パッキーの多言語日記(ヒッポファミリークラブ板橋)

ヒッポファミリークラブの仲間や色々な国の人と出会って体験する面白い話を紹介。外国人専用ゲストハウスもやってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう2か月も!

2019年05月04日 | パッキーハウス

チャオ パッキーです

気が付けば、もう2か月も更新せず、

すっかり生活習慣から外れてしまった、ブログ!

定期的にアップしている時は 何かネタ探ししなきゃと、楽しい人生の時間でしたが 

無いも書かないと 気が付けばつまらない人生を過ごしていました。

 

なので、また気の向くままに書いてみます。よろしくです。

 

とりあえず、最近あったパッキーハウスの出来事から。

 

10連休は体調くずしてのスタートでしたが、それでもしっかりと仕事は やって来て

連休3日目にしてゲストハウスのパッキーハウスからお呼び出し。

ーーーーー

さて、現在のパッキーハウス

管理会社が変わり、悪戦苦闘の日々が一年、やっと満室となりました。

が、

前の管理会社とちがい、今は、問い合わせ説明、内見立ち合い、入居案内、家賃集金と沢山の仕事が増えました。

ーーーーー

オープンからなんとか10年たちましたが、

ここにきて、便器の調子が悪くて

何度か、緊急事態に見舞われて、

 くらし あんしん 〇〇〇 アン  の緊急 出動 依頼 要請

 

そうです、平成も今日で終わりというその日

住人のフィリピンの彼女から 焦ったショートメールがきました。

 

トイレの water が standing とのこと。

えっつ、トイレの水が 立ってるの?? ってどーゆーこと 

思わず想像したのは、便器から水が溢れて 噴水状態 

 

こわーーい 

 

 

だいたい、我が家とパッキーハウスはチャリで40分あるので、

緊急としても、なかなかすぐにはかけつけられず、だけど、他のスタッフ、仲の良い住人、誰も連絡つかないので

体調イマイチの体に鞭を売って、チャリで駆け付けました。

その間 何度も、便器からの噴水が頭をよぎり 

 

やっと 到着してみると、何のことはない、丸まったペーパーが便器の8割ぐらいまでになった水の中に

浮かんでるだけで、 よかったーー  (だけど、standing ってなんだったの?)

そして、間もなく くらしあんしん の 車が来て ひと安心。 

祭日なんで、費用も気になるところでしたが、

想像よりかなり安くて、ふた安心。親切な修理の人が、「水洗のレバーに大と小が書いてありますが、

小はあまり使わないようがいいですよ」とアドバイスもあり一見落着。

 

の ところに、連絡をくれたフィリピンの彼女が帰宅。

早速トイレはどうしたか?の質問ありで とりあえず OK までは言いましたが・・・・

 

ヒッポで出会う人たちには大体使う言語の分野が一定なので、おいしい、楽しい、うれしい、心を開いて

また会いましょうなど 国際交流がらみの言葉でであれば 数か国語の言語では思いうかびますが、

こと生活言語となると意外に出てこないことに気が付きました。

まず、英語! 便器という単語が出てこず、そして 問題の 水洗レバーの説明。

「大」と「小」  

 

なんだか、具体的にも言えず、

そういえば、昔メキシコの人を受け入れした時に 子供が小さかったのでいつも

「ピピ」 と 「カカ」 って 言ってたけど。 今回大人相手だし。

 

しょがないから、思い切って

「ビッグ」 と 「スモール」 でトライしてみたものの。

  what? 

ちがうよね。やっぱり。

そんなんで、苦肉の策で、レバーの方向を説明して納得してもらいましたが、

はたして、わかったのか? 

10人近く住んでいるので、それが皆に伝わるか。張り紙でもするか。

 

なんて、考えているうちにまた、今日も詰まりそうでしたーーと連絡が来て。

いやはや ゲストハウスに連休はないんだわね。

 

 

 

 

 

 

コメント

想像の漢字

2019年03月04日 | ヒッポファミリークラブ

メルハバー  ヒッポの活動では新たにトルコ語のCDが登場。トルコがぐっと近くなりました。

 

ところで、最近、自分で自分を笑ってしまったことがあり

ある日のこと・・・

集まりに遅刻してきた、Rが

「家で、ロウスイ があって」と話していたのです。

ロウスイ・・・・・

今の私にとって身近なのは 父の 「老衰」

一瞬、どなたか家で老衰の方が?と思いきや

そっかー 漏水か!! やばいやばい 想像の世界が偏っている。

 

そしてまた、後日 一緒に話していたAが

「もう、忙しくて トウホン セイソウ」とのこと。

今の私にとって身近なのは 父の相続関係の 「謄本」

そして、いつも気になっている部屋の「清掃」

なので、その音を聞いた瞬間に思い浮かんだのは

 

「謄本清掃」

 

人って、音を聞いて自分の中で持っている音を瞬時に結び付けて意味付けをしているんだなって思いますが、

その時に取り出すのは自分の身近な音からなんですね。面白い。

 

 

コメント

自称 多言語駅案内人の仕事激減の変?

2019年02月20日 | 多言語

ニーハオ、アンニョンハセヨ ミンガラーバー シンジャオ 

などなど、Nポリ駅はさすが、成田空港からのスカイライナーが通るだけあって多言語が沢山聞こえてきます。

そして、スーツケースコロコロのフォーリンピーポーがほんと、沢山います。

そして、乗り換えで困っている人も毎度沢山います。

なので、JRの改札付近には最近、欧米かっ?って(古いけど)、欧米的な青年が常駐していて

道案内専門で立っています。

 

ですが、最近思うことは、あまり困っている人をみかけない 感じがします。

なぜか? 

もちろん、Nポリ駅で降りて、山手線に乗り換えるのに、誰しも迷う、内回りと外回りで悩んでいる人は

よく見かけますが、その迷える人々はすかさずスマホを出して、人に聞くことなくちゃんと

乗り換えしているんです。

 

自称 多言語 駅案内人のパッキー。困っていそうな人がいたら是非どうぞという顔をして

歩いていますが、そんなわけで、全然活躍の場がない今日この頃。

 

そして、今日もそんなカップルが乗り換えに悩んでいるではありませんか!

おー これは、お役立ちのチャンスと期待するも・・・・

すかさず、スマホ登場で 

 がっかり。

 

それでも、この二人は何語を話すのかなって、こんなことにばかり興味が行くパッキー

すれちがいざまに 聞こえるであろう会話を期待して、

怪しくないように、近くを怪しく横切って、そのわずかのすれ違いざまに聞こえた音は

超期待・・・きっとイタリア語かなって、予測していたんですが、

 

なんと 聞こえた音は

 

ウエノー トウキョー 

 

さすがの私も、この音が何語の波かは、瞬時に判断できず でしたが、

まあ、こんな風に 痛勤 いや 通勤時間を楽しんでいるのでした。

 

 

 

 

 

コメント

恒例の職場送別会の劇

2019年02月17日 | 今日の小ネタ

私に売れない家はない!

という決め台詞が有名な、番組に最近はまっているパッキーですが・・・

 

今回も職場で転勤者が出て

送別会を開くことになり、その話が決まった晩、実は眠れなくなってしまいました。

なぜ、眠れないか! 

そうです、送別会劇のネタが降りてきて 

 

家売るオンナ

 

モチーフにして、

もう寝ながら笑いがとまらなくて、気が付いたら外がしらじら

普段は自転車に乗っていると降りてくるのですが、

今回は寝ようとしたら、溢れるアイデアが洪水で

一晩で日暮里の橋田寿賀子作の脚本ができあがりました。

 

そして 次の日の朝、電車の中で、ずっと脚本の練り直しを頭の中でしていたら、

思わず、笑いがとまらなくて、地下鉄の窓ガラスに映った自分が

満面の 超 笑いをこらえる顔で ヤバい 

 

今回は郷ひろみの 「2億4千万の瞳」の替え歌も入れて

日暮里歌劇団というか、日暮里過激団 

 

相変わらず、相方のグッズ作成の速さには脱帽で、

口癖の 「GO] のプラカードも作成 

しかも、今回私の想像で配役を決めたのですが、

第一回配本をしたところ、配役が自然と適材適所となり、

本番では、その人以外にこの役はない!!というぐらいの配置で

登場者9人が ばっちりでした。

 

中身は、ほんと、職場あるあるで

知らない人にはわからないけど

知っている人には ツボるような、セリフをちりばめ 

今までも、グッズと衣装と音楽で ごまかしては来ましたが、 今回は何度も上演した中で

最高の出来だったのではと 自画自賛 

 

と、報告はこれぐらいですが、実は今回ウレシイ感想をいただきました。

 

送り出された当の本人の挨拶でしたが、

 

初めての転勤で新しい環境  

今までの暖かい職場から、知らない人ばかりで不安な気持ち。 

そんな中でしたが、今日の劇で、送り出してもらい、元気が出て、明日から頑張ろうと思いました。

とのこと。

ついで、職場の一番偉い方が、最近着任したばかりですが、たいそうびっくり  した様子でしたが、

でも、こんなに相手のことを思って、その人の事を深く考えて、皆が送り出すとはとても暖かい、いい雰囲気ですねと 大絶賛

まあ、ほとんど好きな事やっている自分の世界に周りをまるめ、いや引き込んでいるだけですが、

そうやって言ってもらえるとは 思わずうれしく

しかも、次回出演したいとう人やら、自分の転勤の時にもやってほしいという上司やらも登場して

逆に超プレッシャー・・・・・

 

 と 思いきや

 

次の日の早朝から早速 新しいキャラが降りてきました。  

よっしゃーー まだまだ、やるぞーー

って、このエネルギー、仕事やヒッポにそして家事にも沸いてきたら も少し ましな生活になるのにね!

 

 

コメント

新たなる言語との出会い

2019年02月08日 | 今日の小ネタ

パッキーです ほぼ一か月のご無沙汰です。

元旦に亡くなった父の葬儀からの、相続関係のことも、山もりあることが遅々とすすまず、時ばかりがたち

その間に前から決まっていたシンガポール第2段ツアーも結構して気が付けばもう2月。

ブログ更新もままならず。それでも毎日沢山の方が、観に来てくれており、感謝感謝です。

さて、今回の記事ですが、新たなる言語に出会った体験の話です。

先日、N暮里の「窯焼きピザ」の店に行った時の事。その店はチェーン店で3セットになっています。

「焼きまる」が焼き物の店。「窯まる」がピザの店。 「串まる」が串揚げの店

で、私たちは目の前で窯に入れてピザを焼いてくれる「窯まる」に行きました。

 

お通しにオリーブが中華?っぽく味がついている感じがまた以外な組み合わせでおいしかったのですが、

ハッピーアワーでお値段お手頃タイムから飲むことにして、カウンター越しにピザを焼いている様子が見られる席につき、

とりあず乾杯。

 

そして、ほろ酔い気分で、

目の前でピザを焼いている、今時の素敵なお姉さんに注文をしました。

すると、その彼女、ニコニコ笑顔ですが、返事もなく  聞こえなかったのかなと

再度注文をするとまたまたニコニコのみ 

 

あれ? 

そこで すかさず思った多言語人間 パッキー

そっかー  きっと韓国の人なんだ(眼鏡の雰囲気が韓国ぽかったので)

酔いの勢いもあり、「韓国の人ですか?」と聞いてしまいました。

 

すると その お姉さん。店に備え付けのナプキンにこう書いてくれました。

 

「わたし、しゃべれないんです。スミマセン」

 

「えっつ」 ちょっと驚きましたが、

そこで、またまた、すかさず思いついた多言語人間 パッキー

 

以前、ヒッポで手話のダンスが流行り、急にその動きがよみがえったのです。

だが、しかし

覚えていたのが、ホホを逆なでするようなしぐさで・・・・

確か髭を意味してそれが青い?ってことだったか、なんだか 

 

とにかく、この コレステロールが溜まったような脳の海馬の部分から

記憶を取り出すには、年々至難の業で、もはや馬もおぼれているのか 

 

まあ、とりあえず やってみることが大事大事と

いきなりでしたが、髭だか青いだかのサインを やってみて、そのあと

確信的に知っていたのが、「嬉しい!」だったので

続けてやると 「髭?青?が嬉しい」 って全然意味ないんですがーーーー 

その後別のスタッフが来て無事注文をとり、

おいしくマルゲリータをいただきーーの

二人で行ったのに、ワインボトル2本開けるというまたまた飲みすぎ――の(ここの音はイタリア語っぽく読んでね)

というわけで、お開きとなったのですが、すると例のお姉さんが帰りがけに

メモにこんなコメントを書いて渡してくれました。

 

「お話しできてウレシイです。お声かけ頂き、ありがとうございます。私は途中から声が出なくなってしまったので、

今は手話べんきょう中です。。(笑) また、いつでも来てください。今日も寒いので、帰り道気を付けて下さい。」

 

ええっ 私のあの 髭が青いウレシイ で、喜んでくれたんだ。

これって、初対面のモンゴルの人に 「三倍脳ーー」って挨拶したら

「モンゴル語知っているんですかー すごい」って喜んでくれた時と同じだ、デジャブってる。

人はたとえぎこちなくても、自分の世界に少しでも近づいてくれたらやっぱり嬉しいんですね。

というわけで、その後やっと海馬が働きだしたのか 帰り道に色々思い出し

〒で「メッセージ」を表すとか、「響く」とか、「素敵」も知ってたなーーーとか

歩きながら怪しい人になってましたが、、、またいつか、リベンジしたいボーノボーノな窯焼きピザでした。

 

 

 

 

 

 

コメント

お疲れ様でした。

2019年01月06日 | 今日の小ネタ

本年もよろしくお願いします。

そして、なぜ「あけおめ」でないのか、

そしてなぜ、タイトルが「お疲れ様でした」なのかというと

 

たまに、このブログにも登場していたので・・・・・

流れ上、個人的で恐縮な記事ですが、取り急ぎ報告しておきます。

 

長年にわたる介護が、終わりを迎え、1月1日の朝に91歳の父が亡くなりました。

 

父は、一人暮らしが難しくなった去年の2月、我が家の近所の老人施設に入りました。

とてもアットホームな施設で、

11月末に、少し体調を崩し、そこからの入退院が始まりましたが、

結果的にはもう入院はせず、そこの施設で

好きなものを食べ、好きなことをして、家族に見守られ、旅立つを選択しました。

 

私は、それまで病院で亡くなるということしか、考えが無かったので、機械をつけて、点滴をして、

モニターのピピピピーーー と 波がフラットになって終わるものと思っていました。

それまでに、できる治療に最善を尽くし、食事、水分が取れなくなれば、点滴で無理に栄養、水分補給をして

苦しくても1分でも長く、生かさせる しかないと思っていました。

 

ところが、そこの施設では、

「こちでは、自然な形で看取る のお手伝いもできます。」との申し出があり、

よく説明を聞いて、父に相談したところ、父も最後まで考えもしっかりしていたので、

その形を自分で選択しました。

 

幸いにも万全の体制が整えられている環境があり、また持病もなく、

病院での治療も必要なかったので実現できた形かもしれませんが、

これが昔ながらの、自然な旅立ちなのかなと思われる、後悔のない良い形だったと思います。

 

実はそれが決まってから、施設もしっかりと体制を整えてくれて 広い部屋に移り、面会時間もいつでもOK

飲み物、お菓子、食べ物持ち込みも比較的ゆるく、自由にさせてくれました。

 

なので、出された栄養のある食事はとれずとも、

飲むと舌が緑に染まりそうな、 大好きなメロンソーダをはじめ、缶コーヒー

マックのポテト、アイスクリームとほとんど小学生状態ですが、毎日喜んでとっていました。

 

するとどんどん回復してきて・・・・

 

こちらは焦って親戚中に連絡をしてしまい、

すると毎日、ほぼ、毎日親戚がやってきてお別れを言い 

最後にぎりぎりかと思っていた、シンガポールに転勤した次男も1泊3日ぐらいの短さでやってきて、

来られる関係者は全員に挨拶をすることができました。

 

すると、またまた元気になり、寝たきり状態からの、起きてお手洗いも行けるようになり。

 

もう 挨拶をする人のネタも尽きてしまい、思いついたのが、施設で仲良くなった同じ年のおばあちゃん

部屋に入ってもらい、握手をして互いに励まし合っていましたっけ。

 

すると、気落ちしていた気持ちが前向きになり、

メロンソーダはやめて、牛乳の方が栄養あるから

明日からはそれにするとか、

今年は入院が多かったから、来年の医療費の確定申告のやり方を教えるから持ってきてくれとか

年賀状も書いてあるから出してほしいとかとか、

人間の生命力に驚いていました。

 

しかし、まあそのあたりがピークで

結果的には水分だけで、3週間ぐらい頑張っていましたが、最後の3日ぐらいは寝ることが多くなり、

「なかなか よくならないな、よくなったら、近所の温泉行きたいなーー、もう終わりだなーー」

とか言ってましたっけ。

 

そのあたりの気持ちになると、どうだったのか、

恐怖と、不安と、いよいよの覚悟と、体験したことのない世界で想像はつきませんが、

何か宗教的な思想などがあると、心穏やかにいられたのかなとも・・・・ 

私にできることは、そばに寄り添うことかなとも思っていました。

 

 

そんなわけで、20年以上にわたる介護に終止符が打たれ、ぼっかり空いた時間

どうしたものか。まあ、当面はバタバタはしていますが・・・・

 

今は、父も私もお疲れ様という感じです。

 

 

 

 

コメント (2)

シンガポールナイト

2018年12月31日 | 今日の小ネタ

前回のブログでラクサのこと書いたら、色々情報頂きました。

そして、カップヌードルラクサ味も食べてみました。

結構いけるね。

そして、そして、作ってみました。

その日は急でしたが、ご近所のヒッポ仲間が集まり、楽しい時間となりました。

 

実は、我家は現在、究極の介護状態に陥っており、このような集まりが企画できるかドキドキでしたが、

なんとかセーフって感じで、直前ですが声掛けしたら、10名ほどが集まりました。

アメリカ留学中のTが金髪になって一時帰国、それをみたHちゃん3歳が

びっくりして、泣き出したり、いつもは やんちゃな、A君がバイオリンをもって来てくれて

ユーモレスクなどしみじみと弾いてくれたり、楽しいひと時でした。

ラクサは賛否両論で

見た目が全く辛くなさそうなのに、ぼちぼち辛いもんだから

からーーって人と、うまーーって人と色々でした。

 

そして勢いづいて、前回紹介した骨肉茶(バクテー)も制作

しかし、今回の素がなんと漢方が入っているタイプで、沸騰させたお湯にバクテーの素をつけると

部屋中が・・・・漢方薬の店のようになり、すごい匂い、

その上、チキンライスも作って

3品連続のシンガポール料理登板で、家の中はすっかり現地の匂いになっていました。

ちなみに今回の写真ラクサはネットから引っ張ってきましたが、ほぼほぼこんな感じ。

雰囲気わかってきたので、次回チャンスがあれば、またシンガポールナイトやりたいです。

 

 

 

コメント

第2段シンガポール料理

2018年12月29日 | 今日の小ネタ

シンガポール話の続きですが、

写真はカップヌードルの ラクサ味

別に宣伝ではないのですが、シンガポール料理研究家 って 即席の自称ですが、

前回の骨肉茶に続き、ラクサを作ります。

 

ラクサってうまく説明できませんが、

 

なんたって、食べたことなくて、しいて言えば一緒に旅行に行った姪が食べていたのを

一口もらって食べただけで、説明するほどよくわかりませんが、ココナッツミルク味のちょっと辛い麺?かな

どなたか、教えて!

先日 1泊3日ぐらいの短時間で、息子が急きょ帰国したので、お土産に買ってきてもらいました。

 

ラクサの素

 

実は、年末忘年会とアメリカ留学大学生とオーストラリア在住韓国高校生の

一時帰国報告会を我が家でやることになり

持ち寄り料理に作ってみる計画なんですが なんたってちゃんと食べたことないので、

とりあえず、人様に出すのに、しかも何人前も作って失敗ではしょうもないので、

まずは、ラクサ体験ということで、カップヌードル ラクサ味買ってきました。

美味しいのかな、とりあえず、食べてみてーーーー

ネットでは、日本人にも受ける、次に来るヒットする味!と書いてありましたが・・・

どんなんかなーーちょっとワクワク、ちょっと勇気 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

楽しく、そして何も決まらない準備会

2018年12月23日 | ヒッポファミリークラブ

アンニョンハセヨ  新年早々またまた韓国の群山から高校生が30名来日します。

今回もまたヒッポの仲間たちとの交流会を開催します。

そこで、先日どんな交流会にするか準備会をしました。

 

私達はクイズ係をすることになり 日本語の中に見る韓国語ということで

お腹ペコペコの ぺ は韓国語のペゴパーからきているとか、

「せーの」 は 韓国語の 数字で 「せー ねー」から来ている

とかとかの話をクイズにしようとなったのですが、

これをクイズにするには全部韓国語で説明しないと成り立たず、その中に答えも入ってしまい、

そして、それを聞いて、普通の高校生が 「そうなんだ」ってどれぐらい面白がってくれるか、

などなど、異論もあり、クイズは難しいねとなりました。

 

それなら、多言語活動だから空耳クイズはどう?となり

フランス語の「元気ですか?」はなんと言うでしょう?

1.さば、2、いわし、3、あじ

 

とかとか、

 

スペイン語で「全部」はなんと言うか?

1.トド 2.イルカ  3、アザラシ

 

というクイズを以前ヒッポで「世界の国々おもしろクイズ」という本を出したので

そこから出典しようとなり、1時間ぐらいかけてここにたどり着き

よかったーーって話をまとめに入ろうとしたら 

 

「あのーー ちょっと  」と一人 遠慮気味に声を上げてくれたOT

 

新しくフェロウになって、冷静沈着だけど、

年季ーズのおばちゃま達の大きな声に阻まれて

声をあげることができなかったOTが遠慮気味に

今更   大変貴重な意見を言ってくれました。

 

「あのーー 空耳ですが、 韓国の人に サバとかイワシとかアジとか言っても

それをまた説明しなくてはならないし、彼らには全然面白くないのでは?」

とあまりに当たり前すぎることに気が付かなかった私たち 

フランス語の「元気ですか?」は「サバ」ですが、日本人にはそれは魚の名前「鯖」に意味にきこえるんですよーー

って、

たぶん彼らのリアクションは 「で?」

でしょうね!

 

そういえば、以前 ゲストハウスのパッキーハウスで、オートロックの玄関の番号を決める時に

語呂合わせでみんなが覚えやすいように 4649 とかにして

英語圏の人には nice to meet you とか 韓国の人には チャイプタカムニダ――

とか語呂合わせの意味を説明したんですが、

そんなんじゃ全然番号覚えれませんからーーーと 後から自分で気が付いて大爆笑大反省でしたっけ。

 

そして何も決まらず、準備会は「楽しかったねーー」と自暴自棄的な笑いで終えました。

さてさて新年早々の交流会、どいうなるかな

 

コメント

機関車の絵から8年

2018年12月23日 | ヒッポファミリークラブ

写真はドラゴンボールの絵です。

 

8年前に

お母さんの描いた「機関車の絵」を

2年間ぐらいですか、

ひたすら同じものを書き続けていましたっけ。

 

たまにこのブログでも報告していますが、

 

その後どんどん、変化していき、今もずっと絵を書いているKプン

あれから8年。小学4年生となり

私の主催しているヒッポに毎週楽しそうに参加しています。

そして、定期的に「これ書いたんだーーー」として発表してくれますが、

これがその一枚です。

 

小学4年生ですが、よく描けているなと感心します。

 

聞けば、この絵はテレビを録画した番組を静止画にして、二日ぐらいかけて書いたとのこと。

本当に絵を描くのが好きで、気が付くと絵を描いています。

 

Kプンが幼稚園年長さんの時に「機関車の絵」を描いてくれた

お母さんが亡くなりました。もう4年もたちますね。

でも、お母さんが撒いた絵の種がスクスクと育っていることが嬉しいです。

そして、Kプンもスクスクと育ち、いよいよ来年は

ロシア青少年交流に参加します。

いろんな冒険、いろんな体験、時には失敗もしながら、大きく育っていってほしいです。

 

 

 

 

コメント

利き酒ならぬ、利きビール

2018年12月20日 | 今日の小ネタ

グーテンターク  ビールの話題には ドイツ語の挨拶ですね。

写真は恵比寿にある、恵比寿ビールの見学コース内にある、カフェ的なスペースで樽から出すおいしいビールを提供していただける場所。

そして写真は飲み比べ。黒ビール、発酵したビールに通常のEBISUビール どれもおいしくて 飲みが進んでしまいました。

 

そして一つびっくりしたことが。

見学案内してくれたお姉さんが、お美味しいビールの注ぎ方  3度に分けて注ぐ方法を教えてくれました。

基本我家では高いので、EBISUビールは買わないことが多いのですが・・・・絶対買ってやってみようという気になりました。

 

しかも、斬新で、一回目は缶ビールをグラスの上40㎝ぐらいから注ぎ、 ええーーいいのこれ?

泡三昧。グラスはほぼ泡になります。 

 

しかし、しばらく置くと半分まで琥珀色が上がって、泡が減ってきます。その後、上からそっと注ぐと

よくコマーシャルで見るような、琥珀部分に小さな泡が落ちてきます。

 

そして、最後にグラスの淵からそっと注いで、泡をなんと表面張力以上の張りで もこっと

盛り上がらせます。

 

すると絵に書いたよう、まるでレストランの入口にあるサンプル食品のように泡が盛り上がった

美味しそうなグラスに入ったビールになるわけで、

 

いやあー そんなに期待していなかったのでが

行って良かった恵比寿ビール工場見学でした。

コメント

シンガポール同窓会

2018年12月19日 | 今日の小ネタ

メリークリスマス ちょっと早いですが、

写真は恵比寿のガーデンプレイス の ツリーです

なぜ恵比寿かとういと

シンガポールに行ってから一か月がたち

行った仲間と思い出を語り合うシンガポール同窓会を企画しました。

 

私は一緒に行った姪と参加。

企画としては都内にあるシンガポール料理店に行き、食べるというものでしたが、

そうはいっても、そんなに専門店はなく、

とりあえず、田町にある、長い名前の チキンライスの店に行きました。

向こうで食べたものと同じような感じでおいしかったですが、

やっぱり、あの熱気と、暑さと、多民族の人々の国の匂いと、湿気

そんな中で、食べるチキンライスと、

寒くて、ストーブの素、乾燥した空気の中で食べるチキンライス

なんかやっぱりちょっと違う感じでした。

 

以前、我が家にステイしたフランスの子が 原宿に、フランス直輸入の粉や材料

すべて向こうから持ってきて作るパン屋ができたと行って喜んで買いに行ってましたが・・・

なんか違うと言ってたことを思い出しました。

 

空気も水も湿度も違う国で作るとその国なりの味になるのか、

この話、日本で漬けるキムチと、韓国で作るキムチとは やはり違うとのこと。

 

同じ材料でも、微妙に違ってくるんですね。

 

というわけで、同窓会は結構盛り上がり、互いに行った場所を語りあったりして、

プチ旅行気分を味わい、

最後は恵比寿のイルミを見ようとなり、場所を移動したのですが、

恵比寿といえば、恵比寿ビール 

恵比寿ビールミュージアムに行って

利き酒ならぬ、利きビール??飲み比べ

思いがけない楽しい一日でした。

 

コメント

地下鉄の車内で!

2018年12月18日 | 多言語

またまた、看板編 

シンガポールは地下鉄が整っていて、わかりやすく、便利でしたが、

その車内の警告看板 思わずこれも写真で パチリ 

日本では絶対にありえない、ご当地警告 

写真、小さいですが、

ドリアン持ち込み禁止

これが、危険物と同格で出ているにびっくり 

なにか、ガスの匂いとにているので、問題になるとのこと。

 

その後行った、スーパーの果物売り場で いろいろなトロピカルフルーツが並ぶ中、

その現場 いやいや、売り場に近づくと

離れたところからでも、その匂いを感じました。

 

また、街中でも、「あっ ドリアン 持っている人がいる」と息子が発言

すると においましたよ あの、独特の匂い 誰が持っているのかブツはわかりませんでしたが、

周辺に漂う強力パワー

ところで 先日 ヒッポの活動に参加した時に マレーシアに留学していた子が自己紹介で

サヤ スカ ドリアン  

って、自己紹介で好きなもの言ってましたが・・・

どうなの? ほんと おいしいの?  病みつきになると聞いたことはありますが 未知の味です。

ドリアン 

 

コメント

韓国料理の看板 in シンガポール

2018年12月18日 | 多言語

シンガポール旅紀行  気が付いたら結構看板撮影が 多くて 

 

「名付けて看板編」 

 

ショッピングモールの地下のフードコートを歩いていたら、こんな店がありました(写真)

韓国料理のお店。

やたら大きい看板で、写真が出ているもんだから  言語研究員としては、とにかく一枚 カシャ!

 

看板の中でも目立っていたのが、左上のラーメンの麺をまんま 乗っけた鍋

おおーーこれは  ぶでちげ 

確か韓国の軍隊の人達が食べたのが発祥とか 

ソーセージなど身近にある材料で 締めのラーメンも袋から出して乗っけるってあれ

漢字だと 部隊鍋 

 

と思ってみていたら、やっぱりそうでした。

名前もまさに 部隊鍋  そして英語もあるから超親切  

army stew

なるほど、これも 直訳  

残念ながらここであえて、韓国料理を頂かなくてもと思い、入りませんでしたが、

看板のみ おいしくいただきました。

 

コメント

バクテー 肉骨茶

2018年12月17日 | 多言語

シンガポール旅紀行  料理の話です。

シンガポール料理の店ってあまり聞かない感じですが、

全体的に日本人の口に合うのか、全部おいしかったように思います。

その中で、息子が推薦していたのが、「バクテー 肉骨茶」

 

どうして名前に茶がつくのかわかりませんが、茶ではありません。

スペアリブ状態の豚肉を

ニンニクや胡椒、またいろいろなスパイスで煮て、その味のしみたたっぷりのスープと

一緒にいただきます。暑い国ですが、そこで暑いスープもまた格別。

 

肉も良く煮込んであるので、骨からつるっとはずれて、柔らかく、

そのスープは滋味深い味、ほっとする味でした。

 

しかも、ほとんどの店は そのスープはおかわり自由とのことで、私たちが入った店でも

たっぷりとおかわりスープを持ってきてくれました。

 

あんまり、おいしかったんで、日本での作ってみたい と思っていたら

ありましたよ、ありました。

バクテーの素  

買ってきました。

 

帰ってから自宅で早速作ってみたところ、超簡単

お湯をたっぷり沸かしたお鍋の中に

ティーパック状態になったバクテーの素を入れて、

そこに、スペアリブ、ニンニクひと塊をポンといれるだけ。

じっくり煮ると、シンガポールの味になりました。

いやあーー いつも言葉のことしか書いてないので、こうやって料理の事を書いてみると

全然 筆が、いや 指が進まない。

 

この、食感、外がさくさく、中がとろっと、間違いない おいしさ・・・・的な食レポ むずかしーー

コメント