無会派 大竹功一の独り言

福島第一原発から約80キロの白河市在住。市議会議員5期目。
9年間、政務活動費を使っていません。

無収入なのに、国保税高すぎませんか?

2018-07-19 08:15:35 | 福祉
おはようございます!昨日は、150人の方にアクセスいただき、ありがとうございました。

昨日は、保護犬の不妊去勢手術のため動物病院へ。
先生から心臓が悪いので検査をしてからとなるとの話。検査結果では手術を回避することもあるとのことでした。
明日朝、検査結果を確認し、決定したいと思います。


屋根の塗装について、昨日は友人の急用のためできませんでしたが、本日は朝6時から来て作業をしてくれています。
連日の猛暑のため、早朝から昼ぐらいで作業を終了してもらう予定です。
昨日、友人が休んだので、私は妻から言われていた家の周りで塗装しなければならないところの塗装を行いました。


午後は、知人から「国民健康保険の保険料通知がきた。高いように感じるから見てくれませんか。」との連絡を受け、会ってきました。
市担当者の話では「現在無収入(傷病手当のみ)の状況だが、昨年年間約100万円の収入があったため、今回のような請求額(約5.5万円)になった。また、今回の請求額には国保のほか介護保険料・前期高齢者保険料等の部分も加味されているので了解していただきたい」との話でした。
相談者に説明し、了解していただきました。ただ、「払えるかどうかわからない、食費を切り詰めてなんとか払えるよう努力はしてみたい。」とのことでした。私から言えることは「無理だけはしないでください」とだけでした。









議員の無力さを改めて痛感。

2017-11-17 20:48:00 | 福祉
昨日は、122人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

本日午前中より、明日開催予定の「市民の声を聴く会」の準備のため、資料作成を行いました。
先日、市担当者からいただいた資料をコピーし、式次第と共に綴じ込みました。
さて、明日は何人の方が参加してくれるのでしょうか?
楽しみに待ちたいと思います。

さて知人のところへ、市県民税及び国民健康保険税の納付書が参りました。
多額の金額に驚かれていたようですが、数か月かけて支払えるように、市担当課に掛け合うので心配しないように伝えました。
根が真面目なご夫婦なので「医療費や食費を減らしても税金は支払う」と言います。
しかし「身体が資本でこれ以上病気が悪くなったら、支払いたくても支払えなくなる。少しずつでも支払う姿勢が大切で、担当課のみなさんも理解してくれると思う」と伝えました。
少しは理解していただいたようで、安心してくれました。

こんな苦しくとも真面目に生きている方がいると思えば、毎晩のように宴会と言う人もいるようです。
この世の中の矛盾を本当に感じます。
議員の一人として、無力さを痛感しています。
しかし、一人の人間としてできる限りのことをこの友人のために働いてあげたいと思います。

国民年金、免除の手続きに、ひと苦労

2017-11-13 20:07:02 | 福祉
昨日は、119人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

本日は、知人の国民年金免除の申請手続きをしてきました。
本人、病気で収入がなく、奥様も働いていないため、簡単かと思いましたが、離職票が必要だとか、離職票は会社からもらった資料の中にあるのではないか?とわからない事ばかり。
市担当者もあまりないケース、もちろん会社は労働保険協会に任せっきりで、何が何だかわからず、しまいにはハローワークの担当者ですら的確な説明ができない始末。
一つ一つ疑問を解くように解決しようとした結果、最初に知人から預かった書類の中に、必要な書類が同封されていたことがわかり、やっと手続き完了。
終わったのが3時過ぎとちょっとお粗末な出来事でした。
しかし、関連する手続きを含め、大変勉強になりました。

その後は書類作成に追われ、何となく一日が終わってしまいました。


知人宅に国民年金の納付書

2017-11-11 19:36:08 | 福祉
昨日は、116人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

土曜日は、休養日。
朝から室内の片付け書類作成をしようとおもっていましたが、妻から「先日使ったキャリーケースや捕獲器の清掃が済んでいない。手伝ってほしい。」との依頼。
妻は書類作成に集中。
仕方なく午前中は、捕獲器とキャリーケースの清掃作業に従事。

午後からは自分の仕事と休養、と思っていたら知人から電話「国民年金の支払い請求がきたが内容がわからない。見てくれないか。」とのこと。
昼食後、知人宅を訪問。
先日、会社を辞め国民年金になったため、請求がきただけなのだが、現在傷病手当で暮らしている彼には支払う能力がない。
文書の内容を説明し「病気や失業のため収入がない場合には、納入免除の制度がある。来週に市及び社会保険事務所等の役所へ行って手続きについて聞いてくる。心配しないで。」と説明し、理解してくれた。

その後、各種書類作成。
この時期の一日というものは早い。
現在は、5時過ぎると暗くなる。
散歩を早めにし、爆弾低気圧に備え早めに就寝の支度。
明日朝まで、何事もないことを祈る。



知人宅を訪問。

2017-11-09 20:38:54 | 福祉
昨日は、106人の方々にアクセスをいただきました。有難うございました。

本日午前中は、県事業報告書の確認作業を継続。
誤りや不足資料もあり、またわからない点は明日県担当者に確認することにしました。

午後は、脳こうそくになってしまった知人宅を訪問。
実は先日、この知人が近所の橋の上で涙ぐんでいたのを見つけ「どうしたの?」と声をかけました。
「昨夜、妻が熱を出し、この不自由な体で介抱した。そうしたら妻が死にたいともらした。自分のふがいなさに、涙が出て止まらない。俺、どうしたらいい?」と彼からの話。
「あまりくよくよするなよ。悪い時もあれば良い時もある。力不足だと思うが俺もいる。できることはしてあげるよ。」と回答。
彼から「頑張る、お茶飲みにきて、妻に話をしてほしい。」と依頼されました。
そこで、本日訪問したのです。
一般的なお話をさせていただき、奥様の体調をお聞きし「具合が悪い時は相談してください。妻と一緒に対応します。」と申し上げてきました。
2時間ほど世間話をさせていただき、夫婦ともに少しは落ち着かれた様子で、すこし安心。
数日後にまた行ってみたいと思います。