詩人PIKKIのひとこと日記&詩

すっかりブログを放任中だった。
詩と辛らつ日記を・・

通貨の研究 天皇制や米国奴隷家畜層や自公カルトや高給官僚層やトヨタグループ等日本支配層の研究

2015年09月20日 | トヨタグループ研究

5時間前: トヨタは2009年から2013年の5年間、税金を払っていなかった~その理由は? :まるでトヨタが税金を払わなくて済むために作られたような制度!

署名しました 山本太郎議員を応援する署名です。宜しくお願いします。 >キャンペーン「日本国民の皆様: 山本太郎参議院議員の除名処分請求に抗議し、山本議員への支持を表明しよう!」 に賛同をお願いします! さんから

 【沖縄2紙も国連シンポで発言】(ロイター)沖縄県の地元新聞2社の代表者は、国連欧州本部で沖縄の市民団体が催したシンポジウムに、翁長知事とともに参加。日米両政府が推進する辺野古移設について「強行は民主国家に許されない不正義だ」と訴えた。


日本人は今や、マスコミや教育やブランド信仰で洗脳された…あらゆる分野での不必要を捨てるべき時代!売国奴的米国米軍走狗の自公党は有害無益!国を衰退亡国させるだけの高給官僚や財閥財界、大企業や生命保険や製薬会社の僕の病院や医者、軍隊も不必要!災害大国日本に必要なのは国内外での災害救助隊!災害対策のための公共事業での地方再生と雇用増大による景気回復だ!こんな簡単で必要不可欠な事が何故わからないのか?それはこの国のご主人様たち(米国米軍、高給官僚、財閥財界、自公等カルト)の懐に金が入らないからだ!

自衛隊が米国米軍の傭兵として行かされそうな南スーダンも、イラクやアフガンやカダフィ大佐の国のように…国際金融支配下ではない中央銀行が毛嫌いされて米国侵略戦争の餌食に(国際金融支配下でない国は残りイラン、キューバ、北朝鮮→日本は明治初期国際金融の命令で日銀創設以来の国際金融支配下)…安倍自公政権以降は一挙に売国奴的になった国際金融支配下の日銀も不要!政府が通貨発行権を持ち、地域毎の地域通貨(童話作家エンデが提唱した定期的に減価し数年後に死滅する通貨)で十分!

 

↓のような…昭和天皇等による極東裁判所上層部やGHQ幹部らへの人身御供(上流階級妻娘や原節子等女優がという噂は聞いたことが)について触れた本は珍しい。 ぼくも抱腹絶倒物語『東京セブンローズ』(井上ひさし)で僅かに知っていただけ…無料の日本ペンクラブ電子文藝館の井上ひさし作品や歴史関係は?

  より上流階級で有名なのは、ライシャワー駐日大使夫人になった松方正義(ロスチャイルドの命令で日銀創設以来約半世紀間実質的な日本国王!)の孫娘…司馬 遼太郎と夫妻の対談が、文庫本で出ているので是非一読を!その他にも日本人女性で米国等海外高官に嫁いだ女性が山ほどいて、歴史等日本情報をレクチャーした結果が現在のような奴隷家畜状態日本に…

 

拡散を(↓の元記事)!まだ読んでる途中だけど…現在までのところ、内容はほぼ間違いがない。『昭和天皇(戦争責任がある)が戦争狂になった訳』ーhttp://www.asyura2.com/09/reki02/msg/321.html

 ▼戦前(戦前は世界最大)の天皇財閥が所有してた三菱財閥の株 ◆昭和天皇が戦争狂になった訳 及び、書籍「天皇財閥―皇室による経済支配の構造 」から主要論点 ★るいネット / キャス  →とても読みやすくわかりやすい!

 

 ‏@hirakawah 14時間前 これはわかりやすい。安保法制特別委の強行採決の瞬間のスロー動画。最初にカマクラ作った与党議員(非委員)たちの顔もまるわかり!-
http://on.fb.me/1LFUWWg  →平手でなく握り拳で殴るってるヒゲの隊長は(押さえるためという言い訳らしいが…)、危険な故意の暴力で犯罪!

<日本は世界第4位の軍事大国になっている。それを「自衛隊」と呼ぶのはかまわないが世界4位の軍事大国だ。 日本より軍事費が多いのは米国、英国、中国だけだ。日本をそういうふうにした共犯者はアメリカにほかならない。>オリバー・ストーン →国際的軍事費比較では、もう英国を追い抜いて世界第三位かもしれない(米国産兵器を世界一高価な値段で購入させられてるので…)。他の国では軍人恩給も軍事費に含めて計算する!


憲法がクーデター集団に殺された日 2015.9.19。この日のことを決して忘れない。前々日の参議院安全保障委員会では、公聴会の報告もされぬまま、ヒゲの佐藤が合図を送ると、自民党の秘書が不法乱入して鴻池委員長の周りを囲み……

日欧EPA交渉、関税で進展乏しく TPP停滞が影:日本経済新聞 問題は関税ではない。EUは日本の地方自治体の公共事業に欧州企業が参加しやすくなることを求めている。一番のキモはヨーロッパに多国籍企業が多い水道サービスではないか

コメント