なつみかんの木々を見上げて

野草大好きなつみかんです。
植物園や身近な場所の植物を紹介します。

オオバン振舞い・本番

2019-01-22 05:15:53 | 鳥さん
さて、昨日は尻切れトンボの投稿ですみませんでした。
枯れススキが揺れる池・・・




そうそう、オオバン登場のシーンからでしたね。

今日もスイスイ泳ぐオオバン。






じっと見ていると、あれれどんどん陸に上がってきます。
      


相変わらず芝生を食べていますが、そろそろ美味しい葉がなくなってきたなあ。
(こんなに毎日食べてたら当然でしょう!)
      


私が上から覗いていることにようやく気付いたのでしょう。ざわざわと岸の石垣の方へ移動。
      


飛んだ!


この重そうな体でどうやって飛ぶのかとコメントいただきましたが、どぼんと落ちるように飛んで行きます。


次々と飛び立つオオバンたち。
      


着水したオオバンは次々スイスイ。
      


最後に残ったこの個体。なかなか飛び降りることができません。
どうしようかな・・
      


そこに後ろからもう一羽、通り過ぎて行きました。
      


ボクも飛ぶのやめようっと!


心なし嬉しそうに後を追うオオバン。
人が餌付けして群がる鳥も面白いけど、自然の様子を観察するのはもっと興味深く、飽きません。


さて、このオオバンですが、夜はどうしているのでしょう?
通りすがりに目を凝らすと・・・



いつもサギたちがたむろする池の中央にまとまって休んでいました。
ゆっくりお休みなさい・・・


      



コメント (10)

オオバン振舞い・再び!

2019-01-21 05:09:20 | 鳥さん
週末お出かけが出来ない日が続き、近場の宇治川水系でウロウロ。
少し前まで咲いていた花もめっきり減り、こんな光景や・・・

エノコログサ



こんな光景ばかり・・・

セイタカアワダチソウ




けたたましい鳴き声に見上げると、センダンの実をヒヨドリが貪っていました。




ヨシの隙間から覗くと、いつものようにダイサギが魚を狙っています。




初めてみかける茶色いボサボサ頭のこの鳥は何でしょう?




相変わらず、キンクロハジロはグータラしています。

 


キリッとしたコサギが見つめる先には・・・




そう、オオバンです!!

長くなるので、次回につづく・・・
(ゴメンナサイ! )








コメント (20)

オオバン振舞い♪

2019-01-14 05:02:25 | 鳥さん
私市植物園の特集中ですが、巨木三部作が終わったので(←大げさ)、今日はちょっとお休みして、鳥の話題です。

今年の重点観察池である、地元K池。
今日はどんな感じかな~と一昨日の夕方、行ってきました。

おーっ!
池の畔の芝生の上をオオバンが歩いてる~



一杯いる!



泳いでいたらカモみたいなのに、歩いている姿は全然違います。
何が一番違うかというと、その足!
カモの足には水かきがありますが、オオバンの足は鱗模様でガッチリしています。
重そうな体をしっかり支えることができそうです。
それもそのはず、前にも書きましたが、オオバンはカモ科ではなくクイナ科です。



もうひとつの特徴が、額の白い部分。
まるでプラスチックで出来ているような、少し盛り上がった白いパーツが額にあります。
これは額板といって、白い嘴と、そこから続く白い額板が、黒い体によく目立ちます。



 


他にも、いつもの面子が・・・

コサギとオカヨシガモ。コサギ、足どうなってる?


マガモを見るコサギ。


マガモのメス。


2組のマガモカップル。
池に生えるヨシの陰に住んでいるようです。


カイツブリ、3羽仲良く餌採りに出かけました。



そうこうする内に、夜になりました。
この日は夜になってから晴れました。
私のコンデジ借りて、星夫が撮った月の写真(月齢6)。
コンデジでもこれくらい写るのでビックリしました。



今日は脈絡のない投稿でしたね。
ぜーんぶ併せて大盤振る舞いということで・・・

明日からはまた私市植物園に戻ります。
またよろしくお願いしますね~




コメント (18)

池は水鳥の憩いの場(2)~カモさん以外

2019-01-08 05:01:06 | 鳥さん
昨日は東寺で大騒ぎでしたが、今日はまた元に戻って、おっとり水鳥特集2回目です。

池にはカモ以外の水鳥も沢山います。
まず最初はカイツブリ。
冬羽に変わって、ふんわりやわらかそうです。



ちなみに、夏羽はこんな感じ。全然違いますね。


(2018/7 山田池にて)

大晦日に投稿した鷺のいる夕景の写真、昼間はこんな感じ。
風情がないだけで、昼間も同じでした・・・






ただ、違うのはアオサギがおらず、代わりにカワウが何羽か。
嘴の根元のオレンジ色がよく目立ちます。


ダイサギ(左)とコサギ(右)。
餌を狙って池の岸で立ち尽くしていました。

 


個体数としてはこちらも相当多い。オオバンです。
真っ黒な体に、嘴から額にかけての真っ白がよく目立ちます。
こちらは調べてみたらクイナ科オオバン属だそうで、よく地上に上がって草などをついばんでいます。
時に大集団になっていて、ぎょっとします。
前に見たときはカメラを持っていなくて残念でした。



とまあ、こんな感じです。
2回にわたってお付き合いいただき有難うございました。


(池の畔で咲いていたセイヨウタンポポ)


コメント (16)