鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

100パーセント食い気の淡路~鳴門の旅

2011年10月30日 | 旅行・おでかけ
週末に職場の人たちと鳴門まで1泊旅行に行ってきました。

土曜も昼まで出勤の人がいるので、お昼から出発。

淡路SAにてお昼ごはんのたこラーメン。



淡路島を縦断して、鳴門大橋を渡るとすぐにホテルに到着。

ルネッサンスリゾート鳴門。以前も泊まったことあるけど、なかなかいいお宿です。

ちょっと曇ってるけど、オーシャンビューのお部屋。



早速スイーツ食べ放題のラウンジへ!

プリンとケーキ、すだちジュース2杯と紅茶をいただく。

その後、芋ほり体験。
全員が保育士暦ウン十年、今まで何十回も芋ほり遠足の引率経験ありの芋ほりのベテラン?ばかり。
みんな夢中で掘りました!特に楽しみにしてたわけじゃなかってんけど、意外に楽しめました!
鳴門金時芋、約1キロをお土産にもらいました!

温泉に入って、まったりしたあとは夕食。
バイキングだったので、それほど期待してなかったけど、思った以上に上等のご馳走でした。

鳴門鯛のしゃぶしゃぶ、鯛めし、お刺身、どれも最高でした!


夕食後、いろんな体験ができるクーポンがついていたので、私は藍染めの模様つけの体験をしました。
ステンシルの要領で、漂白の液をつけて、鳥さん(ハト?)のコースターを作りました。




翌朝は洋食の朝食バイキングに行き、ここでも美味しいパンやサンドウィッチで満腹に。

チェックアウトしたあと、鳴門市内のドイツ村を見学し、
そこからは帰路につきつつも食べまくり。

みんなが食べたかった、たこ焼きひとつの中に淡路のタコの足が1本ずつ入ってるたこ焼き!



んでこのあと、淡路ビーフと淡路のたまねぎ入りの島コロッケを食べ、
これまた淡路のタコをまる1匹使ったタコの姿焼きも食べましたー!



ひたすら食べっぱなしの旅でした!

それにしてもよーさんタコ食べた!!


鳥さんたちへのお土産は淡路島の新鮮小松菜。





そして自分にはごっくん馬路村のゆずドリンク!これ美味しいよね~!





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三者会議

2011年10月28日 | セキセイさんたち
我家の3羽の鳥さんたちは、それぞれ年齢も羽の色も趣味も性格もみーんな違う。

そんな3羽の今日の様子。

まだまだ好奇心旺盛なお年頃で物怖しないフジ坊は、
ニュージーランド鳩の指人形をカジカジ。



目ん玉やクチバシをかじりまくってました。





すみれは鳩の指人形には見向きもせず、鐘かぶりに夢中。





カメラ目線で鐘かぶり。さすが熟練の技。






呼んでもなかなか来てくれないひまちゃんには、目薬をチラつかせると一目散に飛んできてくれました!






そんな3羽もやんちゃの相談?するときは意気投合!?



いったい何を企んでいるのやら・・・!





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

フジ坊の尾羽

2011年10月26日 | セキセイさんたち
すみれ兄さんと比べてもヒケをとらへんくらい、フジ坊にも立派な尾羽が生えてきていたのに・・・




また抜けちゃった・・・



再びちんちくりんのフジ坊です。




普通は尾羽って新しい長いの生えてきてから、古いのん抜けるんとちゃうかったっけ・・・?






にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人気アイテム

2011年10月23日 | セキセイさんたち
我が家の鳥さんたちに大人気のおもちゃは“目薬”の容器。

しばしば“目薬”の容器をめぐる睨み合いが起きる。。。







ひとり1コずつ用意してるんだけどね・・・





特にひまわりは、目薬が大好き。

普段、飼い主のことなんて全然気にしてない様子でカゴの中でリラックスしてても
私が目薬を点そうとした瞬間にすっ飛んで来ます。

鳥さんって、見てないようでも飼い主の様子をよく観察してるんですね。









しあわせそうなひまちゃんの背後に怪しい影が・・・



やんちゃ大王のフジ坊です!人の持ってるものがなんでも欲しくなるお年頃。




奪い取っちゃった・・・





フジ坊も目薬の魅力にとりつかれたようです・・・








一体何がいいのかよくわからないけど、我が家の大人気アイテムです・・・



みなさんのおうちの鳥さんも目薬の容器、好きですか?





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やんちゃすぎるセキセイ小僧

2011年10月23日 | セキセイさんたち
フジ坊がすみれ兄さんの部屋に勝手に入って、暴れ倒してました。

めっちゃ面白かったので、写真を撮ってみたけど、激しすぎて全部ピンボケでした・・・・

まるで亡霊。。。



























暴れ倒して、やっと我に返ったところ。





誰かー。
やんちゃすぎるセキセイ小僧にどうやったらピントを合わせれるのか教えてくださいっ・・・!!





にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへにほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『小動物ビギナーズガイド セキセイインコ』が発売されました♪

2011年10月22日 | 鳥さんの本
『小動物ビギナーズガイド セキセイインコ』が誠文堂新光社から発売されました♪


その名のとおり、これからセキセイインコをお迎えしたいと思われてる方や、
お迎えしたばかりの方に、セキセイインコと暮らす上で必要なノウハウが詰まった飼育書です。

オールカラーで、イラストや写真もかわいいですし、とてもわかりやすく書かれていています。



そんな素晴らしいこの飼育書に、すみれ、ひまわり、フジ坊の写真をほんとにたくさん使っていただきました!!!



お披露目タイム!






ひまわりはじぃ~っと表紙のセキセイさんを見つめていました。







すみれは本に載ってる写真が自分とひまわりだってことがわかったみたい。





写真の中のひまちゃんをカキカキしようとするすみれ。かわいすぎ☆





フジ坊もモデルデビューしちゃいました☆
でもフジ坊は自分の写真には見向きもせず、カジカジするのに夢中でした。





このブログを読んでくださってるのは、愛鳥家のエキスパートの方が多いと思いますが、
ウチのコだけじゃなくて、他にもかわいい写真がいっぱいなので、機会があればぜひ見てくださいね!






にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリア鳥三昧の旅日記全44話。やっと完結しました!!!

2011年10月17日 | オーストラリア・野生のインコウォッチング
やっとやっと、7月に行ったオーストラリア鳥三昧旅行の日記を全部書き終えた!!!!!

少しでも長く余韻に浸っていたくて、チョビチョビ、長々と時間かけすぎたー。

たかだか7日間の旅行を、ほぼ9割がた鳥ネタばかりにもかかわらず、
3ヶ月間に渡り、なんと44回にも分けて書いちゃったので、読みづらい・・・

とりあえず目次代わりに1話ずつリンク貼っときます!




★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆





☆ケアンズ・エスプラネード散策 ~1~



★ケアンズ・ワイルドライフドームの鳥さん ~2~



☆ケアンズで鳥グッズ探し ~3~



★ケアンズからマウントアイザへ ~4~



☆有刺鉄線に並ぶモモイロインコ ~5~



★早くもセキセイインコ! ~6~




☆オナガイヌワシ ~7~  


 


★ボーリアに到着 ~8~



☆ボーリアのモーテル ~9~



★ハゴロモインコの親子 ~10~



☆カンガルーと少女 ~11~



★モモイロインコとアカビタイムジオウムのねぐら ~12~



☆モモイロに染まるモモイロインコ ~13~  




★おはよう☆アカビタイムジオウム ~14~




☆ボーリアでのご来光 ~15~



★エミューの親子 ~16~



☆キンカチョウ祭り ~17~



★アカビタイムジオウム・眠いもんは眠い ~18~



☆エミュー親子の水浴び&川渡り ~19~



★セキセイとオカメはどこへ? ~20~



☆ボーリア・キャラバンパーク ~21~



★さよならボーリア。そしてついにセキセイインコ!! ~22~



☆野生のセキセイインコの食事風景 ~23~



★たくましい野生のセキセイインコ ~24~



☆ダジャラのアカビタイムジオウム ~25~



★野生のオカメインコ ~26~



☆ミドリマキエインコ@マウントアイザ ~27~



★クスダマインコ@マウントアイザ ~28~



☆おはよう!キバタン@ケアンズ ~29~



★憧れのアカオクロオウム@ケアンズ ~30~




☆野生のキバタンの破壊活動@ケアンズ ~31~




★野生のキバタンの食事風景@ケアンズ ~32~



☆風の谷のクロオウム@ケアンズ ~33~



★ホオアオサメクサインコ@ケアンズ ~34~



☆コーヒー農園のカフェでランチタイム@ケアンズ ~35~



★キバタンのランチタイム@ケアンズ ~36~



☆ケアンズのペットショップ ~37~



★野生のヒクイドリ ~38~



☆キバタンのねぐら@ケアンズ ~39~



★海鳥の楽園ミコマスケイ ~40~



☆セグロアジサシのヒナ特集@ミコマスケイ ~41~



★クロアジサシ特集@ミコマスケイ ~42~



☆楽しかったミコマスケイ ~43~



★鳥バカによる、鳥バカのための、鳥三昧の旅・最終章 ~44~





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥バカによる、鳥バカのための、鳥三昧の旅・最終章~2011オーストラリア鳥三昧旅行記44~

2011年10月16日 | オーストラリア・野生のインコウォッチング
7月17日

いよいよケアンズを発つ日。

朝起きて、ホテルのベランダからケアンズの町並みを見下ろしながら、
なんともいえない感傷的な気持ちになる。

どこへ行っても、最終日はいつもそう。
ひとり旅のときは感傷度さらに倍増し。

このケアンズの町はもちろん、
今回の滞在中訪れたマウントアイザ、ボーリア、ミコマスケイ、
どこもとても素晴らしい場所で、貴重な体験ができた。


楽しかったなー
帰りたくないなー
さみしいなー
次来れるのはいつかなー

という気持ちと、
早く帰って自分の愛鳥に会いたくてたまらない気持ちが交錯しまくるねんな・・・・

いろんなことを想いながら、ずいぶん長い間ベランダで佇んでいました。

その後、散歩がてらホテルの近所のスーパーへ行き、帰りの機内で食べるサンドウィッチなどを購入。



ちょっと歩くだけでも、いろんな鳥さんがいる。
まぶしい太陽が照りつける。
海がすぐ近くにあるこの町が大好きです。

ホテルをチェックアウトしたあと、タクシーを呼んでもらい空港まで移動。
タクシーの運ちゃんは恰幅の良いNZのマオリ族の人で、
数年前にケアンズに来たけど、ここええ町やー好きやわー言うてはった。
私もケアンズ好きやわー言うたら、また来年おいでーって言うてくれた。

早めに空港に来たつもりだったけど、チェックイン窓口には長蛇の列。げーっ。

さんざん待った挙句、ようやく自分の番が来たと思ったら、
自分のスーツケースがまさかの3キロ重量オーバー。
行きは全然余裕あってんけどなー。。。鳥の本とか図鑑買いすぎたー。

超過料金払うか、あっち行って3キロ分の荷物出して手荷物に入れるかどっち?って聞かれて
もうめんどくさいからお金払おうかなーと思ったけど、追加料金が70ドルって聞いてビックリして
出す出す!3キロ分の荷物出してきます!と、すごすごと引き下がった私なのでした。

やっとの思いで、搭乗口まで入ることができたけど、
元々重かった手荷物に加え、スーツケースから手荷物に移した3キロ分の荷物が重くて重くて。。。
フライトまでの時間、暇だったけど、空港内をウロウロすることは諦めました。

飛行機が飛び立ち、窓から自分が泊ってたホテルを探したり、ミコマスケイを見つけたりしながら
また感傷的な気持ちになりました。

さすが世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ。
飛びたってから、相当長い間綺麗なサンゴ礁が見えてました。



しばらく時間が経って、窓から雲しか見えなくなったとき、ようやく帰国モードにスイッチが入った。
もうこうなったら早くすみれ、ひまわり、フジ坊に会いたい一心でした。




こうして2011年のオーストラリア鳥三昧旅行も無事終了。
まさに鳥バカによる、鳥バカのための、鳥三昧の旅になりました!

今年も野生のセキセイインコやオカメインコに会えて本当にうれしかった!!




私がダイバーやということは、職場では現場だけでなく、課の人や、何故か人事の人にまで知れ渡ってて、
今回も「オーストラリアに行きます」と言うと、皆が口を揃えて「潜りに行くの?」と聞いてきた。

「バードウォッチングです」と答えると、「え?鳥?なんでまた?」と、
皆一様にまるで変人を見るような目で不思議がられた。
ダイバーであることと比べて、私が愛鳥家であることの認知度は著しく低いです。

だって鳥が好きだと言っても共感してくれる人ってまわりに全然いーひんし、
鳥を家族同様に大切に想ってると言っても、なかなか理解してもらえないのが現実。
だからよっぽど親しい人にしか私が鳥を飼ってることも話してません。

鳥好きの私から見ても“バードウォッチング”って年寄りの趣味みたいなイメージやったけど、
これはかなり楽しいということに気付いちゃいました。

今までも海外で半日バードウォッチングツアーとかに参加したことはあったんだけど、
ここまで毎日鳥三昧のバードウォッチングはしたことなくって。

まぁでも多分私の場合は愛鳥家目線のかなりミーハー要素の高い、
いわゆる普通?のバードウォッチングとはちゃうかもしれんけど。
ただただ愛鳥のことが好きすぎて、かわいすぎて、それで野生のコたちの姿も見たくなってしまったっていう。

姪っ子が嵐のコンサートに行って、キャー松潤!キャー翔くん!と叫んでるのと同じ感覚で
キャー!セキセイ!キャー!オカメちゃんー!と心の中で叫んでいるのです。


過去10年くらいずっと海の世界にどっぷりハマってたけど、これからは陸の世界にもハマりそう。

良いガイドさんにめぐり会えたというのも大きいけど、
基本的に鳥さんのことが大好きやし、自然が好きやし、ハマって当然っちゃー当然だとも思います。




帰国してからの現実の生活の合間合間にも、かわいい鳥さんたちと広大な景色を思い出しては
ついついうっとり現実逃避。

あぁ。またすぐにでも行きたい。と思って、帰国早々に11月にまたオーストラリアに鳥さんを見に行くことに決めました。


昔むかし、はじめてオーストラリアを訪れたときに買ったインコ・オウムポスター。



ずっと部屋に貼ってあるから色褪せ、インコに齧られたりしてボロボロ。
ここに載ってるインコ・オウム全部見ることが当面の夢☆なんてひそかな野望も抱いたりしてます☆







もう帰国してから早3ヶ月が経っちゃいました。

たくさん鳥エネルギーを充電してきたつもりでも、
夢のように楽しかったオーストラリアから帰国したら即現実の生活。

少しでも長く余韻に浸りたくて、たかだか1週間ばかしの旅行を44回にも分け、
少しずつ、長々と時間をかけて書きすぎた感はありますが、
自分的にはいろいろ思い出して、再びワクワクしながら書くことができて楽しかったです。


人それぞれ感性も感動のツボも違うから一概にはいえないけど、
私にとっては、この光景を見ずして死なずによかったと思える程、感動の連続の旅でした。


今回の旅行ではセキセイインコ、オカメインコ以外にも、モモイロインコ、キバタン、キンカチョウなど、
日本でコンパニオンバードとしておなじみの鳥さんにたくさん会うことができました。

愛鳥家の方なら、自分の愛鳥さんが元々野生では、どんな場所でどのように暮らしているのか
少なからず興味をお持ちだと思います。


私自身、こどもの頃からずっと野生のセキセイインコとオカメイインコに会いたいと思い続けていたのに、
オーストラリアのどこに、どのようにして会いに行けばいいのかわからず、なかなか実現できずにいました。

99%は自己満足の旅行記ですが、もしも私と同じように、
野生のセキセイインコやオカメインコに会いに行きたいけど、どうしていいかわからないという人に、
少しでも参考になったら幸いです。



この長ったらしい旅行記を、さいごまで全部読んでくださった方がもしもいらっしゃるならば、
あなたは相当な鳥好きです。今すぐオーストラリアへ鳥さんを見に行くことをオススメいたします!








にほんブログ村 鳥ブログへにほんブログ村
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

フジ坊出血事件

2011年10月15日 | セキセイさんたち
すみれとひまわり。





ふたりの目線の先には・・・


そう。フジ坊がいます。





甘え上手なフジ坊は、長男すみれ兄さんからはもちろん、次男のひまわり兄さんからも口移しで餌をもらっている。








愛されてるなぁ。


フジ坊は優しい兄ちゃんたちにかわいがられてヨカッタなぁ。。。と安心していた矢先に事件は起こった。


放鳥中すでにカゴに入ってたすみれに「兄ちゃーん」と近づき、カゴの側面にへばりついたフジ坊が、
カゴの中からすみれに思いっきり足を咬まれて出血した・・・!!!

びっくりしたフジ坊は「ギャー」と悲鳴をあげて、すぐにお気に入りのオカメぬいぐるみの上に避難したけど、
そのオカメ人形にも血が滴り落ちた・・・

痛くて、足を羽の奥に引っ込めるフジ坊。オロオロして泣きそうになってただけのダメダメ飼い主。



どちらか一方がカゴの中に居て、そのカゴの上とか横とかに他のコがとまると、
中に居るコはほとんど反射的に咬みたくなっちゃうんだよね・・・
今までも何度も経験してきて、そのたびに反省するんだけど・・・また・・・

悪いのは咬んだすみれじゃなくて、飼い主の私です。

ほんと初歩的ミスでフジ坊に出血させちゃうなんて。。。。
ごめんね。フジ坊。



出血したフジ坊がめっちゃ心配やったけど、すぐに血も止まって、
カゴに帰ってからはいつもどおり曲芸の練習に励んでたからもう大丈夫かな・・・




ほんまごめん。フジ坊。。。
立ち直りが早くてホっとした。
フジ坊が元気でタフな男の子でよかったわ。








にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへにほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

日光浴しました♪

2011年10月10日 | セキセイさんたち
すっかりご無沙汰してもうた・・・

やっとやっと運動会が終わりましたー!

保育所というところは年がら年中、行事に追われる職場なんですけど
その中でもやっぱり運動会と発表会は特別。

終わるまでは毎日体も草臥れ、腰も酷使されて悲鳴をあげ、精神的にも落ち着かへんかったけど、
2大行事のうちのひとつが終わってとにかくホっとしたー。

これからしばらくはもう、楽しいことしか考えないぞーーー!!




今日はいい天気だったので、鳥カゴ&鳥さんを洗いましたよ。

そのあとはみんなで日光浴。

すみれとフジ坊は朝の放鳥後、ふたりで一緒にカゴに入ってたから、
その状態のままカゴを洗って、日光浴させたら、
すみれはフジ坊に圧倒されて(!?)とまり木にとまらず、カゴの柵にずっとへばりついてました。




クチバシ伸ばしのストレッチ中。
すーちゃんもひまちゃんもこのストレッチよくやります。





絶賛ヒナ換羽中のフジ坊はカユイせいか、激しく水浴びしてびしょ濡れ。





すみれ兄さんのカゴの、すみれ兄さんのブランコに、我が物顔で乗るフジ坊。






ひまちゃんはあいかわらずマイペース。

うろこのように美しいおなかの羽と、




すっきりスリムなバックショット。




お日様の光を浴びたセキセイの羽毛の輝きはとても美しい。

人間には見えない紫外線まで見えるというセキセイ同士では、私が見てる以上に美しく見えてるのかな?














にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加