無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

本日、議員活動報告書「はってん」31号新聞折込発行

2014-11-30 07:13:53 | 自費発行「はってん」
おはようございます。昨日は、81人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、本日の新聞に議員活動報告書「はってん」31号を折込しております。ぜひご覧ください。早朝より、ご覧いただいた市民の方々より、激励のお電話を頂戴致しました。本当に有難うございます。

今日で11月も終わりです。「はってん」32号は、12月下旬に発行致しますので、宜しくお願い致します。

福島県保健所収容動物の殺処分ゼロに向けて、無料情報誌設置場所のお願い

2014-11-29 07:17:30 | ボランティア
おはようございます。昨日は。58人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

どなたがアクセスをしてくださるのかは全くわかりませんが、時々「応援してる」「ブログ見てるよ」と声を掛けていただくと、本当に嬉しく思います。「熊坂義裕氏のお話を聞く会」を開催した時には、ブログで知ったという方が数人いらっしゃいました。あの時にご記入いただいた芳名帳は、熊坂氏のスタッフにお渡ししましたので、私は全く把握しておりません。そのため、ご挨拶等をさせていただくこともできず、申し訳なく思っております。

さて、「はってん」31号の印刷が終わり、昨日より新聞販売店を回り、折込依頼をしております。本日も朝から折込依頼に回ります。折込は、日曜日の予定ですので、宜しくお願い致します。

私が所属するNPO法人で、フリーペーパーを作成することとなりました。目的は「保健所収容犬の譲渡推進」です。動物病院や飲食店などに協力をお願いするそうです。範囲は、県南保健所管轄=白河市・西郷村・矢吹町・泉崎村・中島村・棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村。県中保健所の収容情報も掲載しましたが、範囲が広すぎますので、主に須賀川市を中心にしたいと考えているようです。この中で、設置の協力をいただける場合には、団体の方に連絡をいただければと思います。ご協力宜しくお願い致します。

情報公開条例に基づく政務調査費の使用状況を閲覧しました

2014-11-28 06:38:38 | 政務調査費・政務活動費
おはようございます。昨日は、63人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて昨日は、情報公開条例に基づき、各議員の政務調査費の使用状況について、報告書・領収書等の閲覧をしてきました。
本年、兵庫県議会議員の不正使用疑惑問題が話題となりましたが、我々議員でも、他の議員がどのように政務活動費を使用しているのか、知るすべが現在はありません。

アンケート調査を継続している中で、多くの市民からどのようになっているのかと訊ねられましたが、現在政務活動費を使用していない私には、同僚議員がどのようにしようしているのか説明しようもなく、また、市民の方が調査するにはどのような手続きが必要なのか、自分自身で調査してみようと、今回、11月10日に情報公開条例に基づく「議員の政務活動費に関する報告書及び領収書等の閲覧」として申請し、昨日27日午前10時から、議会事務局内で閲覧することとなりました。

閲覧を通じて、いくつかの疑問点がありました。調査研究費関係(先進地視察等)に関しては、研修費と混同して報告がされている方がいること、2会派合同で行われることが多いこと個人個人の報告書ではなく、会派として報告書を提出していることなどなど。現在、政務活動費は個人個人に支出されており、個人の意見を付けた報告書が提出されるべきではないかと感じました。広報費では、個人又は会派での「議会報告書」を作成し、新聞折込等で報告されている方々が、少ないようにも感じました。報告書を支援者に手配りされている方もいるようですが、私は市民全体に報告するべきではないかと感じました。研修費については、一部の議員が使用しており、その内容は、都市部での議員研修会等や個人的なテーマに沿った講習会などへの参加であり、本当に必要な研修への参加がされていると感じました。資料作成費関係では、パソコンやプリンターの購入、インクやコピー用紙などの消耗品の購入がほとんどでありました。一部に万年筆や帳簿等の購入など不思議な物のあるようですが、議員の申請ですから認められるのでしょう。資料購入費については、各専門紙(教育新聞や農業新聞等)の購読費、専門書(各種六法や防災計画要覧など)の購入等が殆どでした。中には、現在話題となっている書籍や市内の地図、白河市史などの購入もありました。

以上のように、調査することは難しいものではなく、視察先・視察内容・各自の調査に対する意見等も含め、すべて閲覧することができことがわかりました。所要時間4時間、有意義な時間でした。市民の方も、閲覧されてはどうでしょうか。

私は現在、政務活動費を使用していませんが、政務活動費自体を否定しているものではありません。しかし、現在の政務活動費を使用すべきではないという理由は、市民に使用状況が一般公開されていない以上、ある種の報酬の一部になっているように感じているからです。議員の定数・報酬・政務活動費について、検討し決めるのは議員です。自分で自分を裁判するようなものであり、なにかおかしい気がしています。ですから、現在のような仕組み、特に使用状況が公開されない仕組みのままでは、使用すべきではないと考えているのです。

一票の格差問題

2014-11-27 06:27:41 | 議会改革
おはようございます。昨日は、84人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、昨日は教育福祉常任委員会が行われました。
議題は、「子ども・子育て支援制度」の内容等と仮称「白河市民文化会館」の運営に関する条例等の整備の進捗状況でした。
「子ども・子育て支援制度」では、特に幼稚園・保育園・認定こども園等への入園にあたり、認定制度が導入されること。各支援の内容の不確実な所などの説明があり、問題点について、市の考え方を聞きました。
仮称「市民文化会館」については、現在進められている条例等の整備状況についての説明があり、指定管理者制度を導入して管理させること、名称を「市民文化交流館」としたい等が内部で検討されていることなどの説明がありました。指定管理者に対する委託金額等について質問しましたが、詳細は今後の検討事項であるとの回答でした。

さて、新聞報道等によれば、昨日最高裁において、2010年に行われた参議院議員選挙における一票の格差問題について「違憲状態である」との判決が出ました。以前、衆議院議員選挙についても「違憲状態」の判決が出ており、国会全体が国民の権利を蔑ろにしていると言わざるをえないと私は考えます。

数日後、衆議院の総選挙が行われますが、国会議員の方々には、最高裁判決を十二分に理解し、早急に選挙制度を改正する義務があると思います。国会議員自ら、法を犯すことは絶対に許されません。また、併せて自分の身を斬る改革をすすめると言うことも断行しなければいけないと考えます。実を斬る改革については、都道府県・市町村議会のすべての議員に当てはまることだと考えます。国民・県民・市民の声を真摯に受け止め、思い切った議会改革が必要だと私は考えます。微力ながら、そのような想いで、今後の議会活動に臨みたいと私は考えています。



寒い日が続いております。昨夜も皮から手作りの水餃子鍋でした。この時期は、自家製梅酒に鍋が一番です。

本日、教育福祉常任委員会

2014-11-26 07:01:31 | 議会改革
おはようございます。昨日は、104人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

さて、昨日も雨でしたが、今日の白河も強い雨が降っています。本日は、10時より教育福祉常任委員会が行われます。今日は、「子ども子育て支援法」の改正点について、当局より説明等を受けます。特に、幼稚園と保育園の一元化による認定子ども園への移行について、全国的にも問題視されている点があり、その点について議論をしたいと考えております。

また、来月発行の議員活動報告書「はってん」32号の準備も始めたいと思います。32号には、市民アンケート調査の中間報告も掲載予定ですので、アンケート調査と並行し、集計も行わなければなりません。



保健所から引き取った老犬です。深夜に徘徊をするため、危険防止のためにサークルで囲いをしていますが、壁に身体を打ち付け、ファンスに顔を突っ込み、倒します。普段はヨロヨロ歩きですが、徘徊の時は馬力があります。人間も動物も、年を取れば同じだと思うと愛しくなります。

親もペットも、最後まで面倒を見て、看取るのは、人間として当然の行為だと思います。それができない人は、最初からペットを飼わないことです。