私的感想:本/映画

映画や本の感想の個人的備忘録。ネタばれあり。

三浦しをん『風が強く吹いている』

2015-09-14 20:33:00 | 小説(国内女性作家)
 
目指せ、箱根駅伝! 純度100%の疾走青春小説。
箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。
出版社:新潮社(新潮文庫)




さわやかな青春小説だった。

解説を読む限り、素人集団が箱根駅伝で健闘すること自体、ファンタジーだと見る向きもあるらしく、僕もその意見には多分に賛同する。
だけど、そんなご都合主義など、吹き飛ばす爽やかさと熱さと、キャラクター思いの深さがあった。
それだけに深く胸に沁み入る一品である。


大学寮のメンバーを中心に駅伝チームをつくるという話である。

住人のキャラクターはどれも濃くて、おもしろい。
走ることを体現したような走や、監督役を務める策士という感じの灰二、明るくおバカって感じの双子のジョータとジョージなど、読んでいるだけでも楽しくなっている。

実際に寮生活をしてきた僕から見ると、こんな寮生活など、現代ではありえないのだが(なにぶん時代は個人主義なのだ)、ファンタジーとして見ればこれもまたおもしろい。


そうして駅伝を目指す十人だが、そこで描かれる走りに関するディテールなどはなかなか目を見張る。
何よりも吐息が聞こえるような体感が伝わって来るのがすばらしい。
おかげで読んでいるだけで、純粋に走りたくなってきた。


ラストの箱根駅伝の描写も見事だ。
特に十人全員をクローズアップして、描いている点が良い。
なかなか仲間の内に入れなかったキングや、これで最後と決めて走るユキなど、それぞれに注目して描いていて、胸に響く。

箱根を走ったからと言って、それで大成できるわけではない。
だが仲間と走って、一つの結果を生み出していくことの尊さが伝わって来て、胸をゆさぶってならない。

走りを好きな者も、苦手な者もいるが、一つの目標のために、みんながみんな戦った。
その姿が何とも爽やかで忘れがたいのである。
これぞ一級の青春スポーツ小説である。

評価:★★★★(満点は★★★★★)



そのほかの三浦しをん作品感想
 『舟を編む』
 『まほろ駅前多田便利軒』
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アーネスト・ヘミングウェイ... | トップ | 筒井康隆『ロートレック荘事件』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説(国内女性作家)」カテゴリの最新記事