バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

本日より二日間!MT-09SP試乗会開催!(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-31 06:59:00 | イベント

 

日時:3月31日(土) 4月1日(日)

場所:大分市賀来 YSP大分

主な試乗バイク:MT-09SP XSR900 FJR1300AS (2017)

                       MT-09トレーサー(2017)

---------------------------------------- 

3月に発売されるMT-09SPをはじめとするバイクに乗れる二日間!


この春発売のMT-09SP、

オーリンズ+カヤバSPサスの乗り心地をぜひ体験してみてください。

 他にFJR1300AS(2017カラー)など普段乗れないバイクもご用意。

 

たくさんのみなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


3月30日(金)のつぶやき

2018-03-31 03:19:15 | こんなお店です。YSP大分

本日は駅前展示会 in JR大分シティタイムズスクエア!(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-30 06:59:00 | イベント

 

イベント名: YSP大分 駅前展示会 

日時:3月30日(金)

場所:JR大分シティ タイムズスクエア

------------------------------------

大分駅のタイムズスクエアにてYSP大分の展示会を開催します!

当日はタッチ&トライの可能なバイクをご用意

普段はバイクに関係なさそうな雰囲気の中で、ライダー気分を楽しんでみませんか。

来場記念のちょっとした粗品などもご用意の上、

皆様のお越しをおまちしております。

またこの日、FM大分 クローバーレディオテラス

を聞いていただいているリスナーの方へは

当日会場で「ラジオを聞いています」と言っていただければ

「今日もバイク日和ステッカー」をプレゼント。

ぜひ大分駅のタイムズスクエアまでぜひお越しください!

 

 

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


3月29日(木)のつぶやき

2018-03-30 03:18:28 | こんなお店です。YSP大分

3月28日(水)のつぶやき

2018-03-29 03:24:20 | こんなお店です。YSP大分

新型トリシティ125に乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-28 06:59:00 | ニューモデル

こんにちは。FM大分「今日もバイク日和」でお世話になっています、

ナルさんこと河野成久です。みなさん、3輪LMWの「トリシティ」ご存じですか。

前輪2輪、後輪1輪の特異なレイアウトで「転ばないバイク」への一歩として

ヤマハが作ったコミューター(短距離移動バイク)です。

大分では最初はなかなか広まらなかった印象ですが、

最近では少しづつ認知されはじめたのか、街中でみかけることも多くなってきましたよ。

 

 そんなトリシティ(125)も昨年の終わり、ついに新型が発売されました。

当店にもこの度、試乗車が配備されることになったのです。

大きく変わった125、ネットを見ると装備などの紹介はあるのですが

そのわりに「走ってみた感じ」のインプレッションが少なかったので

今日はそんなトリシティ(125)の新型に「乗ってみた!」として

ヤマハアドバンスディーラーとしてのご紹介をしてみようと思います!

 

 外観を見てみると、旧モデルにくらべ一回り大きく感じますね!

実際に全長1905mm⇒1980mmと約7.5cm増え、

それと同時に重さも約7キロ重たくなっています。

ブルーコアエンジン搭載などにより125も155ccとほぼ同じ構成になり、

「トリシティ155を排気量だけ125にした」といっても間違いではなさそう。

写真は奥が155、手前が125ですが、う~ん?ほとんど見分けがつかない感じです。

  

しかし、すこし大きくなった車体のおかげで足もとのスペースが広くなり、

シートもゆったりポジションになったので

体をリラックスしてだらだらと楽に乗車できます。

あと、なによりうれしいのが「シート高が低く」なったこと。

(前モデル マイナス15mm)実際に足つきは良好ですよ。

以前は3輪は魅力だけど、足つきが悪いからダメ~と

あきらめていた方にもおすすめできそうですね!

 

 ではそんなトリシティ125の新型試乗、まずは市街地から行ってみましょうか。

アクセルオンで加速すると、旧モデルに比べ、出だしが滑らかですね!

以前のモデルは加速を、「エンジンの回転数でかせぐ」イメージで

やや、けたたましい印象がありましたが、こちらは紳士的でスムースな加速。

ハンドルがラバーマウント(ゴムで防振)になったので

手に伝わる振動が少ないことも、そんな印象を強くしているのかもしれません。

 

 実際に旧モデルでは11PSを9000rpmで発生するところ

ブルーコアエンジンの新型はプラス1psの12psを、

7500rpmのだいぶ低い回転数で発生。

数字的にも、紳士的でスムースな加速・・の理由がわかりますよね。

12psとは兄貴分のトリシティ155とくらべても

わずか3psしか違わない力強さなのですよ。

 

 LMW(3輪)といえば車体の安定感。

特にカーブへの進入、「ブレーキング」での安心感は絶大です。

ブレーキの時、なんたって2輪スクーターでは、

12インチほどの前タイヤ1本にすべてを頼るしかないのですが、

トリシティはなんといっても前タイヤが2本分ありますからね。

本当に地面にタイヤが吸い付くような接地感を感じます。

 

 さて市街地をすぎて山道に入ってきました。

個人的にはスクーターでワインディングもなかなか楽しいと思ってます。

操作がシンプルだから、難しいこと考えず走れるからです。

ちなみに「ブルーコアエンジン」は可変バルブタイミングなのですが

ちょうどその切り替わりのところで、

スムースな印象のエンジンに「元気良さ」が顔を出しますね。

 

カーブでは、3輪ゆえに限界が見えない・・

どこまでバイクを寝かしてよいのやら。

普通通りに曲がってもいいし、ベタベタに寝かし込んでもけっこう大丈夫。

2輪の経験が当てはまらなくて困ってしまいます。

いずれにしても、しっかり守られてる感がすごい。

トリシティ-サウナ(笑)ではないですが、

トリシティならではの「開放感」はきっとこのあたりからくるのでしょうね。

 

 旧モデルのトリシティでは・・あえてのそういう味付けなのだと思いますが、

「いささか曲がりすぎる」印象がありましたが

155ボディの新型はもうすこし2輪よりの自然な感じですね。

あと、新型は直進性がかなり良くなりました。

旧モデルは直進中、少し「ふらふらした感」があったのですが

新型はちょっとホイールベースが長いせいか、ピシッとまっすぐ走ります。

 

 また新型についてはカーブ後半からの立ち上がりが

かなりよくなっている気がします。

アクセルオンで後ろタイヤがぐるっと回り込む感が好印象。

後輪タイヤが12インチ⇒13インチになったことも関係してるのかも。

またリアショックも、踏ん張り感が向上して

LMWならではの、後輪タイヤに負担がかかる走りに対応している様子。

カーブでの走行がとても楽しくなりましたね。

 

 装備についても簡単にご紹介します。パーキングブレーキこそないものの、

いままではなかった「ヘルメットホルダー金具」が2つ新設。

また右グローブボックス内には「充電ソケット」が装備されています。

そしてシート下のトランクは20⇒23.5リットルと大きくなりました。

燃料タンクが6.6⇒7.2リットルへ増えて航続距離アップ。

なにかと利便性もアップしているようですね。

 

 ちなみに今回乗った試乗車には寒い季節にうれしい

ふたつのオプションパーツが装着されていました。

ワイズギアの新型「グリップウォーマー」と「ナックルバイザー」です。

特にグリップウォーマーの暖かさはそれまでのものより強力。

3段階の温度調整を青いランプで管理します。

今回の試乗でもかなり温かく、助けになりました。

これはおすすめですよ!

 

 さて最後にトリシティ125を自分なりにまとめてみますと

旧モデルは、LMW3輪というキャラクターを認知してもらうためか、

「ぐりぐり曲がる旋回性」と「出足の良さ」を強調したような乗り味でしたが

新型は安定感を加え、乗りやすさをあわせもつ

さらに洗練されたものへと進化しているようです。

今後は大排気量クラスにもLMWを作るというヤマハ、

このジャンルがどのように発展していくか、先々楽しみですね!

さて、そんなトリシティ125とトリシティ155の試乗車を

ただいまヤマハアドバンスディーラー・YSP大分ではご用意しております。

それぞれハイスクリーン、リアボックス、グリップヒーターなどの

オプション部品の装着車となっておりますので

ぜひ一度、新型トリシティの乗り味を、あなた自身でお確かめくださいね。

試乗について、まずは当店スタッフまでお問合せください。

 

 

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter



 ※ 当店の提携する販売店は大分県内には他にございません。

  当店より購入されていないヤマハバイクは、YSPにての優遇はありません。


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

 ヤマハだから安心のレンタル”ヤマハバイクレンタル”

https://bike-rental.yamaha-motor.co.jp/


TRACER900/GTのどこが変わった?(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-28 06:40:00 | こんなお店です。YSP大分

 寒い冬もそろそろ終わり、ツーリングが楽しい季節になりつつあります。

そんなツーリングで日帰りから長距離まで幅広くカバーできるのがMT-09トレーサー。

ツアラーというとズシッと重くて疲れる・・というイメージを覆し

軽量な車体、よく走るエンジンにより、

走る道を選ばないまさに旅人のためのバイクです。

このトレーサーに、この度2018年モデルがリリースされ、

名前も新たに「TRACER900」となり、上級グレードの「GT」も用意されました。

そんな2018年モデル、どう変わったのかをご紹介しましょう。

 

「TRACER900ABS(以降STD)」、「TRACER900GTABS(以降GT)」ともに、

今回新型形状の「フロントスクリーン」を採用。

走行中の空気の乱流を感じにくくなり、同時にスタイリングも変わりました。

このスクリーン、旧モデルは左右にネジがあり高さの調整がやりにくかったのですが

新型からは便利に片手での調整ができるようになりました。

その他にはリアアーム(スイングアーム)が従来よりも60mm長くなり

高速走行や旋回時にしっかりしたトラクションを確保しています。

ここからは上級モデルたるGTの装備をご紹介していきます。

まずメーターパネルはR1Mなどにも採用されている

「TFT液晶マルチファンクションディスプレイ」が採用。

一部カラー表示だったりと高級感を表現していますね。

また今まではオプションでしかなかった、冬に助かる

「グリップウォーマー」がGTでは標準装備となりました。

そして前モデルではオプションのみだった

「クイックシフトシステム」がGTには標準装備。

加速時にクラッチを使わずにシフトアップできますので

速さを求めるのでなくとも

長時間の走行で疲労を軽減できることでしょう。

装着車に乗ったことがありますが、スパスパっとシフトできて気持ちいいのです。

「クルーズコントロール」もこの度トレーサーGTに標準装備されました。

任意の速度で設定すればアクセル操作をしなくとも

速度を勝手に一定に保ってくれるシステム。

これもFJR、T-MAXDXなどで使ったことがありますが

バイクのアクセルの調整はなかなか神経をつかうもの。

クルコンがあれば、右手を放してしまっても大丈夫なのですごく楽ですよ。

ツーリングがメインとなるトレーサーにはうれしい機能です。

前後のサスペンションにも変更が。

フロントにはフルアジャスタブル(イニシャル、伸/圧調整)のものを採用。

調整幅が出ることにより好みを反映させやすくします。

リアはプリロード(イニシャル荷重)をリモート操作機構採用で

工具の必要なしに、一人乗り、二人乗りなどの変化に対しての調整ができます。

急に二人乗りをした結果、サスが沈み込んでしまってえらく乗りにくいこととか

けっこうあるものですが、そんな時もぱぱっと調整できて便利そう。

ロングツーリングで、この日ばかりは荷物が多いというときにも対応できます。

実は海外仕様のGTではパニアケースも装備されているのですが

様々な用途を考えてか、日本仕様には今回標準装備はされていないようで

その分の価格を抑えているようです。

もちろんSTD、GTともに、パニアケースの装着は可能。

ただし別途オプションのステー装備が必要ですのでご注意を。

なおカラーはSTDがグレー、マットダークグレーの2色

GTがブラック、グレー、マットブルーの3色展開となります。

 

 

さてTRACER900ABS(2018年モデル)は価格103万円(税抜)

対してTRACER900GTABSは111万円(税抜)となります。

基本に徹したシンプルな900ABSか、豪華装備のGTか

8万円の差をどうとらえるかはあなた次第です。

なお発売日はTRACER900ABSが4/20(金)、

TRACER900GTABSが6/15(金)とそれぞれ違いますのでご注意ください。

 

2.9%低金利ローンキャンペーン対象車であることなど

さらにくわしい情報はヤマハアドバンスディーラーのYSP大分までお気軽にどうぞ!

 

 

 

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


3月27日(火)のつぶやき

2018-03-28 03:19:29 | こんなお店です。YSP大分

3/26放送分「今日もバイク日和」(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-27 06:59:00 | こんなお店です。YSP大分

 

3/26の「今日もバイク日和」は

来週の大分駅前展示会のお話でした。

聴き逃した方は、下記URLよりラジコタイムフリーでお聴きください。


「今日もバイク日和」3/26放送分 

※大分県以外の方はラジコプレミアムへの加入が必要です。







★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


MT-09SP試乗会を3/31、4/1に開催!(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-27 06:40:00 | イベント

 

日時:3月31日(土) 4月1日(日)

場所:大分市賀来 YSP大分

主な試乗バイク:MT-09SP XSR900 FJR1300AS (2017)

                       MT-09トレーサー(2017)

---------------------------------------- 

3月に発売されるMT-09SPをはじめとするバイクに乗れる二日間!


この春発売のMT-09SP、

オーリンズ+カヤバSPサスの乗り心地をぜひ体験してみてください。

 

他にFJR1300AS(2017カラー)など普段乗れないバイクもご用意

この機会にぜひYSP大分でお試しください!

 

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


3月26日(月)のつぶやき

2018-03-27 03:20:42 | こんなお店です。YSP大分

本日の「今日もバイク日和」の話題はこちら!(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-26 06:59:00 | こんなお店です。YSP大分

 

本日のクローバーレディオテラス(月)「今日もバイク日和」は

3月30日に開催の「大分駅前展示会」のご案内。

あわせて翌日、店頭で開催予定の試乗会についてもお知らせします。

「今日もバイク日和」、ラジオではすべてLIVE・生放送でお届け。

放送はお昼の12時10分ごろから、FM大分でぜひお聞きください!

 




★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中

※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


中古車情報 ドラッグスター400(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-26 06:20:00 | 中古車情報

 

 

走行距離の大変少ないドラッグスター400が入荷しました!

ドラッグスター400

車輌本体価 621,000円(本体価格575,000円・消費税 46,000円)
登録代行料(税込):23,090円 自賠責保険:11,780円 重量税(不課税):3,800円
現金支払総額:659,670円
製造国名/日本 メーカー/ヤマハ 車名/ドラッグスター400 色/マットグレー メータ交換歴/無  排気量/399cc 車検/無し メインフレーム修復歴/なし
3ヶ月(または5,000km)保証 


★YSP大分までの道順(大分県庁周辺から)


フェイスブック、ツイッターでは、リアルタイムのYSP大分情報をどんどん発信中です。


★YSP大分 facebook

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

★YSPで買うのが、結局一番かしこい

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~クローバーレディテラス「今日もバイク日和」 


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/<


3月25日(日)のつぶやき

2018-03-26 02:21:19 | こんなお店です。YSP大分

MT-09SPに乗ってみました(ヤマハ・YSP大分)

2018-03-25 06:59:00 | ニューモデル

こんにちは。FM大分「今日もバイク日和」でお世話になっています

ナルさんこと河野成久です。

ヤマハからつい先日リリースされたMT-09SP

その試乗車がヤマハアドバンスディーラーの当店に届きました。

ちなみにアドバンス店認定のお店は九州でもわずか6店しかないのですよ。

MT-09に新たな装備を施したというスペシャルバージョンのSP。

早速試乗をしてみたのでご紹介させていただきましょう。

 

MT-09といえば、3気筒エンジン搭載のヤマハの誇るベストセラーモデル。

その軽~い車体に、よく回る元気のよいエンジン。

このバイクに乗るとスカッとして、なんかストレスがどっかいっちゃうんですよ!

こと「バイクを操る」楽しさにおいては

これ以上のバイクはないと個人的に思っています。

それはきっと作ったヤマハも意識しているんだと思いますよ。

 

価格も、大型バイクにしては比較的お手ごろな百万円以下におさえつつ

装備も初期型から増え、「ABS」「トラクションコントロール」

「アシストスリッパークラッチ」さらに「クイックシフト」など

走りの楽しさを高める装備が次々に投入されているのもこのバイクならでは。

こだわり麺の素うどんから、卵、海老天、かき揚げ、肉・・

今や、もろもろ全部のせ状態になっている、それがこのバイクと言えるでしょう。

 

 でも、魅力的な機能をたくさん投入しつつ、コストもおさえたいところ。

そんな理由からか、MT09にとって唯一あまり手が入っていなかったのが

「足回り(サスペンション)」ではなかったでしょうか。

ちょっと物足りない・・実際にアフターパーツ購入においては

サスペンションの換装を希望するユーザーも多かったような気がします。

 そこを今回のMT-09SPには

フロントにはYZF-R6と同等のカヤバのスペシャルサス

そしてリアにはあのサスペンションといえばこのブランド

「オーリンズ」をついに標準装備しました。

足回り完璧、まさにこれで「操るのが楽しいバイク完全版」

がついに出来上がってしまった!・・といえるでしょう!

 

そのMT-09SP、外観はMT-10SPゆずりのシルバー/ブラックのカラー

ブルーのホイールに「MT-09SP」のロゴが施されるのも同様ですね。

ハンドルはブラック仕上げ、さらにメーターのバックライトは

ネガポジ反転のブラック、になっていたりします。

比較的あっさりしたカジュアルな印象の(STDの)MT-09にくらべ

上質感を増した仕上がりになっていますね。

 

では肝心の乗り味の方はどうなのか・・・早速試乗してみましょう!

このバイク、サスペンションが一番の違いのはずですよね。

サスが違うとなるとつい、やりたくなるのが

バイクにまたがってサスを押したり揺さぶったり・・

お約束ですが、やってみます。

おお、普通のMTとはだいぶ雰囲気違いますね。

 

押しただけで「ぬたっとした」抵抗感を感じます。

実際は走ってみないとわからない部分があるはずですが

高級なサスならではの動きですね~。

逆に普通版(?)のサスはどちらかというとダンパーをあまり利かせておらず

ややバネっぽい、かくかくっと、動きやすさを感じます。

 

それだとギャップを踏んだときに、サスがチョーンと伸びて「おつり」がくるとか、

カーブの入口でフロントサスがスコンと沈んで「おじぎ」するとかで、

オフロードバイクばりに挙動が大きくなるのですが、

それもまぁ、裏返せば低い速度でも楽しめる面白い挙動だ、ともいえます。

でも、MT-09SPはそのあたりの印象も完全に払しょくしており、

MTらしくない落ち着いた印象になりました。

 

実際にワインディングで走ってみると・・。

やっぱり!ブレーキングからカーブへの進入での安定感は抜群です!

ちょっと勢い込んでカーブに入ったとき、余裕が違います。

ダンパーが効いて粘りがあって、タイヤに荷重をしっかりのせられる。

そのおかげで、これ、という狙ったラインを外すことがありません。

つまり限界が高くなっているというわけです。

 

このバイクのチャームポイントであるリアの「オーリンズ」も同様。

リアタイヤが浮きそうになるような下りでギャップを踏んだ時も

姿勢変化が少なくて、本当に不安がないですね。

さらに大きな違いを感じるのはS字などコーナーリングの「切り返し」。

右へと左へと、カーブでの切り返しって

タイヤの荷重がそこですっぽ抜けそうになりますが

このバイク、そこでしっかり地に足がついている、という印象です。

 

ちなみにこのオーリンズ、イニシャル調整はダイヤル式

写真のように信号待ちの停車中でもできてしまう手軽さです。

時々二人乗りをする人でも、すぐ調整できますね。

(二人乗りは後ろが重くなるので、硬くして対応)

前後フルアジャスタブルのサスは

自分だけの調整を見つける楽しみも提供してくれます。

 

オートバイに何を求めるかは人それぞれとはいえ

「バイクを走らせて気持ちいい」という実感を求めている人は多いはず。

その最たるものはモトクロッサーYZなどのコンペモデルかもしれませんが、

ナンバー付バイクにおいては、MT-09のような

気持ちの良い走りとはなにかをとことん突き詰めたバイクが

それにあたるのだと思います。そんなバイクを作るのも

ヤマハというメーカーだからではないでしょうか。

 

そんなMT-09にさらに最高の足回りを施したMT-09SP

サス前後で都合30万円以上のパーツが盛られてるにも関わらず

価格はSTDよりもわずか10万アップの103万円(税抜)

思ったよりもお買い得な価格設定です。

当店YSP大分は、大分県唯一のヤマハアドバンスディーラー。

ゆえにMT-09SPの試乗車もご用意しております。その実力をどうぞお確かめください!

 

 ※ 当店の提携する販売店は大分県内には他にございません。

  当店より購入されていないヤマハバイクは、YSPにての優遇はありません。

 

★2018年度より、YSP大分はヤマハアドバンスディーラーとなります。

 ★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

 

ヤマハだから安心のレンタル”ヤマハバイクレンタル”

https://bike-rental.yamaha-motor.co.jp/