むにゅむにゅむにゅ・・

いろんな交流を目指してブログ挑戦中です。発信もいっぱいしたい。コメント(ご意見・感想)もいっぱい“た・の・ん・ま・す”

『右ひざの悪魔くんは・・』

2017年01月16日 | 日 記
昼間に掛かりつけの整形外科を訪ねた。年をまたいでひと月ぶり右ひざに住み着いた悪魔くんの診察を受けた
変形性関節症だ。以前は水が溜り右膝が腫れ上がり座るのに難儀したが、最近は痛いことは痛いが水が溜まらなくなり“安定期”だと
チクチクマンはしたよ


今度は様子見て「3ヶ月後」だと。“よっしゃー
気をよくして帰宅したわ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天然モール温泉』

2017年01月15日 | 日 記
恵庭市にある天然温泉「えにわ温泉ほのか」だ。午後からぶらりと・・・目的は岩盤浴「癒蒸洞」(ゆじどう)だが
日曜日とあって混雑していた
モール泉と塩泉の2種類の天然温泉が湧いている
癒蒸洞は満員状態でドアの内外で待ち状態が続いていた・・
「むにゅじい・・」は何とか“1回40分”ほど入れた


露天風呂だ。“こっち”から前(外側)を見るとこんな感じかな・・・“足?”「むにゅじい・・」のだわ

じいちゃんが孫に「あったまるべ・・」。孫が「ん! じいちゃん!」と
あったまるよね

「モール温泉」は次世代に引き継ぎたい北海道の宝物。北海道遺産協議会から「北海道遺産」に選定されていると
なんか気持ちがフウーっと癒された感じ・・また来よう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『コーラの早飲み』

2017年01月14日 | 人間ドキドキ
町内会の新年会。 17時から毎年恒例の新年会が町内会館で始まった。50人ほどかな?...なかなか新しい人の参加はないが、ひとりふたり新顔も。嬉しいことだよ。コーラの早飲みゲームでは「むにゅじい・・」も参加した。勝って賞品にテッシュペーパー5箱をゲットしたよ。炭酸で腹がパンパンに
酒とともに場も盛り上がりカラオケに興じ


帰り道、互いに滑る夜道をかばい合い。楽しい夜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『武鳥に昭和ど真ん中あり!』

2017年01月14日 | 好きなお店
札幌は地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」1番出口を地上に上がったところにある木造の居酒屋だやきとり武鳥


昭和20年代の創業と聞いた。今は女将が元気に切り盛りしている。店の構えものれんをくぐった店内も“昭和”そのものだ。「むにゅじい・・」は会社の先輩に4年ほど(?)前になるのかな連れて来てくれた。その時にぞっこん惚れた店だ。常連さんが多いが観光客も訪ねる気軽な店だ

酒の肴に“人情”がおまけについている。そんな感じの昭和居酒屋がススキノのど真ん中にある。いろんなドラマが生まれる「やきとり武鳥」
一度のれんをくぐってみては

「やきとり武鳥」札幌市中央区南4条西1丁目(国道36号線沿い)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『愛車の12ヶ月点検』

2017年01月09日 | 日 記
昨年2月に購入したトヨタPIXIS-MEGA(ピクシス-メガ)、軽自動車だ。アウトドア仕様だが昨年は思うように“活躍”していない・・
先日、2月に12ヶ月点検のスケジュール調整をしたが、フロントのバンパーの下廻りがおそらく氷の塊にぶつかり・・・と思う。破損して宙ぶらりんになっている
それで急きょ点検日程を早めてもらって夕方4時にディラーに持ち込んだ







バンパーは補強修理をした。他の点検項目に異常はなくオイルとエレメント交換をして一安心。雪が融けて暖かくなったら“活躍”してもらおう・・・と
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『孫が成人になり』

2017年01月08日 | 人間ドキドキ
あっと言う間に大きくなり20歳。早いもんだとつくづく思った
中学生までずうーっと丸コメ頭で。「むにゅじい・・」が床屋さんだった
きょう市内で成人式に


少しずつ大人の仲間に入れてもらえるように...と「むにゅじい・・」の願いだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『純米吟醸 島影』

2017年01月03日 | 日 記
小樽手宮にある「ざっかす島影」で入手した「島影」という酒を貰った。化粧箱を包装している紙をはがしてびっくりした
その箱には「加賀の井」と書いてある。なんで酒の名前と違うんだろうか??変だと思いながら。どこかで聞いたことのある名前だ。そう・・昨年12月に新潟県糸魚川市の大火で焼失した「加賀の井酒造」で造られた酒だった
なんで・・と「島影」の説明書を読むと北前船に由来すると



以下こんなことがが書かれていた。

酒蔵名:加賀の井酒造株式会社 新潟県糸魚川(新潟最古の酒蔵として有名)
   蔵の「加賀の井」の銘は前田利家から拝命したという歴史のある蔵 

おたる「島影」(純米吟醸酒)

夢と浪漫を胸に抱いて蝦夷地を目指した人々は、北前船の中で故郷の酒を一升抱えて波間を漂った。酒は男たち明日への息吹と希望の源だった。
朝霧の中、人々の目に水平線の彼方に浮かぶ島影が映った。男たちは大いに喜び、酒を酌み交わした。その酒とともに蝦夷地を切り開いていく男たちはいつしかその酒を『島影』と呼ぶようになった。
北の大地に男たちの熱い想いと共に生きる一献の茶碗酒。それこそ、この『島影』である。
この店では、酒の小売店では珍しく、新潟最古の酒蔵である「加賀の井」酒造様のご支援を頂いて、店の名前でもある「しまかげ」オリジナル日本酒を販売している。

大好きな小樽との交流がある「加賀の井酒造」、大火からの早い復活を応援しようと思った


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『2017年が明けて・・・』

2017年01月01日 | 日 記
いろいろな方に支えられ2016年を無事生きて来ました。ありがとうございます
2017年、「一笑懸命」がやっぱしいいべサと。ライフワークになったお地蔵さんをいっぱい描きます
またみなさんにお世話になりながら楽しい年にしたいですね
よろしくお願いいたします

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

『お札を受けに千歳神社へ』

2016年12月30日 | 日 記
市内の氏神様へ来年のお札を受けに行って来た。今年のお札を納めてて本殿に参拝し、社務所のそばにある[幸井の井戸]で水も汲んで

[来年のお札を受けて]

社務所でお札を受けて・・・「よいお年をお迎えください」と巫女さんが

[千歳神社がこの上に・・]

この階段の上に本殿がある。まだブルーシートで階段を覆い通行禁止となっていた。本殿へは向って左手の道路を利用する

[道祖神]

登り道沿いに可愛い道祖神がある。ほっとする表情だ

[今年のお札を納めて]

今年一年お世話になったお札を納めた。年明け15日にどんど焼きでお祓いになる

[本殿]

今年のお札を納めた後、本殿に参拝した。他の方も来ていた

[幸井の井戸]

美味しい湧き水が社務所のそばにある。ペットボトルにその水を汲んで・・・・「美味しい!!」

[社務所]

最後に社務所でお札をいただいて来た

来年は健康で明るい年になるように...と。自分にけじめをつけて
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『高石ともやフォークコンサート』

2016年12月19日 | 日 記
デビュー50周年コンサートに道新ホールへ。新入社員の頃に影響を受けたフォークシンガー、今75歳になった。(雨竜町生まれ滝川高校・立教大学)60代の方々は「受験生ブルース
で御存知かと。ゲストになぎら健壱を迎えて。半世紀経っても「むにゅじい」には昔のままだと思っている

[ポスターより]

75歳の後期高齢者だと自己紹介もユーモアを交えて。この表情だわ

[パンフレット]

「野の花の歌が聞こえますかー」をキャッチフレーズに北海道新聞野生生物基金25周年チャリティーを兼ねてのコンサートだ
会場は撮影禁止なので・・・上手く伝えられないがなぎら健壱のギターテクニックも素晴らしかった。アンコールに「想い出の赤いヤッケ」を歌った時はなぜか胸が詰まった。この曲との出会いが高石ともやとの初めての出会いだったから
50年近くも前のことだ

[帰りの時計台]

なんか温かくなったわ なぜかいつも見る時計台よりもなんだろう・・・・いいい感じだったわ
観光客のカップルが写ってるよ

「想い出の赤いヤッケ」・・興味ある方はYoutubeで引いてみて。青春は“これから”だと思った
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加