ロゼ(キャバリア)色のEvery day

いろんな発見を綴っちゃいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若葉の季節

2008-04-28 11:27:21 | Weblog

      
        輝くばかりに美しい若葉色の季節

我が家の庭も若葉の色が光輝き、目を楽しませてくれます。

そして生命力のたくましさに励まされて、夫も元の生活に早く戻れるよう希望を持つ毎日を暮らしています。

お蔭様で、夫は週末一時帰宅が許されるまでに元気になりました。

週末は2人でゆっくり庭を眺めながらバラが咲くのを楽しみにしています。

      
   アーチにロココとバレリーナが勢い良く輝く葉をつけています

夫は春という良い季節に入院して、植物の生命力に励まされ癒されて、私は周りの皆に助けられて日々元気にいられました。

ロイママのブログにコメントを下さる皆さん、いつもいつもあったか~いコメントありがとうございます。

夫も私も希望を持ち、毎日元気に暮らしています。

バラが満開になる日を楽しみに待ちながら・・・

     ロイはチューリップの花を食べちゃって
                     叱られ、シュンとしてます

コメント (21)

勇気ある行動に拍手

2008-04-18 18:55:47 | ペット

            
           今日は曇り空ですが、庭の木蓮が満開です。

昨日、一気に気温が上がったせいか、大館市の桜も満開です。

早朝、長木川の土手の桜並木を歩いてみました。

あたり一面、淡いピンク色の世界に入り込んだような美しい景色に目を奪われました。

この景色を入院中の夫にも見せたいなぁ~と思いながら歩きました。

いつものコースを歩いて戻ると、突然向こうに手を振る人に気が付きました。

どうも、私を呼んでいるようで、走って近づいて行くと・・・

女性が、「大変なんです!犬がドブに落ちているのよぉ!」と、慌てていました。

見ると、道路から2メートル下ぐらいの所で、泥まみれになった小型犬がフラフラになりながら、か細い声で鳴いているではありませんか

犬は洋服を着ていて、首輪もしているようでした。

女性の旦那さんがはしごでドブに降りて行き、犬を助けようとしますが泥に足が埋まってうまく歩けないでいました。

犬はふらつく足で怖がって近づこうとしません。

私と、女性は「助けてあげるから、こっちにおいで!」と一生懸命犬に呼びかけていました。

旦那さんは、今度は虫取り網で犬を自分のほうに寄せようと必死です。

犬は怖がりながらも、何とか近づいて来てくれ、旦那さんが犬の首輪に手をかけて一気に持ち上げることが出来ました。

犬を抱えて道路に上がり、放しましたが、犬は倒れて歩くことも出来ない状態でした。

女性はすぐ犬を抱きかかえて「洗ってあげなきゃ!」と近くの自分の家に走って行ったのです。

私はただオロオロ見ているだけで、何も出来ず、旦那さんに「助けていただいてありがとうございました」と言うのが精一杯でした。

旦那さんも、はしごを担いで家に戻って行きました。

ご夫婦の勇気ある行動で、見知らぬ犬の命が助けられたのです。

そして、その感動の瞬間に遭遇したのは私だけなのです。

病院にいる夫にも話して聞かせ、勇気ある行動に2人で拍手しました。

良い人に助けられた犬が、無事に飼い主の元に戻ることが出来ますようにと願いながら・・・

コメント (6)

サクラ咲く♪

2008-04-16 23:32:02 | 自然

    

    我が家の梅が満開です
        
      とーっても甘ーい香りが庭一面に漂っています。

      今週は一気に気温も上昇して、今日は桜の開花宣言も
      発表されました。

      入院中の夫も回復に向い、気分も「サクラ咲く」です。

       道端の水仙もお行儀良く並んで
                       風に揺れて合唱してるみたい

      お見舞いで頂いた花も、その美しく甘い香りで夫を元気付けて
      くれました。
              

      早く元気になって、ガーディニングがしたいと言っています。

      花の力って凄いなぁ~ 

コメント (6)

家族に支えられて

2008-04-11 22:06:12 | Weblog

      
       夫から届けられたミニバラの寄せ植えです

夫が入院してから10日になります。

皮肉にも夫が入院して2日目に、夫からの花は届きました。

年度末の忙しさで、土日も休まず仕事に出て相当疲れていたのでしょう。

やっと休みをとったその朝に入院することになってしまったのです。

心配して東京から駆けつけてくれた長男は、1週間病院で看病してくれました。

仕事をしながら、自分一人だったら心細かった夫の看病も家族に支えられて、夫を明るく励ますことが出来ました。

夫はまだ2ヶ月ぐらいの入院になりそうですが、今日、長男は元気を取り戻してきた父親の様子に安心して東京に戻って行きました。

夫も長男もいない家の中はガランとして寂しいけど、ロイがいてくれるし、今は強い家族の絆に幸せを感じています。
夫が一日も早く家に戻れる日を願って頑張ります

 ※20日ぶりの投稿になってしまいましたが、その間にコメントを下さった方にコメントを返すことが出来ずごめんなさい

    
   お兄ちゃんが帰っても、ロイがいてくれるから寂しくないよ

コメント (8)