詩人PIKKIのひとこと日記&詩

すっかりブログを放任中だった。
詩と辛らつ日記を・・

女捜査官テニスン~第一容疑者1973 第1話 「雨の始まり」

2020年01月22日 | 犯罪
https://gyao.yahoo.co.jp/p/00569/v08718/

キャスト
ステファニー・マティーニ サム・リード ブレイク・ハリソン ジョーダン・ロング アンドリュー・ブルック
スタッフ
監督:ロンダ・スミス

英国の大人気刑事ドラマ『第一容疑者』の主人公ジェーン・テニスンの新米時代を描く、正統派ミステリー・ドラマ。主演は王立演劇学校出身の女優ステファニー・マティーニ。(全6話)
英国の大人気刑事ドラマ『第一容疑者』の主人公ジェーン・テニスンの新米時代を描く、正統派ミステリー・ドラマ。主演は王立演劇学校出身の女優ステファニー・マティーニ。
コメント

マルティニークからの祈り

2020年01月22日 | 犯罪
困窮した家族の危機を救うため、ある荷物をフランスへ運んだジョンヨン(チョン・ドヨン)。「金の原石」だと信じていたその荷物の正体は、なんと麻薬だった。言葉が一切通じない異国の地での逮捕劇。弁解の余地も与えられないまま、祖国から12,400kmも離れたカリブ海に浮かぶ島、マルティニークの刑務所に送り込まれてしまう。この世の果てのような地で想像を絶する過酷な環境に閉じ込められ、いつ終わるのかも分からない拘束は続いた。彼女は家族のもとに帰りたい一心で地獄の日々を抜け出そうとするのだが……。

キャスト
出演:チョン・ドヨン コ・ス カン・ジウ ペ・ソンウ
スタッフ
監督:パン・ウンジン

実在する平凡な主婦が、突如味わうことになった悪夢のような756日間。全く言葉も分からない、遠く離れた異国の地で、拘束され続けた彼女の運命は―
困窮した家族の危機を救うため、ある荷物をフランスへ運んだジョンヨン。「金の原石」だと信じていたその荷物の正体は、なんと麻薬だった。言葉が一切通じない異国の地での逮捕劇。弁解の余地も与えられないまま、祖国から12,400kmも離れたカリブ海に浮かぶ島、マルティニークの刑務所に送り込まれてしまう。
コメント

人生は一度だけ

2020年01月22日 | 
人生は一度だけ
誰もがおんなじ時代という名の道を
とぼとぼ生きる路上生活者にすぎない

人身事故という飛び込み自殺で
あっちこっちの電車が昨日も今日も
何時間もの立ち往生だった

すべての生き物に平等なのは死だけだ
だから決して他人の死を弄んではならない
他人の死から目を背けてもならない
明日はわが身のたどる道なのだから

生きることは
いつだって素晴らしい奇跡だ
星たちの歌を聞き
朝の風に吹かれるだけでも素晴らしい

人生は一度だけの奇跡だ
それさえも許さない者たちをこそ
憎まなければならない
そのためにこそたたかはなければならない
コメント

ある外国人労働者の自立〜映画『コンプリシティ/優しい共犯』(近浦啓 監督)     笠原眞弓

2020年01月21日 | 犯罪
ある外国人労働者の自立〜映画『コンプリシティ/優しい共犯』(近浦啓 監督)
    笠原眞弓

 外国人技能実習生という制度があることは、今やほとんどの人が知っている。そしてその制度が、人権の視点からも問題ありということも知られてきた。外国人労働者の受け入れが始まった1990年代後半、房総の干物製造業を訪ねた時に従業員のほとんどが中国人だったことや、今の外国人技能実習生制度が発足してから、長野県のレタス産地で有名な川上村を訪ねると、夏の農家の手伝いが学生アルバイトから中国人に、宿舎が農家受け入れから近くのアパートに代わっていたことを思い出す。それまでは、食事も何もかも家族と一緒だったが、そのころは、すべて実習生自身が賄い、農家は手間がかからなくなってよかったと話していた。

 この映画は、夢を持って来日したにも関わらず、あまりに過酷な労働条件に耐えられなくて実習先を逃げ出した青年の物語である。逃げること、嘘をつくことを余儀なくさせる社会制度って何なのかと思う。そんな中でも、何とか自己を保ち誠実に生きようとする実習生の一側面である。

 チェン・リャンは、技能実習生として中国から来た。この映画に出てくる青年は、祖母や母親想いで優しい。祖母の反対を押し切って日本に「出稼ぎ」にきたからには、錦を飾らないわけにはいかない。でも現実は、約束とは大違い。実習先を逃げ出して、仲間と窃盗を繰り返す生活。支給された携帯電話には、以前の持ち主への電話が頻繁にかかってくる。そんなある日、周旋屋から仕事の紹介電話が。思わず彼チェン・リャンは、その仕事を前の持ち主のリュウ・ウェイとして受け、親父さん(藤竜也の存在感が素晴らしい)と娘で切り盛りする蕎麦屋の住み込み店員になってしまう。

 蕎麦屋で、そば打ちを習うリュウ。「ちゃんと打てるようになったら北京で蕎麦屋をやろう」という親父さん。その親父さんの悩みは、息子に引退を迫られていること。

 店にはチェンの在留資格を問う電話がかかり、そんな人はいないというものの、親父さんは「一体君は、誰なんだ?」と。しかし深追いはしない。続いて警察も踏み込むが、親父さんは…。

 場面が変わって店で出会いお互いに惹かれ合う女性、葉月があこがれの北京へ渡り、そこから電話をかけてきて「君の名は。」 を見てきたと。それに彼は答える。

 そこで私は初めて涙があふれた。彼の「自分探し」=「青春」 は終わり、越えなければならない壁をどう越えるのかと。

 幸せは、人が作っていくものだとしみじみ感じさせる作品だ。繰り返される中国での家族との場面が、彼の人間性を表しホッとする瞬間だった。

*2018年製作/116分/日本・中国合作/1月17日より新宿武蔵野館公開中その後全国順次公開
コメント

懐かしい幼馴染の手紙

2020年01月21日 | 
北の風の街から
懐かしい幼馴染の手紙が届く

廃線と郵便局の消滅で
人間よりも熊の方が多くなっちまったよと
どこもかしこもリストラの風が吹いていて
とうとう鬱病になってしまったよと

そして最後に
どうしてこんなにも
ぼくらは臆病者になっちまったんだろうかと

「政権交代」という新しい時代の風が
どんな香りがするのか
胸いっぱい嗅いでみたい気がする

ぼくらの誰ひとりだって
誰かの奴隷じゃなく
この世に生まれてきたからには
誰にも平等に生きる権利があるんだ

犯罪の代わりの自殺というなら
犯罪を犯してでも
生きなければならないんだ

そう北風の街の友達に書いて
久し振りの手紙を送った
コメント

反対 (日本を滅茶苦茶にした元凶は)

2020年01月21日 | 
ぼくは反対する
ますます陰湿化するいじめに反対する
これらの元凶は
トヨタ等大企業でのいじめや村八分や
リストラではないのか

ぼくのトヨタ時代でも
中高年や女子社員を一列に並べて
退職するまで芝生のゴミ拾いを手始めに
片道切符の出向の先に待っているのは
危険・汚い・きついという3K職場った

それでもなかなか辞めない社員には
「あいつは男とやりくらかしてる」等のデマを流したり
上司が巧みに誘い出しての手かざしの新興宗教や
「絶対にクビにしてやる」「殺し屋に注意しろ」等の脅し文句
社員には内緒で受け取り数千万円の団体割引保険金を掛けておいての
サービス残業やいじめや出向や村八分(「あいつはアカだから話すな」等)で
ストレスに追い込んでの
過労死・過労自殺での保険金の略取

ぼくは反対する
終わることのないアメリカの侵略戦争
アメリカがベトナム・アフガン・イラク等を破壊し続けることができるのも
最大の貢献国奴隷のように貢ぎ続ける日本のおかげだ
在日米軍基地への思いやり予算や
我々の血税で強引に買うことを強制され
塩漬けになっている百兆円に近い米国債
広島長崎への原爆という無差別大量虐殺兵器
日本人はまっとうな思考力を失ってしまった
奴隷よりも家畜のような有様になってしまった

ぼくは反対する
破壊し殺し続けるばかりでなにひとつ良いものを残さなかった
小泉以降の弱肉強食自公政治を
政府発表でも自殺者に過労死者を足すと
もう十年間毎年3万人が殺され続ける
本来の政府・行政政治家官僚の役目とは
市場原理では格差が増大するばかりなのを
税金の再配分機能で
弱者や敗者を救済することというのは世界の常識だ

とりわけ法を守って手本を示すべき
地位や名誉や権力を与えられた政官財こそが
堂々と法を破り税金を掠め取り
反対する者を牢獄へと放りこんでなんら恥じることがない

これらの元凶は
中曽根政治にあった
国鉄→JRへという数百兆円の国民共有財産の強奪と組合つぶし
汐留跡地を大マスコミにばら撒いての翼賛マスコミ作り
リゾート法や原発による官が率先しての自然破壊
不沈空母発言等での米軍の下請化
コメント

夜の女王

2020年01月21日 | 
出演:キム・ミンジョン、チョン・ジョンミョン、キム・ギバン、イ・ミド
スタッフ
監督:キム・ジェヨン

僕の妻の知られざる過去―それは一世を風靡した伝説のクラブ・クイーンだった!?
ヨンスは、小心者の非モテ系男子。そんな彼がヒジュに出会うと、たちまち一目惚れ。彼女のアルバイト先に連日通い詰めた末、めでたくゴールインする。ヒジュは天使のようなルックスの持ち主で、料理の腕前はプロ並み。しかも3か国語を自在に操れるまさに理想の妻。しかしある日、そのパーフェクトな妻が…… #恋愛映画おすすめ
コメント

スイカ

2020年01月21日 | 
人生はどうしてこんなにも
苦労ばっかりなんだろうか
大好きなスイカを食べるのも
もう長いことままならない

今朝夜勤明けのスーパーで
「今日は何が安いの?」と話していたお婆さんたちのひそひそ声
食べたいスイカを買おうかどうしようかと悩んだ挙句
諦めて帰っていったおばあさんの後姿

今日のぼくも
1個998円のスイカを
買おうかどうしようかと悩んだあげく
しぶしぶと諦めた

夜勤明けの疲れ切った体には
スイカ1個の4キロがきつい
帰路に何度も何度も
反対車線へと飛び込みそうだった

スイカはもう
数年食べていない
大好きなスイカの味も
もうすっかり忘れてしまった

スイカを食べられる人よ
しみじみと味わって欲しい
スイカも食べられない年金暮らしの老婆や
僕のようにいっつも夜勤で
へとへとという人間もおおいのだから
コメント

蝋燭

2020年01月20日 | 
ミヒャエル・エンデは
傑作ファンタジー「モモ」の中で
人間の生命を蝋燭の炎に例えていた

この地球は次から次からと
消えてゆく蝋燭の代わりに
新しい蝋燭に点灯されてゆく
蝋燭の星でもあった

荒野の樹の下で
ひっそり消えてゆく蝋燭
多くの蝋燭に見守られて
炎を受け継がれてきた宮沢賢治のような蝋燭

ぼくの蝋燭はもう
ほとんど残りが少なくて
断崖絶壁の上にたつ
折れ曲がった蝋燭だ

もうこれ以上権力者たちは
ただでさえやせ細った人々の蝋燭から
蝋を削り取って
自分たちの蝋燭に継ぎ足すことを止めるべきだ
コメント

ご案内 : 西山直洋さん(関生支部執行委員)が語る 「これが不当逮捕の真相」

2020年01月20日 | 犯罪
1.23 関西生コン事件報告集会
西山直洋さん(関生支部執行委員)が語る
「これが不当逮捕の真相」

●労働法学者78人が抗議声明
2018年7月からはじまった「関西生コン事件」。ストライキやビラまき、建 設現場の法令違反や生コンの安売りを規制するといった、ふつうの労働組合 活動が刑事事件とされ、のべ81人もの組合員が逮捕されています。武委員長 は6回、湯川副委員長は8回もくりかえし逮捕され、勾留期間は500日超。昨 年12月、労働法学者78人は「信じがたい弾圧を見過ごすことはできない」と する抗議声明を公表しました。

●くりかえされた逮捕の目的はなんだったのか
西山直洋さんは関西地区生コン支部の執行委員。西山さんも2018年11月、「運 賃引き上げの約束を守れ」と要求したストライキが威力業務妨害とされた大 阪事件で最初の逮捕。さらに勾留中の2019年2月、滋賀の事件で再逮捕。やっ と同年9月に保釈されたものの、同年11月、こんどは和歌山の事件で3回目の 逮捕。保釈されたのに、なぜまた逮捕されたのか。
「関西生コン事件」の現状を報告するとともに、西山さんにその経過を語 ってもらいます。万障お繰り合わせの上ご参加いただけますようご案内致します。

1月23日(木) 18:30~20:00 連合会館 2階203号室
*報告(1) 「関西生コン事件」の現状報告
(2) 西山直洋さん(関生支部執行委員)の報告
*連帯発言
問い合わせ 関西生コンを支援する会 03-5289-8222(平和フォーラム)
コメント

ひどい指導者ばかりを選んできたツケ

2020年01月20日 | 
あの世の死者たちはおそらく
カンカンに怒っていることだろう
ぼく等のすべてを
なんちゅう欲に眼がくらんだ情けない奴らかと

世界一素晴らしい稀有の憲法を持ちながら
世界一豊かな食料や自然
完全な資源リサイクルの伝統文化を持ちながら
誰もが働くことが大好きな世界一勤勉で
思いやりのある人々であったはずなのに

十年間自殺者3万人以上どころか
大多数の日本人が貧困や自殺へと追い詰められる
世界一非情な国へとなってしまったのか

言い訳はもうやめよう
ぼくらがひどい指導者ばかり選んできたツケなのだから
断崖絶壁に立っているこの国やぼくらの生活は
あとひと押しで奈落の底へと真っ逆さまなのだから

日本人は平和によってしか生きのびられない
働く事を尊ぶ相互扶助的社会だった
憲法九条と平和主義で
戦後のぼくらの繁栄があったはずなのだから

小泉以降の弱肉強食市場原理のせいで
日本人のほとんどが弱者へと転落させられた
公共サービスやセイフティネットの充実や
福祉医療介護教育や弱者救済や敗者復活にこそ
まず税金の再配分が必要だったはずだった

それが政府行政や官僚政治家の真っ先にすべき仕事
法治国家に相応しい遵法の手本を示すのが
我々の税金から高給を得る君らの仕事だったはずだった

現在の憲法を否定したり
税金ネコババ等の違法行為は天に唾する行為だ
ぼくらがコツコツと額に汗しての税金からの高給や
天文学的な補助金や様々な特権などを
断じて!受け取るべきではない

いま何よりも必要なのは
減税等で税的負担を軽減したり
自然回復による自給率のアップだ
誰もが安心して老後を送られるように
公約どうりに年金保険制度を立て直すことだ

国鉄から始まって
高速道路、郵便局、公有地・国有林という
闇から闇へと奪われてきた国民共有財産だった

晩年オランダを見習っての「土地国有化」を主張した
司馬遼太郎氏みたいに休耕田耕作放棄地を国が買い上げて
官僚が情報を隠し続けてきた国有地の情報開示をさせ
安く国民に貸し出したり
食料自給率アップ可能な未来や豊かで美しい自然は
みなの共有財産なんだという日本人に再び戻って欲しい
コメント

世に倦む日日 @yoniumuhibiより

2020年01月20日 | 
ファーウェイ。排除した国、米国と日本と豪州だけ。インドが導入決定したら済みだ。東欧諸国はセルビアに続くだろう。https://pbs.twimg.com/media/EOpX722U0AUs5ey?format=jpg&name=small …

アウンサンスーチー。「言うまでもないが、隣国としては世界が終わるまで(中国に)足並みをそろえる以外にない」。ミャンマーは中国との関係強化を選択。大きな出来事だ。ラオス、カンボジア、タイ、インドネシアがこのグループ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000030-jij_afp-int …

ロイターの映像がある。イアン・ブレマーのインタビュー。「米国の国内政治が国際情勢のトップリスクになるのは初めてだ」「次回の大統領選は『正当性』のないものとなる」「少なくとも人口の半分は次回の大統領選を『不正』とみなす」「このような選挙は1876年以来だ」。https://jp.reuters.com/video/watch/idRCV007P2F …

イアン・ブレマーが「風をよむ」で、今秋の米大統領選は米国の政治制度の正当性が疑われる結果になり、大きな政治空白と混乱が起きると予言した。面白い。どっちが勝っても、負けた方はそれを認めず、政治が混乱するということだ。そうなる可能性は高い。米国が世界のリーダーである時代は終わる。

18日TBS報道特集のカシミール特集も価値のあるジャーナリズムだった。「報道のTBS」の面目を躍如する内容だった。こういう取材と報道を見たい。本当なら、国谷さんのクロ現が放送し、われわれ視聴者が納得して対価として受信料を払う中身のものだ。続編をお願いしたい。インド側の取材もぜひ。

イランだけでなく中東の人々の日本信仰はとても強い。
①アジアで一国だけ近代化に成功し、大国ロシアを破り、欧米の侵略を排した国への共感。②特攻攻撃まで追い詰められ、原爆を落とされて焦土となった国への同情。③そこから平和主義と高度成長で復興した国への憧憬。④ドラマ「おしん」の感動。

18日TBS報道特集のイラン報道、中身のあるジャーナリズムだった。金平茂紀の取材と説明が正鵠を得ていた。特にテヘランの家族のインタビューの内容がよかった。イランの人たちは親日感情がとても強く、日本は自分たちの味方になって助けてくれるはずだと信じている。助けてあげるべきだ。

12月から頻繁にマスコミの連中と会食してますよね。回数が多くなっている。単に雑談しているんじゃない。野党の動きとか、マスコミ内の動きとか、大事な情報を安倍晋三に伝え、仲間でシェアし、その場で情勢分析して作戦会議しているわけです。選挙に勝つべく。彼らは安倍軍団の兵士であり工作員。

ただ飲み食いしているわけではないですよ。情報収集して作戦会議している。昨夜は櫻井よしこと。重要な時間です。安倍晋三の頭の中は、時間が削られる中で、どうやって勝つ解散総選挙に持ち込むかだ。今は決め手がない。櫻井よしこ、参謀ですよね。強気の作戦参謀。情報も持っているし、頭もキレる。

時間を削れば安倍晋三は不利になるわけだから、野党はとにかくゴタゴタ感を出しちゃいけないですよね。自滅で敵にポイントを与えてはいけない。選挙になれば山本太郎をシンボルにして一つに纏まるのだという構えを見せないと。しばき隊のれいわ叩きは目に余る。自滅行為だ。やめさせないといけない。
コメント

エール!

2020年01月19日 | 
キャスト
ルアンヌ・エメラ カリン・ヴィアール フランソワ・ダミアン エリック・エルモスニーノ
スタッフ
監督:エリック・ラルティゴ 脚本:ヴィクトリア・ベドス スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ エリック・ラルティゴ トマ・ビデガン

「パリで歌手になりたい」ポーラの夢が“聴こえない”家族は大反対! 少女の夢と家族への愛を乗せた歌声が起こした、最高の奇跡とは―? 本国フランスでは750万人が笑って、泣いて、いっしょに歌った感動作!
フランスの田舎町。ベリエ家は高校生のポーラ以外、父も母も弟も全員耳が聴こえない。ある日、ポーラの歌声を聴いた音楽教師はその才能を見出し、パリの音楽学校のオーディションを勧める。夢に胸をふくらませるポーラだったが、家族はもちろん大反対。ポーラは悩んだ末に、夢を諦める決意をするのだが……。
コメント

反対だ

2020年01月19日 | 
ぼくは反対する
ますます陰湿化するいじめに反対する
これらの元凶は
トヨタ等の大企業でのいじめや村八分やリストラ

ぼくのトヨタ時代でも
中高年や女子社員を一列に並べて
退職するまで芝生のゴミ拾いを手始めに
片道切符の出向の先に待っているのは
危険・汚い・きついという3K職場

それでもなかなか辞めない社員には
「あいつは男とやりくらかしてる」のデマを流したり
上司が巧みに誘い出して手かざしの新興宗教や
「絶対にクビにしてやる」「殺し屋に注意しろ」との脅し文句
社員には内緒で受け取り金数千万円の団体割引保険金

サービス残業やいじめや出向や村八分
あいつはアカだから話すな」等で
ストレスに追い込んでの
過労死・過労自殺での保険金の略取

ぼくは反対する
終わることのないアメリカの侵略戦争に
アメリカがベトナム・アフガン・イラク等を破壊し続けることができるのも
奴隷のように貢ぎ続ける日本のおかげだ

在日米軍基地への思いやり予算や
我々の血税で強引に買うことを強制され
塩漬けになっている百兆円に近い米国債
広島長崎への原爆無差別大量虐殺兵器への
抗議や謝罪を求める代わりに
日本人はまっとうな思考力を失ってしまった
奴隷よりも家畜のような有様に

ぼくは反対する
破壊し殺し続けるばかりで
なにひとつ良いものを残さなか
小泉以降の弱肉強食自公政治

政府発表でも自殺者に過労死者を足すと
もう十年間毎年四万人が殺され続ける
本来の政府・政治家・官僚の役目とは
市場原理で格差が増大するばかりなのを
税金の再配分機能で
弱者や敗者を救済することにある

とりわけ法を守って手本を示すべき政官財こそが
堂々と法を破り税金を掠め取り
反対する者を牢獄へと放りこんで
なんら恥じることがない

これらの元凶は中曽根政治にあった
国鉄→JRへという数百兆円の国民共有財産の強奪と組合つぶし
汐留跡地というおこぼれを大マスコミにばら撒いて翼賛マスコミ作り
リゾート法や原発による官が率先しての自然破壊
不沈空母発言等での米軍の下請化だった
コメント

世に倦む日日 @yoniumuhibiより

2020年01月19日 | その他
いいことですね。普通の女性から見て夢のある話に映る。頭角を現す人に出てきてもらいたい。本格的な理論家の登場を期待したい。ローザ・ルクセンブルク的な。古典を読みこなして概念をフルに使い回せ、経済学をベースにした独創的な理論を展開して政策構想できる俊才。国会議員やらなくてもいいから。

へえ-、26人のうち3割か。副委員長の広井暢子の地位(権力)が劇的に上がった人事だ。73歳。党女性トップ。浜野忠夫の女性党員版というか、いわゆる春日局さま。①広井暢子、②紙智子、③高橋千鶴子、④田村智子..あと4人誰だろう。まさにジェンダーの

ただ飲み食いしているわけではないですよ。情報収集して作戦会議している。昨夜は櫻井よしこと。重要な時間です。安倍晋三の頭の中は、時間が削られる中で、どうやって勝つ解散総選挙に持ち込むかだ。今は決め手がない。櫻井よしこ、参謀ですよね。強気の作戦参謀。情報も持っているし、頭もキレる。

時間を削れば安倍晋三は不利になるわけだから、野党はとにかくゴタゴタ感を出しちゃいけないですよね。自滅で敵にポイントを与えてはいけない。選挙になれば山本太郎をシンボルにして一つに纏まるのだという構えを見せないと。しばき隊のれいわ叩きは目に余る。自滅行為だ。やめさせないといけない。

来週、また書きますが、安倍晋三にとって真の脅威は時間なんですよね。時間との戦いだ(野党との戦いではなく)。一日一日、時間を削られて厳しくなっている。党則改正(四選)を突破するための解散総選挙。タイミングがどんどん限られてくる。リスクがどんどん大きくなる。求心力が弱ってくる。

とりあえずこれでいいんじゃないの。実際、この線で進みそうだし、マスコミや国民一般が期待しているのはこの方向だろう。小沢一郎のシナリオですよね。(弱い)野党の議席が最大になるのは、この線で選挙が行われたときだ。https://twitter.com/ggzhmru2/status/1218338318619824128 … https://twitter.com/ggzhmru2/status/1218338318619824128

バトンタッチする若い理論家がいないんですよね。後継者や弟子を育てなかった。党の中からも頭角を表す者が一人も出なかった。理論は後期高齢者の不破哲三に丸投げ。党組織そのものが理論を神棚に上げて、お飾りにして崇めるだけだった感がある。理論が死んでいて、不破哲三の頭の中だけで生きていた。

不破哲三が中央委員に再任。常任幹部会からも降りないんだろうか。ということは人事に変更なし。従前のまま。90歳になる不破哲三がトップに君臨。党組織が停滞するな。降りた途端にスターリン批判的な動きになる可能性があり、それを恐れて権力を手放せないんだろうが。https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011700919&g=pol …

祝 勝訴。テレビに出てましたね。平岡秀夫もいたんだ。国会議員に返り咲かないかな。https://twitter.com/Kaminoseki_dou/status/1218042626210856960 … https://twitter.com/Kaminoseki_dou/status/1218042626210856960

む、党大会の討論で登壇した政策委員会事務局次長の坂井希、ひょっとして東大か。次の書記局長は彼女かもしれないな。48歳。早いとこ国会議員にしないと。次の衆院選。でも、比例のどこで出すんだろう。東京には池内沙織、北関東と南関東には梅村早江子と斉藤和子がいる。https://www.jcp.or.jp/jcp/21taikai/Toron/21-toron-35.html …

「中国(の党・国家)は社会主義ではない」。この認識と規定は、微分的には正しいが、積分的には正しくない。習近平体制にこの規定を与えるのには賛成だが、1949年から現在までの中国(PRC・CCP)を、総体的にこのネガティブな認識で捉えることは間違いだ。中国から学ぶべきことは多くある。

古典を読んで学ぶことで、現代を分析するアイディアやヒントが浮かぶ。いま書店で売れている本を読んでも、アイディアやヒントはもらえない。だから古典研究は大事なのだと思う。不破哲三はよくやっている。エンスージアスティックに。90歳になるのに。勉強が得意で好きなんだね。秀才エリート。
コメント