私的感想:本/映画

映画や本の感想の個人的備忘録。ネタばれあり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「清州会議」

2013-11-13 20:13:57 | 映画(か行)

2013年度作品。日本映画。
三谷幸喜が17年ぶりに手がけた小説を自らメガホンを握り、映画化。織田信長亡き後、その家臣たちが集まり、後継者問題や領地の配分を決めた、清須会議。日本史上、初めて合議によって歴史が動いたとされる、同会議に参加した人々、それぞれの思惑など、入り乱れる複雑な心情が明らかになる。
監督は三谷幸喜。
出演は役所浩司。大泉洋ら。




思ったよりも普通の映画である。
内容的にも、おもしろさの度合いとしても、普通と述べるほかない。

しかし少なくとも映画を見ている間は、作品を楽しめることができる。
そういう点、幸福な作品とも言えるのだろう。



タイトルの通り、秀吉が天下人となる第一歩を踏み出した清州会議を描いている。
そのため出てくる武将は総じてメジャーどころが多い。

そのせいか、人物の描き方はほぼテンプレ通り。
秀吉は人心掌握の上手い陽性の野心家で、柴田勝家は武骨で不器用な人と、ほとんど巷間に流布されているイメージ通りの造形である。

それが少し残念だけど、楽しめるし、何よりキャラが立っているから文句も言うまい。
そのほかのキャラも総じて個性的で、旗色を決めかねている池田恒興や、生真面目な丹羽長秀など、それぞれの個性は出ている。


物語の展開は史実を知っているので、格別の驚きもない。
しかし三谷幸喜だけあり、飽きることなく見せていくところはさすがである。

そうして物語が進むにつれ、不器用で裏表が見えない勝家と、策士の素質を持ち合わせた秀吉との対比が浮き上がって来ている。それが何よりも良い。



確かに本作には目新しいものもない。三谷幸喜作品にあるようなコメディ要素も少ない。
しかし目の前の素材を適切に料理する三谷幸喜の手腕は充分に堪能できる。
エンタテイメントとして及第点の作品だった。

評価:★★★(満点は★★★★★)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 梅原猛『古事記 増補新版』 | トップ | 福澤諭吉『現代語訳 学問のす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

清須会議  監督/三谷幸喜 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  大泉 洋  小日向 文世  佐藤 浩市 【ストーリー】 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝、秀吉は次男の信雄を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市....