでいる。
ドルフィンスイムの船が何隻か泊まっていて、
人がいっぱい海に飛び込み、イルカと一緒に泳いでいる。

少し離れた場所に目をやると小さな小島があり、
よく見るとそれは私が通っていた小学校にあった池のまわりの築山にそっくり。

大好きなイルカがたくさんいて、足には何故かすでにフィンを着けているというのに
海に飛び込めない私。
私が立ってる場所があまりにも高いところだから。

それでもずっと海をながめていると、何度も夢に出てきた光景。
イルカと数人の人がまあるくなって集まってる。
でもそこは小笠原のような紺碧色の海ではなく、
どちらかというと茶色っぽく海というより川のような水の色。
すぐ近くには熱帯のジャングルのような景色が続いている。

なんだかよくわからない夢。
果たして意味はあるのか?
忘れてしまうことが多いけど、今日の夢は覚えてました。

写真は躍動感あふれるひなちゃん!

コメント

本屋さんにて

2004年10月02日 | よその鳥さん
本屋さんに行くと、かわいい白オカメインコの写真が表紙の雑誌がたくさん並んでいた。
吸い寄せられるように近づき読んでみたが、鳥の雑誌ではなくスローライフちゅううか
豊かな暮らし系の雑誌で表紙以外にオカメちゃんの写真はなかった。 
でもあの表紙はなかなか素敵だ。スバラシイ!
なかなかオカメが表紙の雑誌なんてないからね。
ま、うちのニコのほうがホッペがまん丸でかわいいけどね!(またもや親ばか)    

コメント