詩人PIKKIのひとこと日記&詩

すっかりブログを放任中だった。
詩と辛らつ日記を・・

古い記事  ゲバラ別れの手紙の数々から

2016年02月27日 | 感心や感動したサイトの紹介

「フィデル・カストロ宛」   フィデル。
いま私は、さまざまのことを思い出している――マリア・アントニアの家ではじめて君に会った時のこと、君が遠征に参加するように私にすすめた時のこと、そして準備の時のあの緊張のすべてを。

 ある日われわれは、死んだら誰に知らせたらいいのかと尋ねられたことがある。その時われわれ全員は死の現実的な可能性に衝撃をうけた。あとになってわれ われは、革命のなかでは(それが真の革命である限り)人は勝利するか死ぬかなのだ、ということを知った。勝利にいたる途上で多くの同志が倒れた。

 いまではすべてにあまり劇的な調子を感じることはないが、それはわれわれが成熟したためだ。だが、いまも生と死は繰返されているのだ。キューバ革命が私 に課した任務を私はキューバ国内においては果してしまったように思う。だから私は君や同志や君の人民――それはすでに私のものでもある――に別れを告げ る。

 私は党指導部における私の地位、閣僚の職、少佐の階級、キューバ市民としての条件を公式に放棄する。法的には私をキューバに結びつけるものは何もない。ただ、任命書を破り棄てるようにはあっさりとは棄てることができない違う性格の絆があるだけなのだ。

 過去をふり返ってみて、私は自分が革命の勝利を不動のものとするために十分に誠実に献身的に働いてきたと信じている。私に何らかの誤りがあるとすれば、 それはただ、シエラ・マエストラの初期の段階において十分に君を信頼していなかったことと、君の指導者ならびに革命家としての能力を十分に理解していな かったことだけである。

 私は偉大な日々を生きてきた。君の傍で力リブ海の危機の輝かしく悲劇的な日々をわが人民の一員として生きたことを私は誇りとしていた。

 あの日々の君ほど輝かしい政治家はほとんどいない。私は躊躇することなく君に従い、君の思考方法に自分を同一化したこと、君と同じ方法で危機と原則を理解し評価したことを誇りに思っている。

 世界の他の土地に私のささやかな努力を求める大衆がいる。キューバの指導者としての責任から君には許されないことが私にはできる。別れの時が来たのだ。

 私が喜びと悲しみの混じり合った気持でキューバを離れるのだということを知って欲しい。私はここに建設者としての私の最も純粋な希望と、私が愛するもの のうちの最愛のものを残して……そして、私を息子のように受け入れてくれた人民と別れていくのだ。このことは私の心を深く切り裂く。私は新しい戦場に、君 が私に教えてくれた信念、わが人民の革命精神、最も神聖な義務を果そうとする感情を携えていく。そして、どこであろうと帝国主義と戦うのだ。戦いが私の心 のすべての傷を十分に慰め癒すのだ。

 もう一度言うが、キューバに関して私はいっさいの責任から解放された。だが、キューバは私にとってひとつの模範だ。私がどこか異国の空の下で最後の時を 迎えたら、私の最後の思いはキューバの人民、そして特に君に向かうだろう。君の教えと模範に感謝する。私は私の行動において最後までそれに忠実でありたい と思う。私はこれまでわれわれの革命の外交政策に常に従ってきた。これからもそうしたいと思っている。どこにいようとも私はキューバの革命家としての責任 を自覚しているだろう。そして、そのように行動するだろう。私は私の子供や妻に何も残しておかないが、それは別に心残りのことではない。そのほうが私には 望ましいのだ。国家が生活と教育に十分なことをしてくれる以上、私はそのほかに何も望まない。

 君とわれわれの人民に語りたいことはたくさんあるが、それはもう必要のないことなのだろう。言葉は私が望むことを表現しえない。これ以上紙をよごすまでのこともないだろう。勝利に向かって常に前進せよ。祖国か死か。革命的情熱をもって君を抱擁する。    
         チェ

懐かしいゲバラの感動的な決別の手紙です。
「とりわけ、世界のどこかである不正が誰かに対して犯されたならば、それがどんなものであれ、それを心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。それが一人の革命家のもっとも美しい資質なのだ。」の部分は宮澤賢治にも通じるものかもしれない。

革命前は女性のほとんどが身を売るしかすべなかった米国植民地キューバの惨状はまた、娘の身売りが日常茶飯事だった数十年前の戦前日本を連想させられる。

革命後の経済封鎖の中、サトウキビと葉巻以外に何ひとつ産業がないなかで・・中南米一素晴らしい最先端の教育や医療や福祉やエコロジー農業を実現してきた自立自尊の精神や倫理観・正義感こそが、現在の日本人に最も欠けているもの、日本人とは対極にあるものに違いない。

キューバ革命は天の利、地の利、人の利、それらが絶妙にかみ合って、大成功を収めた稀有の例外で、極めて稀な奇跡的革命であるのを知っていながら、飽くな き革命の闘志を燃やしつづけ、アフリカ、南米を転戦し、遂にボリビア山中で政府軍に逮捕されます。「右手でパイプをふりながら、チェ・ゲバラ射殺された」 1967年の10月9日、地元の新聞が報道。

コメント

最下段に過激な詩とコメント!  新しいシリーズを開始ー感心や感動したサイトの紹介開始

2014年11月07日 | 感心や感動したサイトの紹介
  •  (沖縄に理会に欠かせない一冊!)

 全日本人必見!『本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑(全文保存)』ー『ここ』  

拡散希望!『本誌が追い詰めた安倍晋三首相「相続税3億円脱税」疑惑(全文保存)』ーhttp://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/1134.html・・糞まみれ安倍ズルゾウを政界から追放を!

 明治の最終覇者長州閥田布施派(被差別部落出身の明治天皇・伊藤博文山県有朋→岸佐藤兄弟→安倍晋三兄弟)が寄生する「天皇制」とは異質な王権だった沖縄やアイヌ(無王権)・・さらに、百済系が制圧した西日本天皇王権とは異質だった関東武士王権や蝦夷継承東北(部落差別皆無) …在日・沖縄差別の次は、ファシズムに邪魔なアイヌ差別か!?

 

安倍晋三が連発する嘘八百は子供でも騙されない。人間のやる事に百%はあり得ないのに・・これ連発はどうしようもない詐欺師!『宮沢経済産業大臣、まさかの反乱~安倍総理まさかのチェックメイト~』ーhttp://ameblo.jp/521120/entry-11949188739.html

  せっせとアメリカに金を貢ぐ(就任後すでに約100兆円も貢ぎ中)黒田日銀総裁の目はかなり変だ・・左目はまるで悪魔のよう、右目はまるで阿修羅のよう。奴隷家畜になるとこうなるんだべか?その点安倍晋三は生まれついて以来考える事のない馬鹿、一貫しての大嘘つき。幼児性下痢男に全権を与えてしまった日本人の生命も財産も未来も風前の灯!

 

この記事(NHK:龍馬直筆手紙草稿見つかる http://bit.ly/1u0Y1vl …龍馬が通貨発行権を徳川幕府から新政府に移譲)はこれから読むが・・日銀創設は西南の役後。薩摩閥→長州閥に寝返った松下正義を仏に派遣、ロスチャイルド番頭仏蔵相からベルギー銀行参考に日銀創設指示後

巨悪が高給官僚たちの天下り先だったので、その犯罪追求や逮捕などせず、どうでもいい小物ばかりバッシングンや逮捕。いよいよ巨悪が肥え太ってきた日本低国だった。原発事故以降は特に・・日本の退廃と衰退が顕著!『原発日誌(313)臭くて悪い奴ら』ー

 

(お金がなくてなかなか買えんがな・・)

 

感心や感動したサイトの紹介開始(1);『これは政府とマスコミによる間接殺人でないのか?』・・・鉄道での人身事故(=飛び込み自殺)情報が驚くほど詳細だ。急激に増加中であり、今年の自殺者は四万人を超えそうという。欧米的計算方法(行方不明者数半分プラス)だと、自殺者数はとっくに二十年前くらいから年間十数万人!

 

久しぶりに詩へのコメント通知があったので、詩とコメントを読んでみたら・・過激な中に、結構笑える詩句が多い詩だった。『2006 NO・3 エンゲル係数』ー『ここ』  

2006 NO・3    エンゲル係数

テーマ:詩作品

エンゲル係数

人間どっちが幸せかと問われたら・・
「どっちも不幸だ」と答えるしかない
ただただ有り余る金を抱えて
いつも頭の中が金儲けとセックスだけの自公では
精神が歪になってゆくばかり

子供時代の食事などもそう
金持ちの親に育てられると贅沢が染みつく
そのままずっと大金持ちの保障もない
あの世にも持ってゆけないので精神的にも悪い

安倍麻生ら自民党世襲政治屋と高給官僚と大企業官僚らは
いかに狡猾に国民の金を奪うかしか考えない
その劣等化した精神には哀れみさえ覚える
増える一方の奴らの財布には少し嫉妬するが

それに反して
貧乏な親に育てられると後の生活が楽になる
どん底から少しづつ這い上がればいいだけなのだが
それもいよいよ難しい世知辛い日本低国なりつつある
国民半分は安倍自公のために最下層へ蹴落とされつつある

若者はさらにどん底へと蹴落とされる
給食等での実験材料にされ 常態化したいじめに晒され
いざ卒業というとハイエナ企業くらいしか先がない
死ぬまでこき使われて団体企業割引き保険で
殺された後も鬼畜企業に金儲けのご奉公
この世に一つしかない命さえも金儲けに貢献することを強制される
そのうちに安倍自公政権が進める徴兵制で
戦争で殺され原発事故現場で殺されることになる

ぼくの場合は
卵や納豆や具沢山味噌汁と安い好きなので
好きなネットや読書でも年収百万円前後で済むので
それほどあくせく働く必要がない
そもそもあまり贅沢しようという気にもならない
3・11原発事故以降は魚も肉も危険なので
ますます食費代が安くてすむようになった
それ以前に政府やマスコミに騙されて
安い放射能汚染食材を鱈腹食べさせられてしまったが

わが食生活の唯一の欠陥は
酒代が食費の倍以上というエンゲル係数の高さだ
鍋でもオデンでも煮物でも酒をたっぷり入れる
料理の最中にもチビチビと飲むので貧困がいよいよ酷くなる
「襤褸は着てても心の錦・・」とで割り切るしかない

 

◆これは旨そう。今度是非作ろう!『サラトフ(ロシア南部)からやって来た青年の「焼き寿司」』ー・・これは寿司と天麩羅という日本三大料理のミックスだけど、中の具にすき焼きを入れたら、日本三大料理がすべて一口で食べられる。世界三大珍味も合いそう

北海道の太平洋岸のいくつかの海岸に約百万トンの鰯が打ち上げられたという・・現在唯一の納得できる仮説は、『気になる○きゅう号の所在と六ヶ所』ーhttp://ameblo.jp/sannriku/entry-11949675270.html・・この深海艇は、父親が米国スパイの右翼大物だった人物後継なので米国利益最優先で要注意!

 ナルミ ;国際社会において日本は、日本人の体を使って殺傷実験をした原爆の特許権利者を保護していることになる。なぜならNHKが、天皇が原爆の殺傷実験を誘致 し、原爆殺傷記録をとって米国に提出したことを報道しているから→さらにそれを補強するのは、大戦中国際決済銀行で両陣営が戦費決済!

コメント