私的感想:本/映画

映画や本の感想の個人的備忘録。ネタばれあり。

『“文学少女”と死にたがりの道化』 野村美月

2007-02-24 22:00:26 | 小説(ライトノベル)


物語を愛するあまり、物語を食べてしまう“文学少女”天野遠子と、ただの男子高校生井上心葉。ふたりが所属する文学部に持ち込まれたのは恋文の代筆だった。だがことは思いも寄らぬ方向に転がる……
野村美月のミステリアス学園コメディ第1作。
出版社:エンターブレイン(ファミ通文庫)


本作はタイトルに文学少女と銘打たれているだけあり、名作の、今回で言えば太宰治の『人間失格』の筋をなぞるかのように、物語は進んでいく。そういうガジェットもあり、小説が好きな人間にとっては、いくつかたまらないシーンが多い。
そしてその魅力を引き出してくれるのが、文学少女、遠子の文学に対する愛だ。特にラストの太宰作品に関する言葉の数々は、心に響いた。
僕はもう何年も太宰は読んでいないし、そんなに熱心な読者ではなかったのだけど(計6冊でそれなりの数は読んでいるけれど、はまりきれなかった)、この本を読んでいたら久々に読みたくなってきた。そう思わせるだけでも充分にすごい。

ストーリーとしては、最初は軽めのタッチで進行するのだが、ラストでシリアスになってくる。そういうところは、個人的には好きだ。いわゆるメリハリがきいているし、ラストでカタルシスがあるところもいい。

手記の扱いに関しては、僕の予想はまあ半分当たり、半分はずれといったところである。多分、ミステリを読み慣れた人はなんとなくわかるだろうけれど、さすがに全部は解けきれない。
やや作りものめいた感があったのは残念だが、読者をなんとかミスリードしようとする姿勢が見えて好感触。

単純に楽しめることは請け合いだろう。

評価:★★★★(満点は★★★★★)
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『春期限定いちごタルト事件... | トップ | 「ドリームガールズ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説(ライトノベル)」カテゴリの最新記事